Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-02-19

キャラだもん!

16:24

タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo


 Twitterでの『クイック・ジャパン』インタビュー問題、まだ続いてますが…、いやあ…すごいね! もっとも、こんなに騒がれているのに、唐沢本人が一切関与せず、なおかつ何ら本人のプラスになっていない、と考えると微妙な感じ。たぶん本人もウォッチしているとは思うので、リアクションを希望。


 で、吉田豪さんにはネタにされてしまった。

唐沢俊一盗作検証サイドの分裂騒動とでもいうべき出来事を、KARA分裂騒動と省略したくなる。

 こっちも事務所((株)東京文化研究所)とあまりいい関係とは言えませんね。…まあ、「分裂」するほど組んでいたわけでもないんだけど、盛り上がっているようなので、ボク的には問題なし!(一応吉田さん風)

 それから、「KARA分裂騒動」で言えば、唐沢兄弟の分裂騒動の方が興味深いのではないかと。「いばりんぼ」「うそつきくん」を読むと、弟さんには思うところがありそう。


 それから、吉田さんのツイートで他にも興味深いものがあった。

 その1

ちなみに「吉田豪ミスター高橋本に涙を流して抗議した」発言について、唐沢さんは「『唐沢はオタク大賞で吉田さんのことを悪く言ってました』ってたってTwitterで吉田さんにタレ込んだ奴がいましたけど、あれはフレッド・ブラッシーと同じで私が悪役キャラを演じただけ」と言ってました。

 その2

オタクのボスとして悪口を求められるから、ヒールを演じただけ」ってことでした。

 最初に事実関係を確認しておこう。問題になっている唐沢俊一の発言は、日本オタク大賞2004』でのもの。『日本オタク大賞2004』(扶桑社)P.216より。

(前略)それこそミスター高橋の本にさ、ターザン山本とか吉田豪とか大槻ケンヂとかがみんな涙を流してこれに抗議する本を出したことがあったけど、バカでないか、お前らはってね(笑)。マジメにやってたと思ってたのか、アレを。

 しかし、そのような事実はない(詳しくは2009年11月7日の記事を参照)。吉田さんもターザンオーケンミスター高橋の暴露に抗議をしてないことくらい、プロレスに多少興味のある人ならすぐにわかると思うのだが。ともあれ、唐沢が事実誤認に基づいて発言をしたこと、これは間違いない。

 だから、唐沢は吉田さんに「ウケ狙いで適当なことを言っちゃってごめんね」と謝ればよかったのに、どういうわけか「キャラを演じていた」と言い訳をしているから話がおかしくなる。そりゃあ、永山薫さんにも笑われても仕方ない。今号の『クイック・ジャパン』には永山さんと昼間たかしさんが都条例の問題について書いているので、こちらも要チェック!

 第一に、キャラを演じていたからといって間違ったことを言っていいわけがない。まあ、「間違ったことしか言わないキャラ」なら許されるかもしれないし、実際のところ唐沢はそのようなキャラになってしまっているのだが。

 第二に、これが正直信じられないのだが、「キャラ」のことを軽々しく考えすぎ。だって、村崎百郎の事件があったばかりなのに。彼はまさしく「キャラ」を全うした(してしまった?)わけだし、さらに言えばかつて唐沢の身近には潮健児という人もいたわけで、この2人の存在を知っていれば「キャラ」を言い訳に使う発想など出てこないのではないか。ダメ押しとして、ヒール中のヒールであるブラッシーの名前まで出しているあたり、的確に地雷を全部踏んでいっているのに不愉快を通り越して逆に感心する。カンボジアアフガニスタンに行ったら役に立つかも。

 あと、これはいつものことなのだけど、キャラを演じていたことを他人のせいにしている。もし本当にそんなことを頼んだ人がいるのなら、「唐沢さんはプロレスができる人じゃないんだよ!」竹熊健太郎さん風に説教したいところ。なお、「日本オタク大賞2004」の模様は「裏モノ日記」2005年1月8日を参照してほしいが、おぐりゆかがアシスタントだったのね。


 …しかし、「あたしって、こーゆーキャラだからぁ」と50歳を過ぎた人がアピってるのがそもそも面倒くさすぎる。「本人がどのようなキャラを演じているのか」よりも「周囲にどのようなキャラだと認知されているか」を気にした方がいいと思う。「いばりんぼ」「うそつきくん」など多彩なキャラの持ち主ではあるので、それを生かせる舞台をセッティングできれば…。


D

篠原ともえはわりと好き。

キャラだもん

キャラだもん

日本オタク大賞2004

日本オタク大賞2004

村崎百郎の本

村崎百郎の本

星を喰った男

星を喰った男

地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]

地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/02/19 16:45 >…しかし、「あたしって、こーゆーキャラだからぁ」と50歳を過ぎた人がアピってるのがそもそも面倒くさすぎる。「本人がどのようなキャラを演じているのか」よりも「周囲にどのようなキャラだと認知されているか」を気にした方がいいと思う。

鏡の中で夢をみていたい、影絵のように美しい物語だけ見ていたい唐沢俊一は今年53歳になる。
ダメだ!ハゲに「センチメンタル・ジャーニー」は無理。

聞く耳ない、読解力ない、そこが危ない 演技力ない、話芸もない、でも止まらない
そんな唐沢を「NAI NAI 53」と呼ぶ

こんなベタなバカ親父はオトメチックなマンガでもまず見当たらないぜ(by秋山真之)

古賀古賀 2011/02/19 18:38 >もっとも、こんなに騒がれているのに、唐沢本人が一切関与せず、なおかつ何ら本人のプラスになっていない、と考えると微妙な感じ。

唐沢さんの「引用ミス」という言い訳を信じている人はまるでいないということがツイートを見ていると確認できますからね。
本人が見たら幻想を打ち砕かれた気分になるでしょう。

>たぶん本人もウォッチしているとは思うので、リアクションを希望。

twitter無用論をブチあげるのでは。

NNTNNT 2011/02/19 22:01 QJの唐沢氏インタビュー、ちゃんと読みました。
面白くはないって、素材がアレですから仕方ないですけど。
ちゃんと読んだら吉田豪さんの苦労が伝わってきました。
>元の原稿ではもっと深刻に悩んで愚痴をこぼしてる感じ
と吉田さんはツイットしてますが、インタビューを読むと唐沢氏本人は愚痴をこぼしていたのではなく、案外意気揚々とベラベラしている印象を受けました。
唐沢氏からの訂正入ったせいなんでしょうね。
自分は吉田さんのインタビュー仕事は『共犯関係を結ぶ』事だと勝手に思っていて、
お友達同士の雑談ではない、共犯関係という隠されたものが白日に晒される、そのスリルに似たモノが吉田さんのインタビューの魅力だと思っています。
今回は唐沢氏が『共犯』を拒否した。
だから面白くない。
唐沢氏を選んだ編集部の人選ミスですね。

kensyouhanさんの
>「唐沢さんはプロレスができる人じゃないんだよ!」
というのは力強く同意したいです。
以前、ジャイアント馬場夫人が「プロレスに大切なものは信頼」と言っていました。
リングの外はともかく、リングに上がったら対戦相手を信頼してお互いをさらけ出しあい投げ出しあうのがプロレス。
信頼関係がなきゃ小細工なんか通用しないし、そもそも信頼関係築けない人間が出来るものではない。
出来たとしても、タダの片ヤオで不様なだけ。

キャラで押し通すつもりなら、デーモン小暮閣下並みの腹の腹の据わりが必要でしょう。
その覚悟も無く逃げに使うとは、唐沢氏にはマスカラ・コントラ・マスカラの重要さも分からないでしょうね。

yonocoyonoco 2011/02/20 01:58 どんなキャラでも「放言していい」という免罪符にはならないですよね…

>「唐沢さんはプロレスができる人じゃないんだよ!」

ガチンコ出来る人でもないような(--;)

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/02/20 12:25 しかし唐沢ってどんなキャラというかポジションを目指していたのだろうか?
唐沢や唐沢周辺の人達は文化人類学の台頭をリアルタイムで経験した人達に思えるけど、文化人類学用語の「トリックスター」を唐沢は演じようとし周辺の人達も唐沢を「トリックスター」と思い込んでしまったんだろうか?
「自由奔放な行為で旧来の価値観や常識を揺さぶる文化的無頼」といえる「トリックスター」は唐沢のように教養や権威と無縁な人間にとって素のままの自分でもそういう存在になれると勘違いさせるものだったのでは?
山本、木元、藤倉などはそういう唐沢の演じた「トリックスターにまんまと騙されたんじゃないだろうか。
でも金や名声といった旧来の価値観に強く執着してる唐沢が真の「トリックスター」なんてわけ無いけど。
「無頼派」を気取ってるふしもあるけど、吉田氏のインタビューでも再確認されたように普段はワルっぽいポーズをとっていても、
自分に不利な事柄に触れられると「悪いのは他人。俺は全然悪くない」と自己正当化に必死になるように、「悪人」になるのが怖い唐沢に「無頼派」を貫けるわけもなし。
なんか使えねーオッサンだな。

蘭月新十郎蘭月新十郎 2011/02/20 15:07 >栃尾ジョー
>しかし唐沢ってどんなキャラというかポジションを目指していたのだろうか?
それを本人も全くわかってないとしか言いようがないです。

一切方向性を決めないで売れて目立てばなんでもいいという感じ。無頼だ鬼畜だって都合よく使って自分も周りも振り回された挙句に自己設定を管理できないのがまず問題。用語の使い方も、根本から修行とか下積みが嫌いなのと同じ。「キャラ」に関しても、言っちゃえすれば意味がわからなくても、(用語を)理解して(使った用語に対して)結果を出したと思い込める能力があるようです。サブカルチャー(笑)、業界人になれればなんでもいいという人の行き当たりばったりが、偶然「トリックスター」化したんじゃないかと。
この偶然の産物が一番凶悪なのです。

蘭月新十郎蘭月新十郎 2011/02/20 15:10 栃尾ジョーさん、敬称入れ忘れました。無礼をお許し下さい。

kensyouhankensyouhan 2011/02/20 21:30 コメントありがとうございます。

>古賀さん
今回の件でやっぱりイベントをやりたくなりました。「本人いなくても盛り上がるじゃん」と思ったので。
舞台中央に唐沢俊一の巨大な写真を掲げて在りし日の思い出を語るという形式にしたいですね。…あ、それじゃ、追悼集会だ。

>NNTさん
いや、「プロレス」というのは竹熊さんの表現に倣っただけですので。

>yonocoさん
伊勢丹前で唐沢さんを(以下略)

>蘭月新十郎さん
唐沢さんが思っているより周囲の評価は高くないような気もします。
「テキトーに聞いている分にはいい」というのをどう評価するかですね。
「そこまで堅苦しくなくていいじゃん」と前向きに評価するか、「マジメな話はできない」と否定するかで違ってくるかな。