Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2010-04-17

となりの怪物くんの空。

14:05

タコシェにて『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』、通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。


 『週刊新潮』4月22号掲載の記事「始まる前からコケそうな実写版「怪物くん」誰が見る?」アニメに詳しい評論家の唐沢俊一氏」がコメントしていたので、これを紹介してみる。れっどるさん、情報ありがとうございます。予告していた児童ポルノの問題は次回にまわします。

 唐沢俊一は今日から放送開始の実写版『怪物くん』について次のようにコメントしている。P.135より。

藤子不二雄は周知の通り、藤本弘安孫子素雄の共同ペンネームで『怪物くん』は安孫子さんの作。リアルで少々ダークな雰囲気を湛えているのが特徴ですが、それを実写版で活かすのが至難の業だと思います

そもそもコミックゆえの誇張されたキャラを演じるには、相当の演技力が要求される。しかし、大野くんにそれだけの演技力があるとは思えません。今、『怪物くん』を実写化する意味があるのでしょうか。

 まず、『怪物くん』が「リアルで少々ダークな雰囲気」なのかどうか。A先生の『魔太郎がくる!!』や『笑ウせぇるすまん』ならわかるけど『怪物くん』はちょっと違うような。ノンビラスやプカドン先生はリアルだろうか?

 次に、大野智の演技力を否定しているけど、唐沢俊一は大野くんの演技を見たことがあるのかどうか。『魔王』とか『歌のおにいさん』とか見たのか? 見たことがあるなら「大野くんにそれだけの演技力はありません」と明確に否定しそうなものだけど。

 …それにしても、「劇団あぁルナティックシアター」でたびたび特別出演している唐沢俊一の演技力も気になるところだ。大野くんをぶった切れるほどなんだからさぞかし名優なんだろうね。…やはり、一度舞台を観にいかねばなるまい。そして、観終わった後に直接議論をしてみようか。

 あと、アニメに詳しい」という肩書きなのにアニメの話をしていないのも気になった。週刊誌やワイドショーでコメントしている人で「この人の本業はいったい何なのか?」という正体不明な人がたまにいるけど、唐沢俊一もそういう感じになりつつあるのかも。


 最後に唐沢俊一スレッド2ちゃんねる一般書籍板からユカイツーカイな書き込みを紹介。

36 名前:無名草子さん[] 投稿日:2010/04/16(金) 19:08:15

怪物くんはワケあって帽子を人前では脱ぐことが出来ないのである。そこに私はシンパシーを感じてしまうのである。


D

D

EDのナレーションは淀川長治

D

D

個人的にはカラー版だなあ。最高。


となりの怪物くん(1) (KC デザート)

となりの怪物くん(1) (KC デザート)

KAMAKURA(リマスタリング盤)

KAMAKURA(リマスタリング盤)

魔太郎がくる!! (1) (中公文庫―コミック版)

魔太郎がくる!! (1) (中公文庫―コミック版)

魔王 [DVD]

魔王 [DVD]

歌のおにいさん [DVD]

歌のおにいさん [DVD]

蘭月新十郎蘭月新十郎 2010/04/17 16:32 >「この人の本業はいったい何なのか?」という正体不明な人がたまにいるけど、

 なをきさんの『まんが極道』に出てくる原作者山田一億そのままじゃないですか、唐沢さん。
まさに“本業は何をする人なのかなあ”って雰囲気ですね。
 自分が求められている「キャラ」を計算してコメントしたんでしょうけど、『怪物くん』が
リアルで少々ダークな雰囲気なんですか。個人的には(A先生、F先生問わず)藤子まんがの
パターンなんですが。ヒロシに両親がいなくて姉と2人暮らしなのはパターン破り…。ここま
で書いて思いましたが、唐沢さんはヒロシの存在を知っているんでしょうかね。やっぱり『怪
物くん』すら読んでないんでしょうか。

discussaodiscussao 2010/04/17 17:30 >「この人の本業はいったい何なのか?」という正体不明な人がたまにいるけど、

10年前も鹿島茂やいしかわじゅんにそう言われ、そして正体不明さを評価されていたワケで、ある意味スタートラインに戻ったということか。誰も評価してないのが辛いところだけれど。

実写版『怪物くん』、3匹の下僕のキャスティングとかみると実写版『忍者ハットリくん』を連想してしまうけれど(上島オオカミ男に花岡実太を期待しないわけにはいかないし)、唐沢俊一はそういう話はしていない?また「北海道では放映してなかった」とかいうことなんだろうか・・・?

yonocoyonoco 2010/04/17 17:32 求められているコメント「怪物くんドラマ化や大野くんの演技にたいするアニメに詳しい人の駄目だし」のテンプレを喋ってるとしか思えません…

唐沢さんじゃなくても良いんですけど、記者さんに都合の良いコメント作りだけは上手いから起用されてるんでしょうね

KAGEKAGE 2010/04/17 19:36 藤子ファンとして確かに第1報を聞いた時は「なんで怪物くんを実写?」と思いましたが続報や他のキャスト(フランケンのチェ・ホンマンには負けた)を知っていくにつれ少し楽しみになってきましたよww
あとは新装の単行本発売やカラー版アニメの傑作選を地上波放送など、それなりに嬉しい展開もしてくれてますし。
アレンジで気になる点はあるにせよ、見る前からコケるのが決まってるって事はないでしょう。
それと私はその記事読んでないのですが、『怪物くん』の具体的内容には触れてるんでしょうか。
どうも内容を理解してない様な気がして仕方ありません。
蘭月新十郎さんも書かれてる様にヒロシが姉とアパート暮らしだったり、他にも怪物くんは居候ではなく自分の家があるという事や、デモーニッシュの存在などヒーロー物的側面もある事(この部分は実写にしても面白そうですし)、まあ多分まともに観てないのではないかと。

あと、白黒版『怪物くん』も結構面白いですよ。

バキシムバキシム 2010/04/17 22:26 ドラマ怪物くんを今見終わりましたけど、思ってたよりも面白かったです。
キャストも意外とハマッてたし、最初の怪物ランドの描写も結構それっぽく描けてたと思います。
あと多分メイン視聴者であると思われる子供受けも(その割には時間帯がちょい遅いけど)これなら良いんじゃないですかね。
まぁ週間新潮の悪意を感じる記事タイトルについては、俺も含めた多くの人が似たような事を思ってると思われるので偉そうな事は言えないけど、
でもそれを本当に記事しちゃうのはどうよ?と雑誌の姿勢みたいなのを疑いますな。
あと唐沢氏にはドラマ鑑賞後にどう思ったのか聞いてみたいけど、まぁ多分見てないだろうな。

藤岡真藤岡真 2010/04/17 22:45 「ドラキュラ」「はいざます」「オオカミ男」「ウォーでガンス」「フランケン」「フンガーフンガー」
 フランケン(チェ・ホンマン)、笑えます。面白いじゃないですか。
 要はNTVがジャニーズに支配されていることが気に食わない人向けの記事なんでしょうね。安いギャラで言いなりになる便利なライターが必死に杜撰なコメントを述べただけのこと。

幻灯機幻灯機 2010/04/18 00:20 今回は、唐沢の粗雑な発言を通して、週刊誌の記事がいかに安易に作られているかが明らかになる…という、興味深いエントリですね。いや、週刊新潮の記事のレベル低下がここ数年激しいのは確かなんですが。この分だと、編集部にも危機感はないんだろうなー、と思わざるを得ません。

個人的には、フランケン役はピエール瀧にやってほしかった(電気グルーヴのオールナイトニッポンネタ、さすがに古すぎるか)。

おヨよおヨよ 2010/04/18 01:12 >「この人の本業はいったい何なのか?」という正体不明な人がたまにいるけど、
唐沢のセルフイメージは多芸多才なマルチな分野に精通してる人、
他人から見れば、色々と手を出しまくってあげく何一つ満足な事が出来ない人でしょう。

>「ドラキュラ」「はいざます」「オオカミ男」「ウォーでガンス」「フランケン」「フンガーフンガー」
思わず「普通にやんなさいよ!」と後に続けてしまいたい。

KAGEKAGE 2010/04/18 01:27 >おヨよさん
その場合は「さあ始まるざますよ」「行くでがんす」「フンガーフンガー」ですね。細かくてすみません^^;
藤岡さんが書かれてるのは白黒版『怪物くん』主題歌「おれは怪物くんだ」の中に出てくるセリフです。

どうしても細かい違いが気になるのはオタクの悪いとこです(汗)

藤岡真藤岡真 2010/04/18 09:56 >おヨよさん
>KAGEさん

 あ、さほど考えずに書き込みしました。チェ・ホンマンのフランケンの「フンガー」が面白かったので。因みにカラー版は見ていません。

おヨよおヨよ 2010/04/18 12:21 >KAGEさん
今「らき☆すた」を見返してみたら、OPの、かがみんのセリフは「マトモに始めなさいよ!」でした。
おぼろげな記憶を頼りに間違った事を言ってしまうなんて私も唐沢の事は言えませんねえ…orz

>藤岡真さん
本物の作家の方にコメント頂けるなんて光栄です。
いつも藤岡さんのブログを拝見させて頂いてます。

ムルチ的ムルチ的 2010/04/18 14:50 執筆活動の場を減らしてまで演劇活動に力を入れつつあるw唐沢にとって、
週刊新潮よりもジャニーズ事務所に媚びを売る方が遙かに得なのに。

ジャニタレ主演による漫画&アニメの実写ドラマ(映画)化というブームが、今後もしばらく続くことは確実でしょう。スポンサーも付きやすいですし。
その場合、舞台経験もそこそこありオタクに人気がある(と思われている)唐沢のような人物に、何らかの出演オファーが来る可能性(発明家のおじいちゃん役とか怪しげな学者とか)は低くないはず。
話題作りになるという誤解も含めて。

アニメに詳しい評論家などと持ち上げられ、ジャニーズ敵に回してる場合じゃないでしょうに。

nyannnyann 2010/04/18 16:47 怪物くん、面白そうですね。
毎週土曜日は『CSI:9科学捜査官』オンタイム観賞モードになってるのでまだ見てないんですが、見ようかな。
チェ・ホンマンは『只野仁』劇場版も『GOEMON』も出てくるだけで映画を支配しちゃうんだから凄いキャラだなあといつも感心しています。

2ちゃんに唐沢さんは魔太郎じゃないかっていうちょっとやばそうな書き込みがありましたがw

日常非日常日常非日常 2010/04/18 18:34 日テレの土曜ドラマの枠は「銀狼怪奇ファイル」だとか「聖龍伝説」だとかこんなのやんのかよ!?というドラマを流すので「怪物くん」を実写化してもそう違和感がないような気もします。去年なんか「銭ゲバ」やってますし。

猫遊軒猫八猫遊軒猫八 2010/04/19 19:26 新潮も山本夏彦さんのコラムが載ってた頃と比べると格段にレベルダウンしています。
もう購読するのやめてしまいました。

kensyouhankensyouhan 2010/04/19 23:51 コメントありがとうございます。

>蘭月新十郎さん
>山田一億
自分は別の人を連想しました。あえて名前は伏せますが。

>discussaoさん
実写版『ハットリくん』との関係で論じるのは面白そうですね。唐沢俊一もちゃんと触れているのだけど紙幅の都合でカットされてしまったのではないかと信じてみます。

>yonocoさん
まあ、『週刊新潮』の思惑通りのコメントをしてくれるということで選ばれたんでしょう。

>KAGEさん
自分が子供の時にカラー版を観ていたので、どうしても「カラー版でなきゃ!」と思ってしまいますね。

>バキシムさん
唐沢俊一はドラマを含めて最近の番組をあまり見ていないようですね。評論家ならテレビはチェックしておいたほうがいいと思いますが。

>藤岡さん
>要はNTVがジャニーズに支配されていることが気に食わない人向けの記事なんでしょうね
そういう裏側を見ることで物事がわかったつもりになる人も多いんでしょうね。

>幻灯機さん
漫画の実写化作品を貶すなんてイージーすぎてやる気も起きませんね。

>おヨよさん
もしかするとモトネタを知らずに見ている人もいたのかなあ。

>ムルチ的さん
ジャニーズに取り入ることができれば面白そうですね。唐沢は「大人」であることをアピールしているんだから、そこまでやってほしい。

>nyannさん
チェ・ホンマンはハマりすぎですね。

>日常非日常さん
俺に不可能はないんですよ。

>猫八さん
自分はオヤジ系の週刊誌全般をあまり読まなくなってしまいました。10代20代の頃はよく読んでいたのに。