Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2008-10-23

東大で唐沢俊一に声をかけたのだが。

11:34

 ことの発端は日曜日の夜である。仕事から帰ってきて唐沢俊一スレッド@2ちゃんねる一般書籍板をのぞいたら、唐沢俊一が月曜に東大で講義をすることが話題になっていた。で、岡田斗司夫が「東大非常勤講師」の肩書きを利用していたことや、岡田斗司夫にゲストとして招かれた山本弘が「ちなみに大学の講師ぐらいなら僕だって一回やったことがあります。たかが東大ですけど……」と書いていた過去があったことから(会長の学歴コンプが逆にわかってしまったような気がするが)、「唐沢俊一東大で講義をしたと言って何かに利用するのではないか?」と唐沢スレの有志は考えたわけだ。ちなみにこのような講義をやるらしい。どうも、講師というよりは桜井浩子さんと中野稔さんの話の聞き手をやるようだ。…さて、どうしよう。一応講義をチェックしておいたほうがいいのだろうか。月曜の夕方なら行けないことはないのだが。でも火曜は個人的に忙しいから準備もしておきたい。結局その日は決心がつかなかった。

 そうしたら、月曜の朝に唐沢スレにこんな書き込みがあった。

848 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2008/10/20(月) 09:49:18

犬笑班(kensyouhan)は笑えるな

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/

>それに藤岡真さんに対してずっと「唐沢が出ているイベントに行ってみろ」って言ってたのに、

>いざ自分が行ってみたら「暇なんでしょ」ってひどくないかい?

藤岡氏にイベントに行けと煽ってた奴と暇なんでしょ発言を同一人物と勝手に断定して話を進めてるよ(笑)

同一人物であるかを検証してみてから言ってね、検証班と名前を付けてるのだから、それに恥じない検証をしたらw

検証が適当なのか単なる妄想好きなのか、どっちなんでしょうね

>お望みとあればやってみようかな?

コミケに参加している他の人に迷惑がかからない程度に何かやればいいってことかな?

>では、その方向で何ができるか考えてみよう

お望みですよ

考えた結果を発表してくださいね

帽子を取って中身を確認するというのはどうでしょうか?

>「J-CASTニュースを見ましたが大変そうですね」

http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20081012

この程度で終わりだなんてのは勘弁してねw

 いつもの荒らしの人である。どうしてうちのブログに来ないのかわからないが

 まず、唐沢スレの荒らしの人が一人しかいないのはかなり確定的である。なぜなら、書き込みで荒らす人が来ているときはセンスのないAAで荒らす人が来ないのだもの。とはいえ決定的な証拠はない。「あのような愚劣なことをする人間が二人もいるとは信じたくない」という自分の弱さからきた誤解かもしれないね。

>帽子を取って中身を確認するというのはどうでしょうか?

つまんないので却下。あさりよしとおの二番煎じだし。

>この程度で終わりだなんてのは勘弁してねw

この人はこっちが何をやったところで「この程度かw」と言うに決まっているので気にしない。池乃めだかというか『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』の黒騎士というか。言い負かされなければ大丈夫だと思ってるかもしれないけど、周囲に自分がどんな風に見えているかも少しは気にしたほうがいいんじゃないかな

…という具合に、荒らしの人の書き込みをわずか1ミリ秒で脳内で処理しているうちに、なぜか東大の講義に行く気になった。自分は唐沢が出るからと言ってイベントに行くつもりはないのだが、今回の東大の講義は大好きな『ウルトラマン』がテーマだし、東大の授業がどんなものかも興味がある。それに自分はアンヌ隊員よりフジ隊員派なのだ。

 しかし、今回は唐沢に声をかけられないような気がしていた。大学の授業でゲストを招くときはゲストに質問をする時間が設けられることがあるが、そこで唐沢を追及するわけにもいかない。そんなことをしたら東大の学生さんや桜井さんや中野さんに迷惑がかかるし、そんなやり方が上手くいきっこない。それよりもむしろ唐沢を無視して桜井さんや中野さんに質問したほうがいいな、とか考えていた。

 東大キャンパスを歩き回った末にやっと工学部2号館を見つけ、チェックされることもなくあっさりと9階の教室に入れた。定時より少し遅れて唐沢と桜井さんと中野さんがやってきた。唐沢は「ウルトラマンと言えばこの人を外せない」と吉田正高先生に紹介されていたが…そうかなあ?

 さて、肝心の「講義」といえば、「講義」というよりは楽しいトークという感じだった。桜井さんが「これって授業なの?」と驚くくらいくだけた雰囲気で、少なくともこの「講義」に参加したことをもって「東大の講師」を名乗ったら詐欺に近いと思う。

 唐沢俊一は予想通り聞き手役として参加していた。…しかし、吉田先生も大分「濃い」人のようだから先生が聞き手でもよかったような気はしたが。聞いていて気づいたガセとしては、『ウルトラQ』の「1/8計画」を「1/8作戦」と言ったり、またしてもE・H・エリックのことを外国人と言ったことくらい(詳しくは「トンデモない一行知識の世界」を参照)。一応発言は書き留めてあるのでチェックすればまだあるかもしれない。むしろ気になったのは、東大の講義でわざわざ河崎実キャバクラに行った話をしたり、「江戸川由利子は元祖ツンデレ」(そうか?)という話をしたことで、ウケ狙いの激しい人だなあとあらためて思った「東大オタク学講座」のゲストの時はもっとウケ狙いに走ってシモネタばかりで大変なことになっていたのだが。あと、着メロがヘンだよ(電源を消し忘れて桜井さんに怒られていた)。

 講義そのものはとても面白かった。巨大フジ隊員の話を真剣に嫌がる桜井さんも、「ハイビジョンだとあいつの唇は死人の色に見える!」などと豪快な発言を連発して、今でも熱い中野さん、2人ともよかった(どうでもいいが、唐沢は「裏モノ日記」で「今人気の若手歌手兼俳優」と書いてるが、ユースケ・サンタマリアはだいぶ長いこと歌を歌ってないような…あ、名前バラしちゃったw)。『ウルトラ』ファンとしてはとても楽しい一時を過ごせた。授業も終わり、帰ることにした。…あれ、俺何しに来たんだっけ?と思い直して、唐沢俊一の方を見ると、教室の前方で学生さんに話しかけられたり、名刺を渡されたりしている。なんだか声を掛けられそうなので行くことにした。以下はその再現。でも、唐沢俊一が例のごとく早口だったので若干聞き取れない部分があった。間違いがあれば「裏モノ日記」で訂正しておいてほしい。


自分「お疲れ様です」

唐沢「あ、どうも」

自分「『トンデモ事件簿』買わせていただきました」

唐沢「それはありがとうございます」

自分「そういえば、こないだJ−CASTニュースに何か出てましたけど、あれって大丈夫なんですか?」

唐沢「あれはアンチのブログから出た情報でね。アンチがバーッと広めちゃって。出版社にも電話があったみたいなんだけど、こっちに直接連絡してくれればいいのに。ちゃんと海外のサイトもチェックして原稿を書いているんだから」

自分「そうなんですか。がんばってください」

唐沢「いやいや、こちらこそ」

…まず最初に「よくしゃべるなあ」と思った。話を振っておいてこんなことを言うのもなんだが。自分は適当にはぐらかされると思ってたから予想外だった。単純におしゃべりなのか心にやましいところがあるのか。…というか、藤岡真さんにもこの調子で話せばよかったんじゃ?藤岡さんから逃げたりするから、てっきりものすごく用心深い人だと思ってたんだけど(詳しくは8月28日の記事を参照)。好意的に解釈すればファンを大事にする人なんだろうけど、悪く考えればワキが甘い。よからぬたくらみを持った人間がファンのフリをして近づいてきたらどうするんだろう(あ、それって自分のことか)。大学の授業だって外部の人間が聴講することはあるし、ラフな格好をした大学生たちの中から髪をオールバックにセットしたスーツの男が近づいてきたら怪しいと思ったほうがいいような。大丈夫だろうか、そんなに素直で

 で、唐沢の発言だけど、突っ込みどころ多すぎである。よっぽど何か言おうとしたが、今回は論戦を挑むつもりはなかったし、近くには桜井さんや中野さんがまだいらっしゃったからやめておいたが。しかし、まず最初の部分からビックリしてしまった。「アンチ」というのは、唐沢俊一を批判している人間のことなんだろうけど、自分の知る限りこのような言葉の使い方をしている人間はひとりしかいない。それは唐沢俊一スレッド@2ちゃんねる一般書籍板の荒らしの人である(でも荒らしの人は一人じゃなかったんだっけ?)。荒らしの人は「アンチが何をしようと唐沢には仕事があるぞw」とかピントのずれたことを言って唐沢スレの有志を困惑させているが、そもそも誰かを批判したら「アンチ」になるというのはおかしい。むしろ「アンチ」というのは反感や嫌悪感が先にあって批判する人のことだと思う。少なくとも自分は唐沢俊一のことをなんとも思ってないし、自分を「アンチ」だと思ったことはない。間違っている部分を指摘しているだけなんだから。この「アンチ」発言から最低限わかるのは、唐沢俊一が2ちゃんねるを見ているか、見ている人から情報を聞いているということである。「唐沢俊一!きさま!見ているなッ!」って思ってしまった。あと、唐沢俊一と唐沢スレの荒らしの人が実によく似た考えをしているというのもわかる。そのほかにもいろいろな可能性が考えられるが、これ以上はおそろしくて言えない

 次に「アンチのブログ」。うわー、うちのブログ見られてるよー。というか、あなたの目の前にいる男が「アンチのブログ」をやってるんだよなー、とかいろいろ考えてしまったが、もしかしたら「トンデモない一行知識の世界」さんや藤岡さんのサイト、ひょっとしたら町山智浩さんのブログも「きっこの日記」も含まれるのかもしれない。それにしても、「アンチのブログ」を見るにしてもちゃんと読んで欲しい。唐沢が自分に言ったことってみんな既に「アンチのブログ」で論破されているんだから。「バーッと広めちゃって」っていうあたりは、「アンチのブログ」が都合のいいところを切り取って唐沢を攻撃している、という風に言いたかったんだろうか。

 「出版社にも電話があった」。それもたぶん自分だな(詳しくは10月7日の記事を参照)。他にもいるのかも知れないけど。

 「こっちに直接連絡してくれればいいのに」。えーっ。藤岡さんが連絡してから唐沢のところに行ったら逃げちゃったのに?それに出版社に連絡してもダメってハードル高すぎないか?唐沢俊一に直接連絡を取るには今回の自分みたいに押しかけるか、唐沢のサイトの「講演のご案内」から連絡をとるしかないのだが。そういうのも歓迎しているってことなのか?また唐沢のところへ行ってもいいってことなんだろうから、聞きたいことが出来ればまた行ってみようかな

 最後に「海外のサイトもチェックして原稿を書いているんだから」。J−CASTニュースで言ってたのと同じ主張である。しかし、これが通らないのは既に書いたとおりだ。詳しくは10月8日の記事10月13日の記事などを読んで欲しいが、たとえ海外のサイトをチェックしていたとしても、「世界の三面記事・オモロイド」さんとあそこまで文章が一致することはありえないのだ。たとえ同じニュースソースに拠ったとしても(そもそも情報源が全く同じというのがおかしいが)外国の文章を翻訳したら必ず人によって違いが出るというのを覚えておいたほうがいい(しかも、唐沢と「オモロイド」さんの文章は本筋はほぼ同じなのに些細なところが違いすぎる)。ここらへんは怪しまれても突っ込んでおいたほうがよかったな。結局のところ、唐沢俊一は「オモロイド」さんからの盗用をなんとかごまかそうとしているのはわかった。ずるがしこくなれないんだから素直に謝っちゃえばいいのに。

…しかし、正直なところ、複雑な気分である唐沢俊一があんなにしゃべるとは思わなかった。あまりにもうまくいきすぎたのだ。自分の考えでは適当にはぐらかされて、「じゃあ、今度はちゃんと正面から行ってみよう」となるはずだったのだが。あんなにしゃべるなら名乗ればよかったかもしれないけど、名乗っていたら逃げちゃっただろうしなあ。うーん。まあ、次はちゃんとしよう

 それに、唐沢俊一を生で見たのはコミケに続いて2回目だけど(詳しくは8月17日の記事を参照)、どうも自分はこの人のことを嫌いではないのだ。まあ、検証するうちに印象が最悪になっているから、実際に会ってみたら「そんなに悪い人でもないじゃん」と思ってしまうだけかもしれないけど。

 あと、直接会いに行ってもさほど意味があるわけではないと思った。もし唐沢と直接会って問い詰めたとしても、また別の場所で平気な顔をしているのだろうから。唐沢にとってはネットの方が逃げ場が無いのだ。直接会って意味があると思えればまたやるけどね。やろうと思えば簡単に会えるというのはよくわかったから。顔はバレちゃったけど、唐沢俊一は「人の名前や顔を覚えることが病的に苦手」らしいからまだイケるかも。あ、それから冬コミに行った時何をするか決めました。そんな大したことではないけど「検証」したいことがあるので。

 ちなみに「裏モノ日記」10月20日より。

終って、講義を聞いてくれた学生さんたちと少し話す。

もう少しきちんと説明すればよかったと思うものもあるが時間と場所

が限定されている。

出版社や放送局にすでに勤めている方々から名刺交換も求められる。

 この「もう少しきちんと説明すればよかったと思うもの」というのは自分と話をしたことだろうか。もしそうだとしたら、自分よりも「オモロイド」さんに説明してほしい「オモロイド」さんは事情を知りたがっているのだからちゃんと説明すべきだよ。

※追記 たうざぁさんのご指摘を受けて一部訂正しました。

ウルトラマン Vol.1 [DVD]

ウルトラマン Vol.1 [DVD]

ウルトラQ Vol.1 [DVD]

ウルトラQ Vol.1 [DVD]

宇宙刑事シャイダー Vol.1 [DVD]

宇宙刑事シャイダー Vol.1 [DVD]

yonoyono 2008/10/23 12:24 本当お疲れ様でした〜

唐沢さんて「公人としては最悪な人だけど、私人としては案外いい人」なのかもしれないですね…

それにしてもそんな戯言をすらすら言えるとは(しかもわからないとはいえ検証サイトの人に)…

個人投資家個人投資家 2008/10/23 12:29 >唐沢は「ウルトラマンと言えばこの人を外せない」と吉田正高先生に紹介されていたが…

池田憲章氏のほうが2万倍ぐらい適任ではないだろうか

SHIKAIKILYOUSHIKAIKILYOU 2008/10/23 12:56 現在は「歌手」としての活動が少ないという部分もそうですが、ユースケ・サンタマリア氏の事を「人気の若手」と表現してしまうのも、ちょっとどうかと思ってしまいました(苦笑)。一般層に広く知られるキッカケとなった「踊る大捜査線」への出演は、もう十年以上も前の出来事ですし。
最近の芸能人に興味がない、というだけの事なのでしょうが。

岩井ろぼ岩井ろぼ 2008/10/23 13:04 こんにちは。
自分は最近唐沢日記同様、唐沢スレをチェックするのも日課のようになってしまったので(笑)
唐沢俊一が東大に講義に行くことや、kensyouhanさんを挑発するようなレス(このレスを見たとき
「そういうことはkensyouhanさんのブログに直接書き込んだらどうですか?」と書こうと思いましたが、
荒らしを増長させると色々厄介な事になるかも…と思って踏みとどまりました…)は見て知っていたのですが、
まさか東大に行かれていたとは思いもよりませんでした!
いや〜驚きましたが、同時に記事を読んでいる間中ニヤニヤしっぱなしでしたw
今日の記事を読んで、10月15日の記事でkensyouhanさんが何を仰りたかったのかも納得できました。
その推理が正しければとんでもない事ですね。情けなさも相当なものになりますがw
個人的には別人であって欲しいと願いたいです。本当に惨めな人になってしまいますから。
しかし唐沢俊一はやはりと言いますか、オモロイドさんからの盗用を完全にバックレるつもりなのには心底呆れますね。
正に「やれやれだぜ」という感じです。

荒らしだよーん荒らしだよーん 2008/10/23 14:11 kensyouhanさん、相変わらず暇ですね、仕事は何をしてるのですか?しっかり睡眠をとってますか?検証以外に趣味はありますか?
藤岡真さんより動いてくれそうなので、期待してますよ、でもね、自分「そうなんですか。がんばってください」
これで終わりとは、少しガッカリしました、でも、応援してます

藤岡真藤岡真 2008/10/23 14:19  お疲れ様。唐沢という人は周囲に集まってくる人はみんな好意的だと勝手に思い込んでいるふしがありますね。だから、唐沢俊一の敵ナンバー1のわたしが(唐沢がそう思い込んでいるのではないかと)出現すると、予告しておいたのにも関わらず、うろたえてタクシーで難波まで行くという狂った選択をしてしまうのでしょう。多分、彼はここもチェックしていると思いますので、戦々恐々とした気分になっているのでは。わたしも冬コミには顔を出すつもりですが、あんまり書くと、唐沢氏は急病(急用?)になってしまうかも知れませんね。

tonton 2008/10/23 17:51 NHKの局長が「暴力団組長とのゴルフコンペに参加した芸能人は出演させない」と公に表明しました。これを受けて、オモロイドさんの
翻訳分析を添えた上で「唐沢俊一のような盗作作家を出演させないで欲しい」との要望をホームページ経由と郵送で送りました。

唐沢さん、見てる?私の時間なら心配なく。ほんの数分で書いて、他の郵便物と一緒に投函しただけですから。

SSSS 2008/10/23 19:05 >どうも自分はこの人のことを嫌いではないのだ。

ツンデレですね。分かりますw

>実際に会ってみたら「そんなに悪い人でもないじゃん」

詐欺師ってのはみんなそうなんじゃないですか?

kensyouhankensyouhan 2008/10/23 19:27 コメントありがとうございます。

>yonoさん
前もって考えてたんじゃないか?とは少し思いました。考えるのはいいんだけど、もうちょっとマシなことを言ってほしいです。

>個人投資家さん
まあ、普通は池田さんあたりですよねえ。唐沢俊一が『ウルトラマン』関係で何かやったかというと、NHKで円谷英二の番組をやったくらいしか思いつきません。
ただ、唐沢は当時の出演者やスタッフと仲がいいみたいなんですね。それが今回の講義に呼ばれた理由なんじゃないかと。

>SHIKAIKILYOUさん
確かに37歳の男をつかまえて「若手」はないですね。自分より若い人はみんな「若手」なのか。
ユースケが若手だったのってトータス松本と一緒に『夕陽のドラゴン』をやってたあたりじゃないですかね。

>岩井ろぼさん
荒らしにはかまわない方がいいですよ。面倒ですから。
2ちゃんの荒らしと唐沢俊一には何らかの関係があるというのは、2ちゃん唐沢スレでは根強く唱えられている説ですね。まんざら根拠の無い話でもないから困ったものですが。

>荒らしだよーんさん
おお。よく来たね。「だよーん」に逆に余裕の無さが感じられるけどw
>相変わらず暇ですね、仕事は何をしてるのですか?しっかり睡眠をとってますか?検証以外に趣味はありますか?
来月あたりから忙しくなりますが検証はなるべく続けていきます。睡眠はわりと多めにとっています。趣味は読書(オールジャンル)、映画(ホラーとアクション)、テレビ(アニメ・特撮・バラエティ)、格闘技観戦、ってところですかね。
>これで終わりとは、少しガッカリしました、でも、応援してます
キミは本当にバカだねえ。今回の記事で
>この人はこっちが何をやったところで「この程度かw」と言うに決まっているので気にしない
って書いてるのに同じことをまた書くのかい。それに、誰が「これで終わり」って言ったのか。さんざん「次」があることをほのめかしているじゃないか。あと、2ちゃん唐沢スレにも
>もっとも、コミケは論戦をするところじゃないんで、個人的にやってくれないからあ
>俺はそんな現場行かないけど、周囲が迷惑するのは確実なんで
って言ってる人がいるから気を使ったんだけど。
それにしても、キミと唐沢俊一って実によく似た考え方をするみたいだね。実に面白い。

>藤岡さん
警戒心なかったですねえ。もっと突っ込んだ話をしてもよかったかもしれません。
授業に参加しているのがみんな東大生だと思ってたのか、自分がキッチリした格好をしていたから信用してしまったのか、いずれにしても迂闊です。一瞬「気の毒に」とすら思ってしまいましたよw
冬コミについては自分はそんな大したことをするつもりはないのですが、どうなることやら。

>ton さん
自分も今回の件で、唐沢俊一が「オモロイド」さんからの盗用をスルーするつもりであると確認したので、それなりの行動をとるつもりです。一応最終的な確認がまだ残ってますが。

>SSさん
べ、別にそんなつもりじゃなかったんだからね!
ツンデレという素晴らしい概念を唐沢俊一と絡めるのはカンベンしてください。「江戸川由利子元祖ツンデレ説」もどうかと思いましたが。
>詐欺師ってのはみんなそうなんじゃないですか?
唐沢はある意味では詐欺師なんでしょうね。自分は「クロサギ」みたいなものなのでしょうか。

荒らしだよーん荒らしだよーん 2008/10/23 19:55 >キミと唐沢俊一って実によく似た考え方をするみたいだね。実に面白い。
これって唐沢本人じゃないかという疑惑ですか?
あのー、アクセス解析してみれば分かりますが、俺のプロバイダーでコミュファなんですよね
コミュファって御存じないかもしれないので説明しておきますね
中部電力がやってるプロバイダーなんですよね、ようするに俺は愛知県の人間なの
微妙な書き方をしてるので、考え方が似てるだけと言ったのに・・・なんて言い訳はいいからね
唐沢本人と誤解してる可能性も考えての発言なんでね
検証班という名前は妄想班という名前に変えたほうがいいかもよw
>来月あたりから忙しくなりますが
kensyouhanさんの書き込み日時を見てると大丈夫かなと心配してたので仕事が決まって安心しましたよw

kensyouhankensyouhan 2008/10/23 20:08 コメントありがとうございます。
>これって唐沢本人じゃないかという疑惑ですか?
誰もそんなことを言ってませんが。そっちの方こそ妄想をなんとかしましょう。
唐沢俊一が2ちゃん唐沢スレの荒らしの人が「アンチ」ってしつこく言ってるのを見て影響を受けたのかも知れないしね。
>kensyouhanさんの書き込み日時を見てると大丈夫かなと心配してたので仕事が決まって安心しましたよw
書き込みの時間からそんなことまで考えちゃいましたか。やっぱり妄想がひどいですね。自分の仕事と検証がどんな関係があるのかわかりません。そちらこそお仕事がんばってください。

みたかみたか 2008/10/23 23:27 >SSさん
>詐欺師ってのはみんなそうなんじゃないですか?

堀井憲一郎が『若者殺しの時代』の頭に、栗良平(『一杯のかけそば』の人)への愛を綴っている部分を思い出しました。
唐沢俊一も、同じ種類の人間なのかもしれません。

#130#130 2008/10/24 05:46 しまった乗り遅れた(笑)
ここといい唐沢スレッドといい、なんでこう大ネタが尽きないのでしょうか。
kensyouhanさんのフットワークの軽さには脱帽です。

ところで「だよーん」ではないほうの、いわゆる「AA荒らし」について考えたことを一つ。
以前伊藤さんが、現在の唐沢は、自分が知っているころと比べて鶴岡の影響を受けているようだと書いておられました。そして今回、kensyouhanさんとの会話における「アンチ」という勝手な括りに対する言葉遣いは、自称出版評論家のあの人を彷彿とさせます。
思うに、唐沢というのは自分という基盤があんまり無い人で、その時々身近にいる取り巻きの影響を、もろに受けてしまうのではないかと。
今現在唐沢に一番近くて強烈な個性の人といえば、まぁあの人だと思うわけですね。
「スレ荒らしの人」の書き込みの中に、時折驚くほど唐沢と同じ視点に立ったものがあるのは、ご本尊ではなくその裏にいる人物と思考の流れが一致してしまっているからではないかと。
ですから荒らしてるのはある特定の人物による所業がほとんどであり、唐沢本人が書き込んでる可能性は薄いかなと思います。
ただ、ここや2chを見ているのはほぼ間違いないでしょうから、酔っ払って帰ってきて、発作的にRES返してることはあるかもしれませんが(笑)

kensyouhankensyouhan 2008/10/24 10:29 コメントありがとうございます。
>#130 さん
唐沢俊一が周囲の影響を受けやすい人だというのはその通りでしょうね。
最近「ニコ動」がどうのとか言ってるのも誰かから教えられたのでしょう。「なぜ今頃」としか思えないのですが。
自分も唐沢俊一本人が「荒らし」だとは思ってません。うちのブログも読むならもっとちゃんと読んで欲しいですが。

すみませんすみません 2008/10/24 12:17 いつもお願いばかりですみません。
ガイ・フォークスの項目の原文を全部掲載してもらえませんでしょうか。
そして、字の色を変えるなどで、
全体のどれくらいがウソなのかが一目瞭然になるようにしていただけますと幸いです。

藤岡真藤岡真 2008/10/25 00:08  ちょっと不吉な予感が。
 唐沢の言訳――
「ちゃんと海外のサイトもチェックして原稿を書いているんだから」って、ひょっとすると事情をよく知らない人(朝日の書評委員の方)なんかに、「オモロイド」さんの検証の一部をコピペして、自分のことのように説明しているんじゃないかって気がするんですが。
http://omoroid.blog103.fc2.com/blog-entry-262.html

kensyouhankensyouhan 2008/10/25 00:44 コメントありがとうございます。
>すみませんさん
例のイギリスのコラムについては、もうひとつガセを見つけたので近いうちに記事にしてみます。そのときに今までのガセネタをまとめて紹介するのでお待ちください。

>藤岡さん
唐沢ならそれくらいはやりかねませんが…。
しかし、問題は「どのようにして記事を書いたか」じゃなくて「どうしてあそこまで『オモロイド』さんと似た文章になったのか」ということですからね。そこは上手く説明できるのでしょうか。
でもまあ、「と学会」や担当の編集者はどんな説明をしても信じるんじゃないですか。もっとのっぴきならない状況に追い詰められないと何もしないんでしょうね。

rere 2008/10/25 00:56 あまり、冬コミでの計画を
大っぴらにアピールしない方がよろしいかと…

コミケの運営側が最も避けたいことは、参加者同士の揉め事だと思います。
kensyouhanさんの計画の中身が分からない以上
騒ぎに発展する可能性(唐沢本人がパニックに陥るとか)もある訳で、
kensyouhanさん自身が「大したことはしない」と思っていても
運営側をいたずらにピリピリさせてしまうかもしれません。
もちろん、このブログがあちら側の目に留まればの話ですが…

それに、このことを唐沢サイドが大義名分にするケースも考えられます。
「私を標的とし、何らかの行動を起こすという予告がありました。
 周囲のことを考え、今回は参加を辞退します」
いかにも奴さんの言いそうなセリフだと思いませんか。
"急病"で来なかった、あるいはウォッチャーを恐れて終始うろうろしていた、
となればまだ笑い飛ばすことが出来ますが、
kensyouhanさんの行為を理由にされては後味が悪すぎると思います。

私自身、唐沢俊一検証Blogを知ったのはつい最近のことですが、
過去ログまで遡って楽しく、あるいは憤りを覚えながら読ませて頂いております。
冬コミの報告も、今から楽しみに待っています。
だからこそ時が来るまで、そっと伏せておいた方がいいのでは?と思ってしまうのです。

初めてのコメントがこのような内容で、申し訳ありません。
もし何かまずい表現があれば、どうかこのコメントを消去してください。
それでは失礼します。

kensyouhankensyouhan 2008/10/25 01:10 コメントありがとうございます。
なるほど、確かにその通りですね。では、ここで言っておきましょう。
自分は冬コミでは「何もしません」。唐沢俊一のブースには行きますが、それ以上のことは「何もしません」。本当です。
「何もしません」が、自分にとってはそれで十分意味があることです。とりあえず誰にも迷惑をかけたり危険を及ぼしたりする可能性は全くありません。だから、唐沢俊一も心配せずに冬コミに来て欲しいと思います。一緒に楽しい冬コミにしましょう。

たうざぁたうざぁ 2008/10/25 04:53 こんにちは。
コメント書いたはずだけどCAPTCHA通らなかったのか届いてない?みたいですのでもう一度。
>岡田斗司夫にゲストとして招かれた山本弘が「ちなみに大学の講師ぐらいなら僕だって一回やったことがあります。たかが東大ですけど……」と発言した過去があったことから(会長の学歴コンプが逆にわかってしまったような気がするが)
これですが、座談会とかで発言したのですか?
「トンデモ本の逆襲」のあとがきで、「トンデモ本の世界」でネタにした方のシンパの方が「**さんはおまえらみたいな怪しい輩と違って、大学で講師をやったこともある偉い人なんだ!」というような手紙を送ってきたのに対しての切り返しの文章だと記憶しているのですが。
その後「トンデモ大予言の後始末」でも同じような流れで触れていた記憶もあるので、持ちネタの一つにしてるのかもしれませんが、上の「逆襲」で読んだ限りでは、ちょっと嫌味っぽいかなとは思いますが、学歴コンプレックスがどうこうという印象は受けませんでしたが。
(むしろそういう学歴コンプレックスの人へのあてつけというか・・・)

余談ながら、この「逆襲」のあとがきで、「世界」でのミスについて、かなりのページを割いてお詫びと訂正してますね。こういう姿勢には好感が持てました。

kensyouhankensyouhan 2008/10/25 14:00 コメントありがとうございます。
仰るとおり『トンデモ本の逆襲』のあとがきに書いてあります。「発言」というのは不正確でした。すみません。
「学歴コンプ」というのは個人的な印象なので、気になさらなくても結構です。「たかが東大」っていうのはやっぱりどうかと思いますが。
>余談ながら、この「逆襲」のあとがきで、「世界」でのミスについて、かなりのページを割いてお詫びと訂正してますね。
>こういう姿勢には好感が持てました。
ミスを認めるのはいいことなんですけど、それならどうして唐沢俊一についてスルーしているのかよくわかりません。

たうざぁたうざぁ 2008/10/26 05:43 コメントありがとうございます。
>「たかが東大」っていうのはやっぱりどうか
ここの部分の流れだと、学歴コンプっていうより、先にも書きましたとおり半分嫌味が入ってるかなぁと。
ちょうど、「侏儒の言葉」で、芥川龍之介が貝原益軒の故事(船の中で若い書生が論じているのを黙って聞いて、最後に船を下りるときに初めて名乗った)を取り上げて
「無言に終始した益軒の侮蔑はいかに辛辣をきわめていたか!」と書き残しているのに近い感情でしょうか。
ただ、この場合、もともとの相手が「大学講師」という権威(と捕らえる人もいるらしい)を笠にきての受け答えなので、「そこまで言わなくても」と思いながらも、返答としてはありと思いますが。

>それならどうして唐沢俊一についてスルーしているのかよくわかりません。
まあ同じと学会の人間だから・・・というのもあるかもしれませんが、仮に、唐沢がと学会と関係ない人間だったとしても、個人的には「トンデモ本」シリーズで取り上げて欲しくないかなと思います。
・・・だって唐沢の文章つまらないし、「知識を間違って覚えている、パクってる」だけで、「作者の意図しないところが楽しめる」という、本来のトンデモ本の意図からは外れてますから。
(まあ、この辺については「逆襲」の時期ですら、みんだ・なおが勘違いした漫画を掲載してますが・・・)
まあ、そういう方向で見て本当に面白かったのは「世界」、せいぜい「逆襲」までで、なんか違う方向に行ってる記事が多いのも確かですが。

kensyouhankensyouhan 2008/10/27 07:26 コメントありがとうございます。
>返答としてはありと思いますが。
自分は返答としては「なし」だと思います。イヤミだとしても不必要で上手くありません。
>「作者の意図しないところが楽しめる」という、本来のトンデモ本の意図からは外れてますから
いや、唐沢の本は「トンデモ本」の定義にあてはまってますよ。唐沢だって意図してあんなデタラメを書いているわけじゃないでしょう。「唐沢の本はトンデモ本として取り上げても笑えない」って2ちゃん唐沢スレでも言っている人がいましたが、「と学会」が取り上げている「トンデモ本」にだって笑えないのはあると思うんですけど。

たうざぁたうざぁ 2008/10/28 06:05 >唐沢だって意図してあんなデタラメを書いているわけじゃないでしょう。
結構意図してる部分もあるんじゃないかと思うんですが。すくなくとも「パクり」については意図してやってるでしょうし。
>「と学会」が取り上げている「トンデモ本」にだって笑えないのはあると思うんですけど。
上でも書きましたが、たしかに最近のと学会関係の本は特にそういうのが多く、「世界」「逆襲」ほどの面白さがないんですよね。

そこにこれ以上低レベルなもの入れて欲しくないなというのが正直なところ。

kensyouhankensyouhan 2008/10/28 08:41 コメントありがとうございます。
>すくなくとも「パクり」については意図してやってるでしょうし。
盗作という行為自体が「トンデモ」だと思います。しかも「UFO」がテーマの本で盗作をやっているわけですし。
>そこにこれ以上低レベルなもの入れて欲しくないなというのが正直なところ
「トンデモ本」は本として「低レベルなもの」ばかりでしょう。それを楽しめるかどうかは取り上げ方によって決まると思います。まあ、「と学会」がやらないんなら、自分が楽しい読み物として紹介していくだけですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20081023/1224729275