Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-04-25

「日本トンデモ本大賞2011前々月祭」の感想。

12:14

タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo


 昨日、新宿ロフトプラスワンで開催された「日本トンデモ本大賞2011前々月祭」が「ニコニコ生放送」で放映されたので観てみた(タイムシフト視聴できます)。

 生放送では来場者が20000人を越える盛況で、視聴者からのコメントもおおむね好評だった。まあ、唐沢俊一が登場すると「盗作」云々というコメントもいくつか流れてはいたが…。唐沢はいつも通りだったけど、眠田直の声の調子が悪かったのが気になった。


 今回の候補作は以下の通り。


苫米地英人『あなたは常識に洗脳されている』(大和書房)

大川隆法『宇宙人との対話』(幸福の科学出版

東宝映画監修『「ゴジラ東宝特撮未発表資料アーカイヴ プロデューサー・田中友幸とその時代』(角川書店

中丸薫・菅沼光弘『この国のために今二人が絶対に伝えたい本当のこと』(ヒカルランド)


 …以前「トンデモ本大賞」を観覧した時にも思ったことだが、著者の名前だけで「トンデモ本」だと読まなくてもわかってしまう本を取り上げるのはどうかと思う。「ゴジラ」本以外はみんなそうだもの。山本弘会長ひとりで候補作を選んでいるとどうしてもそうなってしまうのかもしれないが。

 ただ、今回は初めての「ニコニコ生放送」なので、わかりやすい本を取り上げた方がアピールしやすい、と考えることもできる。「トンデモ本大賞」を生で観たことのない人も多いだろうから。大川隆法の本を取り上げるのは意外にも初めてだというし、苫米地英人の本の内容はタイムリーなものだった(もっとも、震災原発をテーマに話をするのは難しいとも思った)。会長が付箋のたくさん貼られた本をパラパラめくって紹介するのも、会場で観た時より多少はまだるっこしくなかった。今後もイベントを生放送してほしい。

 今回のイベントで一番話題をさらったのは、「選外」として紹介された松平龍樹メガネっ娘凌辱大戦』(マドンナメイト文庫)の壮絶な誤植Amazonのレビューを参照)であった。唐沢俊一を検証していて誤植には慣れっこの自分もビックリ。「なにしろ、 ……とはいえ」以上だ。あと、会場では誰も指摘してなかったようだけど、『メガネっ娘凌辱大戦』冒頭の「諸君、私は○○が好きだ」は『HELLSING』の少佐の演説がモトネタだよね。公式サイトの紹介文でも「拘束術式」とか出ているし。まあ、ヒラコーさんもメガネっ娘好きなのだが。でも、この作品で会場や「ニコ生」の視聴者が一番沸いたというのは、他の候補作がパンチに欠けていたことを意味しているのかもしれない。

 個人的には、コンノケンイチが「『トンデモ本の世界』が出て以来講演の依頼がなくなった!」と激怒していた話が面白かった。もちろん、会長たちは「それはと学会のせいじゃないですよ」と言っていたのだが、同じように数々の検証のせいで唐沢俊一や「と学会」に実害が出たはずがないですよね、ええ。


 

 「ニコ生」を見た限り、6月11日に開催される「日本トンデモ本大賞2011」はなかなか盛大にやるようなので、「もしかすると「と学会」はこのイベントで…」などという懸念は要らぬ心配だったようで一安心。私は行かないが盛り上がって欲しいものだ。…いや、行っても特にやることを思いつかないので、今のところは行くつもりはありません(もちろん気が変わる可能性はある)。唐沢さんの新刊が出ていれば投票しに行ったかもしれないけど。


 …あ、そうだ。「ニコ生」の放送前に「と学会」と唐沢俊一の新刊のお知らせが告知されていたのだった。ここでも紹介しておこう。まず、「と学会」の新刊から。


トンデモ本の大世界』(アスペクト)―6月初旬

トンデモ本の世界X』(楽工社)―6月上旬


 『大世界』は「と学会」のこれまでの活動をまとめたものになるとのこと。

 次に、唐沢俊一の新刊の情報。


『訃報〜僕たちを作った人々〜(仮)』(ぶんがく社)―6月中

都市伝説探偵団』(ごま書房)―時期未定

 

 おお、「追討本」、ちゃんと出るんだ。よかったよかった。6月中に出るなら夏に出すレビュー本でも取り上げられる。ぶんがく社は協力書籍で『文筆業サバイバル塾』を扱っているからその関係かな。

 あと、『都市伝説探偵団』は『ラジオライフ』で連載していた『唐沢俊一トンデモ都市伝説探偵団』をまとめたものなんだろうけど、「何故三才ブックスから出ないのか」「分量は足りるのか」など気になる点がある。『トンデモ都市伝説探偵団』は連載1回目から大変なことになっていたから、そこはきちんとしてほしいところ。

あなたは常識に洗脳されている

あなたは常識に洗脳されている

宇宙人との対話 (OR books)

宇宙人との対話 (OR books)

HELLSING 戦争Tシャツ ブラック サイズ:L

HELLSING 戦争Tシャツ ブラック サイズ:L

桃李庵主人桃李庵主人 2011/04/25 17:20 >著者の名前だけで「トンデモ本」だと読まなくてもわかってしまう
上級者になると新鮮な驚きを探すのが大変なんですね…。
「その本自体は普通だが、訳者あとがきや解説が変」とかは開拓の余地がまだあるかも。

shimojohshimojoh 2011/04/25 18:30 >「その本自体は普通だが、訳者あとがきや解説が変」
ハヤカワ文庫版「星を喰った男」のことですか?

yonocoyonoco 2011/04/25 21:47 >個人的には、コンノケンイチが「『トンデモ本の世界』が出て以来講演の依頼がなくなった!」と激怒していた話が面白かった。もちろん、会長たちは「それはと学会のせいじゃないですよ」と言っていたのだが、同じように数々の検証のせいで唐沢俊一や「と学会」に実害が出たはずがないですよね、ええ。


「検証本が出て以来連載がなくなった!」
ということはいっちゃダメですよね、それだと(--;)

来訪者来訪者 2011/04/26 21:18  アンチ唐沢の間では、「検証同人誌」が「検証本」、
つまり、著作と言う扱いになるらしい。
 一般の書店では扱ってもらえなにのに、片腹痛いわ。
 お笑いだな。
 検証班氏も、おべっか言われて嬉しい?

 奇妙な過大評価と阿諛追従はみっともないなぁ。

古賀古賀 2011/04/26 22:16 >奇妙な過大評価と阿諛追従はみっともないなぁ。

いや、私の知る限りではその点については唐沢検証周辺はと学会周辺よりはずっとマシですよ(笑)。

yonocoyonoco 2011/04/26 22:17 >来訪者さん
論点ずれてますよ
「唐沢さんやと学会の方がコンノケンイチさんみたいな事いったらブーメランですよね」という話なのに、何故
> 一般の書店では扱ってもらえなにのに、片腹痛いわ。
という話になるのでしょうか?
後と学会も元をたどれば同人誌から始まった訳ですし、その理屈だと唐沢さんやと学会メンバーも傷つけるかと

古賀古賀 2011/04/26 22:56 >大川隆法の本を取り上げるのは意外にも初めてだというし

ああ、それは「我々は普通の人間が見つけないところからトンデモを見つけるのだ」というと学会員特有の矜持でトンデモ本大賞ではあまり取り上げなかったんだと思います。大川隆法本はわかりやすすぎるので。それを今回取り上げたってのはネタ切れじゃないかと。

初期の頃から見てトンデモ本のバリエーションがまるで増えてないところに何か衰退感がありますね。今更『発情期ブルマ検査』の松平龍樹本で気を惹こうってところが。

藤岡真藤岡真 2011/04/27 09:36 どの候補作も「唐沢本」を凌駕できませんねえ。

トンデモブラウトンデモブラウ 2011/04/27 16:03 そうか、ノミネート作品にインパクトがないのは、御大の想像を絶する作品を知っているからなのか。
と学会、小さすぎるゾ。

? 2011/04/27 19:32 いやむしろ、来訪者さんがいみじくも仰ったように、少部数の検証同人誌たったの数冊で既刊の全絶版、連載残り一本、数年ぶりの新刊は本屋に並ぶ自費出版ってあたりの唐沢俊一の現状にブーメランしたのがよくわかって良い。

再来訪者再来訪者 2011/04/29 07:11  恐ろしくも、全ての人が来訪者氏の発言通りの行動を取った。
 彼の発言は至言であり予言でもあったのだ。
 同人誌にすぎない検証班氏の作品を、「検証本」と嘘偽りで褒め称えた自らの
捏造を否定せず、唐沢氏及びと学会批判に話をすり替えるあたりに、
ここに群れ集う人々の思考停止と結論先にありきの姿勢が見えた。
 来訪者氏の先見の明に小生は感服するのみである。

? 2011/04/29 07:16 あはは。

古賀古賀 2011/04/29 08:14 >アンチ唐沢の間では、「検証同人誌」が「検証本」、
>つまり、著作と言う扱いになるらしい。
というのが具体的に何のことを指しているのかわからない意味不明な批判だし

それが
>奇妙な過大評価と阿諛追従
になるというのはもっと意味不明なので、普段の来訪者名義の発言の傾向から考えて単に「いいがかりをつけたいだけの発言」と思われたということでしょう。

至言とか予言とかいう以前に、「人にきちんと意味の伝わる普通の文章」ですらない。

まあ私なら「検証ファンが検証本を著作扱い」にしているというのが一体どういう意味で、それにどういう悪い点があって、そしてそれのどこが「奇妙な過大評価と阿諛追従」にあたるのか、最低限きちんと説明してあってはじめて「真剣に対応するに足る批判」と考えるでしょうね。

来訪者さん、再来訪者さんがどういうところをホームグラウンドにしてここに出没しているか言動のパターンからちょっと透けて見えるけど、ここはあなたの頭の悪い発言にも常に好意的なヨイショのつくクローズドな場所じゃないので

NNTNNT 2011/04/29 10:08 再来訪者さん

コメント欄に書く前に、テキストエディタで内容が人に伝わるか確認してから書きこむと良いですよ。
人を煙にまくような文体で書けば頭良さそうに見えるとかって、厨二っぽいですからお勧めしません。

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/04/29 11:47 >『トンデモ本の大世界』(アスペクト)―6月初旬

>『トンデモ本の世界X』(楽工社)―6月上旬

相も変わらず執筆の担当は山本怪鳥と運営委員ズが独占しているのでしょうね。
山本開帳&運営委員ズにどんどん「と学会」本に無名の人を起用し新たな才能を世に知らしめるくらいの気概があれば、それなりに現在まで「と学会」に存在価値があり続けたと思うのですが、
第一作目と同じ顔ぶれが未だに「と学会」本の執筆も印税も独占してるとあっては「と学会」という既得権益にしがみついている見苦しさしか感じません。
20年???経ってこんな有様では下っ端会員達の山本甲斐町&運営委員ズに対する「奇妙な過大評価と阿諛追従」も度が過ぎるのではないかと。
いやあホント「と学会」下っ端会員の皆さんは我慢強いというか大人というか(笑)

鍋島鍋島 2011/04/29 19:33 と学会の著作の印税は執筆者が担当したページ数に比例して振り分けられるそうです。
と学会の会員は他に本職を持っていて、と学会の活動は趣味でやっている人ばかりですから、そんな微々たる印税などなくても別に困らないのでしょう。

kensyouhankensyouhan 2011/04/29 19:58 コメントありがとうございます。

>桃李庵主人さん
いや、自分は全然詳しくないですけど、そんな人間でもわかっちゃうのがマズいと思います。
夏に出す本では「ウスい人間から見たと学会」について書く予定です。

>yonocoさん
出版不況は怖いですね。

>来訪者さん
唐沢さんも深く考えないで自分の同人誌を受け取ってくれればいいんですけど。

>古賀さん
自分はもっと深読みして「活動休止する間際だから取り上げたんじゃないか?」と思ってしまいました。
休止しちゃえば幸福の科学から抗議されても大丈夫なのでは、と考えたとか。
…あ、でも大川隆法の本が大賞を取ったらどうなるのか、ちょっと気になる。投票してこようかな。

>藤岡さん
>トンデモブラウさん
新しい切り口が欲しいところですね。

>?さん
「ぶんがく社」はもしかすると「文芸社」なんじゃないか?とも思いました。ASIOSが本を出してますし。
もっとも文芸社も自費出版をやってますが。

>再来訪者さん
来訪者さんと同じ方なのでしょうか。

>栃尾ジョーさん
山本会長に負担がなければいいんですけどね。

>鍋島さん
と学会のゴタゴタには経済的な事情もからんでいるのでは?と以前考えたことがありますが、もう一度考えてみるべきかもしれません。

SawaharaSawahara 2011/04/29 21:48 うへェ、なんか臭ェと思ったら来訪者かい。
自分で自分を讃える気持ち悪さはさて置くとして、
同人誌を「本」と言って何が悪い?
「商業出版物以外は本とは認めない」なんて誰が言った?
東京都議会で石原慎太郎が決めたのか?
(まして検証本は雑誌『映画秘宝』でも紹介されてる立派なものだし)
そうやって「私見(俺様ルール)を普遍の真理のように吹かす」のは、
手前ェみてェなやつがらがいつもやるんだ。
「オハヨー、オタケサン、ウレナイライター」とかよ。
罵倒や挑発において効果を現すのにだって智恵がいるんだ。胆に銘じとけ。

鍼医の災難鍼医の災難 2011/04/29 23:54 >「検証ファンが検証本を著作扱い」にしているというのが一体どういう意味で
この人、「著作」=「商業出版の単行本」のことだと思い込んでるんですよ。日本語障害者なんでしょうね、きっと。

>「商業出版物以外は本とは認めない」なんて誰が言った?
来訪者大先生の御説に従えば「遠野物語」「濹東奇譚」各初刊本や「無名詩集」も本ではない、ということになるワケで。ほんと、バカって大変ですね。

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/04/30 12:08 >鍋島さん

情報ありがとうございます。
山本怪鳥の担当ページの多さからみて「と学会」の活動に一番こだわっているのは山本でしょうかね。
本業???のSFは売れてないのか。

鍋島鍋島 2011/04/30 17:05 >栃尾ジョー様

ウィキペディアに書いてありました。憶測で批判する前に批判する対象について検索して調べてみることをお勧めします。

>本業???のSFは売れてないのか。
これも単なる憶測ですね。批判したいのなら売れてないという具体的なソースを示してください。

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/05/01 16:28 >鍋島さん
>ウィキペディアに書いてありました。

ウィキペディアは精度抜群の信頼に値するソースってことですね。

>これも単なる憶測ですね。批判したいのなら売れてないという具体的なソースを示してください。

ハイ、勿論単なる憶測です。
山本の本を書店で見かけるたびに奥付をチェックしてしまうクセがついてしまいましたが、田舎の書店しか回っていないせいか山本の本って第二刷が無いのですよ。
「紙チン」の文庫版以外は
怠惰で暴食で傲慢で色欲な私の代わりに山本の本が売れているという具体的なソースを提供してくださる人が欲しいものです。

元祖来訪者元祖来訪者 2011/05/04 21:07  ウェー、気持ち悪い。
 普通の感覚でも、「本を出した」ってったら、同人誌とかとは誰も
思わないと思うんだけど、来訪者氏の感覚って、そんなに変かぁ?
 それにしても、唐沢氏が自費出版系の出版社から本を出すのが決まったら
「たかが自費出版」という感じで嘲笑するのに、
検証班氏が同人誌を出したら「さすが」と褒め称えるのは
異様なダブスタだよな。
 また、文学史上に残る物を提示して、いわゆる「同人誌」の
価値を故意に暴騰させてまでして、検証班氏の同人誌の価値を
高めるのはかなり変だよ。
 検証班氏はこんな気味悪いおべっか言われて嬉しいの?
 おべっか言う人は自分が情けなくならないの?
 慣れ合いどころか、ホモ的関係かとまで連想しちゃうなあ?
 ハリーさんも来訪者大先生の爪の垢でも煎じて飲み、普通の
感覚を知るべきですね。
 たかが同人誌を賞賛しあう慣れ合い合戦を「気味悪い」と感じる
のは普通の感覚です。

 栃尾ジョーさんは「怠惰で暴食で傲慢で色欲」でなく、単なる無能な方ですよね。
 彼にとっては自分が見た田舎書店が出版界の全てなのでしょうか。 
 正にと学会憎しの結論先にありきの、無考えで無能力で無知で世間の狭い
方のようです。
 出版界も超不況が厳しい中、山本氏の本の刊行が止まらないだけで、
ある程度は売れている判断もできるのに、栃尾氏には
最低限の知識も現状認識も常識もないようです。
 がんばってこれからも根拠なき誹謗中傷をレスして下さい。
 期待しています。

本家来訪者本家来訪者 2011/05/04 23:45 余の辞書に「負け犬の遠吠え」という文字はない。

yonocoyonoco 2011/05/05 01:24 >元祖来訪者さん
普通(一般)の人はこちらのBlogに粘着しませんよ

今までの言動を見る限りあなたが「一般的」にはとても見えません

小蛆軍団小蛆軍団 2011/05/05 04:34 >文学史上に残る物を提示して、いわゆる「同人誌」の
>価値を故意に暴騰させてまでして、検証班氏の同人誌の価値を
>高めるのはかなり変だよ

変なのはアンタ。
鍼医の災難氏は「遠野物語」その他を例にとって来訪者氏を揶揄しただけ。
検証本が自費刊行物だから「遠野物語」と同等の価値がある、などとはひとことも言っていない。
人前で発言したければ人並みの読解力を身につけろ。話はそれからだ。

SawaharaSawahara 2011/05/05 12:16 また来たバカ来呆者のバカ書き込みについて、あたしは2ch唐沢スレで嘲笑されている以上のことはないので改めて何もいいません。

芦原太郎芦原太郎 2011/05/05 19:50 >慣れ合いどころか、ホモ的関係かとまで連想しちゃうなあ?
いつもは書き逃げのくせに、今回はいやに粘着するなあ。お前こそ、唐沢と寝たのか?
あと、「馴れ合い」な。

ぱるぱる 2011/06/21 20:07 >栃尾ジョー様

「地球移動作戦」の文庫版の印税はすべて被災地に寄付されるそうなので買ってやってください。

無力無力 2011/06/22 00:50 それでしたらストレートに義援金として寄付した方が良いのでは。