Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-01-04

「唐沢俊一検証本VOL.4」販売開始。

12:36

タコシェにて夏コミの新刊『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』通販受付中です。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo


 タコシェで新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販が開始しています。冬コミに来られなかった方はこちらをご利用してください。また、タコシェの店頭でも販売しています。



 唐沢俊一が新年早々「追討」している。

ジェフリー・クローリー

佐野洋子

 ジェフリー・クローリーの「追討」中の

しかし彼はトンデモをあばいて、信じるものの愚鈍を

あざ笑うような偏狭な懐疑論者ではなかったようだ。

という一節には「と学会に同様の問題はないのか?」と思ったが、それ以上に佐野洋子の「追討」は最近の「追討」の中でも唐沢俊一らしさが発揮されたかなりの「傑作」である。

しかも『100万回生きたねこ』はたぶん、谷川氏の全ての詩作

を軽く飛び越えた名作である。言葉をきらびやかに飾る天才で

ある谷川俊太郎に比べ、佐野洋子は言葉から虚飾全てをべりべりと

はぎとる天才であった。

佐野洋子を持ち上げるために谷川俊太郎を落としている。毎度の事だが、本当にこれしかできないんだね。「谷川氏の全ての詩作を軽く飛び越えた名作」と言い切れるほど唐沢は谷川俊太郎のことを知っているのだろうか。

この究極の愛を描いた作者である佐野洋子氏は、結局2回の結婚に

失敗して、一人で孤独に亡くなった。それはそれで自分で認めて

いた死に様であったらしいが、次の生では、ぜひ、輪廻最終の

パートナーに恵まれることを祈る。

黙祷

これもおなじみの「故人の晩年は不幸だった」と決め付けるパターン。…いや、結婚に失敗した人がみんな孤独とは限らないって(佐野洋子の葬儀の喪主長男が務めている)。それなら、現在奥様と別居中の唐沢俊一は孤独なんだろうか? 「唐沢さん、さぞかし寂しいんでしょうね」と同情されたら嫌でしょ? 逆の立場になって考えて(スリムクラブ風)。

 とにかく、相変わらず失礼きわまりない「追討」なのだが、一番問題なのは唐沢がこれを失礼な文章だと思わずナチュラルに書いてしまっていることではないだろうか。日記と一緒に「追討」も休んだ方がいいと思う。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/01/04 15:06 >しかし彼はトンデモをあばいて、信じるものの愚鈍を
>あざ笑うような偏狭な懐疑論者ではなかったようだ。

ジェフリー・クローリーを持ち上げるために山本弘をドブに落とすなんて、なかなかやってくれるな唐沢

yonocoyonoco 2011/01/04 20:06 >この究極の愛を描いた作者である佐野洋子氏は、結局2回の結婚に
>失敗して、一人で孤独に亡くなった。

本当このパターンの追討しかできないんですね…

タレコミですタレコミです 2011/01/04 22:20 本物の唐沢先生ことなをきさんのブログで同居してた期間が書かれていました。

http://blog.nawosan.com/archives/51742373.html

検証の一助となれば幸いです。

tkturbotkturbo 2011/01/10 21:34 本日タコシェにて購入しました。

見たところ私の購入分が最後の1冊であったように思えたのですが…

kensyouhankensyouhan 2011/01/11 03:21 コメントありがとうございます。

>栃尾ジョー さん
唐沢が「と学会」に在籍していることがとても不思議です。

>yonocoさん
そうですね。

>タレコミですさん
情報ありがとうございます。そのうち取り上げてみます。

>tkturbo さん
ありがとうございます。
おそらく在庫がまだまだあると思います。『エヴァ』検証に力を入れたので多くの方に読んでいただけるとうれしいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20110104/1294112201