Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-08-12

「唐沢俊一の処分および処分撤回問題」・番外編。

09:38

唐沢俊一検証本Vol.1-盗用編-』

コミックマーケット76 3日目(8月16日/日曜日)

東2ホール M−05a「西理研」にて定価1000円で販売予定。

タコシェで8月下旬より委託予定。

※内容についてはプロフィール欄に詳しい説明があります。


 うっかりしてた。このネタもやろうと思ってたのに忘れていた。『社会派くんがゆく!』唐沢俊一村崎百郎京都教育大学レイプ事件について次のようなことを言っているのだ。

唐沢 男子学生にとってはこんな都合のいい大学ってないよね。好き放題に女子学生を襲っても示談にしてくれるんだから。

村崎 最初の学校側の会見で学長が薄ら笑いを浮かべていたのも不気味で不愉快だったけど、学長はこの6人は退学処分にしないで、再教育するって言い張っているんだよな。「追い出して知らん顔したりしないで、自分たちできちんと再教育する」というその前向きな考え方は立派だし賛同できるけど、でも具体的にはいったいどんな“教育”をするのかね? そこをちゃんとツッコミたいね。まさかとは思うけど「もうレイプはしません」って毎日反省文を書かせるとか、そんな子供騙しじゃないだろうな?

村崎 捕まってからも「合意でした」って言い訳を平気でかますような厚顔無恥な連中が、殊勝な気持で反省なんかするわけねえだろ、馬鹿野郎。「次は絶対バレねえように、犯った後で、エロエロな記念写真撮って、20年先まできっちり脅かそうぜ!」とか思ってるに決まってんだよ! 犯罪者の発想と思考をナメんなって。

唐沢 アメリカだとレイプ犯にはホルモン剤を打って性欲減退させるなんてこと、よくあるもんね。少なくとも、上っ面で「すみませんでした」とだけ言わせて卒業させても、こいつらたぶん、同じことをやるよ。

村崎 だいたい卒業したところで、就職なんかできるのか? 顔と名前でも変えない限り、こいつら新任教師として受け入れる学校なんて、どこもないと思うぞ。親だって、「合意だから輪姦しました」って平気で言うような無反省なクソガキに大切な自分の子供を任せる気になれると思うのか? こういう奴らは合意なら小学生とでも幼稚園児どてもヤッっちゃうぞ(原文ママ)。実際そういう発想で生きてる連中でしょ?

唐沢 というか、京都教育大の他の学生が大迷惑だよね。こいつらの名前が公表されない限り、採用試験で教育大の学生がやってきたら「こいつはもしかして、あの6人のうちの一人なんじゃないか」って疑われる可能性はあるだろうし、オレが採用側の人間だったら、大学の名前を聞いた時点で、絶対に落とすと思うもの。だから学長が辞意表明するよりは、こいつらを即刻退学にさせるほうがよっぽど有効な方法。

 …「唐沢俊一の処分および処分撤回問題」を知ってから読むと大爆笑ですね。

「ライターにとってはこんな都合のいい団体ってないよね。好き放題にブログからパクっても何も無かったことにしてくれるんだから」

「少なくとも、上っ面で「すみませんでした」とだけ言わせて自粛を撤回させても、こいつたぶん、同じことをやるよ」

「というか、と学会の他のメンバーが大迷惑だよね。唐沢俊一をスルーしている限り、「こいつはもしかして、唐沢俊一みたいに盗用しているんじゃないか」って疑われる可能性はあるだろうし、オレが読者だったら、「と学会」と聞いた時点で、絶対に「唐沢俊一のパクリ」を連想するもの。だから唐沢が自粛撤回を表明するよりは、唐沢を即刻退会にさせるほうがよっぽど有効な方法」

こんな具合に脳内で自動的に変換されてしまう。「どのツラ下げて」とか「お前が言うな」としか思えない。「と学会」は京都教育大学だったのかー。

 それに、村崎百郎も遠慮なく「と学会」を批判してほしいところだ。

「まさかとは思うけど「もうパクリはしません」って毎日反省文を書かせるとか、そんな子供騙しじゃないだろうな?」

「バレてからも「無断引用でした」って言い訳を平気でかますような厚顔無恥なやつが、殊勝な気持で反省なんかするわけねえだろ、馬鹿野郎。「次は絶対バレねえように、パクった後で、すみずみまで改変して、20年先まできっちり本を出そうぜ!」とか思ってるに決まってんだよ! 犯罪者の発想と思考をナメんなって」

という具合に。ガンガンいこうぜ


 ついでに。同じ『社会派くんがゆく!』で唐沢俊一は眞木準についてこのようなことを言っている。

昔、伊勢丹のコピーで「恋が着せ、愛が脱がせる」ってのを見たときはゾクッと来たもんだけどね、のちに駄洒落の人になっちゃってもったいなかったよね。

 「恋が着せ、愛が脱がせる」1989年に発表されているが、眞木準の代表作として名高い「でっかいどぉ。北海道。」が発表されたのは1977年なので、眞木準は「のちに駄洒落の人になっちゃっ」たわけではない。毎度のことながら時空が乱れている。だいたい、「裏モノ日記」のタイトルで毎回ダジャレを書いている唐沢俊一がダジャレをバカにしたようなことを言うのはいかがなものか。


 あ、「ある二宮ひかるファンの日記」さんからトラバが来た。『観覧車』はとてもよかったなあ。

※一部追記しました。

Silky (シルキー) 2009年 08月号 [雑誌]

Silky (シルキー) 2009年 08月号 [雑誌]

藤岡真藤岡真 2009/08/12 10:50  多分、ですけど。
 唐沢は真木さんのことなんて、全く知らなかったと思います。「きみのひとみは1000ボルト」「河崎徹」なんて書く(裏モノ日記の訃報ネタ)輩が、真木さんの名前を知っていたとは到底思えない。Wikipediaを見て「でっかいどお、北海道」ならポピュラーだからネタになる。ああ、こんなコピーを書いていたのか、なのに駄洒落なんか書いて、と間違った判断をして、お得意の「昔は良かったが、晩年は駄目になった」パターンで上から目線仕上げ。
 わたしが業界に入って、最初に直接指導して下さった“先生”。その方に対し、なんという無礼な発言かと思いました。

GERMSGERMS 2009/08/12 12:13 これすんごい笑えますね。
唐沢は言ってる時に「あれっ?これは俺にもあてはまるんでは…」みたいに考えたりしないんですかね(笑)
社会派くんはこれ見る限り中途半端な偽悪にすらなってないですね、もはや。

次郎次郎 2009/08/12 12:31 ダメンズウォーカーの作者が
『ダメンズを読んで「俺もダメンズかもしれない」と思う人は大抵全然ダメンズじゃない。ダメンズはあれを読んで「ぎゃははは!こんな奴いねーよ!」と言う』
というような内容を書いていたのを思い出しました。

深遠を覗くものは..........怪物と戦うものは..........でありますので、検証氏もお気をつけあれ。

yonoyono 2009/08/12 12:49 「人の事を語る物は自分に跳ね返る」
という唐沢俊一の法則があるんでしょうなあ…(~_~;)

百間百間 2009/08/12 15:03 >毎度のことながら時空が乱れている。

クロノロジーの踏み付けっぷりは相変わらずだね

吉野家吉野家 2009/08/14 17:49 更新お疲れさまです。
こんな命中精度の高いブーメランの腕前を見たのは初めてかもしれません。
ただただ大笑い。

kensyouhankensyouhan 2009/08/15 10:45 コメントありがとうございます。

>藤岡さん
「恋が着せ、愛が脱がせる」と「でっかいどぉ。北海道。」を同じ人が考えているというのが面白いんだと思いますけどね。唐沢俊一の問題点のひとつに「発想が凡庸。またはそれ以下」というのもあると思います。「え? そんなベタな考え方をするの?」とたまにビックリします。
しかし、ダジャレってわりと高度な遊びだと思うんですけどね。唐沢は飯塚昭三さんと親しいらしいですけど、飯塚さんもダジャレが大好きなので「ダジャレの人」と内心思っているのかと。

>GERMSさん
唐沢の場合そんなことを気にしていたら何もできなくなるでしょうね。

>次郎さん
「だめんず」を「トンデモ」に置き換えられますね。

>yonoさん
ほぼ百発百中です。

>百間さん
記憶力がないんでしょうか。

>吉野家さん
最新の『社会派くん』も凄いのでコミケ明けに取り上げます。