Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2010-01-15

『怖い噂』VOL.4で『唐沢俊一検証本』が紹介されましたー!

23:12

タコシェにて『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』、通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

山本弘会長の冬コミレポート、なのだが。

今さらながら冬コミの話。

 普通に語っても面白くないので、『みづき・ふりーだむ!』の番外編として書くことにしました。一部、脚色や創作が混じっていることをご了承ください。

 ということなので、俺が献本&謝罪に行った話は出てきません去年の夏コミのレポートは普通なのになあ。どういう心境の変化があったのやら。まあ、本を受け取っていただけるだけでも有難いので、できれば次の夏コミでもお伺いしたいと思ってます。


ミリオン出版から出ている『怖い噂』VOL.4というムックで『唐沢俊一検証本VOL.1−盗用編−』が紹介されました。mixiの「唐沢俊一検証コミュニティ」に情報を提供していただいたちやさんに感謝。コンビニに買いに行ったら1軒目であっさり見つかったので、探しやすいと思います。少なくとも『パチスロ必勝ガイドNEO』や『熱写ボーイ』よりはずっと見つけやすいはず。

 『検証本』が紹介されているのは「2009年「このヤバネタが怖い!」」という記事(選・文「この怖」選考委員会)の中の「怖い本エトセトラ」というコーナー。次のように紹介されています(P.77)。

 検証といえば、その膨大な知識量と徹底的な調査の度合いにおいてネット上で話題になったブログの書籍化唐沢俊一検証本VOL.1盗用編』(kensyouhan編著、中野タコシェにて販売中)の凄みは、なまくらタレント・ライターを恐怖のどん底に突き落とす。

 …なるほど、「なまくらタレント・ライター」にとって『検証本』は「怖い本」なわけだ。ホラーが好きな俺としては思いがけず「怖い本」が書けたことに喜ぶべきなのだろう。嬉しさのあまりルマルシャンの箱を開けて鏡に向かって「キャンディマン」と5回呟いてしまったり。両方一遍にやったらどうなるんだろう。

 笑ってしまうのは、「怖い本エトセトラ」の中で紹介されている5冊の本の中で、『検証本』がダントツに浮いていること。ちなみに他の4冊は以下の通り。

綾辻行人牧野修ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ』(メディアファクトリー

・谷口基『怪談異譚 怨念の近代』(水声社

福澤徹三『怖い話』(幻冬舎

・『TRASH-UP!!』(株式会社TRASH UP)

 他の本が一般的に「怖い」のに対して、『検証本』だけは約一名に対してピンポイントで「怖い」からなあ。いずれにしても紹介していただいて本当にありがとうございます! 本にまとめてよかった、と心から思う。

 で、この『怖い噂』という雑誌、読みでがあって面白い。皆神龍太郎フリーメイソンについて記事を書いているのでちょっとビックリしたけど。他にも検証に役立ちそうなネタがあったので、後日再び取り上げることになると思う。

怖い噂 4 (ミリオンムック)

怖い噂 4 (ミリオンムック)

ヘルバウンド・ハート (集英社文庫)

ヘルバウンド・ハート (集英社文庫)

マドンナ 血の本(5) (血の本) (集英社文庫)

マドンナ 血の本(5) (血の本) (集英社文庫)

キャンディマン [DVD]

キャンディマン [DVD]

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ (幽ブックス)

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ (幽ブックス)

怪談異譚―怨念の近代

怪談異譚―怨念の近代

怖い話

怖い話

季刊 TRASH-UP!! vol.4(雑誌+DVD)

季刊 TRASH-UP!! vol.4(雑誌+DVD)

冒険風ライダー冒険風ライダー 2010/01/15 23:49 >検証本
 どんな形であれ、検証本の紹介という形での掲載、お祝い申し上げます。
 私も現物を確認してみようと思います。


>山本弘のブログ
 何とも面白くないヘタレな反応ですね、本当に(>_<)。
 いっそ徹底的にはっちゃけて、kensyouhanさんをボロクソに罵ってくれることを山本弘には期待していたというのに(爆)。
 まあ、この辺りの対応は、さすが「敵前逃亡のプロ」の面目躍如である、と言っておきましょうか(笑)。

yonocoyonoco 2010/01/16 01:44 「こんなすぐにわかるガセやパクリが1000円弱で流通する恐怖」という意味で怖い話の本ですね>検証本(コメディのような気もしますが)

明日あたりコンビニ見てこようかしら?

redstuffredstuff 2010/01/16 23:47 こんにちは

>嬉しさのあまりルマルシャンの箱を開けて鏡に向かって「キャンディマン」と5回呟いてしまったり。
 ハハハ、欲張りな奴め。そんな事をしたら鎖で縛りあげられあちらの世界に連れて行かれ、気がつくと肌が黒くなっていたりしますよ。その時は妹さんに、鏡に向かって「kensyouhan」と五回つぶやくようにお願いしないといけませんね。
 そして私は、『ヘルレイザー』の日本版DVDが出ていたと今更ながらに知ってしまい、激しく頭を抱えています。大好きな映画なのに…超見逃してました…リメイクが日本で公開するときに再発されることを祈ります。

kensyouhankensyouhan 2010/01/17 07:27 コメントありがとうございます。

>冒険風ライダーさん
自分と関わりたくないなら無視してくれてもよかったんですけど、本の受け取りだけはOKしてくれているというのが、なかなか複雑だなあと。

>yonocoさん
唐沢俊一はある意味「怖い」ですね。「本当は怖い唐沢俊一」をやってみようかな。

>redstuffさん
真夜中の人肉列車にも乗っておけばよかったかと。
『ヘルレイザー』はずっと昔深夜にTVで見たっきりなのでもう一度観たいです。あの手の映画は深夜にTVをつけたら偶然流れているのを観てしまうのが一番いい見方のような気が。
「あの映画のDVDがない?」というのはたまにありますね。つい最近『ハロウィン』を観たくなってレンタルビデオ屋に行ったらVHSしかなくてビックリしました。いまやホラーの古典だというのに。

米沢米沢 2010/01/22 20:03 >俺が献本&謝罪に行った話は出てきません。
それはあなたとあなたの本に興味がないからなのです。

kensyouhankensyouhan 2010/01/23 12:16 コメントありがとうございます。

もし自分に興味が無いならメールも無視していたのではないかと思います。

門脇門脇 2010/01/23 14:34 >もし自分に興味が無いならメールも無視していたのではないかと思います。
無視するとブログで悪口を書かれてうざいからです。

丸亭玄人丸亭玄人 2010/01/24 02:20 >それはあなたとあなたの本に興味がないからなのです。
>無視するとブログで悪口を書かれてうざいからです。

なぜあなた(たち)が断言できるのですか?
理由を教えてください。

トンデモブラウトンデモブラウ 2010/01/24 15:08 ジョン・カーペンターが人気ないのかなぁ。
まさにB級の巨匠なのに。
『ハロウィン』は、ロブ・ゾンビのリメイク版もいい感じですぞ。
『Love Hurts/NAZARETH』が流れる場面では涙がでそうでした。
アレな場面で必ず『Don't Fear The Reaper/BLUE OYSTER CULT』が流れるのもイカす。

kensyouhankensyouhan 2010/02/12 05:37 コメントありがとうございます。

>門脇さん

悪口を書かれるのが嫌ならブログでしっかり対応したほうがいいのでは。山本会長は自分を無視したいのか悪口を言われたくないのかどっちなんでしょう。そもそも、あなたがどうして会長の気持ちを理解できるのでしょうか。

>トンデモブラウさん
カーペンターは日本でも人気があると思いますけど、DVDのリリースについてはタイミングの問題がありますから。
ロブ・ゾンビ版『ハロウィン』はちょうどハロウィンの日に観に行きました(狙ったわけでなく偶然)。客席にブギーマンのコスプレをしていた人がいてビックリ。