Hatena::ブログ(Diary)

kenjiro-tの日記

2018-08-04

185系も追ってみました

| 15:06

LSEが定期運行を終了し、撮り鉄をどうしようかとも思っていましたが、LSEと同時期に運行開始したJR185系も廃車が始まったようなので、LSEのようにギリギリ撮影になる前に出かけてみました。


場所は超有名な場所の一つ。伊豆急の今井浜海岸駅と伊豆稲取駅の間の崖の上からになります。徒歩の場合は今井浜海岸駅と伊豆稲取駅から、いずれも30分ほど歩くことになります。撮影地までの入口がわかり難いのですが、ファミマの前の対面の小道が入口になります。

撮影地からの全体像はこんな感じ。崖横で柵もないので足元注意ですが、気持ちの良い場所です。

f:id:kenjiro-t:20180806210618j:image


f:id:kenjiro-t:20180806210613j:image

伊豆急の黒船電車


f:id:kenjiro-t:20180806210609j:image

251系「スーパービュー踊り子」


f:id:kenjiro-t:20180806210604j:image

目的の185系は何度か撮影できました。


伊豆急はローカル私鉄ですが、JR特急が終点の伊豆急下田駅までガンガン乗り入れているため、30分に1本くらいは撮影ターゲットがやってくるので飽きないです。



十分に撮影した後、日に数本しかないバスでファミマ前の「長野(ながの)」というバス停から、火木土のみ運行の12:55バスで河津駅へ。



河津駅からは、185系の踊り子で熱海まで、乗り換えて早川駅へ。駅から徒歩30分。有名な早川石橋玉川橋梁で撮影。

f:id:kenjiro-t:20180806210600j:image

f:id:kenjiro-t:20180806210553j:image

f:id:kenjiro-t:20180806210549j:image

トンネルに挟まれた有名な撮影地。陽の角度により、いろんな場所を選べます。


ネット見ていると、このポイントは夏よりも冬場のほうが海の青色が鮮やかになるのでよさそうです。また来てみよう

2018-07-08

去り行くLSEを追って その22

| 07:36

とうとうやってきたLSEの土日ダイヤの定期運行最終日。残念ながら1週前の青空の再現とはなりませんでしたが、普通の年であれば梅雨明けしていない時期であるので、雨でないだけ良かったと思うことに。


まずは開成駅〜栢山駅の田んぼを東側から。背景である西側の雲が厚いので、空は薄めに。

◆はこね1号(下り、LSE) 7:59通過

f:id:kenjiro-t:20180723211616j:image


すぐに鶴巻温泉〜伊勢原駅の田園地帯に移動。現地到着後、時間をおかずにLSEが折り返してきた。よい場所を探しきれず、手前の柵が入るなど今一な場所になってしまった。

f:id:kenjiro-t:20180723211611j:image

◆はこね4号(上り、LSE) 9:09通過


次のLSEまで場所を探して歩き回る。開成〜栢山〜富水の田園地帯と比較すると、田園の中の建造物などが多いなど、なかなか「ここだ」というポイントが見つからない。

結局、踏切横に少しだけ植えてあったヒマワリの横で。

◆はこね57号(下り、LSE) 11:17

f:id:kenjiro-t:20180723211607j:image


伊勢原駅〜愛甲石田駅に移動。開けた田園地帯の伊勢原駅寄りから撮影したかったが、生憎、背景の東側の空に黒い雲。南側の小高い丘に登ってみたが、背景のガサガサなど、ここも今一。

◆はこね14号(上り、LSE)12:54

f:id:kenjiro-t:20180723211602j:image

f:id:kenjiro-t:20180723211558j:image

結局中途半端な場所からになり、途中で設定切り替えて流し


午後は再び開成駅〜栢山駅に戻る。開成2号踏切付近で、下り列車を後追いするつもりでしたが・・・

◆はこね23号(下り、LSE) 15:04通過

f:id:kenjiro-t:20180723211553j:image

結果的には撮影風景&LSEの光景のほうが楽しい一枚になりました。


個人的には一番好きな風景がある栢山駅〜富水駅に移動。

◆はこね84号(上り、LSE) 15:59通過

f:id:kenjiro-t:20180729062114j:image

広々とした田んぼと青空の中を駆け抜けていく。


次のLSE、はこね71号はズーム流しを試みましたが、上手くいかず。カメラを振りながらズームリングをタイミングよく動かすのは難しい

f:id:kenjiro-t:20180729072256j:image

練習時にわりとうまくいったもの↑


諦めきれず、好きでない駅撮でズーミング流しを再トライ。百合丘駅下りホームの先端から

◆はこね62号(上り、LSE) 20:29通過

f:id:kenjiro-t:20180723211535j:image

シャッタースピードは1/60。あまりスピード感は出ていませんが、自分的にはこれが限界。満足

2018-07-01

去り行くLSEを追って その21

| 23:29

予想もしなかった6月の梅雨明け。

引退まで青空バックのLSE撮影は困難と思っていましたが、チャンスが巡ってきました。


朝一に出動。秦野駅から富士山が見えていたので、川音川橋梁を目指す。

1月に白い富士山をバックに撮影していたが、緑を入れて撮影したいと思っていた。


◆はこね1号(下り、LSE) 7:56通過

f:id:kenjiro-t:20180717223501j:image



次は近くの県道78号線の高架道路から。6/23の撮影では曇りのため背景に空を入れたなかったが、今回は青空を入れて縦アングルで。

◆はこね4号(上り、LSE) 8:55通過

f:id:kenjiro-t:20180718065207j:image

青と緑が鮮やかで満足


撮影後に秦野駅〜東海大学前駅の大カーブへ移動

◆はこね57号(下り、LSE) 11:20

f:id:kenjiro-t:20180717223508j:image


◇スーパーはこね11号(下り、VSE) 11:42

f:id:kenjiro-t:20180717223511j:image

このアングルで上りの「はこね14号 LSE」を狙おうと思ったが、上りでは足元が隠れてしまうので、57号と同じアングルから縦位置で


あとは箱根登山鉄道線の2か所がターゲット。小田原駅のレンタル自転車で目指す場所へ。


1つ目は風祭駅近くの小田原厚木道路の真下から。線路前に国道一号線。乗用車は問題ないが大型バスであると電車が隠れてしまう。

◆はこね23号(下り、LSE) 15:19通過

f:id:kenjiro-t:20180717223514j:image

何とか大型バスに邪魔されずに撮影できました。


次は23号の折り返しを俯瞰で狙う。移動時間は30分弱であったが、電動アシスト自転車5月の撮影で場所の事前確認で問題なし

◆はこね84号(上り、LSE) 15:47〜49通過

f:id:kenjiro-t:20180717223517j:image

f:id:kenjiro-t:20180717223521j:image

午後の遅い時間なので光の状態が今一。ま〜仕方ない。


最後に箱根板橋駅から小田原駅に向かう大カーブ

f:id:kenjiro-t:20180717223525j:image

相模湾や小田原市街を入れて撮影できました。

2018-06-24

去り行くLSEを追って その20

| 09:33

前日に続き、天候は良くない。午前中は雨の予想でしたが、昨日失敗した流し撮りのポイントから。到着直後から練習練習


◇回送:回9007(下り、VSE) 7:21通過

f:id:kenjiro-t:20180716083536j:image

何枚かうまく撮影できたところで本番に臨む


◆はこね1号(下り、LSE) 7:55通過

f:id:kenjiro-t:20180715062223j:image


折り返しのほうは、なかなかタイミングが合わず。緑中の先頭車。もちろんトリミングしてます。

◆はこね4号(上り、LSE) 8:56通過

f:id:kenjiro-t:20180716084941j:image


天気が回復してきたので、流し撮りを終了して周辺の俯瞰を撮影

◆はこね57号(下り、LSE) 11:31

f:id:kenjiro-t:20180714195843j:image


その後、天気が急速に回復。一部には青空が!

俯瞰場所近くで気になっていた第二川音川橋梁を西側から。雲の流れが速いので、撮影範囲を決めるのが難しい

◆はこね14号(上り、LSE) 12:37通過

f:id:kenjiro-t:20180714195840j:image


次の撮影までどうすべきか考える。

西平畑公園にある松田山ハーブ館の俯瞰したことがなかったので行ってみる。展望台の3階のレストランが一番景色が良さそうなので、昼食を食べながら撮影

f:id:kenjiro-t:20180714202542j:image

御殿場線の直線も良い感じです。


レストランから東側を望むと、東名高速と小田急線のクロスする状況が俯瞰できました。

◆はこね23号(下り、LSE) 15:02通過

f:id:kenjiro-t:20180714202538j:image

おなじみの酒匂川橋梁のシーンも。この位置からでは、手前に工場がドーンと入ってしますので、あまりよい角度ではありませんでした。下写真はトリミングしています。

f:id:kenjiro-t:20180714202535j:image


上りは酒匂川橋梁と並行する橋の上から。直前まで曇り空で光量が少なくどうしようかと思っていましたが、直前に雲が外れ青空が広がりました!!

◆はこね84号(上り、LSE) 16:01通過

f:id:kenjiro-t:20180714202531j:image

2018-06-23

去り行くLSEを追って その19

| 06:09

6/3から週末のLSEの走行がありませんでしたので20日ぶりの週末走行。梅雨の晴れ間を期待しましたが、やはり天気予報は曇・雨。残りの走行日も少なく撮影機会も限られるので、曇や雨でも撮影できそうな場所を洗い出しをしてお出かけ。


まずは撮影したことがなかった酒匂川の小田原寄り河川敷から

◆はこね1号(下り、LSE) 7:57通過

f:id:kenjiro-t:20180714090658j:image


上りの折り返しは、近くの県道78号線の高架道路から

◆はこね4号(上り、LSE) 8:56通過

f:id:kenjiro-t:20180714090701j:image

白い雲を背景に入れないように撮影。


本日は青空バックは難しいと考え、新松田駅〜渋沢駅にある、ちょっとした俯瞰ポイントへ。

◆はこね57号(下り、LSE) 11:30

f:id:kenjiro-t:20180714090704j:image


その後、同じ地点から流し撮りの練習

f:id:kenjiro-t:20180715055840j:image

↑は練習の中の割とうまくいった一枚


「はこね14号」でトライしましたが、上手くいかず。

かなりの距離からの流し撮りなので、シャッタースピードを落とさないとスピード感は出ないし、またカメラを少しずつスウィングさせるのが難しい。

雨も降ってきて厳しい撮影条件になってきたので、この場所から撤退


レンタルサイクルで雨の中を移動。新松田駅〜開成駅の大カーブ付近から。


◆はこね23号(下り、LSE) 15:02通過

f:id:kenjiro-t:20180714090711j:image


上りの折り返しまでは、開成水辺スポーツ公園の建物で雨宿り。

◆はこね84号(上り、LSE) 16:01通過

f:id:kenjiro-t:20180714194721j:image


この雨&光量が少ない条件で、次の「はこね71号」を撮影するのは困難と判断。

ロマンスカー予約サイトをみていると、本厚木駅→箱根湯本駅の前展望席(3列目)が1席あいていたので、即予約してLSE最終乗車

f:id:kenjiro-t:20180714090718j:image

下車後の箱根湯本駅。

2018-06-03

去り行くLSEを追って その18

| 10:11

田植えもかなり進み、今シーズンの水鏡は本日が最後と思われる。今回も開成駅〜栢山駅へ。

朝7時過ぎに現場に到着。すでに大勢の撮影者が三脚をセット済み。

田植えが終わっているところが殆どであったが、線路から少々離れた田植え前の場所から撮影。

◆はこね1号(下り、LSE) 7:59通過

f:id:kenjiro-t:20180605223243j:image

f:id:kenjiro-t:20180605223240j:image

風もほぼおさまり、富士山もバックに入れることもできました。やはり水鏡は朝一か。


今度は、線路際の場所に変えて

◆はこね4号(上り、LSE) 8:53通過

f:id:kenjiro-t:20180605223237j:image


昼間の水鏡はこれで満足。日中は風がでてくることが多く、これ以上の条件も望めないこともあり、渋沢7号踏切付近で取り残したアングルで撮影。

その後、松田山の大俯瞰の第二弾に向かう。

ただし自家用車は無し。歩いて上がってもよいが、前回の経験上、下りが辛い。ということで、今回はレンタルサイクルにしました。

充電フルの電動自転車をゲット。1時間程度の上りならばバッテリーがもつと想定してました。


松田駅近くのコンビニで十分な量のドリンクを購入後に出発。経路は松田山の南斜面、ハーブガーデンの入口から最明寺史跡公園へ上るルートです。いきなり斜度がきつく、これは無理かと思いましたが、電動アシストの力を借りて、なんとか最明寺史跡公園の入口へ。この時点でバッテリーは1/5の表示に。最明寺史跡公園入口からチェックメイトCCのゴルフ場までの最後も急な坂。ほぼ自転車を押して上がり、何とか場所に到着。麓から約1時間かかりました。

f:id:kenjiro-t:20180608222646j:image

ポイントからの景色は最高です。カメラを設定して列車を待ちます。


◆はこね23号(下り、LSE) 15:03〜06通過

f:id:kenjiro-t:20180609092648j:image

f:id:kenjiro-t:20180609092645j:image

酒匂川橋梁と大カーブを見下ろします。

その後、午前中に撮影してた開成駅〜栢山駅、さらにはその奥の富水駅の付近まで追跡することができました。今回は特に田植えの水が入っていて見事な大俯瞰でした。中央左手が栢山駅になります。

f:id:kenjiro-t:20180610143612j:image


このあと20分後の「はこね25号(下り、VSE)」を撮影したあと、下山開始。下りは上りと同じルートで。当然、自転車をこがなくてすむのですが、下りが急すぎてブレーキをかける手が痛くなります。上る途中で見つけたポイントで再び俯瞰撮影。ここまで30分、上りの半分の時間です。

◆はこね84号(上り、LSE) 15:58〜16:01通過

f:id:kenjiro-t:20180610145117j:image

富水駅〜栢山駅を300mm望遠でキャッチ。LSEは豆粒ですが、小田原城や相模湾も望むことができます。

f:id:kenjiro-t:20180608222631j:image

豆粒から3分後、酒匂川橋梁を


本日の締め括りは開成駅〜栢山駅で水鏡&夕焼けを待つ。晴れているが、雲が少なすぎるような。

◇はこね26号(上り、GSE) 17:53

f:id:kenjiro-t:20180609095823j:image


◇はこね35号(下り、VSE) 18:07

f:id:kenjiro-t:20180609095137j:image


◆はこね71号(下り、LSE) 18:30

f:id:kenjiro-t:20180607065229j:image

あれ、LSEだけお尻が切れてしまっている。構図確認していたのですが、直前でレンズをいじってしまったか。初歩的なミス orz


夕日の撮影は初心者の私には難しいですね、ここまで撮影できれば個人的には満足です。

今回は主にLSEを追っていますが、夕日については、VSEの白が一番見栄えがよいです。

2018-06-02

去り行くLSEを追って その17

| 06:43

本日は撮影ではなく、乗ることがメインの1日。

新宿駅から箱根湯本駅まで、子供2人を連れてLSEでお出かかけ。

f:id:kenjiro-t:20180605213718j:image

新宿駅ホームの歴代ロマンスカー。

f:id:kenjiro-t:20180605213715j:image


2列目ですが、展望席が取れました。

f:id:kenjiro-t:20180604084908j:image

f:id:kenjiro-t:20180605213708j:image


新宿駅を出発。

f:id:kenjiro-t:20180605213705j:image

本日は普段あまり使わない魚眼レンズで。膝の上に載ってきた下の子供を乗せたまま撮影。


初の前展望席を満喫。大きな窓×前展望は最高です。


多摩川鉄橋。ここで複々線も終了。

f:id:kenjiro-t:20180605213702j:image

西側の席で日差しが強くなり、冷房の効きも今一だったこともあり、子供は「暑い、暑い」と。カーテンを一部閉める。


本厚木駅でGSEとすれ違い。

f:id:kenjiro-t:20180605214025j:image


鶴巻温泉駅〜伊勢原駅の田園地帯

f:id:kenjiro-t:20180605214022j:image


渋沢駅〜新松田駅。先日撮影した川音川の撮影地。この辺の緑の中を抜けていくのが、一番気持ち良いです。

f:id:kenjiro-t:20180605214019j:image


箱根登山鉄道に入り、箱根板橋駅でVSEとすれ違い

f:id:kenjiro-t:20180605214012j:image


あっと言いう間に箱根湯本駅。

f:id:kenjiro-t:20180605214009j:image

f:id:kenjiro-t:20180605214006j:image


当初は箱根湯本でのんびりして帰宅の予定でしたが、夕方の予定が入り、帰りもLSEでトンボ帰り。

f:id:kenjiro-t:20180605214129j:image

子供へのご褒美もあり、社内でのアイスの贅沢。

2018-05-26

去り行くLSEを追って その16

| 22:08

昼間は用事があり動けず。夕方になんとか時間を作って水鏡&夕焼けを狙いに。


生憎の曇り予想でしたが、何があるかわからないので、とりあえず開成駅〜栢山駅に出陣。

やはり現場にはだれもおらず。でも待ってみる。


◆はこね71号(下り、LSE) 18:31通過

f:id:kenjiro-t:20180605215312j:image


それなりに写りましたが、求めている光景ではなく...写真は勉強。

2018-05-20

去り行くLSEを追って その15

| 22:22

お昼前まで外せない用事があり、午後から出発。水鏡をめざして開成駅〜栢山駅〜富水駅付近を目指す。


まずは栢山駅で下車、富水駅方向の田んぼにかなり水が入っているが風が強く波が大きい。栢山駅に引き返し開成駅方向に歩いて、波の比較的穏やかそうな場所でカメラをセット。

◆はこね23号(下り、LSE) 15:03通過

f:id:kenjiro-t:20180520220125j:image

波は完全ではないのですが、そこそこ落ち着いてくれました。ただ上りの急行に被られて、お尻のほうが切られています。仕方ない。


◇はこね54号(上り、VSE) 15:32通過

f:id:kenjiro-t:20180520153218j:image

ちょうど風が落ち着き、割といい感じで鏡になってくれました。VSEの白が、バックの空と水の青によく映えます。


このあとの「はこね84号(上り、LSE) 16:01通過」は風・波が強く、残念な結果に。


◇はこね31号(下り、GSE) 16:48通過

f:id:kenjiro-t:20180520164854j:image

さきほどの54号のVSEほどではないですが、そこそこの波でGSEを捕捉。


本日最後の仕上げに、「水鏡+夕暮れオレンジ」のLSEを目指しましたが、残念ながら17時過ぎから太陽が雲に隠れてしましました。


とりえあえず粘ってみた結果・・・・

◆はこね71号(下り、LSE) 18:31通過

f:id:kenjiro-t:20180520183100j:image

両端が薄オレンジ色でしたので広角で撮影しましたが、全然ダメですね


次週、再チャレンジか。願、好条件!

2018-05-12

去り行くLSEを追って その14

| 10:49

天気予報は晴れの予報であるが、先日のGWの2日の撮影とは違って雲は多そう。家族調整で撮影できる日は限られているので、晴天を願って出かける。


いつもとおり朝7時頃に秦野駅到着。平塚駅行のバスで河原町バス停まで。バス停から弘法山公園の権現山展望台までダッシュで歩き。

秦野市観光協会のHPによると、コースタイムは「 弘法山入口看板 → (550m、17分) → 浅間山 → (490m、12分) → 権現山」なのでバス停から30分ほどで到着できます。


浅間山に8:25、展望台には列車到着の10分前、8:35頃に到着。先客は3名。素早く準備して撮影に備える。

◆はこね1号(下り、LSE) 7:48通過

f:id:kenjiro-t:20180609072324j:image

午前中で光の状態もよく満足。前回の撮影で場所や構図を確認していたことも役に立ちました。

f:id:kenjiro-t:20180513100734j:image

同じ場所・列車を西側に向いて撮影。富士山バックの超俯瞰。写真中央下の線路にオレンジ色のボディがちょこっと見えます。


上りの折り返しまで1時間。自家用車移動ではないので、遠い場所まで行けないので、権現山から下った場所にある有名な撮影ポイントへ。

◆はこね4号(上り、LSE) 9:05通過

f:id:kenjiro-t:20180512090506j:image

散歩されていた近隣の方から、「近々この場所に住宅立つので撮影できなくなると思うよ。」と言われました。確かに建設予定の看板が立っていました。


当初は午後14時過ぎに予定していた石垣山の一夜城からの俯瞰でしたが、連絡をとっていたAさんから、「午後は太陽が裏に回りこんでしますので早い時間のほうが良い」とのアドバイスがあり急遽予定変更。

箱根登山鉄道の入生田駅から、小田原市のウォーキングマップに従って舗装路を登っていく。

1時間ほどかけて11:20頃に一夜城に到着。観光客は多い。


展望台は木が生い茂り、線路を見下ろせる場所はごく一部だけ。以前は枝切りをしていたようですが、最近は全くしていない様子です。

◆はこね57号(下り、LSE) 11:52通過

f:id:kenjiro-t:20180512115228j:image

広角で撮影すると、木々の隙間からの撮影であることがわかるとおもいます。


すぐの折り返し上りを望遠レンズで待っていると、入生田駅横の車庫に向かう箱根登山鉄道の旧型車両がやってきました。

f:id:kenjiro-t:20180512222138j:image

こうしてみると模型のようです。


◆はこね14号(上り、LSE) 12:11通過

f:id:kenjiro-t:20180610201027j:image

単線をゆっくりと進んでいます。


撮影後は、そのまま入生田駅まで視界の悪い同じ道を戻るのはつまらないので、JR早川駅にむけて下山を開始

距離も入生田駅まで3kmですが、早川駅へは2.3kmと短いようです

f:id:kenjiro-t:20180512122847j:image

この下りは山の尾根になっていて景色は最高。小田原市と海、列車(新幹線、東海道線、箱根登山鉄道)が俯瞰できます。


新幹線を待っていたら、裏に185系の踊り子号がやってきましたので撮影。この車両も置き換えが始まっており、引退も近いようです。

f:id:kenjiro-t:20180512123214j:image

f:id:kenjiro-t:20180512124853j:image

箱根登山鉄道も箱根板橋駅〜風祭駅間がこんな感じで撮影できます。↑


JP早川駅から乗車予定でしたが、箱根板橋駅も近いのでそちらにしました。


一度、新松田駅に小田急線で引き返し、渋沢7号踏切付近で四十八瀬川と橋梁で撮影にトライしましたが、光の加減が難しい。

◇はこね54号(上り、VSE) 15:39通過

f:id:kenjiro-t:20180512153918j:image

◆はこね84号(上り、LSE) 16:06通過

f:id:kenjiro-t:20180609065821j:image


最後は新松田駅近くの川音川橋梁から夕焼けを狙います。Aさんとも合流。夕焼け色を待ちますが、山際に厚い雲があり、完璧な夕日にはなりませんでしたが

◇はこね35号(下り、LSE) 18:06通過

f:id:kenjiro-t:20180512180633j:image

◆はこね71号(下り、LSE) 18:29通過

f:id:kenjiro-t:20180512224849j:image

そこそこ撮影はできました。

2018-05-05

去り行くLSEを追って その13

| 10:59

連休後半の快晴。渋沢駅〜新松田駅の新緑×LSEの第二弾。

朝7時頃に渋沢駅に到着。南口のセブンイレブンで買い出しをしていたところ、3/25の座間桜と4/28の渋沢7号踏切でお会いした方(Aさん)と偶然遭遇。一緒に渋沢7号踏切近くの俯瞰撮影地点を目指すことに。

◆はこね1号(下り、LSE) 7:52通過

f:id:kenjiro-t:20180504075244j:image

当初は、このはこね1号を渋沢5号踏切の後ろから撮影する予定でしたが、Aさんから渋沢駅西側の歩道橋から富士山バックに撮影できることを聞いて、早速撮影。


一度Aさんと別れて、渋沢5号踏切の後ろから撮影。踏切横は10名ほどいましたが、後ろからはのどかな感じです。

◆はこね4号(上り、LSE) 9:00通過

f:id:kenjiro-t:20180505085440j:image


この後Aさんと合流し、渋沢7号踏切近くの俯瞰撮影地点を目指す。ネットで集めた情報と地図で頼りに。途中の道は、倒木や崖崩れなど手入れされておらず。やっと目的の地点らしき場所に到着して撮影もできましたが、この記事を見てアクセスして怪我でもされるとまずいので、詳細は差し控えます。

◆はこね57号(下り、LSE) 11:34通過

◇スーパーはこね11号(下り、VSE) 11:49通過

◇はこね12号(上り、GSE) 11:57通過

◆はこね14号(上り、LSE) 12:38通過

LSEを上下で撮影後に下山。途中の踏切を通過し、無事に道路へ戻る。

f:id:kenjiro-t:20180504124948j:image


引き続きAさんと一緒に別の俯瞰地点へ移動。農道から、第一菖蒲トンネルの出口を狙います。

◇はこね21号(下り、GSE) 14:20通過

f:id:kenjiro-t:20180504142008j:image

背景の山とトンネルの位置関係をみると、場所はだいたい予想出来るかと思います。

◆はこね23号(下り、LSE) 14:57通過

f:id:kenjiro-t:20180504145707j:image

一度Aさんと別れる。この時間以後の陽が落ちてきて難しくなる。渋沢5号踏切のちょっと南側から、角度的に順光の撮影が難しいのですが、敢えてトライ。

◇はこね25号(下り、VSE) 15:17通過

f:id:kenjiro-t:20180505085421j:image

↑でなんとかいけるかなぁと思っていたのですが、LSE通過の40分間に陽が影ってしまいました。

◆はこね84号(上り、LSE) 16:06通過

f:id:kenjiro-t:20180505085417j:image

さらに下り列車に裏被り。

その後、Aさんと渋沢駅で再度合流して鶴巻温泉駅へ移動。伊勢原駅との間の畑で夕暮れを撮影。

◇はこね35号(下り、GSE) 17:51通過

f:id:kenjiro-t:20180504175152j:image


この直後に太陽が山に沈み、夕焼けでオレンジ色になる感じでもなく、私には撮影は難しく。

◆はこね71号(下り、LSE) 18:13通過

f:id:kenjiro-t:20180505085413j:image

結局、流しにしてしまいました。


同行していろいろ情報をいただいたAさんに感謝の1日でした。  <(_ _)>

2018-04-28

去り行くLSEを追って その12

| 12:58

GWの初日、神奈川県西部は快晴の予報。朝から撮影にお出かけ。当初は渋沢5号踏切で新緑をバックにと思っていましたが、秦野駅から富士山がクッキリ見えたので下車。

◆はこね1号(下り、LSE) 7:49通過

f:id:kenjiro-t:20180430103429j:image

徒歩5分の場所から富士山をバックに。この季節に富士山がクリアに見れてラッキー。


秦野駅から1駅乗車して渋沢駅下車。渋沢5号踏切まで30分ほど

◇はこね2号(上り、VSE) 8:41通過

f:id:kenjiro-t:20180428084102j:image

3か月前の撮影とは全く異なり、新緑が見事。VSE練習。先客も10名ほど。


◆はこね4号(上り、LSE) 9:00通過

f:id:kenjiro-t:20180428090012j:image

20分後にLSEがやってきました。


◇ふじさん2号(上り、MSE) 9:21通過

f:id:kenjiro-t:20180430121010j:image

次のLSEである「はこね57号」を川音川のポイントで撮影前に、秘境と呼ばれている渋沢6号踏切に寄ってみました。緑の中で雰囲気はよいのですが、高い立ち木で、正午前後の上り以外の撮影は厳しそう。


川音川のポイントへ移動。GSE練習。最初は1人でしたが、途中から3名ほどが集まりました。

◇スーパーはこね5号(下り、GSE) 9:49通過

f:id:kenjiro-t:20180428094943j:image

GSEのオレンジ色は予想以上に鮮やか。新緑にも生えます。


待ちに待ったLSE

◆はこね57号(下り、LSE) 11:34通過

f:id:kenjiro-t:20180428113402j:image



本日ここまで3枚が予想以上の出来で満足。ただ天気が良いので午後もできる限り撮影。


さきほどの渋沢6号踏切で上りを狙うつもりでしたが、日が傾いてイマイチな時間帯に。隣の渋沢7号踏切まで歩いてみると、先月、座間桜を隣で撮影した方と遭遇。隣でで撮影することに。

◆はこね14号(上り、LSE) 12:38通過

f:id:kenjiro-t:20180428123830j:image

逆光なのですが、太陽の位置が高いこと、LSEの先頭車の傾斜の関係で、頭にも陽が当たっています。


この後はチェックメイトカントリークラブ近くの俯瞰ポイントへ移動。

【注意】通常の車道で上がらずに、南側の登山道らしき道から上がったのですが、倒木など道が整備されておらず・・・・。最後は道も曖昧になり途中で引き返し、通常の車道に出ることにしました。徒歩で歩く方は、素直に車道を歩くことをお勧めします。


先客は5名ほど。先ほどまでいたポイントを見下ろします。

◆はこね23号(下り、LSE) 14:57通過

f:id:kenjiro-t:20180610210939j:image

f:id:kenjiro-t:20180610212058j:image

f:id:kenjiro-t:20180609122758j:image

同じ場所から渋沢7号踏切をズーム。

◆はこね84号(上り、LSE) 16:06通過

f:id:kenjiro-t:20180609122802j:image


下りは新松田駅まで1時間ちょうどで到着。本日も良く歩きました。

2018-04-22

高川山&リニア見学センター

| 09:03

今春の子供連れ山行の一発目。中央線の高川山、プラス「山梨県立リニア見学センター

  • コース:初狩駅 10:15 → 登山道入口 10:50 → 12:20 高川山 13:10 → 15:05 山梨県立リニア見学センター
  • 距離:7.0Km
  • 累積標高:550m
  • 行動時間:4時間00分
  • 参加:大人5名、子供8名

初狩駅でトイレを済ませて出発。

f:id:kenjiro-t:20180422102252j:image

八重桜が綺麗に咲いている。


暫くは一般道+林道を行きます。

f:id:kenjiro-t:20180424223453j:image


30分ほどで登山道の入口に到着。ここから登りがスタート

f:id:kenjiro-t:20180422104825j:image


距離が短いの男坂を選んだので、かなり急な登り。

f:id:kenjiro-t:20180422111721j:image


うちの下の子は殆ど歩かず。13Km超なので、かなり重い。

f:id:kenjiro-t:20180422111148j:image

f:id:kenjiro-t:20180422115607j:image

頂上前で少しだけ歩きましたが、「アリが怖い」と言って、また背負うことに。歩きたくない言い訳か?


ようやく頂上到着。富士山が見事。暑い中、昼食を食べます。

f:id:kenjiro-t:20180422122121j:image


下りはリニア見学センターまで最短のルート(2年前は尾根ルートでした)。

f:id:kenjiro-t:20180422140056j:image


ようやくセンターが見えました。前回よりもコースは短かったのですが、時間は30分以上遅い。人数が多かったので、やはり時間がかかる。

f:id:kenjiro-t:20180422145643j:image


センター到着

f:id:kenjiro-t:20180422161048j:image


大月駅行のバスまで1時間ほどしかなかったのですが、浮上実験が見れて満足。

f:id:kenjiro-t:20180422160612j:image

f:id:kenjiro-t:20180424224158j:image

2018-04-21

去り行くLSEを追って その11

| 20:06

本日は晴天。先週(その10)の下見を活かして多摩川に。午前は用事があったので、午後から


◆はこね14号(上り、LSE) 13:29通過

f:id:kenjiro-t:20180421190503j:image

f:id:kenjiro-t:20180421190459j:image


次の撮影は、座間駅から徒歩5分の相武台前5号踏切から、望遠で下りLSEを狙う予定でしたが、先客が1人。場所が狭そうなので4号踏切へ移動。

◆はこね23号(下り、LSE) 14:35通過

f:id:kenjiro-t:20180421190455j:image

ちょうど上り列車が接近、被りそうでしたがギリギリセーフ


すぐにVSEが来るので、相武台前5号踏切からも試し撮り。望遠は難しい

◆はこね25号(下り、VSE) 14:55通過

f:id:kenjiro-t:20180421145427j:image