Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2008-07-27

ガセビアも一種の産業廃棄物?

16:02

『史上最強のムダ知識』P.110

人間の糞尿は、法律上は「産業廃棄物」にあたる。

人糞が農業肥料だった時代の名残りである。したがって、嫌がらせなどで糞尿をまき散らす行為は「産業物処理法違反」、野グソをしたままにするのは「廃棄物投棄」である。

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」2条1項は廃棄物についてこのように定義している。

この法律において「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であつて、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く。)をいう。

 というわけで、糞尿は「廃棄物」ということになる。続いて同法2条2項は一般廃棄物についてこのように定義している。

この法律において「一般廃棄物」とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいう。

そして、同法2条4項は産業廃棄物についてこのように定義している。

この法律において「産業廃棄物」とは、次に掲げる廃棄物をいう。

一  事業活動に伴つて生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物

二  輸入された廃棄物(前号に掲げる廃棄物、船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物政令で定めるものに限る。第十五条の四の五第一項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物政令で定めるものに限る。同項において「携帯廃棄物」という。)を除く。)

 つまり、糞尿は廃棄物ではあるが産業廃棄物には含まれていないのだから、「一般廃棄物」ということになる(ただし、畜産業によって排出される家畜の糞尿は産業廃棄物に含まれる)。それに「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」のことを略して「産業物処理法」とはあまり呼ばない。一般的には「廃棄物処理法」と呼ばれている。

 また、「嫌がらせで糞尿をまき散らす行為」や「野グソをしたままにする」のは、軽犯罪法違反になるものと思われる(1条26号・27号)。ちなみに、糞尿で他人の服を汚すと、器物損壊罪が成立し刑法上の犯罪となる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20080727/1217142141