Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2010-09-25

SOME湾(湾! 湾!)

17:58

(水域面積が)ちっちゃくないよ!


 今回は『ラジオライフ』11月号掲載の『唐沢俊一トンデモ都市伝説探偵団』「伝説その11 東京湾のシャコは何を食う…!?」を取り上げる。ちなみに、今回の唐沢俊一の近況は『ブロークン・ドイッチェ』の宣伝。もはやそっちが本業か。


 まず、少年探偵すばるがこんなことを言っている。

(前略)大沢在昌の小説では中国人マフィアが浮かんだりしてますけど、ドラム缶にセメント詰めにして沈められたりするのも定番ですよ。聞いたところでは東京湾で工事する業者はドラム缶が引き上げられても、いちいち警察に届けると工事が中断されるので、なかったことにしてまた沈めちゃうとか

 「中国人マフィア」限定でセメント詰めにされているのだろうか。星新一『進化した猿たち』では、夫が妻をセメント詰めにして殺すネタだけで一章を費していたっけ。アメリカ人、好きなんだなあ。


 この後、いわゆる「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の話になる。赤字はカラサワ探偵長。

この話で興味深いのは、最初は家の近くにそのドラム缶を捨てようとしたんだが、少年たちが“家の近くに捨てると化けて出るかもしれない。東京湾に捨てよう”と話し合ったと言うことだな。東京湾なら化けて出ない、という発想はどこから出たものか…


海は鎮魂の力がある、ということなのかもしれませんよ。(後略)

 ここを読んで本当にひっくりかえった。どうしてそんな話になるんだ? …いや、単純に「家から遠い場所に捨てたかった」だけでしょ? トンデモないな。

 ただ、このすぐ後に東京湾観音の話になるので、「だから、“海は鎮魂の力がある”とか言い出したのか…」とわかる。…驚異の構成力としか言いようがない。知っているネタをぶちこめばいいってもんじゃないって。


東京湾が(本当かどうかはしらないが)コンクリ詰めにした死体の投げ場として有名になったのは、この辺りが極めて複雑な地形を有しているからでもあるな。内湾(北側)は水深200m程度だが、南側の外湾に入るといきなり数百mから千mまで深くなる。ここに落ち込めば死体も滅多には上がらない。かなりヘンテコな生き物もいろいろいるらしいぞ。

 まず、東京湾の内湾の平均水深は17mで、最深部が70m第三管区海上保安本部海の相談室)。水深200mというのは動物相でいえば既に「深海」にあたり、深海生物(唐沢言うところの「ヘンテコな生き物」)が棲息している層である。

 もうひとつよくわからないのは、内湾にコンクリ詰めの死体を沈めたら外湾まで流れていくものなのだろうか。「内湾は浅く、外湾は深い」って別に「極めて複雑な地形」でもないしなあ。


 続いて、タイトルにある「東京湾のシャコは死体を食う」という都市伝説を否定した後、弟橘媛が身投げをした話になるが、ウィキペディアを見ればわかることしか書かれていない。

そうか。自動車ナンバーとして有名な“袖ヶ浦”というのは、弟橘媛の袖が流れ着いたという伝説からきた地名なのだな。現代人にも密接に関係している伝説といえるなあ

 地名の由来にいちいち感心していたらキリがない。それに、「船橋」「木更津」「富津」「国府台」もヤマトタケルに由来する地名であるとされている。千葉以外では「焼津」が有名だね。


東京は“あずまのみやこ”って意味ですが、“あずま”というのは日本武尊が弟橘媛を偲んで“吾妻はや(わが妻よ)”といったことに由来しているといいます。そういう意味で、東京に住む者にとって、東京湾はまさに自分たちのルーツですね

 弟橘媛が東京湾に身を投げた→ヤマトタケルが妻を偲んだことから「あずま」という言葉が生まれた→東京は「あずまのみやこ」→東京湾東京に住む者のルーツ


 …どうしてそうなるのかまったく理解できないッッ! ガセ以前に文章力・論理的思考力がヤバいって。だが、カラサワ探偵長はこのように返している。

おい、すばる、今日は随分と冴えているじゃないか

 あまりにも冴えすぎである。東京が大好きなカラサワ探偵長はルーツである東京湾にお帰りになった方が…。


 今回はガセ以前にどうしてそういう展開になるのか?と驚くことが多かった。『ラジオライフ』の編集者は気にならないのかなあ。紙面を埋められさえすればいいというスタンス?

 まあ、「海には鎮魂の力がある」というのならゴジラオキシジェン・デストロイヤーで倒されたのが東京湾であることにも触れておけばよかったのではないかと。東京湾観音といえば『千里眼』の水野美紀はよかったなあ、とかそんな具合に楽しい記憶を掘り起こしでもしなければやっていられない気分。人間はどこまで劣化できるものなのか。


D

作詞:サエキけんぞう

WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]

WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]

WORKING!! 9 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)

WORKING!! 9 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)

ラジオライフ 2010年 11月号 [雑誌] (アマゾン文庫)

ラジオライフ 2010年 11月号 [雑誌] (アマゾン文庫)

進化した猿たち (〔1〕) (新潮文庫)

進化した猿たち (〔1〕) (新潮文庫)

ヤマトタケル [DVD]

ヤマトタケル [DVD]

ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

千里眼 [DVD]

千里眼 [DVD]


タコシェにて夏コミの新刊『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』通販受付中です。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp

SawaharaSawahara 2010/09/25 19:08 >この話で興味深いのは、最初は家の近くにそのドラム缶を捨てようとしたんだが、少年たちが“家の近くに捨てると化けて出るかもしれない。東京湾に捨てよう”と話し合ったと言うことだな。

もう読んだ瞬間「絶対に違う」と。こう呼吸するように出鱈目を吐かれると。

yonocoyonoco 2010/09/25 20:00 本当に埋め草記事なんですねえ
でたらめ書いても気付かれないくらいの…

しかし東京云々は本当文章として酷すぎます…

トンデモブラウトンデモブラウ 2010/09/25 22:47 この文章(?)も読み返して吹き出してるとしたら、戦慄する。

NNTNNT 2010/09/26 00:21 >極めて複雑な地形
ならば駿河湾は深いですよ、ザンボット3も沈んでいた位ですし。
そういえば主人公の家は焼津の網元ですね。草薙って地名もあるし。

O.L.H.O.L.H. 2010/09/26 07:40  東京湾ではなく富士の樹海に捨てると言ったヤツもいたようですが、それは富士山に鎮魂の力があるからだとでも?、カラサワ痰低腸。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/josikousei.htm

蘭月新十郎蘭月新十郎 2010/09/26 09:08 ヘンテコな生き物って一体何? 具体例が出せないのなら書かないほうがいいかと。そういう生き物が住んでいてもガセとしか受け取れません。
東京湾ならゴジラでもなんでも怪獣の話題に触れられるでしょうに。オタク第一世代(自称)はこれだから(笑)。

藤岡真藤岡真 2010/09/26 10:17 >『千里眼』の水野美紀はよかったなあ
 その水野美紀が「ねえ、チュウして」とキスをねだったのが、唐沢なんですよねえ。

栃尾ジョー栃尾ジョー 2010/09/26 14:41 大阪の海が悲しい色なのは、みんなが悲しみを捨てに来るからという話もそのうちやりそうだ。

ラーオラーオ 2010/09/29 00:09 蘭月新十郎さん>
ヘンテコな生き物→海から来た機械とか。深きものどもとか。

kensyouhankensyouhan 2010/10/02 18:38 コメントありがとうございます。

>Sawaharaさん
参考文献として『実録戦後殺人事件帳』(アスペクト)が挙げられています。

>yonocoさん
誤字脱字はチェックしているのかな。

>猫八さん
ブログでの解説は興味深かったです。

>トンデモブラウさん
こっちは別の意味で吹き出しますが。

>NNTさん
東京湾にはMATの基地もありました。

>O.L.Hさん
残虐な事件の犯人からいきなり「鎮魂」が出てくるものなのかと。

>蘭月新十郎さん
ミツクリザメとか。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080831.html

>藤岡さん
アクションができて『グリーンマン』が好きなんだから、本当にいい女優さんです>水野美紀

>栃尾ジョー さん
「大阪ベーブ・ルース」と間違えるとか。