Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-09-19

唐沢なをき検証blog5。

18:30

 『唐沢俊一検証本VOL.1』、通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。


 実は『COMICリュウ』11月号も今日発売だったのだが、とり・みき 唐沢なをき『とりから往復書簡』愛の32通目で、唐沢なをきが『マンガノゲンバ』取材拒否事件に少し触れている。『とりから往復書簡』2巻の

実はけっこう好きなんですよ

ヤラセの入った取材とかそーいうの

こっちが見下されてなければね

という発言に触れた後、

いやー先日 某局の某番組でメッチャクチャ見下された取材されて

もうヘコんだヘコんだ

 と書いている(ディレクターはやっぱり「いや そーじゃなくてー」と言ってる)。そして、「オレ的にけっこう深いところで自分を形づくっているすごーく微妙でちょっと気恥ずかしい部分」を踏みにじられたと怒っている。冗談めかして書いているが、とてもつらかったんだなあ、と思ってしまう。唐沢なをきにとっては「マンガ」や「特撮」はものすごく大事なことなのだが、「マンガ」や「特撮」がアイデンティティであるという主張が世間で通用するかどうかは疑問があるし、唐沢なをきは自らのアイデンティティを堂々と主張するような性格ではないのだろう。オタクとしては思わず共感してしまう。

とにかく前言撤回!

これからヤラセは大小にかかわらずことわるからね!

駄目だ駄目だっ ヤラセはやっぱり

 とのこと。もちろん、この後でちゃんとギャグで落としているけどね(単行本を買っているとさらに面白いよ)。


 唐沢なをきがNHKから謝罪を受けたので、今回の騒動はひとまず終了した、ということでいいのだろうか。唐沢なをきにはこれからも楽しいマンガを描いて欲しいものだ。

 そういえば、唐沢俊一「裏モノ日記」で今回の騒動について触れているので紹介しておく。

なをきの『マンガノゲンバ』事件につき、

電話いくつか。なをき自身にも連絡とる。

私の場合、NHKはいつでもしつこいくらい何度も打ち合わせして

それから現場に臨んでいたが、『マンガノ……』はそういう

ことをしないのか。ひょっとして、不況による製作の手間短縮の

しわ寄せがこういうところで出たのかな、と思う。

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2009年 11月号 [雑誌]

月刊 COMIC (コミック) リュウ 2009年 11月号 [雑誌]

yonocoyonoco 2009/09/19 19:02 なんかなをきさんにかこつけて、「俺はNHKにこんな扱いされてるんだ」という自慢に見えるのはフィルターつけすぎですかね>唐沢さん発言


秘宝早速読んでみたい…地方民はこういう時辛いです

redstuffredstuff 2009/09/19 20:49 こんにちは

自分も今日、映画秘宝を読んで、件の記事を読んでびっくりしました。
「これはコメントに書き込むしかない!」と思っていたら、さっそく記事になさっていて二度びっくりw
秘宝進出、おめでとうございます。
これはVol.2も、頑張らないといけませんねw

kokada_jnetkokada_jnet 2009/09/19 20:56 私も「秘宝」確認しました。「秘宝」の書評欄は、メインが柳下さんサブが田野辺さんで。いつもエッジの効いた本を紹介していて最高ですよね。

デュードデュード 2009/09/19 21:49 今日買いに行って見つけました。
この度は,おめでとうございます。

この際どんどん唐沢俊一をブッた斬ってください。

藤岡真藤岡真 2009/09/20 09:32 >不況による製作の手間短縮のしわ寄せがこういうところで出た

 まあ、せこい仕事しかしていない唐沢がビジネスを語るのがそもそも無理なんでしょうが、不況になって顕著なのは、一度の打ち合わせで決まらなくなった案件が多いということです。ほとんど“おまかせ”だったような低予算の業務ですら、何度も何度も打ち合わせするという状況です。事前の打ち合わせをいい加減に済ますことで、どんなコストカットが出来ると思っているんでしょうか。ああ、打ち合わせと称した宴会の数が減れば倹約にはなりますねw

kensyouhankensyouhan 2009/09/24 04:31 コメントありがとうございます。

>yonocoさん
自分も地方暮らしが長かったので気持ちはよくわかります。テレビが見られないのはまだ我慢ができるんですけど(その代わり自己流でいろんな過去の作品を観たし)、本の入荷が遅いのは耐えられなかったなあ。

>redstuff さん
自分も本屋で見つけて慌てて記事にしました。

>kokada_jnet さん
柳下さんは「朝日新聞」で映画評を担当されているようですが、書評を担当させてもいいかもしれません。

>デュードさん
まあ、今後は淡々とやっていきたいですね。唐沢俊一も事件を起こさずに地道にやってほしいです。お互い大人なんだから落ち着いていきたいところ。

>藤岡さん
なるほど。金と手間を省こうとしたら逆に念入りに打ち合わせをする必要があるということですね。それじゃあ、唐沢の話は全くの逆ですね。