Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-01-29

山本弘検証blog。

06:35

「冒険風ライダー」さんから紹介された山本弘と学会」会長のブログの記事が結構ヒドいので突っ込んでおく。

 この「MAD問題:権利者削除は無益な行為だ」という記事は、タイトル通りMAD動画を削除することに問題があることを指摘している。山本会長は最初に一度ネット上にアップされたMAD動画を抹消することは不可能であると指摘している。これはその通りだが、動画と同様に文章も抹消できないのだから山本会長も気をつけた方がいいと思う。保存されちゃってるから。

 しかし、第二の指摘には首を捻ってしまった。

 第二の問題は、そもそも著作権侵害して何が悪いのか、という点である。

「悪いに決まってるじゃないか!」

 と言われるかもしれない。しかし、ちょっと冷静に考えてほしい。著作権法違反は親告罪である。著作権を有する者が訴えない限り罪にはならない。

 すなわち、いくら著作権を侵害していようとも、権利者がそれを黙認しているなら、犯罪ではないのである。

…山本会長は「親告罪」がどういうものなのか分かってるのかなあ?「親告罪」というのは「被害者等からの告訴が無いと公訴を提起できない犯罪」のことである。つまり、「被害者の告訴」というのは公訴が有効に成立するための条件(訴訟条件)なのであって、犯罪が成立するための条件ではないのだ。被害者が訴えなかったからと言って、法律に違反していることには変わりはないのだから、著作権の侵害は「悪い」ことである。会長はそこらへんをカンチガイしている。たとえば、強姦罪親告罪なのだが、山本会長は強姦罪も被害者が訴えないと罪にならないと言うのだろうか。まあ、法律論のうえでは必ずしも間違っていないのかもしれないが、そういう理屈が果たしてどれだけの賛同を得られるものなんだろうか?法的な面だけじゃなく倫理についても考えていく必要があるんじゃないのか?…そう思いつつ続きを読んで思わず唖然としてしまった。

パロディ」「二次創作」は、「盗作」とは根本的に違う。後者は原作があることを隠蔽して自分の功績であるかのように見せかけることで、原作者の努力を踏みにじる悪しき行為だが、前者は読者が原作を知っていることが前提であり、原作への愛が原動力になっている。

…なんでいきなり「愛」とかそんな話になっているんだ?前の方では「親告罪」とか法律の話をしていたのに。「パロディ」や「二次創作」だって著作権侵害に成り得るし、「原作への愛」というものは著作権の侵害について判断するうえで全く関係がない。いわゆる「パロディ事件判決」最高裁1980年3月28日)を読んでもらえば分かるはずだが、著作権侵害を判断するうえで問題となっているのは「表現の態様」なのであって、判決でも表現について具体的な判断が行われているのだ。法廷で「原作への愛」を語ったところでほとんど意味はないだろう(刑事裁判なら情状に影響があるかもしれないが)。…というか、山本会長だって本の内容がトンデモなら作者の気持ちと関係無しに「トンデモ本」だと認定すると思うんだが。「愛」があれば何でも許されるというものでもなかろう。法律論を一貫して書けないんだったら最初からやらなきゃいいのに

MADではなく本編映像はどうだろう。本編映像のアップはDVDの売り上げを妨害するだろうか?

 そうは思えない。もともとDVDを買う層というのは、テレビの画質では満足しない者たちや、特典が欲しい者たちではないのか。彼らがニコ動の小さい画面で満足するとは考えにくい。

 また、深夜アニメの場合、地方によっては視聴できないものもよくある。しかし、誰かがニコ動にアップすることによって、日本全国誰でも見ることができるようになり、それによって知名度は高まる。つまり、ただで全国ネットしてもらってるようなものではないか!

 自分も長く地方在住だったから見たい番組が見れない苦しみはよくわかるし、YouTubeニコニコ動画に本編がアップされていたら見てしまうかもしれない(視聴することは違法ではないけどあまり堂々と言えることじゃない)。しかし、だからといって著作権侵害正当化されるわけではない。地方在住のファンのためには、ネット配信やCSといった手段で番組を見やすくなるようにすればいいのであって(現在ではタイムラグはあるもののだいぶ視聴しやすくなってきている)違法なアップロードをもって「ただで全国ネットしてもらってるようなものではないか」と言うのはおかしい。そういうのを「盗人猛々しい」というのだ。山本会長の小説のデータがwinnyか何かで出回ってタダ読みされていたとしても、会長は平気なんだろうか?まあ、会長ならちゃんと儲かるための仕組みを考えているんだろうけど。

 この記事の問題点を挙げてみると、

(1)法律に対する無知

(2)論理の一貫性の欠如

(3)著作権の軽視

ということになる。

…なんだか「トンデモ」さんとしての条件を揃えているような気が。自分は山本会長が唐沢俊一の盗用を批判しないのは、唐沢に気を使っているせいだと好意的に解釈していたのだが、実際のところは山本会長も著作権というものを軽視していて、盗用を「そんなに大したことじゃない」と考えているんじゃないのか?とこの記事を読んで思ってしまった。あと、MAD動画や同人誌著作権法調和するあり方を考えることなく、「儲けることを考えろ」と実利主義的なことしか書いていないのも気になる。普段は正義感にあふれている会長なのに。いずれにしても、著作権を軽視しているのはクリエイターとしてどうなの?と思うし、論理が一貫していないのは小説家としてどうなの?と思うし、トンデモじみた話を書いているのはと学会」の会長としてどうなの?と思うのだが。

古賀古賀 2009/01/29 08:53 >「被害者の告訴」というのは公訴が有効に成立するための条件(訴訟条件)なのであ
>って、犯罪が成立するための条件ではないのだ。被害者が訴えなかったからと言って、
>法律に違反していることには変わりはないのだから、著作権の侵害は「悪い」ことで
>ある。会長はそこらへんをカンチガイしている。

ネットできちんと検索して調べれば気がつくことだと思うんですけどね。

minomino 2009/01/29 12:38 著作権侵害の非親告罪化の動きもあるそうです。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_b72f.html

私はこれには反対なのですが、山本さんのような言行は
推進派を利することになりそうで嫌ですね。

藤岡真藤岡真 2009/01/29 23:22 >著作権を有する者が訴えない限り罪にはならない。
 だから「漫棚通信」からパクッたのも罪にはならないと言いたいのですね。
 kensyouhanさんは、それほど厳しい言葉を使っていませんが、わたしは山本弘は糞だと思います。

nannte-0223nannte-0223 2009/01/30 00:29 このエントリーに触発されて自分もブログを書きました。
山本弘氏は昔からネットでの発言は問題を巻き起こしていたようですね。

何かいつでも人を見下したような書き方をするのが反発を喰らうのかなと個人的には思っています。

藤岡さんが
> わたしは山本弘は糞だと思います。
っていうのはわかるような気がします。

冒険風ライダー冒険風ライダー 2009/01/30 01:34 <実際のところは山本会長も著作権というものを軽視していて、盗用を「そんなに大したことじゃない」と考えているんじゃないのか?とこの記事を読んで思ってしまった。>

 いや、山本弘はそういう一貫した考え方など持ってはいないでしょう。
 己の著書の内容が他者から批判された際に、山本弘はこんな言動を行っていましたし↓

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/5814/material2004_11_a.html
No.21234 - 2004/09/20(Mon) 15:15
<批判はかまわないのですが、発売されたばかりの作品のストーリーを結末まですべて書いてしまうという行為が、重大なマナー違反であることを自覚していただきたいです。当然、そうしたマナー違反をしているページへのリンクも慎んでください。>
No.21296 - 2004/09/22(Wed) 17:08
<実は『神は沈黙せず』の時も同じことをやられました。あの長い作品のストーリーを、最初から最後まで、こと細かに説明している掲示板があったんです。
 いったい、批判のためにストーリーを細部までバラす必要があるのですか? 批判のためにどうしても必要な部分のみネタバレさせればいいんじゃないですか?
 僕としてはそういう嫌がらせ目的のネタバレをする連中には強い嫌悪感を覚えます。彼らは批評する上でのマナーというものを知りません。ですから、そんなところにリンクなんかして欲しくないのです。>

 過去に自分の作品についてこういう言動をしていながら、そのことを棚に上げて「そもそも著作権侵害して何が悪いのか」「いくら著作権を侵害していようとも、権利者がそれを黙認しているなら、犯罪ではないのである」などと堂々とのたまえるのが山本弘クオリティと言うものでしてね(爆)。
 さらに過去をさかのぼれば、上記のような「発売されたばかりの作品」のネタバレを「重大なマナー違反」などと定義しているはずの当のご本人が、まだ先行上映レベルでの公開しかされていなかった映画のネタバレ批評を滔々と語っている前科もあるわけですし↓

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/5814/material2003_05_a.html

 前の投稿でも述べましたが、後先考えずにその場その場でしか通用しない御都合主義発言を乱発し、ダブルスタンダードの山を築き上げてきた実績を持つ山本弘に、言論の一貫性や発言責任を真面目に求めるのは無意味な作業というものでしょう。ネタとしてはこれ以上ないくらいに面白い逸材なのですが(苦笑)。

IK3IK3 2009/01/30 02:03 >。つまり、ただで全国ネットしてもらってるようなものではないか!

初めて書き込みます。自分はアニメに関わる仕事をやっている者なのですが、もうこれは許せない発言です。タダで全国ネットされたらどこに利益が発生するのですか????とてもアニメに詳しい事を自称する人間の発言とは思えません。言ってる事がそこいらのTVアニメはタダで放映されていると思い込んでいる低能アニメオタクと同レベルです。(まさかDVD販売だけで制作費その他を全部回収出来るなんて思われてるのでしょうか…?)

これは山本弘の小説をtext化してアップロードしても宣伝になるから良いと言う理屈ですよね??

yonoyono 2009/01/30 15:04 冒険風ライダーさんにあらかた言いたい事がいわれてる(~_~;)

でも山本さんて唐沢さんと比べると天然の部分が多いと思います
ガセとかパクリというよりは
「自分はこれが正しい」
と思っていることをそのまま書くと結果的にダブルスタンダードになる人では?

…なんか擁護ぽい文章になってしまいましたね

思い入れの違いかなあ?

のえのえ 2009/01/30 16:43 自分に利益があるモノは全てOK。
自分に不利益なモノは全てNG。
山本氏の思考は非常に単純です。

そういえば以前、山本氏のHPの掲示板で、唐沢氏が手に入れた女ターザン本を山本氏が「コピーして!」とか言い出して、「それって著作権的にどうなの?」と他の参加者に咎められたら、「同じと学会で研究用だからいいんだ」とか唐沢氏が言い出して、異論がある他の参加者たちともめてた事もありましたね。変わらないなぁ、二人とも。

kensyouhankensyouhan 2009/01/30 22:30 コメントありがとうございます。

>古賀さん
まあ、法律の知識がないのは専門家じゃないんだからしょうがないですよ。「親告罪」について同じような誤解をしている人もいるかもしれませんから。ただ、ふだんから会長は科学の知識が無い人のことを厳しく批判しているから、ミスをされるとどうしても厳しく見てしまいます。法律だって科学と同じで論理の学問なんですからもう少ししっかりしてほしいですが。

>minoさん
自分も最近の動きを憂慮してます。プロならもう少しまともなことを言ってほしいですが。

>藤岡さん
自分は一応会長には敬意を持ってます。50歳を過ぎてアニメや特撮を追いかけてるのは立派だと思うので。70歳を過ぎて長澤まさみや堀北真希について熱く語る小林信彦みたいなというか。本を処分して「一丁上がり」してしまう唐沢俊一よりはエラいです。
だから、あまり厳しいことは言いたくないんですけどね。「アイツ昔クモを助けてたからチャンスをやろうよ」的な心境。
ただ、「漫棚通信」さんも「オモロイド」さんも藤永先生も新戸さんも…こうして被害にあわれた方々の名前を挙げているだけでも腹立たしいですが…唐沢のやったことを黙認したわけじゃないですよね。会長はもっと重く受け取って欲しいです。

>nannte-0223 さん
ブログを読ませていただきました。
まあ、山本会長は昔からああいう人なんですよ。ただ、会長が無茶なことを言っても扱っている話題がマニアックなものだからネット社会ですら大して目立ってなかったというか。

>冒険風ライダー さん
思うに、会長は法律のことは普段頭に無いんでしょうね。法律に詳しければネタバレされたら著作権がどうとか言いそうですから。まあ、そういう人が法律論を語ろうとしたことに無理があったのではないかと。

>IK3さん
「儲けることを考えろ」と言っているわりには、アニメがどのように収益を上げているのかわかってないんでしょうか。山本会長がおかしいのは、ニコ動で本編映像を見てDVDを買う人がいたとしても、それは「収益が上がることもある」ということでしかなくて、当然損害の方が多いに決まってるんですよね。子供にでもわかる理屈なんですけど。どうやってアニメが作られ、収益を上げていくかもわかってほしいところです。

>yonoさん
嫌な天然だなあw
本人は合理的にやってるつもりなんだからタチが悪いですね。

>のえさん
なんで掲示板でやるんですかねえ。せめてメールでやりとりすればいいのに。
「ターザン」「山本」って並んでるから「ターザン山本」かと思いましたけどね。今回の記事の強引な展開はターザンっぽいなあと思ってましたが。

個人投資家個人投資家 2009/01/31 01:31 わたしはレッシングの「クリエイティブコモンズ」にも参加してるんで、著作権の強化には反対なんですが、山本弘の「著作権への曲解」はひどいですね。

>前者は読者が原作を知っていることが前提であり、原作への愛が原動力になって
いる。

 著作物の二次利用は、パロディや二次創作とは限らないし、「愛のある行為」でもないです。
 批判や皮肉のために相手のスタイルをそっくり真似したりすることもあるわけで、そのことによって元の作品のメッセージを180度ひっくり返して、痛烈な風刺になる訳です。


>すなわち、いくら著作権を侵害していようとも、権利者がそれを黙認しているなら、犯罪ではないのである。

 こんな事を言って、著作権侵害をしていれば、著作者側は「非親告罪化」するか、アメリカのNapsterの時みたいに、巨大企業が見せしめに数人の学生や子供をを訴えて、親が家財を売り払っても払いきれない巨額の賠償金を請求するか、どちらかになります。

 現にダウンロードしただけで犯罪とするよう法改正をする動きがあります。

 こんなトンデモな理屈を言っている山本弘は、強力すぎる著作権の弊害を是正しようとまじめに活動している「クリエイティブコモンズ」運動にとっても迷惑です。

金平糖金平糖 2009/01/31 02:06 山本氏は他人のパクリには非常に攻撃的なのですが
自分や身内のパクリには驚くほど寛大です
なにより著作権に対して無頓着すぎるきらいがあります
資料として本をコピーして渡したとか
そういうことを堂々と書いているあたり非常に危険です
私は氏のファンというわけではありませんが著書の8割程度は所有してます
そのなかの多くがどこかで読んだことのあるものばかりです
もしくはひどい世間知らずを露呈するものです
きらいではないんですけどね
ギャラクシートリッパーなどはひどいパクリが多かったわけですが
指摘されても「ついうっかり」などと、、確かに自分で思いついたか
どこかで読んだものが記憶に残っていたのかごっちゃになることもあるでしょうが
さすがに露骨過ぎると言うかなんと言うか

最近ではバレル前に元ネタを発表することで
これはパロディーだから問題ないと言い張ってるわけですが
人のふんどしでしか相撲が取れないのは悲しいとしか言いようがないです
映画批評も本当に映画を見たのか疑わしいものが多いというか
どこかで見たことのある批評が多くてなんだかなぁな人です

なによりも氏の間違いを親切丁寧に正そうとしてくれてる相手に向かって
「素人は黙ってろ」と暴言を吐くのがなんというか
お前が素人だろうがと、、、、まあ、厄介な人です

nanashinanashi 2009/01/31 03:25 トンデモ作品をウォッチしていた筈の団体が
実はトンデモ人間の集まりだったというのは
笑えない現実ですねえ

丸呑む丸呑む 2009/01/31 13:32 はじめまして。
とんでも本一冊目を読んだ頃から思ってたんですが、
みなさんのコメントを読んで山本氏って
想像力のない人なんだなあと納得しました。
とんでもさんたちを批判するときに
「自分は中学のときの相対性理論を理解できた。
だから中学生でも分かる理論を理解できない方がおかしい」のようにと書かれていたのですが、
僕は中学のときに何が書かれてるのか理解できなかったクチなので
(その後読み返すこともないので果たして今も本当に理解できるか不明ですが)
「俺ができることをみんなができないのはみんながおかしい」みたいな姿勢で
批判されるるのってちょっとつらいなあと思ったものです。
あと個人的には「空想科学読本」は爆笑できますが
「とんでも本の世界」では上記の理由で、笑うに笑えませんでした。

kensyouhankensyouhan 2009/01/31 13:51 コメントありがとうございます。

>個人投資家さん
何十冊も本を出しているプロの作家が著作権についてまるで理解できていないのが恐ろしいというかなんというか。

>金平糖さん
>ギャラクシートリッパーなどはひどいパクリが多かったわけですが
それはぜひ教えていただきたいですね。他の著作でも構いませんので。山本会長は「パロディ」とか「オマージュ」とか言ってますけど、果たしてちゃんとそうなってるのか。
>映画批評も本当に映画を見たのか疑わしいものが多いというか
最近でも特撮やアニメの劇場版を見ているようですから、その点はエラいと思うのですが、確かに批評を読むと「あれ?」となることはありますね。『カリオストロの城』を十回以上見たという唐沢俊一に通じるものがあります。

>nanashiさん
いずれ「と学会検証blog」も常設しなければならないのかと。山本会長も過去の発言を発掘していくと大変なことになりそうですが。

>丸呑むさん
>みなさんのコメントを読んで山本氏って想像力のない人なんだなあと納得しました
想像力がないせいか客観的に自分を見ることができませんね。これは唐沢俊一と岡田斗司夫氏にも共通してます。あと、3人とも「根拠も無いのに何故かやたら偉そう」ですね。なんなんだその自信は、と思いますが(逆に自信がないのかも)。

うさぎ林檎うさぎ林檎 2009/01/31 15:42 >ギャラクシートリッパーなどはひどいパクリが多かったわけですが
それじゃあ山本氏がコメントしないのは、単純に「お前もな」と言われてしまうからなんですかね。

私も著作件への山本氏の理解は、プロの作家として問題外だと思います。
ただ推理小説なんかでは使える「トリック」は既に出尽くしていて、過去に使われたことのあるトリックをどう料理するかに作家は創意工夫している、なんて側面はありますよね。
ここで柑橘類の接ぎ木を例に出すのは適切ではないかもしれませんが、夏みかんの木に、ゆず、レモン、ミカンを接ぎ木するとそれぞれの実が出来ます。この場合レモンが夏みかんをパクったとは言わないでしょうし、大体気付きません。独創性に多少不満があっても、これ位の芸当を見せてくれれば、誰も文句言わないと思うんですよ。
結局のところ著者の力量ってことかなぁ。

おっとっとおっとっと 2009/01/31 22:22 Wikipediaの「キノの旅」の項目にこんな記述があって山本会長のあざとさを感じます。
>「しゃべる乗り物」というコンセプトは山本弘の小説『ギャラクシー・トリッパー美葉』の影響だと、時雨沢本人が山>本に語ったという主張がある(山本弘著『トンデモ本?違う、SFだ!RETURNS』より)。

kensyouhankensyouhan 2009/01/31 22:34 コメントありがとうございます。

>うさぎ林檎さん
だから具体的に比較してみたいんですけどね。山本会長がどの程度オリジナリティを出しているか知りたいので。

>おっとっとさん
『ギャラクシー・トリッパー』だと確かミサイルがしゃべるんでしたっけ。確かこれにもモトネタがあるって会長本人が書いてましたけどね。浦沢義雄脚本の「バス停くん田舎へ帰る」だったと思いますが。

はりはり亭はりはり亭 2009/01/31 23:28 はじめまして。いつも面白く読ませていただいています。
わたしもかつて「トンデモ本の世界」を心から楽しんで読んでいた人間ですが、もう最近はつらくてつらくて、読むに堪えないんじゃないかと思っていたので、今回の記事にはうなずける物があります。
ただ、わたしはまだ山本会長を見限ってはおりません。科学的間違いの指摘ならまだ読む価値がありそうですし(副島隆彦批判はまだ腹を抱えて笑えました)、以前このブログで指摘されていたような感心できない行いがあったにせよ、山本会長とコンノケンイチなら山本会長を問題なく支持します。最近では「「環境問題のウソ」のウソ」は読む価値があると思います。
しかし、今回のようなことが続き、kensyouhanさんはじめとする皆さんの批判を聞く耳持たないなら、私のような人間も愛想をつかして離れていくのは時間の問題でしょう。何とか持ち直してほしい物ですが。
作家山本弘に関しては、パクリがどうの、というよりなにかテーマが創造より先走る人、という感じがします。「時の果てのフェブラリー」(結局作品はこれしかちゃんと読まなかったなあ)はそれでずいぶんしらけたような。作家山本弘を批評家山本弘が追い越してしまっているというか。だから「トンデモ本」シリーズが代表作になってしまっているのかなあ。

kensyouhankensyouhan 2009/01/31 23:39 コメントありがとうございます。

>ただ、わたしはまだ山本会長を見限ってはおりません
自分も信じたいですけどね。2ちゃん唐沢スレでは「今の山本会長に、どうやったら敬意なんか持てるんだか」と書かれてしまいましたが。まあ、見限るのはいつでもできますからね。
>科学的間違いの指摘ならまだ読む価値がありそうですし
実はこれもヤバいかもしれません。詳しいことは冒険風ライダーさんのサイトでごらんになってほしいですが。

おがくずおがくず 2009/02/01 10:24  私にとって山本会長は、大石英司と並んで“痛いけど好きな人”です。
 主張は時にトンデモですが、唐沢俊一と違い実際に悪業を働いたわけじゃありませんしね。
(ただ、ホラー短編集の中の一編は、鈴木光司作品に酷似しておりました)

金平糖金平糖 2009/02/01 17:46 話を振っておいて詳細が出せないのが心苦しいのですが
手元に本がないため具体的な指摘ができないんですよね
暇を見つけてちょっと探してみようと思います

もともと著作権に無頓着な人でしたので
本人のHPの掲示板にねたがいっぱいあったのですが
閉鎖されてちょっと調べるのが大変になってしまいました

>>おがくず さん
「屋上にいるもの」と「仄暗い水の底から」ですね
これはさすがにまずいだろうと言うぐらい似てましたね
さらに一致する部分が出来が良くてそれ以外の部分が破綻してると言うのがどうにも
似たエピソードや似たシチュエーション似たアイディアはかまわないと思うのですが
ちゃんと自分なりに租借して欲しいと思いますね

おがくずおがくず 2009/02/01 19:39 >金平糖さん

 そう、それそれ。ただ「仄暗い〜」だけでなく、大オチを同じ鈴木光司の短編集の「孤島」から持って来ているのです。

 がしかし、ラストに裸の●●を出してくるところで僕などは「さすが山本弘!」と、すべて許してしまいたい気持ちになりますw これぞオリジナリティ?

kensyouhankensyouhan 2009/02/02 13:04 コメントありがとうございます。

>おがくずさん
2ちゃんでは「田中秀臣さんのブログや古賀さんのmixiを荒らしたのは悪行じゃないのか?」というカキコがありましたが。
山本会長が逆に「盗用した人間を攻撃する立場」なら盗用した人間を庇う人も「悪行を働いた」とみなすような気もしますが。

>金平糖さん
山本会長についてはあくまでサブの扱いなので、気の向いたときにお知らせいただければ大丈夫です。ただ、今回の件でもっと深く追及したくなっちゃいましたが。
とりあえず『屋上にいるもの』と『仄暗い水の底から』『孤島』を比べ読みしてみます。ネタ自体は貯水槽がアレな話で、よくある都市伝説のように思わないでもないので(こないだ実際の事件がありましたが)盗用だと決め付けずに、どっちの話が面白いか、よくできているかを考えてみたいと思います。…そっちの方が山本会長にとってキツいかもしれませんけど。

ITOKITOK 2009/02/02 22:05 初めまして,ITOKと申します。時々拝見しております。
経緯を知っているのでちょこっと訂正をば。
田中先生のブログが,山本氏によって荒らされたことも,閉鎖に追い込まれたこともありません。
『日本型ヒーローが世界を救う!』(増田悦佐 著,宝島社)という本を巡って田中先生のブログでアメコミファンと悶着があったのは確かです。しかし,それはその後の移転とは関係ありませんし,そこに山本氏は登場しておりません。

山本氏はその本について『と学会誌17』や『トンデモ本の世界U』等((「トンデモ本大賞2007」にもエントリされました 笑)で取り上げた折に田中先生たちを<トンデモさんたちと、何ら変わらない>と揶揄しただけです。
これについて明らかな誤読と思えたので山本氏とメールのやり取りを数度しましたが,トンデモさんは相手にしませんと話に入れずに終わりました^_^;。
山本氏の書評(?)の問題点は田中先生がご自身のブログでほぼ論駁しておりますが,直接のやり取りはありません。

山本氏については,他人をトンデモ扱いはしても反論は聞かない人と認識しております。

kensyouhankensyouhan 2009/02/03 22:10 コメントありがとうございます。
詳しい解説をありがとうございます。
サイトのまとめを読ませていただきましたが、結局のところ、堺三保氏の誤読を会長が鵜呑みにしているって事なんでしょうか。だとしたら、「と学会」にあるまじき態度と言えるので、当ブログでもいずれ取り上げてみたいと思います。

ITOKITOK 2009/02/05 22:47 書籍に関して書いた部分は,独自の指摘をしており,おそらく鵜呑みではなくご自分の判断であると思います。
「論争」に関しては,材料がなくわかりません(可能性はあると思いますが)。
ただ,以下の指摘は出来ます。
■「論争」に関してはきちんと読み込んではいない。あるいは,「ある印象」を植えつけようとしている。
 山本氏は「論争」について以下のように書いています
 (「論争」に関して山本氏の上げているソースは私のサイトです)。
 <彼らにとって、増田氏の論がもっともらしくて口当たりが良ければそれでいいらしく、アメコミに関する事実関係が間違っているのは些細なことらしいのである>(『と学会誌17』他)
 読まれたヒトの判断といえばそれまでですが,それぞれ論拠をもって主張していることをそれには触れずに,否定している見方(※1)を提示するのは,きちんと読んでいるとは思えません(これに関しては,そう読み取ったんだしそれが山本氏の見解であるのは読者にわかるはずという旨のことを言われました^_^;)。
 ※1
  田中先生は
   <堺さんは「両陣営」の一方(田中、山形、ITOKさんら)を日本型アニメマンセー派にしてますね。それは誤まりです。この陣営の人たちはここでもどこでも日本型ヒーローやアニメを日本型ゆえにマンセーしてません。>
  と書かれています(http://itok.asablo.jp/blog/2006/06/09/398858#tanakahidetomi-2-2)。

■「コミックスコード」に関しては,訂正の機会がいくらでもあったのにもかかわらず変更していない。
 増田本については同じ原稿の使いまわしですが五度くらいは取り上げてます。(資料は持っているのですが,すぐに出てこないので^_^;,正確には上げられませんが)。

kensyouhankensyouhan 2009/02/07 14:45 コメントありがとうございます。
鵜呑みにしていないのは結構なのですが、自分で考えて間違っているとなるとそれはそれで問題ですね。

デュードデュード 2012/10/18 17:57 そういえばニコニコ動画配信で

初めまして、hiroと申します。

この記事が書かれてからもう4年経っているので、コメントするのも今更な気がしますが、それでも言いたいことがあるのでコメントしておきます。

いきなりですが、この記事の文章ははっきり言って説得力がありません。何故ならこれらのMADや違法動画は作り手の足手まといになっているからです。

現在の映像制作会社の出している損失の原因のほとんどは違法で投稿されている動画です。この動画によって年間数十億円の損失を出しており、大手会社にしろ零細企業にしろ会社の経営を危うくさせているのです。僕たちがニコニコ動画やYouTube等で投稿されているお粗末な動画を見れば見るほど作り手たちの足を大きく引っ張っているのです。

確かに、元となる映像作品の知名度の向上につながるかもしれませんが、たとえ興味を持って関連商品を買ったとしても作り手には一切利益が生まれません。それどころか却って損失が大きくなるのです。

大体あんな粗悪な動画は一日に数時間、あるいは十数時間にも渡って観るべきではないのです。本当にアニメが好きならば直接テレビで見たりビデオやDVDを借りて見たり映画館で見るべきです。パソコンというこじんまりとした空間で乱雑な違法動画を長時間見ているのはアニメファンとして、そしてオタクの風上にも置けません。自分はアニメには何も思い入れがありません、と言っているようなものです。あくまで僕の考え方ですが、これに沿って言えば一日に数時間ニコニコ動画を見ている“ニコニコ中毒”な山本さん、あなたはアニメ、とりわけ今日のアニメには全く思い入れがない人で且つ作り手達に多大な迷惑をかけている、ということになるのです。

所詮ニコニコ動画やYouTubeは趣味の為にあるもの。違法で投稿された出来の悪い動画なぞ何時間にも渡って観るべきものではありません。僕たちはニコニコ動画を利用するたびに作り手達に大きな被害を与えていることを自覚しなければならないのです。山本さんにも、違法投稿動画を趣味で鑑賞することがアニメ業界に暗い影を落とすことになる、とオタクの一人として忠告しておきます。

Posted by hiro

というツッコミ受けたとき

>hiroさん

 あなたはアニメの現状をまったくご存じないようですね。
 このエントリを書いたのは4年前ですが、それから状況は大きく変わっています。ニコニコ動画でのアニメの公式配信は、今や当たり前になっています。
 現在、公式配信中のアニメは、『這いよれ!ニャル子さん』『モーレツ宇宙海賊』『夏色キセキ』『ヨルムンガルド』『Fate/Zero』『謎の彼女x』『黄昏乙女×アムネジア』『アクセル・ワールド』などなど、計30作品です。いずれも第1話と最新話が無料。それ以外が有料です。
 つまり僕が4年前に「いっそ、権利者自身がニコ動に本編映像をアップしてもいいんじゃないか」と書いたのが、今やすっかり現実になってるんですよ。
 これが何がすごいかというと、これまで地方のアニメファンを悩ませていた「アニメの地域格差」(放映されていない地方のファンは見られない)という問題が、解消されてしまったということなんです。
 当たり前ですが、その番組が見られない地方が多いのでは、DVDの売り上げにもつながりません。見ることができるからこそ、「DVDを買おう」と思う人も増えるのです。
 実際、『ニャル子さん』なんかはニコ動で人気が盛り上がりましたからね。僕も関西での放映は東京より遅いので、いつもニコ動の公式配信で、テレビよりひと足先に見てます。
 ちなみに『ニャル子さん』の第1話は、再生数が130万回を突破しました。1人で何回も見てる人がいるのを考慮に入れても、何十万人もが見てるわけですよ。

「アニメファンとして、そしてオタクの風上にも置けません」とおっしゃるあなたが、こうした状況を何もご存じないというのは、まったく理解に苦しみます。

Posted by 山本弘

ニコニコ動画で第一話と最新話は無料で公式配信してもDVDの収益のみで回収出来ると思ってるのは思えないけどむしろレンタルや二次使用の方面で大打撃受けると思うけど・・・・・・