Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2008-07-30

唐沢俊一スレッド@2ちゃんねる一般書籍板にはかわいそうな人がいる。

13:37

 昨日の記事で唐沢俊一スレッド2ちゃんねる一般書籍板で暴れているかわいそうな人がいると書いたけど、彼(彼女?)もここを見てくれたようで向こうでレスをしていた。というか、こっちでコメントしてくれればいいのに。ヘタレなのかなあ。

 719 名前:無名草子さん[] 投稿日:2008/07/29(火) 22:35:55

 >>717

 笑ったw

 >テレビに出る人はみんなエラいというなら・・・・・

 誰もエライとは言ってないけどな

 唐沢を業界から消そうと必死になってるのに消えてないんだけど?という意味で言ってるのに

 勘違いもココまで来ると凄いな

 もう一度言っておく、唐沢の仕事を無くしたいと思ってる奴ら、無くなってないけどどうしたの?wwwwwwwwwww

 はじめに謝っておこう。ごめん、自分の言っていたことはキミにはレベルが高すぎたようだ。「唐沢がテレビに出てるw」とキミが喜んでいるから、「テレビに出てもガセばっかり言ってたらしょうがないんじゃないの?」と指摘したんだけど。それ以前の問題だったようだ。

 まず、最初の「笑ったw」だ。よっぽど相手より優位に立ちたいんだろうか。こういう文章の端々から、不安定で脆弱な性格の持ち主だと見て取れますね。やたらと攻撃的なのは相手に攻撃されるのが怖いから先に攻撃してしまわなきゃ、ということだし。

 そもそも、自分は唐沢俊一を業界から消そうなんてカケラも思っていません。キミはどうしても唐沢を批判している人はみんな唐沢に恨みを持っていると考えたいようだけど、そんなことはありません(自分は唐沢を直接見かけたことすらないんですから)。単純に面白いからやっているだけなんです。しかし、唐沢スレの住人のみなさんが何度も何度も何度もそのように言ってるのに、キミはどうしてもわかってくれないね。理解力に欠陥があるのか、わかりたくなくて駄々をこねているのか。あと、キミはこんなことも言っている。

 730 名前:無名草子さん[] 投稿日:2008/07/29(火) 22:52:06

 >>726

 まあ、と学会は本が売れて印税が入るからいいけど

 お前らはボランティアだよな

 金にもならない便所の落書きで終わってるところがと学会とは違うなw

 あと、と学会は一人の人物に拘ってないが、お前らは一人の人物に拘ってるよなw

 唐沢のストーカー君w

 なぜ唐沢ひとりにこだわるのか?と聞かれれば、唐沢俊一という人物がそれだけの価値がある面白物件だからとしか答えようがありません。オタクやマニアというのは自分が楽しければ金や名誉にならないことでも喜んでやるものなんですよ。

 キミは唐沢を批判する人を「ストーカー」呼ばわりするけど、キミだって藤岡真さんや安岡孝一先生をしつこく誹謗中傷しているから立派な「ストーカー」だと思うけれど。それにキミのやってることだって「金にもならない便所の落書きで終わってる」んじゃないかな?唐沢を批判する人を攻撃するために言っている文句がことごとく自分に跳ね返ってきているのが素晴らしいな。

 まあ、正直、こんなかわいそうな人の相手をわざわざすることはないんじゃないかと自分でも思う。ネット上の頭のおかしい人を相手にしていたらキリがないのだし。しかし、昨日(7月29日)、彼(彼女?)は安岡先生のご家族の個人情報を晒すという限度を超えた誹謗中傷をやってしまった。それで取り上げることにしたわけです。

 とはいえ、安岡先生から削除要請が出され、唐沢スレの住人から「おまえのやっていることは名誉毀損だぞ」と注意されると、個人情報を晒すのをピタリとやめてしまったのは、なかなか微笑ましかったけれど。そんなヘタレっぷりじゃここまで来てコメントできなくても無理ないか。しかし、何の関係も無い人の個人情報を晒したらヤバいというのは誰がどう考えてもわかりそうなものなのに、あえてそんなことをしたというのは、実はよっぽど焦っているんだろうか?だとしたら、いよいよ気の毒だな。今後も彼(彼女?)の行動を生暖かく見守っていきたいようなそうでもないような。ちなみに、唐沢俊一を擁護する人、唐沢を批判する人を批判する人にはなかなか楽しい人が多いので、唐沢俊一さん盗作問題ウォッチャーを御覧になることをおすすめしておきます。

トンデモない一行知識トンデモない一行知識 2008/07/31 01:32 「食欲と性欲の両方を満足させられる、大変に重宝な存在だったわけである」もガセだろうというのを、
http://diary.jp.aol.com/yzuc9ww/589.html
の方でやっているので、よろしくです。(←宣伝)

あちらにも書いたように、遠征の際、荷物運びに使った羊を、目的地に到着したら食用にしたという話はあるので、それをトンデモ変形させたのではないかと。

あとその……唐沢俊一『トンデモない一行知識の世界』は、『トンデモない一行知識の世界』でないかと。いや、ウチがまぎらわしいサイト名つけているのがいけないのかも。すみません。(_ _);

トンデモない一行知識トンデモない一行知識 2008/07/31 01:34 たびたび申し訳ありません。『トンデモ一行知識の世界』と書くつもりが間違えました。すみません。

藤岡真藤岡真 2008/07/31 08:56  その「猟奇! 獣姦実話選」のネタは『世界の猟奇ショー』1999 幻冬舎文庫にも使い回されています。ただしこれはソルボンヌ・K子のマンガ。まず「す…すごい実話の目次である」と紹介されるのは「一行知識」と同じもの(×痴も入っています)。で、「猿の貞操を奪った奴」の話となり「一行知識」と同じ展開になり、最後は、
「わたしはとうとう機会をみて猿の国を逃げ出してきたのです」
K子「ウソだあ」
唐沢「というのは勝手だが京都大学が貴重な実験をしそこねた今となっては、この証言を信じる以外ないではないか(笑)」
 と結ばれています。

kensyouhankensyouhan 2008/07/31 11:00 >トンデモない一行知識さん
すいません、素で間違えてました。修正しておきました。
>藤岡さん
コメントありがとうございます。
『世界の猟奇ショー』P.51〜54ですね。ジンギスカン→「人間とサルとのセックスは可能か」→「猿の貞操を奪った奴」という流れなので、『トンデモ一行知識の世界』と同じですね。
このマンガの初出は1997年12月発売の『PENTHOUSE SPECIAL Vol.21』なので、執筆時期は『一行知識』と『怪書目録』とモロにカブります。同じネタを3回使ったわけですね。商魂たくましいというか。