Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-01-15

ガセネタが炸裂のアッサム・リーダー。

22:24

ガノタじゃないのにガンダムネタが多いのは何故(リアルロボよりスパロボ派です)。

唐沢俊一雑学王』(廣済堂)P.11。

世界で一番雨が多く降るのは、インドアッサム州である

 世界一の年間降水量が記録されたのは、インド・メガラヤ州のチェラプンジCherrapunji)。世界一平均降水量が多いのもメガラヤ州のマウシンラム(Mawsynram)。ちなみにメガラヤはサンスクリット語で「雲のすみか」「雲の国」という意味らしい。

 記録当時(1860年〜1861年)、チェラプンジはアッサム州に属していたのだが、その後、1972年アッサム州からメガラヤ州が分離して、チェラプンジもメガラヤ州に属することとなったのである。というわけで、この間違いが起こったのは古いデータをそのまま使ってしまったためだと思われる。

 追記しました。

[rakuten:rdownload:11806287:detail]

のえのえ 2009/01/16 12:48 その本は読んでないのですが。
「世界で一番雨が多く降る」=平均的な降雨量が世界で一番な場所と「世界一の年間降水量が記録された」=降雨量の世界一が記録された場所は、別に違っていてもオカシクないのでは? ホームランの数なら××だが飛距離なら○○だ、みたいな感じで。

WOOWOO 2009/01/16 13:17 >別に違っていてもオカシクないのでは?

それはそうですが、世界一年間(平均)降水量が多い地域はマウシンラムで、やはりインド・メガラヤ州です。
http://ameblo.jp/cb400sf/theme-10002235972.html

たしかに現在(メガラヤ州の独立後)のアッサム州も、かなり雨量は多いようですが。

kensyouhankensyouhan 2009/01/16 14:25 コメントありがとうございます。
マウシンラムについて追記しておきました。唐沢俊一が間違えた理由を書くことばかり考えてたので少し甘い書き方になってしまったと反省。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20090115/1232025861