Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-02-09

おめでとうございます。

20:44

復ッ活ッ!

トンデモない一行知識の世界」復活ッッ!

トンデモない一行知識の世界」復活ッッ!

 というわけで「トンデモない一行知識の世界」さんが復活されました。リンクも直しておいたのでそちらからどうぞ。今までの記事に貼ってあるリンクもおいおい直していきます。夏コミで出す本で『トンデモ一行知識の世界』『逆襲』のガセビアも紹介するつもりなので、その際はご協力をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

・で、夏コミの申し込みをしてきました。今回は第1弾ということで、ガセビアの中からわかりやすいネタを紹介していこうかなと思っています。第2弾でガセビア上級編&盗用、第3弾で「ガンダム論争」などのオタク史検証をやろうと思ってますが、まあ、そう考えているという話なので。…第3弾が飛びぬけて濃くなりそうだけどw もし、落選しても、本だけは夏までに作って、通信販売をやってみるか、別のイベントに参加するつもりです。

・さて、復活した「トンデモない一行知識の世界」さんの最初のネタが面白いので便乗してみる。

 唐沢俊一渋谷から神保町まで「半蔵門線で一本じゃないですか」と言っているのだが、半蔵門線神保町を通るようになったのは1989年のことなので、唐沢俊一青学に入学した1978年には半蔵門線神保町に行ける筈がないのである。で、青学から神保町に行くんだったら千代田線表参道新御茶ノ水)だろう、ということになっているんだが、なんで唐沢はわざわざ青学を関係させるんだろう?と思う。だって、唐沢俊一が当時下宿していた阿佐ヶ谷(これは「ガンダム論争」の時の「ぴあ」の投稿欄でも確認できる)から神保町に行くんだったら、中央線御茶ノ水まで行けばいいんだから青学からでも、渋谷から新宿まで行って中央線に乗り換えればいい。だから、本当に神保町に通ってたんだったら「中央線に乗って行った」という話が出そうなもんだと思う(別の場所で書いてるんだろうか?)。なんで、神保町に通っていた人間が交通手段を間違えているんだろう?時空を歪めるのも大概にして欲しい

 あと、「最初は中央大学に行くつもりだった」と言ってるけど、中央以外にも神田には大学はたくさんある明治・日大・専修とか)。東京に出てオタクとしてのスキルを上げたいと思っている高校生はその辺の大学に行ったらいいと思う。秋葉原にも歩いていけるしね。まあ、学業のことは保証できないけどw それから、早稲田大学の近くにも古本街があるから早稲田に行ってたとしてもまだわかる。どうしてそこに行かずに青学に行くことになったのかよくわからない。

 もしかすると、唐沢俊一は大学生当時神田の古本街の存在を知らなかったのではないか?とすら考えてしまう。本当は半蔵門線神保町に通えるようになって以降に古本にハマるようになったから、思わずあのような発言をしてしまったのではないか?とも思える。ただ、唐沢俊一は『古本マニア雑学ノート』の中で大学の受験のために上京した時に受験そっちのけで神保町に古本を買いに行ったと書いていたから、一応神田の古本街の存在を知っていたようではある。でも、それにしては神田に行ける状況」を本気で作り出していたようには感じられない。いや、何らかの事情で青学にしか行けなかった、阿佐ヶ谷の下宿にしか住めなかったのならしょうがないけど、大学や下宿を神田に行くために選んだというのは明らかにおかしいということだ。…どうしてこの人の自分語りはいちいちウソくさいんだろう

 結局、唐沢俊一がこんなデタラメを言ってるのは、「大学生の時古本にハマってなかった」のか「自分のことを覚えるのが病的に苦手」なのかどっちかだと思う。だって、唐沢は神保町にある名門ビアホール「ランチョン」が小川町にあると書いてるしなあ(詳しくは2008年7月16日の記事を参照)。神保町に土地鑑のある人間なら有り得ない間違いである。ちなみに、自分は最近「ランチョン」によく行くので、唐沢俊一ともいつか会うかも。それに「DAICON7」で藤岡真さんから逃げる時に不可解なルートで新大阪まで出て、藤岡さんや岸和田出身の安岡孝一先生を困惑させていたから(2008年8月26日から数日にわたって検証が行われたほどw)、もしかすると唐沢はかなりの方向音痴なのかも。…まあ、そんなウソツキ、もしくは物覚えが悪い唐沢俊一が明日から東京新聞」の「わが街わが友」のコーナーに登場するというんだから、一体どうなることやら。

唐沢俊一は最近、盗用騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫がつく。」

といったところか。

・「唐沢俊一vs東浩紀」こぼれ話。「後篇」がむつかしいという人がいる(長々と書いた当方の責任である)ので簡単に説明すると、

唐沢俊一東浩紀に小説の中でからかわれて、「と学会」の仲間内でブツクサ文句を言ったけど、全然小説を読めてないのがバレバレでした。それにしてもいまだに唐沢の盗用にひとことも言わない「と学会」ってなんなんだろうね」

まあ、そういうことだと思っていただきたい。山本会長のブログも更新されたけど、自分の批判は届いていない様子。コメントもたくさん寄せられて、インパクトはあったと思うんだけどなあ。山本会長の卓越した検索能力にも当ブログはひっかからないようなのでもっとがんばりたい。ニコ動が大好きな会長のために唐沢のP&Gのまとめ動画をうpできたらいいのだが…。初音ミクに何か歌わせるとか。

 

 ふと、筒井康隆との関係で唐沢vs東を考えてみた。

東浩紀=筒井、東の『存在論的、郵便的』(新潮社)を三島由紀夫賞の選評で賞賛。

東、『邪眼鳥』(新潮文庫)の解説を担当。

筒井・東「群像」2007年7月号で対談。この席で筒井は『涼宮ハルヒの憂鬱』を読んだと発言。後に筒井はライトノベルビアンカ・オーバースタディ』(イラストはいとうのいぢ)を発表することとなる。なお、来月角川つばさ文庫から発売される『時をかける少女』のイラストもいとうのいぢが担当している。

唐沢俊一=筒井に無断で『バブリング創世記』を朗読する有料イベントを開催。

…ごめん、これは我ながら意地悪だ。でも、唐沢が東浩紀オタク業界への侵入を阻止できていないのは確か。…あ、でも筒井康隆は『トリビアの泉』に出ていたじゃないか!…どうもvs東では唐沢俊一をフォローしたくなってしまうな。

※追記 ハヤタ隊員さんのご指摘を受けて訂正しました。

※追記2 藤岡真さんから『近くへ行きたい』(講談社)の中に

下宿先も、大学への道のりより、神保町へ通うのが便利な線を選んだ(中央線御茶ノ水まで一本である)

という記述があるというご指摘を受けました。…しかし、そうなると、どうして青学なの?とますます不思議になってくるのだが。

※追記3 『トンデモ創世記』の中で唐沢に

すでに半蔵門線は開通してたかな?

と聞かれた志水一夫

ギリギリですね。

と答えているのはある意味では正しい。半蔵門線渋谷青山一丁目間が開通したのは、1978年8月1日なのである。青学の最寄り駅である半蔵門線表参道駅もそのときに開業している。唐沢と違って志水の記憶力は悪くないようだ。…しかし、そうなると、志水は半蔵門線神保町まで行けないことを分かっていながら唐沢と話をしていたようにも思えてくる。

バキ―NEW GRAPPLER BAKI (No.21) (少年チャンピオン・コミックス)

バキ―NEW GRAPPLER BAKI (No.21) (少年チャンピオン・コミックス)

トンデモ創世記 (扶桑社文庫)

トンデモ創世記 (扶桑社文庫)

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて

存在論的、郵便的―ジャック・デリダについて

邪眼鳥 (新潮文庫)

邪眼鳥 (新潮文庫)

ファウスト Vol.7 (2008 SUMMER) (7) (講談社MOOK) (講談社 Mook)

ファウスト Vol.7 (2008 SUMMER) (7) (講談社MOOK) (講談社 Mook)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

ハヤタ隊員ハヤタ隊員 2009/02/10 09:00 >中央以外にも神田には大学はたくさんある(明治の法学部・日大・専修とか)。

私は半蔵門線が開通した頃に明示大学に通っておりましたが、
明治大学の駿河台校舎は、法学部だけではありません。
文系の3、4年(二部は1〜4年)、大学院、短大の学生が通っておりました。
ちなみに、建て替える前の法学部は、看板学部(だと思う)でありながら、
10号館という錦華公園の隣のみずぼらしい校舎でした。

藤岡真藤岡真 2009/02/10 10:08 >本当に神保町に通ってたんだったら「中央線に乗って行った」という話が出そうなもんだと思う(別の場所で書いてるんだろうか?)。

『近くに行きたい』講談社のP.58にこんな記述があります。

>下宿先も、大学への道のりより、神保町へ通うのが便利な線を選んだ(中央線は御茶ノ水まで一本である)。本当なら神保町で下宿を探したいくらいだったが、あまりに近いと、生活費も何もかも、全部本代に使ってしまいそうな気がしたのである。

 こうなると、ますます、なんで青学なの? と思ってしまいます。北大薬学部を受験したり、後に東北薬科大学に入学したことを考えたら、理科大の薬学部でも中大の理工学部でもよいと思うので。

nyannnyann 2009/02/10 11:20 >で、青学から神保町に行くんだったら千代田線(表参道→新御茶ノ水)だろう

2ちゃんに書いちゃいましたけど、乗り換えが3つになるけど当時一番早いのは、
永田町(有楽町線)→市ヶ谷(都営新宿線)で神保町のちょうどど真ん中に着きますね。
ただ途中の歩行距離がけっこう長いので(特に永田町)、近いという感覚はありませんがw

kensyouhankensyouhan 2009/02/10 11:44 コメントありがとうございます。いろいろ追記しておきました。

>ハヤタ隊員さん
訂正しておきました。唐沢が『トンデモ創世記』の中で明治について触れているので詳しく書こうと思って失敗しましたw
しかし、明治を受けなかった理由が
>たぶん校舎がいろいろ散らばっていたからでしょうね
というのもおかしな理屈だなあ。神田にキャンパスのある学部を受ければいいだけの話であって。

>藤岡さん
情報ありがとうございます。仰るとおり何故青学に行ったのかますます不思議ですね。
>あまりに近いと、生活費も何もかも、全部本代に使ってしまいそうな気がしたのである
これなんか「本当に古本に興味があったの?」と突っ込まれたときのためのエクスキューズとも取れてしまいますね。当時神保町で下宿ができたのかは疑問ですが。
あと、唐沢は古本だけに興味があったわけじゃないんですよ。青学の入学式の日に紀伊国屋ホールのアニメフェスに行ってますから。

>nyannさん
表参道から銀座線に乗るわけですね。しかし、そんな乗り換えをしているんだったら、忘れるはずがありません。少なくとも、唐沢が青学から神保町に行ったことはないんじゃないか?と思えてきました。「学校に行かずに直接神保町に行ってた」と言えばある種の武勇伝にもなりそうだから、やっぱり青学とからめるのがおかしいんですよ。

ハヤタ隊員ハヤタ隊員 2009/02/10 15:15 私も誤字を訂正したいです…

私も、唐沢の大学選びは神保町とは全く関係がなくて、
ごく普通に、青山学院しか受からなかったか、
受かった大学の中で一番いい大学だったということではないかと思います。

そういえば、高校もキリスト教系でしたね。
唐沢ってクリスチャンなのかな?

yonoyono 2009/02/11 11:36 本編でカキコ出来なかった(パソが腐ってるので携帯で書いてます)のでこちらで唐沢VS東の感想なんかを

文を見る限りはkensyouhanさんのおっしゃられた通り唐沢さんて内輪じゃないと何も出来てない感じが出てなんともアレですな

今回の文中の志水さんの件もそうなんですが、仲間意識が強いんですよね…
仲間内だとなんでもいえるしフォローもするし、排他的なのもそうかしら?

>ハヤタ隊員さん
べつにクリスチャンでなくてもキリスト系の学校いくことありますよ
手前みそですが、僕は高校がそうだったのですが、そこが入れる高校の中で1番よかったからという短絡的な理由でした(やはり唐沢さんもそんな感じ?)
余談ですが、キリスト系の学校て礼拝と聖書の授業デフォルトなんでしょうかね?

みたかみたか 2009/02/11 12:40 >yonoさん

 今はどうか知りませんが、すくなくとも唐沢氏が大学に行っていた頃は、大学の教養課程では、「哲学」「倫理学」「神学」のいずれかの単位を取る事が義務づけられていたはずです。で、青学は「神学」が指定。ミッション系だから。
 ちゃんと卒業できているなら、「神学」の単位はとったはずですよ。
 わたしは青学に入った人のために、代わりにレポート書いて、彼に単位を取らさせたこともあるくらいで。つまり、授業を一度も受けなくても取れる程度の単位ではあります。
 なお、大学では、礼拝は義務づけられていないそうです。たぶん青学のチャペルは、大学生が全員礼拝に出ようとしたら溢れて入れないだろうと思います。

ええええええええ 2009/02/11 13:33 唐沢って、神学やってんですか?
それでエラスムス知らないなんて。
とことん学校の勉強ができない子だったんですね。

kensyouhankensyouhan 2009/02/11 14:39 コメントありがとうございます。

>ハヤタ隊員さん
自分も青学と古本は別に関係が無いと思います。問題なのは、唐沢俊一が自己を正当化したいという気持ちが強すぎることなんだと思います。たまたま古本で認められたから、「大学も古本のために選んだ」としているのがおかしいんです。…たぶん、青学を選んだ本当の理由を言いたくないんでしょうね。『ヤマト』のファンクラブのためにわざと浪人したというのと同じように。誰だって上手く行かない時期はあるんですから、ウソをつく必要なんてないと思うんですけどね。
あと、気になったのは、渋谷にも古本屋はあったと思うんですけど、唐沢青年はそこは回らなかったのかなあ?と。渋谷で気に入った古本屋を見つければ大学にも行きやすかったと思うのですが。
キリスト教に関するガセビアの多さから考えると、唐沢はクリスチャンではないと思います。

>yonoさん
相手の欠点を指摘できない友達は本当の友達なのか?と疑問に思います。

>ええええさん
神学の授業に出てなかったかもしれませんね。まったくといっていいくらい、青学での体験談がありませんから。

yonoyono 2009/02/11 16:09 >みたかさん
ご教授ありがとうございました

He郎He郎 2009/02/12 10:39 自分は何度か文筆業サバイバル塾(通称ブサイク)に出たことがある人間なのですが(私個人は興味本位のシロートです)、
その中で唐沢氏が「将来的には唐沢俊一研究で食える人間が出てくるとよい」みたいなことを言っていたことがあったんですよ。
まさかこんな形で彼の夢がかなうとは思いもしませんでした。
食えるわけがないだろうとは思いますが(笑)
夏コミ楽しみにしています。

KoichiYasuokaKoichiYasuoka 2009/02/12 11:37 ん? 呼びました? 私個人は、都営バスの茶81系統で渋谷〜豊川稲荷前〜神保町をよく移動した覚えがあるんですけど、半蔵門線開通以前はあの路線なかったのかしら?

kensyouhankensyouhan 2009/02/12 14:37 コメントありがとうございます。

>He郎さん
>その中で唐沢氏が「将来的には唐沢俊一研究で食える人間が出てくるとよい」みたいなことを言っていたことがあったんですよ
食えてませんよ!検証やってるおかげでフィギュアも買えやしねえ、という。まあ、金銭的には赤字ですが(本も作らないといけないし)、検証するのは楽しいからいいんですけど。こんな問題にお金を出してくれるところもないでしょうし。それに研究ったって、自分と「トンデモない一行知識の世界」さんと藤岡さんと2ちゃん有志のみなさんでやりつくしちゃうと思いますよ。それも今年いっぱいで終わってしまうかも。まあ、「唐沢俊一」個人ではなく「オタク史」としてなら研究分野になるかもしれませんが。

>安岡先生
ご指摘を受けて記事にしてみました。バスというのは正直盲点でした。しかし、唐沢俊一の交通関係の問題にまた安岡先生が関係してくるとは偶然って凄いというか怖いというかw

baudrateRAbaudrateRA 2009/02/14 11:42 早くに紹介していただいたのに、お礼&ご挨拶が遅くなって申し訳ありませんでした。(_ _);

>夏コミで出す本で『トンデモ一行知識の世界』『逆襲』のガセビアも紹介するつもりなので、その際はご協力をお願いしたいと思います。

2ちゃんねるのスレにも書き込んだのですが、
http://tondemonai2.web.fc2.com/
の一番下に、記事を固めて置いてあるので、いざというときはご自由にお使いください。

時間さえあれば、コメント部分を含めたサイト内検索がばっちりできる状態にもっていったり、問い合わせに応じて人間検索エンジンになったりするのも、やぶさかではない (というか、やりたい) のですが、タイミングによっては今回のように本当に時間がとれない状態になることもあるんだなあと思い知ったので……そのようなときは、手元のテキストを検索できるだけでも違うのではないかと。

kensyouhankensyouhan 2009/02/14 14:06 コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそいつもお世話になっています。
それではお言葉に甘えて本を作成する際には参照させていただくことにします。一応ツッコミは自分がやりますが、「トンデモない一行知識の世界さん」のお仕事がなければより困難な仕事を強いられたと思うので、大変ありがたく思っています。

おおくぼおおくぼ 2011/02/04 11:07 >それから、早稲田大学の近くにも古本街があるから早稲田に行ってたとしてもまだわかる。
>どうしてそこに行かずに青学に行くことになったのかよくわからない。

唐沢俊一さんは上京して池袋の映画館に通っていたんですよね。
そうすると学生時代の唐沢俊一さんは、青山学院大学と神保町古本街と池袋の映画館と「住んでいた場所」と、かなり広範囲に移動していたということになりますね。

唐沢俊一さんはウソツキというよりも妄想家という気がします(自分の嘘に本人が一番騙されているのかもしれないですけど)。
「リアルでない妄想」と「リアルな妄想」があると思うんですが、青山学院大学卒業よりも早稲田大学中退にした方が「リアルな妄想」という気がするんです。
唐沢俊一さんには「リアルな妄想」に今からでもいいからチェンジして欲しいです。
唐沢俊一さんは、次回の本のプロフィールからでもいいから早稲田大学中退という設定に修正した方がいいと思うんです。
そして自転車を使って池袋と早稲田と阿佐ヶ谷の界隈を移動していたと設定すれば、謎の大学時代の説明ができる気がします(同時に新しい謎が生まれますけど)。

おおくぼおおくぼ 2011/02/04 17:23 追記

高円寺(古本街)・阿佐ヶ谷・新宿を根城にして、たまに池袋の映画館に行っていたとした方がリアルなんですが・・・。
そうすると、唐沢俊一さんは何故札幌から東京に来たの?
親に嘘をついて仕送りをもらっていたの?ということになってしまいます。
唐沢俊一さんには、もう少しリアルな大学生活を語って欲しいです。
オタクとは異常な程に細部に拘るとというのが唐沢俊一さんのオタクの定義なのに・・・。