Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2009-10-10

Don't Let It Bring 油断。

12:56

『唐沢俊一検証本VOL.1』、通販受付中です。タコシェの店頭でも販売中です。

・『映画秘宝』11月号で『唐沢俊一検証本VOL.1』が紹介されました!


松沢呉一さんからの情報。

唐沢俊一検証本 Vol.1』も動き続けていて、残部は百冊を切ってます。冬コミの際にはVol.2の販売開始とともに、増刷ってことになるのでしょう。そうなれば3刷ですよ。すごいなあ。

 ということは1ヶ月で200冊売れたことになる。お買い上げいただいたみなさん、本当にありがとうございます。コミケで売った分と初版の通販で売った分を合わせると、もうすぐ『博覧強記の仕事術』の実売(500部という噂)を超えるかな。新刊の印刷代もこれでなんとかなるかなあ(どうも当初考えていたよりも多めに刷らないといけないような)。冬コミ(現在当落待ち)には新刊2冊(「検証本」VOL.2、『トンデモ「昭和ニッポン怪人伝」』)と合わせて、新しく刷ったVOL.1も若干数持っていくつもり。もし冬コミに落ちた場合でも新刊を作って年末にはタコシェに置いてもらうことにします。もちろん唐沢俊一にも冬コミで直接手渡しで献本しますよ。なお、タコシェショップから通販で『検証本』を購入される場合には、『エロスの原風景』、『コミックマヴォ』VOL.2も一緒に購入されると送料がお得です。

 

 では本題。『社会派くんがゆく!』最新号で、唐沢俊一唐沢なをきマンガノゲンバ』取材拒否事件についてこんなことを言っている。


唐沢 あれだけ大きい組織になると、ピンキリでいろいろあらあな。某評論家が知ったかぶりの分析をしていたけど、オレに言わせりゃ葦の髄から覗いているだけのいいかげんな感想に過ぎなかった。

 この「某評論家」が誰のことなのか気になるよね。実は唐沢俊一mixiの日記の中でこのことに触れていて、mixi内に、なをきとNHKの例の件について、ある人物が講演でそれについて話していたレポートがあった」としたうえで、その人物をかなり厳しく批判している。さて、この評論家が誰なのかというと…、どうも岡田斗司夫のことらしい。現に岡田斗司夫ロフトプラスワンでの「ひとり夜話」で『マンガノゲンバ』取材拒否事件について語っているのだ(冒険野郎マクガイヤー@はてなを参照)。他にも「彼のシステム論は耳にタコができるほど聞いた」とあるから(そしてその「システム論」をメチャクチャにやっつけている)、やっぱり岡田斗司夫のことなんだろうなあ。まあ、他に『マンガノゲンバ』取材拒否事件について「知ったかぶりの分析」を講演でしていた評論家がいるかもしれないので(ご存知の方はお知らせ下さい)、一応断定は避けておこう。


唐沢 (前略)……ただ言うとね、 NHKに限らず、テレビ各局、不景気のせいで最近、制作体制がタイトになってきてね。普通、ドキュメンタリー番組を作る場合は、とにかくカメラを回して、 その撮りためた素材のフィルムなりテープなりの中からテーマを抽出して構成を考えるものなんだけど、それでは時間がかかりすぎるからって、最初から構成を決め打ちして作るやり方を上から要求されるようになってきたんだ。それが一番、手間と金の節約になるから。なんとなく、テレビ業界不況も今回のトラブルの原因のひとつのような気がする。NHK国営放送ならではの、時間をかけた作りこみができなくなってきたんだ。これは不況によるシステムの変更の犠牲と言えると思う。

 この「不況が原因」とする分析については、藤岡真さんが当ブログ9月18日のコメント欄で疑問を述べられているので参照していただきたい。「構成を決め打ちして作るやり方」をしたらかえってコストがかかるのではないだろうか。


唐沢 もうひとつ、この件が大ごとになったのは、今、地デジ化推進の流れでNHKも大規模な編成変えが進んできていて、アニメ・マンガ関係のオタク番組を減らしていこうという動きがあるらしい。今回の件についても、NHK内部の上の人間が「ほら見ろ、オタク番組はこういうトラブルがあるから排除すべきだ」と、現場からの要求を抑圧する大義名分を与えるためなんじゃないかって。

 今回の一件が大ごとになったのは唐沢なをき夫人のよしこさんがブログで暴露したからなんだけど、それも「NHK内部の上の人間」のしわざなのだろうか? まあ、唐沢俊一の「ともだち」にNHKオタク番組を担当している弓削哲矢ディレクターがいるんだけど。


唐沢 ホント、その通りなんだよ。我々の世代も「いい年してくだらないものを」って周囲から散々白い目で見られながら、意地になってこっそりと『ヤマト』とか見てきたからこそ、本当に濃密な思春期を過ごしてきたわけで。

 「自分はヤマトのファンじゃない」って過去に言っていることはどう考えれば。


唐沢 親は選べないんだし、それじゃどんな才能のある人間でも、親がヤクザだというだけで認めてもらえないのかってことになっちゃうもんね。これはネット時代以降に顕著なのかもしれないけど、「こんな汚れた家の人間がまともであるわけがない」とか言い出す奴があまりにも多すぎる。人間捨ててるよね、この言い方は。ものすごい差別思想じゃない。

 ネットではそのような意見が目につくだけであって、「ネット時代」になって「差別思想」が広まったということでもないと思うのだけど。


唐沢 しかしのりピーにしろエリカ様にしろ、ここまで世間から叩かれるってのは凄いね。叩いている奴ら、お前ら彼女たちに何か迷惑かけられたのか、って感じで(笑)。これって、国全体が犯罪や不道徳に対し怒っていて、清廉な精神で結構なことと思えるかも知れないけど、実は全く逆なんだよね。実は怒っている奴らは、単に芸能人たちが、自分たちより恵まれた経済状況にあって、しかも道徳律から自由だということに嫉妬しているに過ぎない。本来なら、もともとドラッグなどと親和性の強い芸能人より、さっきの弁護士会の副会長の事件の方がはるかに問題になってしかるべきなんだ。そこまでシャブが拡散・浸透しているってことなんだから。ところが、そういうところに世間の興味は全くいかない。シャブに限らず、世間に顔を売っているタレントが罪を犯してそれを叩くのが、最も快楽装置として適しているからだよな。叩かれることを仕事と考えりゃ、こりゃ願ってもない宣伝効果だよね。首になったエリカ様にも、いま大手プロダクションからのスカウトが引く手あまただというし、のりピーにも、億単位のギャラでヘアヌードの話が来ているらしい。ある意味、ウハウハじゃね? 結局、怒りをぶつけていくら罵ったって、芸能界じゃそれは人気のバロメーターにしかならんってことよ。


 唐沢俊一は盗用して被害者に迷惑をかけているから酒井法子沢尻エリカ以下なんだろうけど。しかし、毎回毎回「ネットで有名人を叩く連中は嫉妬している」ってよく飽きもせずに言うなあ。唐沢も出版社から「引く手あまた」ならいいんだけどね。


唐沢 たぶん、あれだけ大ヒットを飛ばした成功者であっても、決して幸せではなかったと思うんだ、臼井さんは。だから単なる事故死と括るには、ちょっといろいろ考えちゃうんだよね。でも腹が立つのがさ、事件性はないってニュースであれだけさんざん言ってるのに「下品なマンガ描いているヤツが死んだ。ざまァ。メシがうまい」とか、ニュースのコメント欄に書いてる奴がかなりいたんだよ。普段ならただのバカだってスルーしたいところだけど、このときばかりは本当に嫌な気分になった。


村崎 そりゃ、人々がストレス解消で2ちゃんに鬼畜コメント書き込む心境と同じで、人間が何かの事象に反応する思考過程において、刹那的に思い浮かぶ断片的な感想の一部を脊髄反射で書いてるだけでしょ。ストレスをかかえて生きる現代人なら、むしろ健全な「精神の排泄浄化行為」なんじゃないの?


唐沢 そうなんだけど、“人が心に思うことは止められない”ってのは本音としてよくわかるよ。でもその思ったことを、こうもあけすけに表明できる神経って何なんだ。匿名なら何だって言えるし、言論の自由が保証されているんだから、何言ってもいいとでも思ってるのか(まあ、オレたちはそういう人間の本音のパターンを実名でなぞることで原稿料もらっているわけなんだが……)。

 この流れは面白い。だって、「鬼畜」であるはずの唐沢俊一がネット上の意見に対して「何言ってもいいとでも思ってるのか」と嘆いているんだもの。初期の『社会派くん』なら「ネット住人はいい子だねえ」とかからかって、より過激なことを言っていたと思うんだけど。そりゃ、村崎百郎にたしなめられるのも当然だし、正直なところ「お前が言うな」としか思えない。

 ただ、ネットの意見を嘆いている割りには臼井儀人のことを「決して幸せではなかったと思うんだ」と決め付けている唐沢俊一は、もしかすると臼井儀人の死を「メシウマ」と言っている奴よりタチが悪いのかもしれない。そういえば、あれだけプッシュしていた『オトナ帝国の逆襲』にも触れていない。


唐沢 だから、さっきの書き込みした人間も、一瞬、そういう人間として言ってはいけない垣根を超えて「メシウマ」とか書き込んでしまう油断、ってことかな。山とネットは気をつけないとな。……しかし、山登りする人たち見てると、少し安易な人が多いんじゃないかと心配にはなる。そういう神話的な残酷さも含めて、これはたまたま被害に遭ったのが人気漫画家だったというだけで、山登りが好きな人なら誰でもこういう目に遭う危険性は高いんだよ。

 唐沢俊一はネットに気をつけるべき。当方も検証しながら「少し安易な人」だと思っていつも心配してます。…いや、少しどころじゃないな。


唐沢 その神様の立場にはなりたくないよねえ。でも、犯された彼女も、基本的にはいまはポランスキーを許しているんだよ。トラウマにはなったけど、彼の映画はいまでも見たりするって。

 被害者のサマンサ・ゲイマーは「事件のことを忘れたい」と言っているのであって、ロマン・ポランスキーのことを許しているわけじゃない(詳しくはAFPBBニュースを参照)。


唐沢 ネットでつるんだって、自殺サイトを流行らせたり有名タレントのブログ炎上させたり、ロクなことにならないんだからね。中には良好な結びつきが生まれる場合もあるけど、ネット上のつながりの大方はロクな関係じゃないから。ネットだってケータイだって、仮に中性子爆弾が一個でも落ちたらまったく使えなくなるくらい、脆いものなんだし。

 ニフティの会議室で議長をやっていて訴えられた唐沢俊一はともかくとして、自分はブログを始めて「良好な結びつき」を得られたと思っている。しかし、ネットでつるんで失敗した人より現実でつるんで失敗した人の方が全然多いと思うんだけどなあ。唐沢俊一も自分と直接話したいならいつでも連絡をとってください。

 あと、なぜ「中性子爆弾」? そりゃあ、死んじゃえばネットもケータイも使えませんが。電獣ヴァヴェリが現れても使えなくなるんだろうけど。


村崎 いくらワープロソフトやイラストソフトが普及したところで、基本的に紙と鉛筆だけで何も描けないような奴は何も生み出せないってのと一緒で、ネットの空気ばっかり読んで他人の尻馬に乗らなきゃ何も発言できないようでは、見込み無しってこと。いま必要なのは、安易につながりを求めることより、必要とあらばいつでもつながりを断ち切ることのできる、自立した強い意志を育てようとする勇気だよ。


唐沢 だから現代人は、少しずつ自分の身の回りの情報網やネットワークを絶っていって、孤独になって自分を見直すための準備をすべきなんじゃないかな。そういう意味では語弊があるかもしれないけど、臼井さんの死に方ってのは、ある意味、カッコいい死に方だったと思うぜ。改めて冥福をお祈りしよう。

 不慮の事故死を「カッコいい死に方」と言うのは語弊がありすぎる。「何言ってもいいとでも思ってるのか」と言いたくなる。だいたい、知り合いに「演劇をやめて本業に打ち込め」と忠告されたのにそれを聞かなかった唐沢に孤独になることができるとは思えないし、唐沢の盗用をマトモに突っ込めないままズルズルと対談の連載を続けている村崎百郎は「つながりを断ち切る」ことができてないではないか。最後の最後でアイスラッガー並みの強力なブーメランを投げなくても。


 …自分としては指摘できるだけやってみたので、みなさんも『社会派くん』本文を読んで気づいた点があれば突っ込んでみてください。

D

アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ <SHM-CD>

アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ

さあ、気ちがいになりなさい (異色作家短編集)

さあ、気ちがいになりなさい (異色作家短編集)

キーホルダー アイスラッガー

キーホルダー アイスラッガー

幻灯機幻灯機 2009/10/10 18:14 『検証本VOL.1』タコシェの通販で購入して読みました。見やすいレイアウト、明確な論旨、軽快な文体、個人的に今年の収穫の一冊に数えております。他のテーマのご著書の予定もおありでしたら、是非続けて読んでいきたいです。
ひとつ気になる点として、確か以前のブログのエントリで、「唐沢の入院に到った健康状態の悪化の原因にある種の心当たりがあり、それについては検証本VOL.1に書く予定」とkensyouhanさんは予告しておられたと思うのですが、検証本の中には該当する記事はなかったように思います。私の読み落としか勘違いでしょうか。ご教示くだされば幸いに存じます。

yonocoyonoco 2009/10/10 18:35 とりあえず「オデをいじめる(多分kensyouhanさんや藤岡さん当たり)ネットは嫌い。褒めるネットは好き」という程度の事を手を変え品を変え言っているんでしょうね

鬼畜じゃなくて子供なんでしょう(だから対談中の村崎さんのツッコミが理解出来てない様子)


>幻灯機さん
とりあえず検証本VOL1の16、17ページを読み落としているのではないでしょうか?
入院についてのkensyouhanさんの論証が書かれています

日常非日常日常非日常 2009/10/10 19:16 >みなさんも『社会派くん』本文を読んで気づいた点があれば突っ込んでみてください。

やってみました。

>唐沢 アメリカってスゴイよなって思うのは、『X−メン』にマグニートーって悪役が出てくるんだけど、この人物はユダヤ人でホロコーストの生き残りで、そのトラウマ体験から人類に対する冷酷な考えを持つようになるって設定。これって日本に置き換えると、広島の原爆体験で生き残った人が悪の組織をつくって日本政府を脅す、みたいもんでしょ(笑)。これがエンタテインメント作品だってえのが信じらんなかった。

ある人間によって抑圧された経験を持つ者が(無関係者も含む)人間に対し攻撃しようとする、という物語はウルトラセブン「超兵器R1号」や怪奇大作戦「死神の子守唄」等(それこそ唐沢が得意とするはずの日本の特撮作品で)があるので唐沢が「アメリカってスゴイ」という程にはアメリカのエンタメ作品独特のことではないと思います。

また、ホロコーストでX−MENを語るのであれば、X−MEN創設者のプロフェッサーXはマグニートーと同じようにホロコースト体験者でありながら人を守る側に立っている、つまり―ホロコーストを経験した者は皆が皆悪しき道を歩むわけではない―としていることも着目すべきでしょう。会話の流れでそこまで踏み込むことは出来なかった(あるいは、しなかった)のかもしれませんが。

幻灯機幻灯機 2009/10/10 20:16 >yonocoさん
ありがとうございます。
私が言及しているのは今年6月19日のエントリです。
kensyouhanさんが、
>>「自分のせいで唐沢俊一の健康が悪化したのでは?」と感じているのは確かで、その根拠もちゃんとあるのだが、残念ながら事情があ
>>って今は説明できない。詳しいことは『唐沢俊一検証本』Vol.1の中で説明したいと思っている
と書いておられますが、これに該当するような部分はなかったように思いました(もちろん、唐沢氏入院前後の経緯やその反響についての検証自体は全く遺漏ない素晴らしいものでした)。kenshouhanさんのおっしゃる「自分のせい」や「根拠」とは何か、少し気になりましたので。
帰宅したらご教示の箇所をもう一回読み返してみます。

gurenekogureneko 2009/10/10 20:42 >みなさんも『社会派くん』本文を読んで気づいた点があれば突っ込んでみてください。

私もやってみました。
1、「もともとドラッグなどと親和性の強い芸能人」の部分、かなり差別的。
2、「事件性はないってニュースであれだけさんざん言ってるのに「下品なマンガ描いているヤツが死んだ。ざまァ。メシがうまい」とか、ニュースのコメント欄に書いてる奴がかなりいたんだよ。」の部分、「のに」以前と以後とを「のに」で繋ぐ理由が不明。自分の過失による事故で死んだ者を嘲笑うより、事件に巻き込まれて死んだ者を嘲笑う方が、より不道徳である筈。

古賀古賀 2009/10/10 21:21 >あと、なぜ「中性子爆弾」?

たぶんEMP爆弾と混同しているのではないかと。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q103648240

ここの「ベストアンサー以外の回答」をごらんください。

古賀古賀 2009/10/10 21:40 補足

>ここの「ベストアンサー以外の回答」をごらんください。

その回答が正しいという意味ではなく、唐沢さんもこの回答者と同じ勘違いをしているのではないか、という意味です。

EMP爆弾についてはこのあたり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%B9
>非破壊・非殺傷兵器として敵の電子装備を麻痺させるEMP爆弾

radioyaradioya 2009/10/10 22:53 今更ですが、「国営放送」とはいかがなものかと。自分も出演してるんだから「公共放送」だということくらいわかるだろうに。

みたかみたか 2009/10/11 09:24 >仮に中性子爆弾が一個でも落ちたらまったく使えなくなるくらい、脆いものなんだし。

 どうも、インターネットの概念を全く理解していないような……。
 爆弾の影響範囲外ではつかえるからこそのインターネットでしょうに。(従来の通信システムだったら、中心となる装置の破壊で全通信が停止していた。)

SawaharaSawahara 2009/10/11 17:19 はーあ、なんだ、唐沢俊一は弟嫁の行動も把握してないのか。

>実は怒っている奴らは、単に芸能人たちが、自分たちより恵まれた経済状況にあって、しかも道徳律から自由だということに嫉妬しているに過ぎない。
あたしも聞き飽きました、これ。
どうしても「俺様は嫉妬されている」と思いたいわけか。
あと「道徳律から自由」たあ何だ。ルール違反やマナー違反を屁とも思わないって意味か。シャブの吸引は触法行為だって、なんだって五十も回ったオッサンに言って聞かせにゃならんのか。

>エリカ様にも、いま大手プロダクションからのスカウトが引く手あまただというし、
ほんとか? これ。
スターダストが沢尻を解雇したのは、行動が酒井とカブり過ぎてるために、サンミュージックの前轍を踏むのを嫌がったとか、旦那の高城が勝手をしすぎて堪忍しかねたとかって噂されてるけど、それでも引く手あまたなのかなあ。

因みに私が唐沢俊一の名前を初めて見たのは、徳間書店の故・少年キャプテンの新人トライアル企画「キャプテンJr.」の、確か四号だと記憶しています。
この企画は唐沢なをきのほかに、星里もちるなども輩出しているわけですが、なんか出し抜けに出てきてなにかわからないことを書いてたと思います。
そのため、私にとって唐沢俊一は、今でも「なをきのお蔭で世間に出て来れた奴」です。

>唐沢の盗用をマトモに突っ込めないままズルズルと対談の連載を続けている村崎百郎は「つながりを断ち切る」ことができてないではないか。
村崎も金に困ってんのかなぁ。

habahaba 2009/10/11 17:21 唐沢って、よくNHKのことを「国営放送」って書くけど、NHKは国営ではありません。
気がきいた表現のつもりで(?)「某国営放送」なんていう表現を使ったりしているみたいですが。

kokada_jnetkokada_jnet 2009/10/11 18:01 >radioyaさん
>habaさん

「NHKは国営放送」という唐沢発言について。
今回の対談の別の場所では、村崎が「NHKの職員は公務員のくせに」と発言しているのに対し、
「NHK職員は公務員じゃないって(笑)。ただ、給料減らしたら、有能なスタッフがドドッと民放局に流れていってしまう可能性があるからね。少しでも公共放送としてのステイタスをキープしたいのであったら・・」と唐沢が批判しています。ですので、一応、NHKの位置づけを理解はしているんでしょうけれど・・。

kensyouhankensyouhan 2009/10/11 19:00 コメントありがとうございます。

>幻灯機さん
お買い上げいただきありがとうございます。
えーとですね、ちょっと事情がありまして、その話を書くと人に迷惑をかけるおそれがあるので、『検証本』の中で説明するのはやめておくことにしました。いずれ機会を見て説明したいとは思っています。

>yonocoさん
ネットで唐沢を褒めているのもそんなに見ませんけど。

>日常非日常さん
まあ、事実を元にしているのが凄いってことなんでしょうか。でも、仰る通り日本の特撮でもマンガでもネタとしてはよくある話ですけどね。

>gurenekoさん
昔の芸人がヒロポンをやっていたという話をよくやってますからイメージが出来上がっているのかもしれません。

>古賀さん
EMP爆弾ならわかりますね。

>radioyaさん
>habaさん
雑学の王様か神様と思われている人なら「NHKは公共放送である」と指摘しなければいけませんね。とっくに陳腐化した言い回しですし。

>みたかさん
身近にある電化製品がどういう仕組みで動いているのか唐沢に質問してみたくなりました。

>Sawaharaさん
面白そうなので調べてみます>少年キャプテン

幻灯機幻灯機 2009/10/11 20:46 >kensyouhanさん
御返答感謝いたします。そういう事情でしたら納得いたしました。実際、人の健康状態は個人情報の最たるものですから、その扱いは慎重にならざるを得ないですよね(にもかかわらず、唐沢氏の入院前後の言動は整合性がなさすぎで、何をしたいのかさっぱり判らないですが)。
検証本VOL.2以降もご活躍期待しております。と、先の書き込みでkensyouhanさんの名前の綴りを誤っていました。すいません。

通りすがり3号通りすがり3号 2009/10/11 23:28 >kokada_jnetさん
これは推測ですが、唐沢俊一はモンティ・パイソンのファンだそうなのでBBCと掛けてるのかも知れません。
もしかするとNHKが国営放送だと思ってる可能性も0ではありませんが。

SawaharaSawahara 2009/10/12 18:46 >面白そうなので調べてみます>少年キャプテン
注意事項をひとつ。キャプテンJrは本誌のコーナーではなく、独立した単行本(確か通常の漫画単行本と同じ版)として出ております。

kensyouhankensyouhan 2009/10/22 00:02 コメントありがとうございます。

>幻灯機さん
唐沢俊一も少しは健康に気をつけて欲しいのですが。
名前についてはどうぞ気にしないで下さい。適当につけた名前なので。

>Sawaharaさん
『カルト王』に「マンガ家はホントに儲かる商売なのか?」という文章があって、初出が『キャプテンJr』VOL.5なのですが、これのことでしょうか。