Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2008-08-27

唐沢逃走劇に数多くの反響。

13:49

コメント欄が不調なので昨日の記事に頂いたコメントへのレスを記事にしてみることにした(いったん書き込んだ自分のコメントが消えてしまった。今は大丈夫のはずなのでご心配なく)。

古賀さんのコメントから。

過去の裏モノ日記には「私は人の顔が覚えられない」という記述がありますね。

「裏モノ日記」2005年2月25日付けに確かにその通りの記述があった。

お姉ちゃんが私の顔覚えているらしく(私は人の顔が覚えられないのに、向こうは私の顔を必ず覚えているというのは人生においては不利なのではないか)、いろいろいつも私の頼むようなものを勝手に注文する。

なるほど、唐沢俊一は本当に人の顔を覚えるのが苦手なのかもしれない(名前はどうなんだろう)。自分は最初、もしも唐沢が本当に人の顔と名前を覚えるのが病的に苦手なら、逆にそれを自慢話にしたはずだと思っていた。晩年の淀川長治が日常の会話はロクにできなかったのに、映画の話だけは完璧に出来たというエピソードのように。しかし、よくよく考えれば唐沢は自分の弱点や失敗談をネタにすることがあまり無い人である。イッセー尾形の前座でしくじった話を日記に書いたときもものすごくツラそうだったし。コンプレックスを昇華することができない人なのかも知れない。

藤岡真さんのコメントから。

つまり、藤岡真だと分かっていたら、丁寧(「コレハコレハ」が果たしてそうかは措いといて)な挨拶なんか返さなかったのにということらしい。本来ならどんな罵声を浴びせてもらえたのでしょうかね。

 大きな名札を付け、大声で「藤岡真です!」と怒鳴りながら、冬コミにいってみようかしら。事前にメールなど送らないで。

 唐沢は文章で虚勢を張っているだけだから気にされることはないと思いますよ。面と向かった相手にはまるで対抗できないのはバレバレですから。しかし、自分もそうですが、唐沢俊一スレッド2ちゃんねる一般書籍板でも、一連の騒動を受けて冬コミで唐沢を見に行こうかな」という人が続出しているのは面白いですw 唐沢としてはどんどんマズいことになってるんじゃないか?

 

伊藤剛さんのコメントから。

タクシーの件ですが、唐沢氏は足が悪いので(いや、彼は身体障害者手帳を持っているので、足が不自由としっかり書くべきでしょうか)、駅の乗り換えなどの手間を省く必要があったのかもしれません。岸和田、なんば両駅の構造などは知りませんが、もしかすると階段などを避けたかったのかもしれない。

彼はもともとのポリオによる障害に加え、ぼくに名誉毀損で訴えられた直後、自宅で転んで足を骨折しています。現在の状況は知りませんが、当時よりも足に負担をかけないよう注意しているのかもしれません。

以上、いちおう彼の「擁護」をしておきます。お金がかかっても、タクシーを使わざるを得ない事情がある、と好意的に解釈してあげましょうよ。

 なるほど、そうなのかもと思ったものの、唐沢は会場まで電車で来ていることを日記に書いている。

迎えに来てくれたSくんと、地下鉄乗り継いでSF大会会場の岸和田まで。

 じゃあ、帰りも電車に乗れたんじゃないの?と当然思う。・・・いやいや、「好意的に解釈」するなら、イベントに出て疲れた身体で電車に乗りたくなかったということなのだろう。うん、きっとそうだ。・・・でも、それは違う。唐沢が日記でこう書いているのだ。

雨が窓外はひどくなっているが、時間通り無事東京着、山手線御徒町

 電車乗ってるじゃん!しかも、東京駅は広くて階段も多いから足に相当負担がかかるはずなんだが(だから、伊藤さん、唐沢の足の具合は心配なさそうですよ)。・・・というわけで、伊藤さんを見習って好意的に解釈しようとしたけれどちょっと無理だった。

 しかし、伊藤さんのコメントを読んでかなり感動してしまった。だって、伊藤さんは唐沢にヒドい目に遭わされたのにそれでも「好意的に解釈してあげましょうよ」と言っているんだもの。逆に、こんな優しい人にさんざん嫌がらせをした唐沢俊一への怒りもフツフツと沸いてきたけれど。やっぱ冬コミに行こうっと

※追記 その後一度消えていたコメントは復活しました。何があったのやら。

藤岡真藤岡真 2008/08/27 18:25 すみません、文字列入力の不備かと思い、多重書き込みしてしまいました。一見、荒らし風になっています。重複した内容のコメントは削除してください。↓

KoichiYasuokaKoichiYasuoka 2008/08/27 18:51 岸和田出身の私としては、なぜ難波駅でタクシーを降りたのか、の方が結構疑問だったりします。浪切ホールから車で大阪中心部に向かうとすると、普通は阪神高速湾岸線を使うわけですけど、そうすると阿波座ICに着いちゃうんですよね。ならば、本町駅に行く方が近くて、わざわざ難波駅に戻る理由が無い。しかも、阿波座ICまで来たのなら、なにも地下鉄なんか使わなくても、新御堂筋に入って新大阪駅に直接タクシーで向かう方が、圧倒的に速い。何がうれしくて難波駅にタクシーを乗りつけたのか、正直さっぱり理解できなかったりするのです。

藤岡真藤岡真 2008/08/27 19:02 ああ、それはわたしも指摘したかったんです。つまり、タクシーでなんばにいったというのが、そもそも嘘なんじゃないか。時間がないからタクシー呼んでもらったというポーズで、岸和田から電車で帰ったというのが真実だと思います。わたしも6年大阪に住んでいたので、そのへんの土地鑑はあります。

goito-mineralgoito-mineral 2008/08/27 19:48 このまま黙っていれば、お人好しで優しいから唐沢に騙され被害も受けたイイ人……というキャラで行けるな、シメシメという黒い考えが頭をもたげてきたので、素直にいま思ったことを書くことにしますw。
実はさきほど、時刻表を検索してみたんですが、14時36分発南海本線急行特急というのがありました。これだと、難波乗換えで新大阪に15時26分に着けます。皆さんすでにチェック済みだと思いますが、この電車あたりを使ったというのが最も合理的な解釈ですか。
ついでに言えば、この電車だと15時37分発東京行きののぞみに乗れるので、落語会にも間に合ったんじゃないかと思うんですが、きっとトーク後のおしゃべりや挨拶を見越して、16時00分ののぞみを予約してあったんでしょう。

goito-mineralgoito-mineral 2008/08/27 19:50 あ。間違いです。
×急行特急
○空港急行

KoichiYasuokaKoichiYasuoka 2008/08/27 20:52 えっと、伊藤さん、その、4番線に停まってる14:36発の空港急行に乗るくらいなら、隣の3番線に入ってくる14:35発の特急に乗ると思うんですけど…。

goito-mineralgoito-mineral 2008/08/27 21:07 あ、そうなんですか。ekikara.jpで検索をしたらこれが一番に出てきたので、そのまま書いていました。ご指摘ありがとうございます。検索条件がまずかったのかもしれません。どちらにしても、岸和田から電車で新大阪まで行ったというのでよさそうですね。
いささか余談ですが、かつて唐沢や彼に追随した取り巻きたちがぼくを攻撃していた頃ならば、安岡さんのご指摘を種に、いい気になって間違った時刻の電車を書くなんて伊藤は馬鹿だのなんだのと集中砲火を浴びたでしょうね。いまでも残党はいるみたいですが。

kensyouhankensyouhan 2008/08/27 23:42 みなさんコメントありがとうございます。なんだか盛り上がっているなあw

>藤岡さん
いえいえ、お気になさらないでください。こちらの方が不調だったせいなんですから。

>安岡先生
自分は大阪に行ったことがないので、土地鑑のある人の指摘はありがたいです。唐沢俊一は土地鑑のある人間が見るとどう考えてもおかしなことを書くことがありますね。たとえば、神保町にあるレストランを小川町にあると書いたりとか。あれは古本を買いに神保町に通っていた人間とは思えないミスでした。人の名前や顔だけでなく場所を記憶するのも病的に苦手なのかも知れません。

>伊藤さん
いや、本当に「黒い」人間は自分から「黒い」なんて言いませんからw
唐沢俊一の取り巻きの残党はまだいるんでしょうかね。まだ生きているのなら一度このブログへ来て欲しいものですが。

KoichiYasuokaKoichiYasuoka 2008/08/28 09:14 昨日のコメント内容がうけたみたいなので、もう一点。kensyouhanさんが追記した『唐沢は「DAICON7」前日になんば駅前のホテルに宿泊していて、当日もなんばから出発している』なんですけど。ル・ボテジュール・ナンバの最寄り駅は、難波よりむしろ日本橋なんですよ。なので、当日の朝も『地下鉄乗り継いでSF大会会場の岸和田まで』向かってる。難波から出発してたら、地下鉄を乗り継ぐ必要はないでしょ? つまり、日本橋から天下茶屋に堺筋線で出て、そこで南海本線に乗り継いで岸和田に行ったわけで、少なくとも行きは難波を通ってないように見えるのです。

kensyouhankensyouhan 2008/08/28 11:27 >安岡先生
コメントありがとうございます。
ああ、本当ですね。日本橋が最寄り駅ですね。それに唐沢の書き方だと確かに当日は日本橋から出たとしか思えませんね。
唐沢という人は本当に土地鑑のある人間から見るとわけのわからない行動をしますね。もう一体何がなんだかw