海の底には何がある? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-29 思考破壊装置

この土曜日は最寄駅の駅前の本屋さんで動物のことについてのお話会である。去年の秋にやったのがえらい好評だったので第二弾だ。で、そろそろその準備をしなきゃいけないので、新趣向として最近の動物ニュースなど取りあげようかということに。で、ツイッターのネタで時々そういうのを流しているので過去のツイートを掘り出せばいいやとこれを始めたわけだが、ついついどうでもいいものまで読んじゃって捗らない捗らない。この日記を読み返して捗らなくなることはこれまでにもあったけれど、ツイッターって流しっぱなし感があるので、こういうことはしたことなかったわけで、やらなくてよかったよ。これはやばい。とはいえ、おかげで準備の大枠はできた気がする。しかし、やってみて思ったけど、日記に書いたことって読み返さなくても覚えているもんだが、ツイッターに書いたことって、ほとんど忘れてるんだな。だからこそ読み返しが新鮮でやばいってのもあるのかも。

2017-05-28 のらのら

実験のためにクモを庭に放して網を張らせているのだけれど、たいがいは薪ラックの前に張ってくれる。つうことは、観察のシーズンには薪の取出とかやりにくくなるのだな。つまり、最近は薪割りが滞りぎみで。なのに、もう最高気温30度とかですよどうしたものだか。で、ここ一週間ほどは網の数も減ってきてギンナガは終わりだしギンメッキは端境だし、ということで久しぶりにキンドリングクラッカーでケヤキを割ってみたが、もう日差しが強くて暑くて死ぬかと思った。最初曇ってるからチャンスと思って初めてみたけど、すぐに日が差してくるんだもの。で、紫外線でぼろぼろヘトヘトになって、でも今度はトウモロコシの種まきしなきゃいけないので畑に。ついでに、昨日タマネギを収穫して即座に畝立てした畑にサツマイモも植える。本当は一週間ほど置いておくべきなのだけど、苗がどんどんしぼんでくるのでしゃーない。で、全部が終わった16時半。家族でシネコンに出かける。「メッセージ」。タコは知能を持つと言われているが本当だった、と言う話。なぜ宇宙人はヒューマノイドでなければタコ型なのか。っていうか、目的に対して方法が迂遠ではないですか?いや、オレ決定論って苦手だわ。すべてがどうでもよくなる。SF的と言うか(いやSFだもの)思考をインスパイアされる作品であることは確かなんだけど、オレは乗れなかった。ちなみに家族に「ってことは、自由意志なんてないってことなんだよ」と訴えたのだが誰にも理解してもらえなかった。

小田亮小田亮 2017/05/29 12:28 「メッセージ」私も観ました。タコが墨吐く映画でしたね。てか表意文字だけでそんなに多くの情報を伝えられるのだろうか。結局は時系列に沿って並べないと効率が悪い気がします。

kensuke_nakatakensuke_nakata 2017/05/29 20:39 QRコードは結構な情報量を詰め込めるらしいので、そっちは結構いけそうな気が。それより、タコの星では風とか吹かんわけですよね。大気なのか海なのか、とにかく極めて粘性の高い媒質中で進化したのかしら?とか思いましたが、でもだったら墨をあんな風に自在に拡散できないしなあ、という。

aikuraaikura 2017/05/29 21:46 ネタバレって書いといてくださいよ〜

kensuke_nakatakensuke_nakata 2017/05/30 08:21 タコはネタバレじゃないっすよー

2017-05-27 すべては自転車操業

サツマイモの苗を園芸店に注文していたので取りに行った。水に浸けていれば1週間くらいは持つと思ってたのだけど、お店の人に1ー2日で植えろと言われて困る。つうのは、植え付け場所として想定していた畑にはまだタマネギが植わってるからだな。しばし考えて、もう葉もほとんど枯れていることだし、これ以上畑に残しておいても大きくならんだろうと判断して、収穫に。今年もあまり出来が良くなくて、小さいんだよなあ。まあしゃあない。200ほど収穫して畝を切る。今日は比較的気温が低い日だけどやっぱり汗だく。帰ってきて、体に悪いとは思いつつコーラ飲んじゃう。うめえなあ。そして今のオレにはここ10日ほどで査読しなきゃならない原稿が3本も滞留している。今日一つなんとしても片付けないと死んでしまうので、畑仕事で改善した血流の力を借りて取り組む。なんとか日が変わる頃に報告書き上げ。一晩寝かせて明日送る。それにしても、この三本、締め切りが1週間、10日、2週間、となっていて、ちょっと最近の査読事情ますます世知辛い。

2017-05-26 金曜ロードショー

今日は2時間半もかけたゴミグモの観察がボウズ。落ち込む。いや、実はここ数日気分が晴れないのである。というのも火曜日のトークショーがあまりに楽しく、そうか世の中にはまだこんな素敵な環境が残ってたのか。翻ってオレは…とか思うとなんか何もかも嫌になっちゃってさ。ゴミグモも思うように動かないし。でも午後から授業だし休講にするわけにも行かないし、と重い足を引きずって出かけ、案の定さらにどんよりして帰って来る。で、議員の仕事でヨメサンの帰りが遅くなって行き違いで晩御飯も遅れる。そんな中、時間的にはタイトだけど、シネコンに。「スプリット」。シャマランユニバース開幕、という話。いやあ、そういう話だったのか。思わせぶりで不穏な雰囲気が漂いつつもお話はアホみたい、という昔の調子よかった頃のシャマランタッチが今作は冴え渡る。一生シャマランについて行くぞという気持ちがエアベンダーとアフターアースで萎えきった私みたいな人にはピッタリな作品。楽しかった。つうことで、シネコンからの帰り、すっかり気が晴れた自分がいることに気がつく。いやあ、映画って本当にいいものですね。

2017-05-25 逆5時から男

なんか最近テレビ局からの問い合わせで多いのは、東南アジアのクモとかサソリとか食べられるのか?というもの。で、写真とか送りつけてくるのだが、知らんがなそんなの、ということでほとんど役に立たない。いや、ロケでこんなの見つけたけどなんていう名前だ?ってことなら、まだその質問が来るのは理解できる。答えられんけどね。しかし、なぜ食べられるのか?になるのか。しかも頻繁に来るのだ。昆虫食ブームなのか単に芸人にウエーって言わせ品のない企画のはやりなのか。

今日は朝から雨。ゴミグモも網を張ってないのでまぐわいの観察もできないわい、とかいってるとやんでくるので、造網を待ってお昼頃から観察。サクッとやってくれた。で、今日は講義のない日なのに夕方二件も会議があるので泣く泣く出かける。帰ってきたら22時前ですよ。

K家の主K家の主 2017/05/27 19:13 私は料理番組から「赤外線について聞きたい」という電話があったそうです(伝聞なのは,研究室の学生が電話を受けたため).確かに昔,赤外線をテーマにした論文を書いた事あるんだけど,相手はコンクリートです....「食は万里を越える」ですか?

kensuke_nakatakensuke_nakata 2017/05/28 09:51 それはテレビ局の人がどうしてそこにたどり着いたのか知りたいですな。私の場合は蜘蛛学会の連絡先で、蜘蛛学会はサソリも扱うとうたってるのでしゃーない部分があるです。

2017-05-24 落ち穂拾い:情報戦

選挙期間中の話。事務所であるところのウチの自宅はスーパーの前にある。これにはもう計り知れないメリットがあるわけで、日頃から玄関先掃除してるだけで道行く人の記憶に残るし、応援の人が家の前に集まってるだけで目立つ。事務所の所在を示す看板を立てれば見て行ってくれる人も多い。そして演説したいと思ったら5秒で実現。部屋着で辻立ちだ。なんなら家の中からメガホン突き出すのでもいいぞ。そんなわけで、格好の演説スポットであるウチの前なので、他所の候補者さんもやってくる。ので、私としては窓に面して置いてある仕事用机から、他所の演説とそれに対する有権者の反応をじっくり観察させてもらうという役得に預かれるわけだ。演説の内容についてはヨメサンに報告して、以後の演説内容に反映させてもらうわけね。こういうのは他の陣営もやっていて、ヨメサン曰く「なんか私の話を熱心に聴いてる若い人がいたんだけど、その人が維新の手伝いしてたところを後から見たのよね」ということである。そういうことを聞いても、こちらはへーとしか思わないのだけど、選挙に関わる人には殺気立ってる人も多くて、私が二階からニヤニヤ眺めていると、某陣営の人から睨みつけられたことが一度だけあったな。文句あるならウチの前でやらなきゃいいのに。で、二階から町行く人の反応を継続的に観察できるのはなかなか良いものであって、ウチは町長選では若い候補者の側だったのでその立て看をヨメサンのと並べて家の前に置いてたんだけど、選挙期間の最後の2日とか、道行く人の多くがその看板に目をやるのを目撃してたわけ。で、これはひょっとして勝ち目あるのか?とか思ってたら勝っちゃったわけで、そうかこういうのが選挙戦の手応えってやつだな、と感じたりした。巨大な組織票を持つ相手候補なんて、演説してても、みんな無視して通ってたものね。町議候補では、下馬評的に当選は危ういだろうと言われてた人が、投票日の直前にネットで別の悪評が拡散して、普通に考えたらこりゃ無理だになるのだけど、ウチの前ではなんか大勢と握手していて、あれ?意外と受けてるなと思ったら、通っちゃったということもあった。ちなみにこの候補者さん、1回目に見たときはもう演説が惨憺たるものだったのだけど、2回目は演説は応援の人に任せてずっと握手ばっかりしていた。ちゃんと反応見て戦術変えられるのは強いんだな。そんなウチの前なので、選挙期間が終わる土曜日の20時直前、いわゆる最後の訴えの場所になったのである。最後は演説じゃなくて挨拶で、私も横で幟もってろ、と駆り出されたのだが、そうしていると、おっさんが話しかけてきて、これは丁寧に対処しなきゃと話していたら、なんか雰囲気が違う。なんか絡んでくるんだよね。こちらが政策とか説明しても聞いてくれないのでコミュニケーションが成立しないし。ので、ヨメサンが急遽方針を変えて「今から駅に行きますのでー」と逃げ出したのである。で、まあ、ああやって絡まれるのは女性候補にはあるんだよねー、とかの話になったのだけど、翌日の開票現場にそのおっさんがいたので、何気に側に立ってそのおっさんの会話を聞いてみると、どうもすぐ近くに事務所を構える他所の陣営の支持者らしい。ということはあれは、演説の妨害だったのか。その人独自の行動かもしれんが、そうかそういうこともするんだなあ、と感心したりする。その候補者の当落については触れないでおこう(続く)

aikura aikura 2017/05/29 21:57 ほんとうに地の利ですね。あのスーパーに来る度に刷り込みされるなんて、素晴らしい。

kensuke_nakatakensuke_nakata 2017/05/30 08:23 店があってもあんまりうるさくもないですしね。土日に売り出しがあると、前の道が混雑することがちょっとあるくらいで、メリットが圧倒的です。

2017-05-23 里心

今日はルネでトークショーの司会をする日。朝一で念のためとゴミグモ仕掛けたら、さっと1度目のまぐわいになったのは良いけど、離脱に失敗して食われかける。本来ならそのまま観察するところだけど、オスは貴重なので助け出す。で、2度目に行くかと1時間待ってみたけど、もうダメ。これ以上時間かけると授業に間に合わなくなるので駅に向かうと人身事故で電車遅れてて死ぬかと思った。死なないけど。で、授業3コマやって、研究室のクモにエサやって、ちょっとだけ学生の付き合いしたらもう17時。片付けして18時集合のルネに。トークショーの進行についてイメージできましたか?とか聞かれたけど、そういう準備まったくしてなくて出たとこ勝負で行こうと思ってたので焦る。いやでもトークショーはライブ感命だから、と内心嘯いて聞かなかったことにする。で、トークショーの狙いは、まだ新入生もフレッシュな気持ちが残ってるので、現役の動物研究者がどうやって今の自分になったかを若者に語って彼らをエンカレッジしようというのであるな。で、メインのお二人は人類進化のN川さんとアフ研のY越さん。二人ともサル学の演者にクモ屋の私がなぜ司会をすることになったかというとそれには諸事情があるのだな。つうことで若干バランスが悪いので、最初は私も司会とはいえ演者の一人みたいに喋る雰囲気があったのだけど、もちょっと引いて最初はお二人中心に話してもらう感じに司会する。そのうちに雰囲気がこなれて来たので、N川さんの最近のネタである抱擁行動の話になったので、「どんな風に抱擁するんですか?」と狙って振ってみたらば、「じゃあやってみましょうか」とノリよく受けてくれるので、60年代生まれのおっさん2人が舞台の上で抱擁して唇プップってスマッキングしてみせる。案の定大受け。会心の一撃であった。もうあとはノリノリで途中からは私も前面に出て好き放題喋らせてもらった。実は観客席にはヨメサンも来てくれていて、面白いって言ってくれたので、まあこの人がそういうならなかなかの成功だったのでありましょう。で、会は21時に終わってルネの人たちや聞きに来てくれたN井さんも含めてゲートで打ち上げ。懐かしいなあゲート。23時まで。ルネの人が真摯に学生の本離れを食い止める方法を考えているのを見て、良いなあ京大って思った。やっぱ真面目にやってなんぼだよ。いや長いこと離れてて忘れかけてたけど、知的でありたい人にとって最高の環境だよねここ。ってか、大学には生協が入っているべきだ。で、帰るのだけど、こういうときに役に立つのが6月中に使い切らなきゃいけないタクシーチケット。京都で遅くまで飲んだときのためにあるのねコレ。つうことで3000円のチケット二枚切る気満々でタクシー拾ったら、ウチについたら料金6990円。ゲゲ足が出たじゃん。今まで何度もこれやって来て6000円超えたこと一度もなかったのによう。ひでー。もう信じられへんやんか。

moripemoripe 2017/05/25 12:29 ゲート!!!
天寅はまだあるのかしらん。

kensuke_nakatakensuke_nakata 2017/05/25 15:54 あー、どうなんでしょうね。私もゲートのことは連れてかれるまで忘れてました。

2017-05-22 落ち穂拾い:弾除け

久しぶりに選挙の思い出話を書くが、期間中私はずっと事務所がわりの自宅の留守番をしていたわけだが、一度だけ演説に付き合ったことがあって。というのは、ウチの町では市街地のほとんどが徒歩圏内なのだけど、山の中に二つほど集落があって、そのうち一つに行くには離合の難しい細い箇所のある道を行かなきゃいけないので、そこで演説するときの運転手として徴発されたわけ。で、そこは山間の集落なので、出張投票所が設置されるのだが、なんだか私が授業がなくて手伝える日にはもうその出張投票所は閉まっちゃってるらしい。じゃあ行ってもしゃーないやんかってことになるけど、まあムダでも無視したって言われるよりはマシかねえということで出かけてみた。ひょっとしてまだ投票してない人もいるかもだし。で、着いて畑に向かってヨメサンが喋り始めるので、私は近くをブラブラ歩いてクモでもいないかな、と思ってたわけ。そしたら、突然こっちに「うるさいわー」とか怒声が飛んでくるわけ。「今頃来ても遅いんじゃー」と向こうで女性が怒鳴っている。「えーっと、そうなんですかあ?」と誤魔化そうとしたのだけど、許してくれない。「お前らそんなことも知らんのかあ」と。困ったなあと思って、色々言ってみるも一向に収めてくれないので、なんでオレが?とか思いながら「すいません。じゃあ言ってきますんで」とか言うと「お前らなんか当選せんわ」とかまで言われてる間に演説が終わったようなので、ヨメサンとこ言って事情を話して帰って来た。こう、平場だったら、あんなこと言われたらこっちも言い返すべきところ、まあ選挙だからねえ、おとなしくしてなきゃねえ。狙われるわねえ、と、気ぃ悪かった。おかげでヨメサンは気持ちよく演説できたとのこと。よかったじゃんオレも役に立った。

2017-05-21 君はまだシンデレラ

今日は地元選出国会議員のパーチーに出る。まあ辻元議員だ。ヨメサンがこういうことになったので、パーチーにも呼ばれるわけで、ヨメサン的には私にもついてこい、ということになるわね。私なんかミーハーなので、これまでまったく縁のなかったような、テレビの中だけの話だと思ってる事柄に参加する機会ってのには、一も二もなく乗って行くわけよ。で、朝、地元のお祭りに出かけたヨメサンを車で拾って電解質モールに買い物。夏のズボンを買う。昨日から買いすぎ。帰って来てお昼食べてから、さあ電車に乗ってパーチー行くべえと、駅に向かうと、町長と若者がいたので同行する。で、着いてみるとすごい人、かつ、背広のおっさんがズラッといて、うわー思ってたより大人の会じゃん。一応襟付きの服着て来たけど、これじゃああかんかったかいなあ、と焦るが、よく見ると、普段着の地元後援会の人たちがぽちぽち混じっているので、落ち着きを取り戻す。で、ヨメサンは曲がりなりにも議員なので、その辺の人が集まる前の方に行く。私も着いて行くわけだけど、そうすると、あ、あれは元議員じゃないか、とか、げげあれは元官房長官、とかに気がつくわけ。するうち元官房副長官とか元国交相とか入ってくる。当たり前だけどすげー。ミーハー的にはまあ感心するわけ。で、会が始まるのだけど、オトナの会だから挨拶が長いんだ。2時間の会のうち1時間15分挨拶が続いたという。オトナ大変だな。でもまあ、さすがに政治家の挨拶は慣れててどれも面白く聴ける。こうしてみると、政治家ってのは要は舞台俳優みたいなものなのかもな。演題でいかに人を惹きつけるかが能力の重要な部分を占めるというか。ちなみにヨメサンも舞台に上がらせてもらってた。政治家のはしくれだからなあ。そういえば河内音頭の人や反貧困の人もいた。有名人だらけじゃないか。で、やっとが始まって、私にも劣らぬミーハーのヨメサンは、あの福山議員と名刺交換する!って話しかけに行って、ついでに写真も撮ってもらった。勢いで前原議員にもアタック。こういう写真、普通の議員ならまた選挙活動に使ったりするのかもしれないけど、ウチは単なるミーハーだから。そもそも党とも関係ないし。で、私はと言えば、ヨメサンの選挙でお世話になった地元の人たちにご挨拶。秘書活動に勤しむわけね。で、気がつくと、背広の人たちはもう誰もいない。そうかこれがオトナのパーチーか。あとは普段着の地元の人だけなのでグッとくだけて、沖縄音楽や踊りも出て、と、私とヨメサンは最後まで残り、町長と若者と一緒に帰って来た。で、一服して畑に。いろいろ世話して、今週もトウモロコシの種まきとタマネギの収穫。終わって、ヨメサンが産廃問題の説明会に出るから、と、出かけて行ったので、急遽晩御飯作る。手間取って食べれたのは20時15分ほど。待たせてすまんかった>子供たち。

2017-05-20 やっぱり行動学役に立つ

例年GWに行われる薪ストーブイベント、今年の開催は今日。ということで、朝一でゴミグモを仕掛けるも失敗に終わったところでヨメサンとぶーちんと三人で車に乗ってゴー。GWじゃないので渋滞の心配もしなくて良いので楽ね。つうことで受付して、いつものようにメンテナンス講習を聞いて、今年はストーブに錆が出てきたので、その対処を尋ねるのだけど、味なのでほっとけと言われる。あー、そう言われると楽なので、じゃあほっておこう。で、物販もあるので色々見ていると、煙突掃除の時にブラシにかぶせる掃除袋が新製品として売ってるじゃないか。あれ、これまでは普通のゴミ袋とかかぶせるんだけど、掃除棒を突き出す穴のところからススが漏れてきて困ってたんだよね。この製品だとそういうこともないらしい、と聞いて、それは素晴らしいので購入する。で、チェーンソー屋を冷やかしに行くと、バッテリーチェーンソーが70000円で売ってるので、へー安いねえ、でも、予備バッテリーつけたら10万コースじゃんねえとか言ってると、営業さんがやってきて、予備バッテリーサービスしちゃう、とか言い出す。なにそんなチャンスもうないじゃん!と煽られてしまい、つい買ってしまった。ああ。いや、オレ予想もしない激しい値引きに弱いのよ。なんせ今回25000円くらいサービスでしょ。すごいよこれ。とはいえ、向こうとしてもきっと売れなくて困ってたんだろうけどさ。でもこれで電源のないところでもガシガシ切れるじゃんね。で、営業さんに、いやあ乗せられてしまいました、とか言ってると、その営業さん、ウチのすぐご近所の薪ストーバーさんにもチェーンソー販売していることが判明。小さい業界だからねえ。と、他も冷やかしてウロウロしていると、こないだ判明した同僚薪ストーバー氏が現れる。これまでこのイベントには来たことなかったという話だったので、来ればいいですよう、と言ってたのだけど、本当に来はったのね。さて、それで、このイベントの最大の目玉は最後に行われる大抽選会であって、それまで一時間半ほど時間があるので、一旦会場を出て、近くのアウトレットモールにてお買い物。これも定番で、ぶーちんの靴とか私の服とかいろいろ買ってると2万円以上散在する。うへー、全部で10万近い出費じゃないですか。で、時間になるので、会場に戻って大抽選会。これが例年大盤振る舞いで、二百人ほどの参加者に対して五十人ほどが当たるという割の良さ。ところがウチはこれまで3年間参加して一度も当たってないのであるよ。で、さすがに四度目の正直であるので、今年くらいはきっと当たるさ、と、ぶーちんと事前に話し合っていたのであるよ。さらに、去年、ちっとも当たらないのでぶーちんと何がいけないのかディスカッションして、抽選を引く人の行動をよく観察したのであるよ。抽選のシステムはというと、受付時に同じ番号が二つ書かれた紙を貰うので、その半分を切って抽選箱に入れるというもの。その箱から薪ストーブ会社の社長が紙を引き抜くのだな。で、それを見ていると、大体の場合で社長は抜いた紙を開いているじゃないか。それだ!私らは、紙を入れる時に切ったままの状態で、つまり開いたままにしていたのである。社長が無意識におった紙を選んでるのであれば、そりゃ当たらんわ!ということで、そのことについて1年間覚えておいて、今年はその仮説を検証するのである。つうことで、受付時にぶーちんが丁寧に紙を4つ折りにして入れておいたわけ。さあ私らの仮説は正しいのか。ドキドキの抽選会開始である。で、のっけから「今年は量より質で、当選者を絞りました。全部で36人」とかアナウンスがある。えー?例年50人くらい当たってたのに?これじゃあ今年外れたら仮説が間違ってたのか当選確率が下がったせいなのかわからんじゃんよー。と、そのアナウンスを聞いて「今年は絶対当たらんわ」とか予防線を張り出すぶーちんとか。でもまあ、確かに、去年までは50人当たると言っても、その多くは着火材1セットとかもらってもしょうがないものだったからなあ。いいものもらえる方がいいかもなあ。とか、ともかくどうせ当たるならいいものが欲しいよね。ちなみに、最高の商品は野外料理用薪ストーブで、定価8万円。そんなのもらっても困るような逸品だ。次に高価なのが斧。その次が絨毯で、あとは調理器具とかグッズの類だな。で、次々と進む抽選会。やっぱり全然当たらないでやんの。そうこうするうちに、あと残り商品は4つ、というところになる。で、最初の、室内用薪置きは外れ。で、次はいよいよ斧だ。社長が抽選箱に手を入れて、引き抜いた紙を開く。133番!やっほう!!!!当たった!!!!!!やっぱり紙を折って入れれば当たりやすくなるって仮説は正しかったんだ!!!!!!!!!どうだ動物行動学者の技術は役に立つんだぞう!ということで、うやうやしく斧をもらう。が、実はうちで使ってるのと全く同じ製品なのだ。本当はこの次の製品であるところの柄の長いのが良かったんだけど。。。でもいいのうれしいから。これから二刀流よ。ということで、ホクホクして帰ってくる。10万円浪費したとはいえ、最後にもらえる薪も含めて15万円ほどの商品をゲットしたんだからハッピーだよねー。

で、夕方からシネコン。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。ドーキンスの敗北、という話。前作も快作だったが、続編もノリノリでとっても良い。もうオープニングのMr. Blue Skyに乗ってグルートが大バトルを背景に踊るシーン見ただけで満足だわ。もうね、アベンジャーズ的な大量の敵と味方が入り乱れてごっちゃごっちゃになる戦いとか飽き飽きしているのよね。そういうムードをこんなふうに処理してくれるわけで、ジェームズ・ガンはセンスいいよ。あと、もひとつこのシリーズの良いところは、照れもなく見たことのないユニークな絵作りをしてくるところよね。ラスト近くの宇宙花火は良かったよね。で、ちゃんとエモーションを描いてるからね。お話はどうしようもなくグダグダだけどエモーションがあるから見ていて嬉しいよ。

というわけで、久しぶりに仕事のことも町のことも全部忘れてゆっくり1日を楽しんだ日。