Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2010-07-27

それが俺のジャスティス。

10:21

タコシェにて『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』、通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp


 ドミューンでの根本敬町山智浩柳下毅一郎村崎百郎追悼番組は面白かった。村崎百郎は「実はいい人」と言われるのを一番嫌っていたというのを聞いて「やっぱり」と思った(だから、俺が「村崎百郎はいい人」って言ってるのは褒めてるわけじゃないんですよ)。マスコミ唐沢俊一でなくこの3人にコメントを聞きに行くべきだろう、と思ったけど、果たして使えるものになるかどうかはわからない。

 さて、その番組の中で柳下さんが唐沢俊一を批判している人が正義を笠に着ていて嫌だ」という内容の発言をされていた。まあ、唐沢俊一ウォッチャーにも様々な立場があるのだろうけど、とりあえず自分の立場を明らかにしておこう。前から言っていることのくりかえしになるけど、最近新しく来られた方もいるだろうし。

 自分が唐沢俊一を検証しているのは「面白いから」です。だって、ロバート・ケネディ大統領」「縄文人古墳を造った」「ショーン・コネリーIRAを支援している」などのガセビア、連載のセルフコピペ「『宇宙戦艦ヤマト』はわしが育てたというヘンな武勇伝学歴について訊かれても何故かごまかす…、そういう人って面白くないですか? 

 ただ、唐沢ヲチの難しさは「盗用」という被害者が現に存在している事件があるせいで純粋に面白がれない、ということがあるかと思います。ネタと批判のバランスを上手く取るのが難しいところで、ネタを書くと「ふざけるな」と言われ、批判すると「正義ぶっている」と言われるのがツラいところではあります。自分としては「唐沢俊一がろくでもないのはわかりきったことだ」「唐沢を批判している人は正義ぶっている」と言って何もしないよりは検証を続けた方がまだマシだと思っていますし、この2年間、自分がやってきたことは全くのムダではなかったと信じています。

 自分のことを「正義」だと思ったことはありませんが、「自分にとっての正義」に基づいて行動しているとは言えると思います。「盗用をくりかえし被害者を貶める言動を取る人間を無視してはいけない」「間違った雑学を放置してはいけない」…、「正義」といってもその程度のものです。柳下さんがダメな邦画を批判しているのも、柳下さん個人の「正義」によるものだと思うので、自分のやっていることと実はそんなに違いはないと思います。


 村崎百郎の事件がきっかけになってしまったのか、自分に対してもいろいろなことが言われているようですが、唐沢俊一の問題について興味を持ってくれる人が増えればそれでもかまわないのかな、と思っています。柳下さんだって「と学会に入ろうかな」とは言えても唐沢俊一の味方になろうかな」とは言えなかったわけですからね。

D

カッコよすぎ。でも実は「それが俺のジャスティス」という歌詞はない。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBLACK

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBLACK

日本映画空振り大三振 ~くたばれ!ROOKIES (映画秘宝COLLECTION 41)

日本映画空振り大三振 ~くたばれ!ROOKIES (映画秘宝COLLECTION 41)

藤岡真藤岡真 2010/07/27 12:11 ジャンパーソン・フォー・ジャスティスかな。

yonocoyonoco 2010/07/27 12:45 煽ってる人は見たことある(僕も?)けど、我こそ正義だと考えてる痛い人はいなかった記憶が(怒ってる方も唐沢さんを軽蔑してる感じ)

まあヲチするなりの論理観は必要な訳ですが

それにしてもBLACKカッコイイです(^0^)/

スバル成人スバル成人 2010/07/27 16:15  こんにちは。はじめまして。

 私個人としては好きな作家をこき下ろしたりけなしてるのがむかつく(すでに指摘されていることですが、唐沢氏と同年代で若いうちにデビューしてる女性がよくネタにされてるようですね)とか、愛も思い入れもないのにひどい追悼文を書くのをやめてほしいというのが、ここを読んでいる理由でしょうか。
 なので「怒り」はあるけど自分のことを「正義」とは思わないようにしてます。
 荒らしが来ても炎上沙汰になっても検証班さんがいつもクールに的確にレスを返されてるのは、「正義」でも「怒り」でもなく「面白いから」冷静に対処できるということなのかと感心しました。

 ときどき唐沢…おおっと唐沢氏の言動や態度に呆れるあまり気が遠くなることがありますが、ワイドショーにあおられて「我こそ正義」になりきってる人とか格好悪いな〜などと思い浮かべながら我に返るようにしてます。

 後から後からネタが増えていろいろ大変そうですが、お体に気をつけて頑張って下さい。

S.KS.K 2010/07/27 19:50 「花とゆめ」の少女漫画家の山口美由紀先生のコミックアルバム
にはありますけどね>「それが俺のジャスティス」という歌詞
その歌詞のある収録曲名が「Darty Guy,Buaty Guy」というのも
乙なものではありましょう。

50代50代 2010/07/27 20:33 >その番組の中で柳下さんが「唐沢俊一を批判している人が正義を笠に着ていて嫌だ」という内容の発言をされていた。

私が検証班さんのブログのコメント欄で唐沢を批判するのは、アニドウ関連の唐沢の発言がデタラメのオンパレードだからです。
ビデオで古いアニメを見る事が不可能だった時代、アニドウのお陰で珍しいアニメを鑑賞出来たことは今でも感謝しております。

それを唐沢は『トンデモ創世記2000』でめちゃくちゃな事を書いている。
これが小説仕立ての文章なら、“虚実織りまぜて書いてるんだよ”と言い訳出来るかも知れません。
しかし唐沢は、この本のまえがきで「この本は、日本にオタク文化が定着した今日の、言わば前史を知る者二人の、対談の形をとった証言集である」と書いています。
その“証言”が嘘ばっかりではどうしようもないではないか、というのが私の気持ちです。

「紀伊國屋アニメ・フェスティバル」なんて催しは存在しない、と以前にコメントしましたが、この本のアニドウ関連、奇想天外シネマテーク関
連の記事は嘘っぱちだらけです。
その気になれば幾らでも具体的に唐沢のまちがいを指摘出来ます。
ただひと様のブログのコメントでそれをやるのは仁義に反します。だからやらないだけです。

それと唐沢は「奇想天外シネマテイク」と書いてますが、「奇想天外シネマテーク」です。
“アニドウ 奇想天外シネマテーク”で検索すれば、唐沢が上京した頃行われたこのイベントの事がいくらかわかります。

れっどるれっどる 2010/07/27 20:38 「俺が俺が俺が正義だ」と歌っているのは「巨獣特捜ジャスピオン」ですね。

ぬまぬま 2010/07/27 21:28 『BLACK』のOPになら「信じるやつがジャスティス」という歌詞があるのですが

ポぷリ改め水樹奈々村久生ポぷリ改め水樹奈々村久生 2010/07/27 21:33 >kensyouhanさん
一人の男が一生の間にどれだけ勘違い出来て、その周辺の人達が無意味で救いの無い尻ぬぐい狂騒曲を奏でるさまを、
解説kensyouhanさんで楽しんで観ている感じかな。ちょっとひねった「トゥルーマンショー」みたいなもん。
題して「唐沢俊一劇場」。
劇団に「特別出演」と称して寄生するよりこっちの方がはるかに笑える

hh 2010/07/27 21:41 柳下氏の発言に関しては、大森望氏がツィッターで「伊藤剛氏の件と検証ブログが混同されている」旨の発言をされていますね。

とおりすがりAとおりすがりA 2010/07/27 22:08 いつも拝見しています。
こちらのおかげで、唐沢氏を「面白い人」だと思っていたのが
本当は「オモロな人」だと知ることができました。ありがとうございます。

>正義を笠に着ていて嫌だ
行き過ぎた正義がときにただの暴力に堕することがあり、
それを危険視するのはわかります。それをストレス解消のはけ口の
口実にする下劣な輩も確かにいます。
でも、こういう発言をする人は中身を見てないことが多すぎです。
笠に着るもなにも、悪(と判断されること)に対して自然発生する
カウンターなのに、さらにそれにカウンターをあてようとする
バランス感覚はぶっちゃけ余計なお世話でしょう。
じゃあ大本は誰が悪いと思うの?誤りを認めず謝りもしないのは誰なの?
大本が解決すれば、便乗犯なんて雲散霧消するでしょうに。

NNTNNT 2010/07/27 22:48 正義を為すという事には、自分の血を流すのを恐れない決意が必要だと思っています。
正義は必ず勝つってのは、実は克己心の為の言葉だとも思ってます。

検証班さんの胆の据わりっぷりは相変わらずで、何度目だろう?感心してしまいます。

新刊楽しみにしています。

yomokichiyomokichi 2010/07/28 08:32 あなたへの挑戦状を書いてみたから読んでみてね^^/
http://www.geocities.jp/bdmxq148/
私は品性下劣かつ、人類愛の塊なのでーす。

yomokichiyomokichi 2010/07/29 06:32 柳下氏の発言に関しては、大森望氏がツィッターで「伊藤剛氏の件と検証ブログが混同されている」旨の発言をされていますね。>
柳下さんはそんなレベルの低い知性の方ではありません。柳下さんと鈴木則文監督は金沢映画祭で不眠症が原因で滑落骨折した松葉杖の哀れな弟を心から案じてくださったのです。
私は長年ダウン症研究もしているのでクリスピン・グローヴァーの「What Is It?」 に本当に感動したのです。
こうした事実関係については流石に大森望さんもご存知ないでしょう。

kensyouhankensyouhan 2010/07/29 11:49 コメントありがとうございます。

>藤岡さん
>ぬまさん
ぬまさんがお書きになっていますが、主題歌の中の「信じる奴がジャスティス」と「俺のファンタジー」がゴッチャになったような気がします。

>yonocoさん
バイクに乗っているだけなのにどうしてこんなにカッコいいんだ!と思います。

>スバル成人さん
夏コミ用の本を作っていると「怒り」がこみ上げてきました。「私憤」「公憤」半々という感じですが。

>S.Kさん
おお、勉強になります。
今は『メロディ』で描かれてますね>山口美由紀

>50代さん
間違いを指摘することに善悪はないと思いますけどね。

>れっどるさん
ジャスティスのチャンピオンですから。

>ポぷリ改め水樹奈々村久生さん
うちのブログはちょっとしたリアリティ・ショーなのでしょうか。

>hさん
大森望さんもごらんになっていたとは。誰が見ているかわからなくて怖いな(今さら)。

>とおりすがりAさん
何もしないための言い訳は無限に出来ますから。

>NNT さん
ははははは、まったくどうってことねえですよ!(手足は震え、キーボードは冷や汗で水浸し)
まあ、自分の場合は鈍感なだけだと思いますけどね。

>yomokichiさん
ご意見は確かに承りました。

yomokichiyomokichi 2010/07/29 11:52 追悼番組は面白かった。>
追悼番組が面白かったって本当にあなたは愉快な人ですねえ^^

foobarfoobar 2010/07/29 12:26 唐沢の下衆な「追討」じゃ面白がることすら不可能だからな。

hirunekohiruneko 2010/07/29 14:49 知っている人が亡くなると衝撃をうけます。
人の死に直面すると冷静さを失いがちですが、そうでない
検証班さんはすごいと思いました。

追悼番組が面白かった=人の死を楽しんでいる、という意見は
私には短絡的な考えに見えます。
もし、それが絶対的に正しいなら、唐沢氏と親しい劇団員が
亡くなったときの唐沢氏のふるまいはどうなるんでしょうね?

うさぎ林檎うさぎ林檎 2010/07/29 16:24 「面白い」は”愉快”とは他に”興味深い”の意味でも普通に使いますね。
まぁ、言葉への感受性が異なる方がいても仕方がありませんが。
私は出演者された方々はギリギリの線を探りながら”面白く”しようとされている、それが村崎氏への礼儀だと考えておられると思いましたケドね。

SawaharaSawahara 2010/07/29 19:38 あの、高森さん。
正直「挑発」には飽いています。「反証」をお願いします。
私の見解はうさぎ林檎さんと同じです。

改名撤回したポぷリ改名撤回したポぷリ 2010/07/29 21:00 >kensyouhanさん
>何もしないための言い訳は無限に出来ますから。
もしかして「男組」ですか?。
私としては「野望の王国」スタイルで行きたいものです。
>foobarさん
>hirunekoさん
>うさぎ林檎さん
>Sawaharaさん
私自身の経験から申し上げますと、人格障害者の相手をするとストレスが溜まりますよ。
私は仕事上仕方なく相手をさせられるハメになりましたが自ら相手をする必要は無いのでは?

kensyouhankensyouhan 2010/07/30 16:48 コメントありがとうございます。

>yomokichiさん
番組をごらんになりましたか? 終始笑いの絶えない楽しい雰囲気でしたよ。
http://togetter.com/li/38201

>foobarさん
本人はライフワークだと思っているようですけど、敵を増やすだけなのでやめたほうがいいかと。

>hirunekoさん
自分は鈍感なだけだと思います。それに村崎百郎の死に対して過剰に責任を感じるのも間違いだと思いますので、今まで通り変わらずに行動していくつもりです。

>うさぎ林檎さん
笑い話の中で「親の因果が隣の子に報い」とかものすごい発言が出てくるのが「面白かった」ですね。

>改名撤回したポぷリさん
『美味しんぼ』でいいと思います。
>男組
ああー、だいぶ昔に読んだっきりだからなあ。妹が神竜好きだったこととか、猛虎硬爬山と鉄山靠って同じ技?とかそういうことしか覚えていないけど、影響を受けてるっちゃ受けてるのかも。
初期の『ゴーマニズム宣言』で小林よしのりが学生運動から抜けようとした時に、「レーニンマン」から「今行動しない人間を俺は信じない!」とか言われて小林よしのりは激しくショックを受けるんですけど、この「レーニンマン」と同じセリフを流全次郎が言ってるんですよね。だから、小林よしのりは『男組』を読んでなかったのか?と不思議に思ったものです。

春樹げにあ春樹げにあ 2010/07/30 20:02 正義とかえらそうなこと言ってるけど、みんな実はネットで誰かを馬鹿にしてストレス解消したいだけなんでしょ。

ポぷリポぷリ 2010/07/30 20:13 >春樹げにあさん
>正義とかえらそうなこと言ってるけど、みんな実はネットで誰かを馬鹿にしてストレス解消したいだけなんでしょ。
中立を装う唐沢狂信者の書き込みはもう飽きたよ。
もっと何か面白い芸は無いのかな?。
唐沢親分のゴミ芝居程度のレベルじゃここの皆さんも燃えられないよ。

春樹げにあ春樹げにあ 2010/07/30 20:28 >中立を装う唐沢狂信者の書き込みはもう飽きたよ。
ああ、やっぱりこの世には唐沢信者とアンチ唐沢しか存在しないと思ってらっしゃるんですね。

ポぷリポぷリ 2010/07/30 20:34 誰も「自分が正義」だなんて言ってないのに「正義とかえらそうなこと言ってるけど、」と言ってる馬鹿はどうしてこうも哀れなんだろう。
頭の良い住人さんに親切な解説をしていただければ幸いです。

ましゅましゅ 2010/07/30 22:47
>春樹げにあさん
>正義とかえらそうなこと言ってるけど、みんな実はネットで誰かを馬鹿にしてストレス解消したいだけなんでしょ。

正義が“えらそう”という時点で間違っていますよ。
えらい、えらくないに関わらず、皆それぞれの正義に基づいて
様々な判断を下しているわけで。
僕は、唐沢氏にフェアでありたいという正義を持っていますが
現状では、応援ができないのが残念に思います。
口が軽すぎると言うか、あまりにいい加減に発言(執筆)し過ぎです・・・。

discussaodiscussao 2010/07/31 12:18 人が何かを検証する行為のベースには、「面白いから」という好奇心や正義感や他者を断ずることによるストレス解消ほか、さまざまな感情や動機が考えられ、それらの一つを抽出してことさらに人道的な批判をするのは、人を単純な道徳観だけで断罪する幼稚な行為だと思います。
翻って、それでは批判する側に「単純な道徳観や正義感だけで断罪する幼稚さ稚拙さ」が皆無かというと、私にはそれは微妙な問題のような気がしますが。
検証される対象は唐沢俊一という今現在活動しているものなので、検証によって墓穴を掘ったりというリアクションをさかんに行なうので、「面白さ」に拍車がかかったり、沸点を超えて逆に「面白み」が半減したりして批評者がモチベーションを固定しにくい傾向はあると思います。だからkensyouhanさんが「面白いから」としているのには、ここにきても固定化された「面白さ」が維持できているのか、と少し驚きましたが。

SawaharaSawahara 2010/07/31 13:18 >ああ、やっぱりこの世には唐沢信者とアンチ唐沢しか存在しないと思ってらっしゃるんですね。
いずれでもなければ、どうしてこのブログに辿り着いて、どうしてこの文章を読み、
何よりどうしてこういう、とても第三者のすることとは思えない物言いをするのか聞いてみたいものです。

ポぷリポぷリ 2010/07/31 17:14 >ああ、やっぱりこの世には唐沢信者とアンチ唐沢しか存在しないと思ってらっしゃるんですね。
SFなら無数にある(らしい)平行世界においてアメリカが唐沢信者の北部とアンチ唐沢の南部に分裂して「第二次南北戦争」が勃発したり、
唐沢信者の国インドをアンチ唐沢の国である東パキスタン(バングラディシュ)と西パキスタンが挟んでいて「印パ戦争」が何回も起きたあげく両国が核武装したり、
「はじめの一歩」では板垣クンが今回の試合で唐沢をノックアウトしたりしているのかも知れない。

kensyouhankensyouhan 2010/07/31 17:44 コメントありがとうございます。

>春樹げにあ さん
自分のことを正義だと思ったことはない、というのがこのエントリーの趣旨なので、別に偉そうなことを言ったつもりはありません。
あと、世の中のほとんどの人間は唐沢俊一のことを知らないと思いますよ。「唐沢信者」「アンチ唐沢」は本当にごく限られた人間でしょう。

> discussao さん
すみません、未だに面白いです。