海の底には何がある? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-09-27 後遺症

高校訪問に行ってしまったダメージを未だ引きずる火曜日である。大学に行くのが億劫でしょうがない。しかもまた今日が季節外れに蒸し暑いわけで、もうやだ。とか行っても仕方ないので、重い体を引きずって出かける。うー、こういう時はあれだ。本の原稿はほぼほぼできたから図表を描くのだ。ちゅうことで、クモの体制の模式図をイラレで描く。子供用本を作ってた時は、絵はイラストレーターさんまかせで、こちらは参考写真を送ってそれを基に書いてもらってたんだけど、やはり専門的な知識のない方が節足動物の体を写真見るだけで正確に絵にするのは難しいようで、できたものに色々ダメだしせざるを得なくなって、編集さんも含めて随分と迷惑かけたような気がする。だけど、今回は自分で描いてるわけで、まあかゆいところに手の届く絵になるわけよ。この頭胸部のカーブを美しくするためにアンカーポイントを微妙に調整して行く作業って癒されるわ。授業の合間の三時間ほどかけて一枚完成。図表は全部で40枚作る予定…

2016-09-26 奴隷商人の憂鬱

今日は朝から鬱である。ここ十数年ずっと忌避してきた高校訪問に行かざるを得ない状況に追い込まれてしまったのだ。最後まで抵抗する手もあったかと思うけれども、それには正面突破が必要で、当方はそこから食らう被害などへでもないが、想定されるコラテラルダメージを考えると、今回は引いておいてダメージコントロールに徹する方がまだマシと判断するが故の苦渋の選択である。あーヤダヤダ。だいたい、高校訪問ってのはどこをどうとっても無駄以外の何者でもなく、相手方にとっても貴重な時間を取られる迷惑極まりないもの。広報がしたいならもっと良い方法はいくらでもあるのにさ。まあいい。今日は大阪市内を三つ回る。本当は四つなんだけど、一つ連絡したら担当の人につながらず、こちらの事務は別に行かんでもいいっていうから、ダメージコントロールモードでもあり、再度連絡することもなく、もういいやってね。最初は9時長居。適当に喋るけど、案の定先方はお愛想で聞いてくれているけど明らかにこちらに興味がない。早く終わらないかなあという態度アリアリだ。だいたい大阪の高校で、こちらの大学を知らないところなんてないわけで、相手の知ってることを説明しているこの徒労感よ。つうことでダメコンでもあり早々に辞去する。で、次の阿倍野まで2時間ほど時間に空きが。いやこんなこともあろうかとI田さんに連絡しておおたのだ。大阪市博に行って、前からバグってるmomo-pのスクリプトのフィックスをする。転んでもタダでは起きんよ。ということで検査して問題点を発見。直してテストして完了。そう。今日のオレはこのために来たんだよ、と自分に思い込ませる。ついでにI田さんにこの状況について盛大にグチり、地に落ちた士気を少し回復させる。で、12時に阿倍野。ここも同じくはよ帰れって感じだったので、これ幸いとすぐ終わらせる。ダメコンやし。いやしかし、大昔の一時期阿倍野には通ったことがあったなあ、と、懐かしく思い出す。で、次は14時半玉造なので移動してお昼。空き時間には原稿の推敲。そういえば玉造は高校受験で滑り止めに受けたところがあったなあ。ここに来たのはあれ以来か。真田丸の地でもあるわけだ。で、3箇所目は、ちょっとだけ大学のモラトリアム機能について話が盛り上がる。でもダメコンなのでやっぱりすぐ終わり。どうでもいいけど、高校の先生たちって生徒のことを「こどもたち」って呼ぶのね。私的には違和感ある。ということで、ヘトヘトになって帰ってくる。また今日が蒸し暑くって辛かったのよ。で、最寄り駅の本屋に立ち寄る。ここは面白いところで、お店の一角でちょくちょくイベントをやっていて、来月私も子供向け本の関連でお話し会をすることになったのでその打ち合わせ。のんびり1時間ほどいろんな話をさせてもらって再び士気回復。

2016-09-25 自炊

だんだん涼しくなってきて、おそらく今日がギンナガ実験できる最後のチャンス。見つかりますように、と祈るような思いで竹林へ。実は昨日も別のところを探していて、見つからなかったもので、今日のところでダメなら、いよいよギンナガのシーズンも終わり。で、なんとか三個体見つけたけど、本当にこれで最後っぽい。大切に真心込めて実験しなければ(ウソ。真心とか薄っぺらい言葉よね)。ところが帰ってきてショウジョウバエの培養瓶を見るとあんまりいない。クモ一個体あたり10匹が必要なので計30匹なのだが、15匹くらいしか取れないじゃん。しゃーないのでバナナを追加し、時間を置いて何度も採集してやっと必要数に達する。あせったー。で、実験。これでサンプル数二桁になる。ショウジョウバエベースだと三桁だ。いやこれもなー、最初っからそのつもりだったらここまで追い込まれなかったんだけどなあ。まあ人に頼ろうとしたオレが悪いんだけど。しかし夏世代がピークを過ぎたところで投げ出されたらやっぱ辛かったわけよ。

2016-09-24 楽しく明るく

小学校の運動会。ぶーちんも6年生なので、つまりこれが最後の小学校の運動会だ。東京時代から8年続けてきたが、ついに今年で最後かと思うと寂しいなあ。で、去年からは一人だけ見れば良いので、出番になるたびに出かけて行くという運用になる。学校まで3分というのは良い。で、近頃は、子供がどの辺で動くのかあらかじめ教えてくれているので、そのあたりに行こうと思うと進入禁止。児童席には今年から親は入っちゃいかんらしい。ということで、一番良いポジションに行けず。なんかチグハグね。そういえば、前は飾られていた万国旗が無いぞ。そんなわけで楽しい明るい運動会って感じが薄い。天気も曇りだしな。っていうか、お祭り的なものを修練会的なものに変えようとしているのならイヤだな。というわけで、今年は狭いエリアに親が押し込められるなか、なんとか場所を確保してみる。騎馬戦、徒競走、組体操だ。徒競走ではぶーちん一位。初めてだ。よかった小学生のうちに一度でも一位になっておいて。で、組体操のピラミッドは5段。去年より一段減で、一応指摘への対応が取られているようでなにより。あー、てか、これで終わりか。も一度言うけど寂しいなあ。

hiyohiyodorihiyohiyodori 2016/09/26 19:37 うちみたいに11年続けると、もう満足よ。

kensuke_nakatakensuke_nakata 2016/09/27 07:40 私なら20年でも続けられるけどな

hiyohiyodorihiyohiyodori 2016/09/27 23:46 そんなんいやや。

2016-09-23 ラッキー

昨日がそういうことだったので、定例竹林調査は今日だ。ということで出かけてみるも、ギンメッキが減ってきたなあ。いよいよ今年のシーズンもあと一・二週で終わりかなあ。というところ。いや、他の場所では10月いっぱいくらいはなんとかいるんだけど、私の見てるところだと早くいなくなっちゃうんだよねー。っていうか、逆にもういないかもと思っていたギンナガを4個体も見つける。こりゃ大変。実験できるじゃん、と定例調査が終わって12時頃から慌てて準備。この実験、準備には手間と時間がかかるけど、動き始めたら早いわけで、午後をいっぱい使えて、クモもたっぷりショウジョウバエも湧いてきてる、となればこの4個体全部実験できるんじゃない?と盛り上がるわけよ。ということで、様々なトラブルを乗り越え16時半にはサンプル数4増で、全部ので7だ。結果は必ずしも思い通りじゃないけど、とりあえずこんな感じだろうという傾向が掴めるところまではきた。いやー、人間諦めちゃダメですな。

2016-09-22 ゲージツの秋

今日は秋分の日だが、その趣旨は先祖を敬い亡くなった人を偲ぶことだそうである。お彼岸だからな。私も心安らかに先祖を思わねばならないのではないか?その邪魔立てをするものは厳しく責められるべきであろう。というわけで、万国が文◯省を恨むべき祝日授業である。しかも1時間目だ。私は授業のある日は大体1時間くらい前から研究室で備えているので、今日は6時半に家を出るという。ご先祖様。。。ヨメサン子供はお休みだから起こさないようそっと出かけて朝ごはんも途中で買い食い。で、今週は後期1回目で、科目は英語で科学ニュース読むやつだから、学生が準備してくれないと進められないやつなので簡単にガイダンスのみ。このためだけに休日を潰されるのはあまりに癪なので、授業を終わらせ来週以降の準備をしてから、ヨメサンと合流してちょうど京都大丸でやっている知人の洋画家の個展を覗きに行く。近所で会うときはお互い短パンTシャツなのだけど、さすがに今日は背広を着ておられて、見違える。そうかエライ人だったんだ。知らんかった。つうか、画家と大学教員は活動リズムが合うのかどうか知らんか最近近所歩いてるとほんとによく会うんだよねー。まあオレ的にも、やっぱりこういう文化人系の人とは波長が合うわけでさ。で、お昼食べてウチに帰ってきて、14時。待てよ?とピンときて、ギンナガ実験できるかもと準備を始めると、雨が降り出す。しかし、一度始めた準備はなかなか止まらないわけで、被験者のギンナガを探しに竹林に行くとさらに強く降る雨。グジョグジョになったけど1個体ゲット。帰ってきたら雨も止んだのでガンバってなんとか実験してサンプル数+1。ひょっとしてこれ5まで行くかもなー。明日二つ増やせるかな。ギンナガさえ見つかれば。

2016-09-21 受動受講

二時間目の立ち講義に行ったら、教室が満杯で焦る。いつもこの時間少ししか受講生がいなかったのに、今年はざっと見倍増している。さては、裏番組が変わったのか?と思って調べてみたら案の定。そういう理由で受講生増えてもなー、単に運営が難しくなるだけで良いことないんだけどなー。と、後期開始二日目から疲労感満載のオレとしてはネガティブなこと考えるわけよ。

なんで疲労感満載かというと、、、いややめとこ。

2016-09-20 シルバーウィーク

あー、ついに今日から後期の授業が始まる。鬱だ。いやしかし、昨日の天気予報では午後に台風直撃。三、四時間目はやらんでいいに違いない。だけど、って言うことは、午前の授業のために出かけたあと帰れなくなる可能性が。やっぱり鬱だ。で、朝起きたら、なんと既にして大阪には暴風警報が。子どもら休み確定。だけど、京都には出ていない。奈良にも出てるのに。ぐうう、と、出かける時間になるまで何度もチェックするも、叶わず。しゃーないので出かける。で、2時間目が終わっても3時間目が終わっても警報は出ず。結局、予定の4時間目まで全部やる。で、4時間目終わったところで電車が遅れまくってることを学生から教えてもらう。あー、いいこと何もなくて帰りだけ面倒くさいのかよう、と、幸先悪し。これから4カ月を乗り切れるだろうか。と、ウチに帰ったら、突然のボーナスに時間を持て余したぶーちんがクッキーを焼いていた。雨の日は優雅な振る舞いに限ることだ。

2016-09-19 三すくみ

先日、トークショーの準備をしていた時、いろんな生き物写真をMacからiPadに移そうと同期をかけてみたらうまくいかなくて困ったことがある。で、いろいろ試して最終的にはなんとかなったのだけど、その中で、昔同期できていた家族の写真群が今は移っていないことに気がついたのであるよ。ので、そのための作業を推敲の合間にやる。で、過去に同期していたのは、2014年頃だったので最近の写真で同期するべきものを選んでいたら、2014年秋に彦根であった直弼杯将棋大会で上の子が指しているところの写真が出てきた。で、見ると、むむむむ、上の子の相手に見覚えがあるじゃないか。ムムム、これはこの6月にブーチンが佐藤康光杯子供初心者の部で優勝した時の決勝戦の相手じゃないか?!慌ててヨメサンを呼んで、そうじゃなかろうか?と訴えるが、ヨメサンはわからんという。じゃあ、と、直弼杯のトーナメント表の写真と、康光杯で賞状もってみんなで並んでいる時の写真を見比べると、同じ名前じゃん!!ひえー、今日の今日までまったく気がついてなかったけど、同じ相手と指してたんだなあ。っていうか、今頃になって気がつくなんてないよな普通。で、確か、上の子はこの時負けたはず、と思って当時の日記を読み返してみると「棋力的には格下の相手に負けて」みたいなことが書いてある。そうだよなぶーちんが勝つ相手なんだから。っていうか、思ったよりこの辺の子供将棋人口は少ないのかもしれない。

2016-09-18 コンテンツ不足

子供向け本の作業がほぼ終わったわけで、大人向けの本の原稿もいよいよ仕上げねばならない。ので、ヨメサンに読んでもらいながら、推敲。特に、後半の推敲がまだまだ足りないわけでいじる。だけじゃなくて、ついつい余計なことを書き足しちゃうもので、さらに推敲する部分が増えていって、賽の河原だ。どうでもいいが、子供向け本に中国・台湾で翻訳本出版の可能性が出てきているらしい。