Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2010-09-11

朝日新聞本日モ反省ノ色ナシ。

17:01

ああ それにつけてもあの人に献本したい。


 今日の『朝日新聞』朝刊「be」e5面『元気のひみつ』唐沢俊一が登場している。ロン・ジェレミーさん、ご愁傷様です(8月20日の記事のコメント欄を参照)。写真を見る限り、イマイチ元気がないのが気になる(一年前に会った時よりだいぶ老けた印象)。藤岡真さんのブログも参照していただきたい。


 今回最も注目すべきポイントは文章を書いているのが久保田氏、つまり皆神龍太郎ということ。久保田氏は現在朝日新聞の科学医療グループに所属している(公式サイト)ということだから、自分の仕事内で唐沢を起用したことになる。…まあ、皆神龍太郎例のメーリングリストでも唐沢俊一を擁護していたから驚くにはあたらないけど、コネが疑われるような起用はいかがなものだろうか。次は山本弘会長が登場したりして。


 子どもの時から本が好きだった。伯父が芸能人だったので、落語講談に親しんで育った。歴史などは教科書よりそういうもので学ぶのが先だった。

「そういう知識は楽しいのに、学校で学ぶ勉強はあまり面白くない。それはムダをみなそぎ落として、寄り道とか脇道といったものがなにもないから」

 だからガセビアを量産するんだよ。学校で勉強していれば引用の仕方もちゃんとわかったはずなのにね。落語も本当に好きなのか疑問(藤岡真さんのブログを参照)。


オタク業界に入ったきっかけは、大学受験の時に札幌宇宙戦艦ヤマトファンクラブを立ち上げたことから。新しい文化の形成に立ち合う面白さから、入学試験をわざと受けずに浪人してまで熱中した。

 不審点その1。『古本マニア雑学ノート』(幻冬舎文庫)P.141〜142より。

そんなこんなで高校時代は過ぎていった。大学は理系を受験したが、もともと数学は大の苦手だった上に、古書店めぐりばかりしていて勉強を全然していなかったから、受かるわけもなく、一年、浪人するハメになった。

 ここでは「受験」していると書いているね。

 不審点その2。 『古本マニア雑学ノート』P.142より。

当時札幌地下鉄の駅前にあったNという書店の伝言板に、SFアニメ同好会の会員募集があり、そこに入会したのだ。「S・S」という会で、何やらナチスの親衛隊みたいな名称だが、これはアニメ宇宙戦艦ヤマト」のエンディング・テーマ「真っ赤なスカーフ」(SCARLETSCARF)から取ったものだった。

 『トンデモ創世記』(扶桑社文庫)P.37より。

 その中に「『宇宙戦艦ヤマト』のファンクラブを作りませんか?」って、わずか一行、目立たなくあったんですよ。すぐに連絡して参加しましたよ。

 これは「立ち上げた」と言えるのか? この理屈だと「と学会」も唐沢俊一が「立ち上げた」ことになるけれど…。 

 

 唐沢が過去を語るたびにおかしなことが起こるのにはもはや慣れっこになってしまったけど、「『宇宙戦艦ヤマト』はわしが育てた」を最近封印しているのは気になる。本当の話なら封印する必要はないのにね。

 それから、久保田氏はしっかりリサーチしてから記事にして欲しい。「リサーチ不足」「相手の言ったことを鵜呑みにする」のは誤報を生むと同時に「トンデモ」も生むわけで、新聞記者としても「と学会」会員としても問題があると思う。


「健康の最大の秘訣は睡眠」を痛感し、独自の「安眠用抱きまくら」まで考案。実用新案出願中で、通販もしている。

 「痛感し」とあるけど、どうして痛感したのかわからないのでいかにも唐突な印象を受ける。そういえば、「健康」がテーマの記事なのに、去年入院した話が全く出ないのは何故? 心臓が1/7しか動いてなかった話をすればウケただろうに。

 「裏モノ日記」2006年11月2日より。

今度は時間割で、通販生活H氏と広島インテリア関係株式会社社長、A氏。私のプロデュースで抱き枕を製品化する、という企画である。あ、もちろん抱き枕とは言っても一部オタ諸氏の溺愛するところである、特殊な萌え系枕ではない。為念。ベルリンで見かけた子供用抱き枕の話からはじめて、快適かつ現代人に受け入れられる抱き枕とはどういうものか、についていろいろとダベる。熱心に二人、聴いてくれて、それを元にまず、デザイナーにデザインさせるという。こういう展開、ちょっと面白いな、と思う。

 文面を読む限りでは『通販生活』の持ち込み企画のように見えるし、唐沢俊一抱き枕のデザインにどこまで関与しているか不明である。なお、唐沢はこの抱き枕の「特許」を持っていると日記で書いているが、それが誤りであることについては「トンデモない一行知識の世界2」を参照。


 80冊以上の著書があるが、最近は、応援している劇団のために脚本を書いたり、自ら舞台に立ったりする仕事が多い。

「長いセリフを覚え、舞台の上でダンスまでする。脳の若さを保つには、これが一番いい。もっとも、そろそろ次の執筆活動予定もつまってきたんで、本業に戻るつもりです」

 「応援している劇団」のブログを炎上させたり、「うちの劇団」と呼ぶのはいかがなものか。それにしても、唐沢俊一と「あぁルナティックシアター」の関係っていかにも中途半端だよなあ。「応援している」だけにしては深入りしすぎているように感じるし、かといって正式に参加しているわけでもない。

 次に「仕事」ということは、「あぁルナ」の協力をすることで何らかの利益が発生しているということ? 小劇団は儲からないという話ばかり聞くからなあ。

 あと、「脳の若さを保つには、これが一番いい」って、劇団でエクササイズしないように。ジムにでも通えばいいじゃん。それと、唐沢俊一の「ダンス」は怖いよ。

D

3分20秒あたりから舞台中央に注目。

 

 もしかすると、今回の記事を「本業」のために使うつもりなのかもしれないけど(朝日新聞に載ったというのは効果絶大だろう)、まず最初に朝日新聞出版から『本を捨てる!』をちゃんと出さないと。延期がとうとう半年になってしまった。朝日新聞出版から本が出ない人が朝日新聞で「本業に戻りますよ!」とアピールしているのも何がなんだか…。


 唐沢俊一はいわゆる三大紙の中でも「朝日新聞」に登場することが極めて多かった(2009年10月22日の記事を参照)が、やはり「ともだち」がいることが大きいのだろうなあ。しかし、ここにきての露骨にコネクションを感じさせる記事の掲載はなかなか興味深い。朝日新聞』批判を得意技にしている『週刊新潮はこの件を取り上げればいいのでは。


タコシェにて夏コミの新刊『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』通販受付中です。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp

芸能界本日モ反省ノ色ナシ (〔第1弾〕)

芸能界本日モ反省ノ色ナシ (〔第1弾〕)

古本マニア雑学ノート (幻冬舎文庫)

古本マニア雑学ノート (幻冬舎文庫)

トンデモ創世記 (扶桑社文庫)

トンデモ創世記 (扶桑社文庫)

デュードデュード 2010/09/11 17:26 世の中言ったもん勝ちですね(笑)

kensyouhankensyouhan 2010/09/11 17:59 コメントありがとうございます。

そうでもないですよ。
このブログを見ていればよくわかるように、適当なことを言ったらあとから突っ込まれまくりです。

アッシュアッシュ 2010/09/11 18:49 「実用新案出願中」もガセです。
抱き枕で出願しているのは特許。
これらは互いに関係があるものの別個の制度です。
また、実用新案は特許と違って通常は出願後数ヶ月以内に登録になるので、出願から何年も経っているのに「出願中」ということはありません。

通行女子通行女子 2010/09/11 19:32 内容とは無関係のタイトルに反応してしまいました。
素敵、素敵よ、ダン!は名ゼリフだと思います。

通行女子通行女子 2010/09/11 19:34 あ、言いたかっただけなのでレスは不要です。

藤岡真藤岡真 2010/09/11 19:44 特許は出願後、「出願審査請求」しなければ審査してもらえずに、特許として認められません。それよりなにより、すでの製品化して通販で売っているようなものは「新規性」がないと判断されるので、絶対に認められません。午前中に記者発表して、午後出願して無効となった例があるくらいですから。

ロン・ジェレミーロン・ジェレミー 2010/09/11 19:59 朝からあまり機嫌良く出社できませんでした。
よその部署の記事に介入する気も、力もないですが、これは問題のある記事です。
科学医療に携わる記者が、利尿剤の処方を頻繁に日記に書いている人を健康欄に登場させてはいけません(利尿剤を飲んでいるからこういうところに気をつけている、という切り口なら別ですが)。
広報担当者が勤務する月曜日からは、抱き枕の販売先を教えろ、という電話が相当な件数かかってくるでしょう。かなりの影響力がありますから、唐沢さんは仕事が増えるかもしれませんね。
記事に問題があると判断された方は、お住まいのエリアにある各本社(東京・大阪・名古屋・福岡)の広報担当(組織名が変わりましたが一般の方にはわかりにくいので「広報」とします)までお電話下さい。
ウェブでのお問い合わせはこちら。
https://se01.asahi.com/reference/form.html

ご連絡いただく際には、必ず記事をお読みいただいた上でどこが問題なのかを整理していただくと、今後の紙面制作の参考になります。小社には、毎日膨大な数のご意見やお問い合わせがあり、有り難い励ましやご叱責から、ただの嫌がらせ、「今朝の『ののちゃん』のオチが理解できない」といった様々なものが含まれています。根拠に基づいた価値あるご意見は必ず報道現場に上げられ、報道、編集の上層部も目を通します。感情的な「唐沢憎し」の内容では逆効果になるでしょう。読者の皆様の声がもっとも力があるのです。
私は「新・UFO入門」初版を図書館で借り、「漫棚通信」と読み比べました。状況証拠だけですが、唐沢さんの大学入学や卒業にも個人的には懐疑的です。盗作や学歴詐称の疑いの濃い人間を、点検なしに持ち上げるのは紙面管理のリスクが大き過ぎると判断しました。皆様におかれましても、ご自身で記事を読まれた上で、説得力のあるお声を小社にお届け下さいますようお願いいたします。

ロン・ジェレミーロン・ジェレミー 2010/09/11 20:02 広報は北海道支社にもあります。冷静で的確なご意見をお待ち申し上げます。

gurenekogureneko 2010/09/11 20:29  井上雅彦監修の異形コレクションの第四巻『悪魔の発明』(廣済堂・1998)には、森岡浩之執筆の『決して会うことのない君へ』という作品が収録されています。
 主人公はふとした切っ掛けから、様々なパラレルワールドの自分と入れ替わり続ける体質になってしまいます。
 入れ替わる度に学歴や人脈が変化してしまい、当初は右往左往します。逆に各世界にいる周囲の人にとっては、主人公は突然反応が変化する人物に見えるというわけです。
 やがて主人公は、どんなに努力してもその成果を享受するのは所詮別の自分だという事に気付き、全く努力をしない廃人になってしまいます。

 大昔に読んだ話なのですが、貴記事を読んでいる内に急に思い出したので、ご紹介します。

蘭月新十郎蘭月新十郎 2010/09/11 20:47 >「長いセリフを覚え、舞台の上でダンスまでする。脳の若さを保つには、これが一番いい。もっとも、そろそろ次の執筆活動予定もつまってきたんで、本業に戻るつもりです」

藤岡さんの方にレスしてから、なんとなく読み返して引っかかったのがこの部分。仮に売れっ子のボクちゃんがシャレで協力していたとしても、執筆活動が入りましたので応援はこれまでです、コレハコレハ。みたいな発言としか思えないので結局「うちの劇団」扱いなんでしょうね。そろそろ“次の執筆活動”ってまず「本を捨てる」を出さなきゃ作家としての信用はないでしょうに、また大風呂敷を広げている。本当にその場その場「カッコイイ俺は業界人でアリンスkensyouhan
、コレハコレハ」って演出できれば、自己設定も、雑学の破綻もOKなんですね。

kensyouhanさん。この人、自分に酔っているだけです。酔えれば「応援」でも「ホッピー」でも構わないのです。

蘭月新十郎蘭月新十郎 2010/09/11 20:53 (↑)すみません。なんか間違えてます。訂正します。
>本当にその場その場「カッコイイ俺は業界人でアリンスkensyouhan
>、コレハコレハ」って演出できれば、自己設定も、雑学の破綻もOKなんですね。

本当にその場その場で「カッコイイ俺は業界人でアリンス。コレハコレハ」って演出できさえれば、自己設定も、雑学の破綻もOKなんですね

猫遊軒猫八猫遊軒猫八 2010/09/11 22:40 >コネが疑われるような起用はいかがなものだろうか。次は山本弘会長が登場したりして。
なきにしもあらず、と警戒しております。

yonocoyonoco 2010/09/11 22:52 寄り道やムダに見えることも正解があって初めて容認される話で、道間違いしてるだけだと思いますよ>唐沢さん
それにしてもヤバいのになんで唐沢さんを使うのかしら?

個人投資家個人投資家 2010/09/11 23:18 クレージーキャッツの谷啓氏が亡くなった。
唐沢には絶対「追討」を書かないでもらいたい

コミケ嫌いなら来なきゃいいのにコミケ嫌いなら来なきゃいいのに 2010/09/11 23:46 次のコミケは藤岡真と一緒に参加して下さい。

>コミケにいかない理由。昨年オタクの群れに当たって気持ち悪くなったから。TOKONくらいでもうぐったり。無理矢理用事を作ったのね。さてそちらに出向くか。
http://twitter.com/shinfujioka/status/21191467966

>報告班がなにも報告してこない(酔いつぶれているんじゃあるめえな)ので、コミケに関しては未だ何も書けません。おい。
http://twitter.com/shinfujioka/status/21217074567

>まともな報告も出来んのか、わが「報告班」。
http://twitter.com/shinfujioka/status/21267451571

>報告班から不必要に詳細なメール。結論、いかなくて正解。
http://twitter.com/shinfujioka/status/21272264585

二毛猫二毛猫 2010/09/12 10:06 理系の学部に入るとレポートやら何やらで「引用」について厳しく
指導されると思うのですが、本当に東北薬科大学に入ったどうか疑問を感じます。



あと、検索してみたら「抱き枕」の特許は現時点で審査請求中のようですね。

とりあえず出願→(試験的に)販売→売れ行き次第で審査請求するかか撤退するか決める

という流れもあるとは思いますが、意匠や商標も押さえておかないと
商売としては危険な気がします(この件に関しての時系列について詳しくないので
実際には 通販開始→特許出願 という無意味なことをしているのかもしれませんが)

NNTNNT 2010/09/12 13:07 盗作問題のほとぼりが冷めた、と今さら思ってるのかな>唐沢氏。
本当に著作の仕事を続ける気持ちがあれば、締め切りは守るし、セルフカバー記事なんか書かないだろうし、
何より、きちんと謝罪して筋を通すわけで。
それに健康に気をつけてるなら、内容が無い日記で得意気に飲酒の事書く事も無いわけだし。
売れなかった枕を今さら持ち出して、旨い商売しようって事なら唐沢氏の窮状を思われたり。
自分は通販生活のカタログでこの枕を見たのですが、鉄板のベストセラー第一位のメディカル枕に勝てるわけないのに、
何故こんな商品載せたのか不思議でした。
しかも唐沢氏には清潔感全く無いし。
余談ですが、メディカル枕はイビキのうるさい自分の父に使わせたら、イビキが大分なくなったそうなので、人気のわけがわかりました。

kensyouhankensyouhan 2010/09/12 21:36 コメントありがとうございます。

>アッシュさん
じゃあ、どうして「実用新案」なんて話になったんでしょうね。うーん。

>通行女子さん
自分はコサキンのネタとして知ってるくらいなので。

>藤岡さん
実際に審査された場合、あの抱き枕に特許が認められるのかどうか。

>ロン・ジェレミーさん
今回の記事も事情を知らない人が読めば素直に感心してしまうかもしれません。それを狙ってのことなのかもしれませんが。

>gurenekoさん
唐沢俊一とパラレルワールドをテーマにしてひとつ小説が書けないものか。

>蘭月新十郎さん
朝日の記事を通じて出版業界にアピールするより朝日新聞出版から本を出すのが先だろうと。

>猫八さん
まあ、やりたければどうぞ、と思いますけど。「コネで起用した」と思われたくない、とか考えないのかなあ。

>yonocoさん
唐沢俊一の周囲の人々は友情に篤いのです。

>個人投資家さん
クレージーに詳しくないのはもうバレているんですけどね。

>コミケ嫌いなら来なきゃいいのに さん
その件は藤岡さんにお伝え下さい。

>二毛猫さん
どこの大学でも引用の仕方はちゃんと教わると思いますけどね。

>NNTさん
文章を書くのが好きじゃない、というのが傍から見ていてもよくわかるので、「本業」に復帰できるかどうか疑問です。

アッシュアッシュ 2010/09/13 19:44 kensyouhanさん

意外かもしれませんが、特許など出願する人の中には、自分がどんな権利を取ろうとしているのかよくわかっていない人が結構います。
抱き枕については、唐沢は「発明者」であるけれども「出願人」ではありません。
いわばアイディアだけ出してあとの手続きはお任せという立場です。
なので、唐沢は、何を出願したのか理解していない(あるいは誤解している)可能性が大と思われます。
下手をすると出願の内容に目を通していないかもしれません。