Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-02-22

タキ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

16:07

 今回からしばらくガセビア指摘に戻ります。長文ばっかりやってると死んでしまうのでw また新しい企画も準備しているのでお楽しみに。


唐沢俊一雑学王』(廣済堂)P.132より。

 相撲の土俵は女人禁制である。ここに上がりたいとゴネてマスコミを騒がせた女性大臣もいたが、まだ現在の状況はマシなほうで、江戸時代まで女性は相撲を見ることすら禁止されていた。

goo大相撲より。

 ところで女性が相撲観戦できるようになったのは明治に入ってからのこと。江戸時代までは、相撲場は決して安全な場所とはいえず、ひいき力士の応援をめぐり観客同士の喧嘩、口論が絶えなかった。「相撲場に行って喧嘩のひとつもできないようでは江戸っ子とはいえない!」といわれるほどだったから女性の見物などもってのほかだったというわけだ。

 それでも江戸時代後期には千秋楽だけ観戦することが許された。当時の千秋楽幕内力士は出場しない慣わしで、実にのどかな雰囲気が充満していたからだ。女性がいつでも相撲見物できるようになったのは明治5年11月場所の2日目からである。

 また、三田村鳶魚『相撲の話』(中公文庫)には、江戸では徳川家斉吹上での上覧相撲(最初に行われたのは寛政三年)以降に女性の相撲見物が許されたという記述がある(上方ではもっと早く許されていたらしい)。余談だが、格闘技が好きな人には『相撲の話』はおすすめである。相撲が現在のような形になったのはそれほど昔ではないことがわかって面白い。

 同じくP.132より。

 文化元年(1804年)にいた淀瀧という女性は、碁盤を片手で持ち上げて、それを団扇のようにあおいでロウソクの火を消す、というほどの怪力だったという。

 前出『相撲の話』によれば淀瀧が江戸で有名になったのは文化四年のことらしいが、それより問題なのは「淀瀧」に「よどりゅう」と読み仮名が振られていることである。もちろん「よどたき」である。

 まあ、読み仮名を振ったのが唐沢でなく編集者である可能性もあるが、いずれにしても「ピエールりゅう」とか「ようろうのりゅう」とか言って恥ずかしい思いをしていなければいいと思うのだが。

※追記 淀瀧より先に宝永年間(1704〜1710)に柳川ともよという女性が碁盤を団扇代わりに使い蝋燭の火を消す芸を披露していたという。「ともよ」だけにコンボを決めていたのだろうか。

相撲の話―鳶魚江戸文庫〈4〉 (中公文庫)

相撲の話―鳶魚江戸文庫〈4〉 (中公文庫)

The Words(DVD付)

The Words(DVD付)

智代アフター~It's a Wonderful Life~CS Edition - PSP

智代アフター~It's a Wonderful Life~CS Edition - PSP

藤岡真藤岡真 2009/02/22 17:26 >ここに上がりたいとゴネてマスコミを騒がせた女性大臣もいた

 唐沢特有の“知りもしないことを切って捨てる”という論調ですね。太田房江大阪知事は大臣ではないので、森山真弓内閣官房長官のことだと思います。森山は労働省婦人少年局長時代の1979年に、「わんぱく相撲東京場所」の地区予選で準優勝した小学5年生の少女が出場権を得ながら,決勝大会が開かれる東京・蔵前国技館の土俵が「女人禁制」のため出場をあきらめたと聞き,物言いをつけたました。女人禁制を盾に拒絶する国技館側に対して、森山氏は「もしも私が官房長官になって内閣総理大臣の授与にきたときも、女性だとして拒否するのか」と抗議しました(エリート意識丸出しの不愉快な抗議ですがね)。これに対して、国技館側も「女性は官房長官にはなれないでしょう」という本質から逸れた回答をしてお茶を濁したのです。1991年内閣官房長官なった森山氏は、相撲協会に対し総理大臣杯授与を打診したのですが、二子山理事長は「「土俵は神事。こんな社会が一つぐらいあってもいいのでは」とはねつけました。個人的には適切な対応だと思いますが、森山氏は別段「ゴネてマスコミを騒がせた」わけではありません。人気取りに利用しようとしたのは、2001年春場所の太田知事なんですがね。

kensyouhankensyouhan 2009/02/22 17:45 コメントありがとうございます。
『雑学王』に収録されている『トリビアな日々』が「FRIDAY」に連載されていたのは2004年からなので、おそらく太田知事のことが頭にあったんでしょうね。
そのまま「知事」と書けばよかったのになぜか「大臣」になってしまったということなんでしょうか。

金平糖金平糖 2009/02/22 21:53 こんなこと書くとKYとか言われそうだけど

>原宿を歩いていたらモデルにスカウトされるレベルの女の子っていくらぐらいでレンタルできるの?

10年ほど前になるけどカップルでしか入場できないパーティーで
相方(恋人ではない)が当日風邪をひくというありえない状況で
調達したことがあるんだけど、そのとき基本3万+車代で計4万でした。
ルックス的にはプロのコンパニオンと言うこともありかなり綺麗です

で、念のため確認の電話を入れてみたら
2時間25,000円、1時間延長ごとに1万円で交通費別途払いとのことでした

10年前には本人から
「前もって言ってくれたら有給とって付き合ってあげたのに」
と言われたわけだがあれは私の人徳なのかそれとも唯のリップサービスだったのか

まあ、つてが無いと「恋人のフリ」は難しいかも知れないが交渉しだいでは何とかなるかな?

愛読者愛読者 2009/02/23 14:28 はじめましてー、いつも面白く拝読しております。
早速でなんですが、唐沢さんが青学を卒業したかという話について知っていることを。

確かされていなかったと思います。
うろおぼえで申し訳ありませんが山田五郎さんの対談本『二十世紀少年白書』で、
御本人がそうおっしゃっていたと記憶しております。
ただ、記憶は記憶ですのでご確認のほどを(記憶違いでなければいいのですが)。

自称愛読者自称愛読者 2009/02/23 14:48 うう、すみません。『二十世紀少年白書』はすでにお持ちのようですね。
確か、どこかの対談で青学を卒業せずに薬科大に入ったという話をされていたと思うのですが。

ご迷惑をおかけしました。

kensyouhankensyouhan 2009/02/23 16:24 コメントありがとうございます。

>金平糖さん
マジレスありがとうございますw
まあ、高いのかお手ごろなのか…。ともあれ、自分はタダで連れてこれるのでラッキーです。

>愛読者さん
いえいえ、お気になさらずに、これからもお気づきのことがあればお知らせ下さい。


さて、荒らしくんが2ちゃん唐沢スレでまだ駄々をこねているので一応レスしておく。もう見るも哀れな状態なんだけどね。

>結局、自分にはダッチワイフのような人がいますよとだけ答えてるw
どこにそんなことが書いてあるんだろう。指摘してくれないかな?読解力の無さにただただ呆れるばかり。

>役に立たない知識ばかり集めて、本当にご苦労さんw
それがそうでもない。唐沢俊一の検証をすることで今まで触れることの無かった分野の知識も知ることができて、明らかに自分の世界が広がっているのを感じている。検証を始めてよかったと心から思う。荒らしくんは荒らしをやってて自分のためになっているんだろうか。

>元気が無いとか言わずに末永くスレを楽しみましょう!
「他人をネタに楽しんでいる」つもりで「他人にネタにされて楽しまれている」ことに気づいてないのが本当に哀れだ。

>kensyouhan君もそうだけど、ネタにたいして真面目に答えてどうするのかねぇ
>お笑い芸人のネタに「そんな訳ねーだろ!!」と怒ってるようなものだよ
>あれなのかねぇ、ネタなのに図星だったりすると機嫌が悪くなるというものかなw
>以上、アンチ唐沢に運命を握られたAA荒らしの独り言でした

芸人が誰かのことをダッチワイフ呼ばわりするだろうか?ダッチワイフ呼ばわりして「ネタ」で済ませられるのだろうか?「ネタ」にしたってちっとも笑えない。
あまりにも愚劣なので機嫌を悪くしようが無い。荒らしくんが動揺しているのは明らかだけどね。AAを貼るのも忘れちゃってるから。
「あれは全部ネタでしたー」とか虚勢を張ってないで素直に「反論できません」と認めたらいいのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20090222/1235286436