Hatena::ブログ(Diary)

kenkena123の日記

2007-10-29

旅慣れたトラベラーでは、添乗員同行ツアーを馬鹿にする人もいるかもしれませんが、これ、結構楽しいんですよ。

ツアーに参加する人はほとんどが旅行好き。

ここがよかった、あそこがダメだったなどなど、旅の四方山話を聞くことができます。

添乗員 添乗員 添乗員 添乗員


それに、なんてったって、バスに乗ってるだけで目的地に連れてってくれるのが最高〜♪

自分の力で移動となると、重〜いスーツケースがあるし、貴重品には気を使うしで、なかなか大変。

一人旅の時なんか特にね。

その点、バスの中ならツアー仲間オンリーなので安心だし、窓の外の風景を眺めていたり、眠くなったら寝ちゃったり、まったりすることが出来ます。

移動中のバスの中って、ほとんどみなさん爆睡状態だしネ。

で、起きたら憧れの観光地♪

上げ膳据え膳って感じです。

添乗員 添乗員 添乗員


これが一般の電車やバスの中だとこうはいきません。

貴重品なくなったりしたら大変だもん!

個人旅行は達成感はダントツだけど、気の休まる時があまりないのが難点です。


そんな添乗員同行ツアーで最大の問題は、やっぱりツアー仲間と添乗員の質でしょう。

私は「こいつイヤだ!」って思ったツアー仲間は今まで2、3人しかいません。

まぁ、いやだったら食事の時とか離れた席に座ればいいだけだから、毎回遅刻するとか、そういう被害を蒙らなければ平気です。

添乗員 添乗員 添乗員



添乗員でもイマイチな人はいましたが、そんな使えない添乗員に当たったことはないかな。

一度、スーパー添乗員に遭遇したことはありますが。。。

2007-10-19 誘拐事件

イランを旅行していた日本人大学生が誘拐されるという事件が起きた。

私は旅行 ブログを見ていて、行こうと思っていた矢先。

犯人は麻薬密売組織で、公安当局に身柄を拘束されている息子の釈放を交換条件として求めているという。こんな要求にイラン政府が応じるとは到底思えないし、国家の威厳は保つためにも絶対に応じてはならない。事件が早く解決し、大学生が無事解放されてほしい。

 この事件を聞いて、自分も海外旅行旅行 ブログ

を見て肝を冷やしたことを思い出した。

続きはまた明日。

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ

旅行 ブログ