Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-06-28

よしこさん。

02:38

唐沢なをき夫人のこと。



 明日は唐沢俊一の新刊『スコ怖スポット・東京日帰り旅行ガイド』(ごま書房新社VM)の発売日です。近くの書店に行ってみよう!


 今回はパチスロ必勝ガイドNEO』8月号に掲載された唐沢俊一エンサイスロペディア』第51回「林家三平を取り上げる。なお、文中に「林家三平」「三平」等の表記が多く出てくるが、特に注意がない場合は「初代林家三平」を指していることをおことわりしておく。


 第一、三平という名前は、落語家になった駆け出しの時の名前、いわゆる前座名である。普通、落語家は出世して真打(落語の世界の最高位)になると、それなりの格式と伝統のある名前に改名するのがしきたりであるが、三平は、テレビでお茶の間になじんだ名前を、どんなに出世しても変えようとはしなかった。自分の人気が、何によって得られたものかをよく、わかっていたのだろう。この点、弟弟子にあたる月の家円鏡が、せっかくテレビで売れたその名前を、師匠の名跡を継ぐということで橘屋円蔵(原文ママ)に変えて、知名度が落ちてしまったのと対照的である。

 三平の2人の息子はそれぞれ名跡を襲名して「お茶の間になじんだ名前」を変えているのだが、三平が名前を変えるつもりがなかったかというと、実はそうでもないようだ。五代目柳家小さん『咄も剣も自然体』(東京新聞出版局)P.156〜P.157より。

 (引用者註 柳家小三治って名前については因縁があって、高橋(引用者註 栄治郎)を小三治にした時には林家三平君のおやじが七代目小三治で売れてたのに取り上げて、七代目林家正蔵にしちまったてえことを聞きました。

 だから、三平君が真打ちになる時、「お前ね、おとっつぁんが小三治で売れてたのに、うちの師匠(引用者註 四代目小さん)が無理に取り上げたんだから、おれの小三治をやるが、どうだ?」って言ったら、三平君もおふくろさん(引用者註 海老名うた。七代目正蔵夫人)も喜んで、小三治になるつもりでいたんです。

 ところが、七代目橘家円蔵が、三平君を円鏡にしようとした。それが嫌だったんで、三平という名のままで真打ちになったんです。三平君のかみさんの香葉ちゃんにその話をしたら、「ちっとも知りませんでした」と言ってました。

 五代目小さんの話を見る限り、三平師匠である円蔵には逆らえないので名前を変えなかった、という風に読める。しかし、話をさらに遡ると、海老名家が「林家正蔵」の名跡を八代目(後の彦六)に貸し出すことになったのは、八代目正蔵が小さんの名跡を継ぐことができなかったからなので、どうも因縁がありすぎるというか、かなりややこしい話である。ともあれ、三平が父親にゆかりのある名跡を継ぎたかった、という可能性は大いに有り得るわけで(付け加えておくと七代目正蔵の前座名は「柳家三平」である)、唐沢の解釈には疑問が残る。


 三平のどこが面白かったのですか、と若い人に聞かれて、ちょっと困ることがある。今、記憶に残る三平の高座は、昭和40年代でもうマンネリと言われ、話芸としては目茶苦茶であった。“元旦に坊さんが二人で歩いていて、「和尚がツー」、お正月”なんてくだらない小話をただ並べてみせるだけだった。……ところが、不思議なことにそれで観客は大爆笑なのだ。彼の持つ、天性の明るいカリスマ性が、それを芸として成立させてしまっていたのだ。そのカリスマでなく、名前のみを受けついだ今の三平を、ちょっと気の毒に思ったりもする。何しろ、芸に関しては大変に厳しい目利きである当代の立川談志が、

三平さんにはかなわない」

 カブトを脱いでいるのである。芸も、笑いのテクニックも超えた、存在そのものに笑いの神様が降りていたのだろう。


 三平の芸について解説するのが難しい、というのはわからないではない。では、実際に彼の芸を見てみることにしよう。

源平盛衰記その1

源平盛衰記その2

 脱線ばかりしているのにこれはこれで成立しているのが凄いな。

 

 さて、上の動画の中でも名前が出てくる立川談志だが、著書をいくつか読んでみた限り、三平のことを認めているというよりは理解しかねているように見える。たとえば、『談志楽屋噺』(白夜書房)でも、三平のことを「モンスター」「破廉恥」(他人の持ちネタを平気でやるから)などと呼んでいる。上の動画の中で三平が客をいじっているが、談志はそれを邪道とも言っている。なお、『談志楽屋噺』の中には春風亭梅橋が「ビール健康保険で買えないか」と言った話(2008年9月28日の記事を参照)や毒蝮三太夫談志を駅のホームで突き飛ばした話(2010年10月7日の記事を参照)が出てくるので、唐沢はこの本からネタを拾っているのかもしれない(ハヤタ退院さんが既に指摘されていた)。

 また、『週刊アサヒ芸能』2005年4月21日号掲載の『唐沢俊一のこんなニュースに誰がした!』第3回で唐沢は九代目林家正蔵襲名のニュースを取り上げているが、ここでも三平を「爆笑王」と持ち上げながら、何故か彼の「芸」について分析していない(三平の息子たちや八代目正蔵の「芸」については批判的に語っているにもかかわらず)。「カリスマ」「笑いの神様が降りていた」と言うだけなら簡単だよなあ。落語通(なんだよね?)らしい分析を聞いてみたいものだ。


 この台をプレイしつつ、往時を知る人はあの天衣無縫の三平の芸を偲び、知らない世代は、一世をかけぬけたカリスマ芸人を偲んでほしい。


 談志が「どうしていつも同じネタしかしないのか?」と訝しむ一方で、三平が来る日も来る日も新作のネタ作りに励んでいたことを香葉子夫人や九代目正蔵が証言している。「天衣無縫」というのはイメージにすぎないのではないか。…しかし、「知らない世代」がこの文章を読んで三平のことをどれくらい理解できるのだろうか。


タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・当ブログにコメントされる場合には誹謗中傷および個人を特定しうる情報の掲載はおやめください。守られない場合には厳正に対処する可能性があります。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関連したイベントに興味のある方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp


Jungle House 3 Gas

Jungle House 3 Gas

咄も剣も自然体

咄も剣も自然体

談志楽屋噺 (文春文庫)

談志楽屋噺 (文春文庫)

立川談志遺言大全集(10) 落語論(一) 現代落語論

立川談志遺言大全集(10) 落語論(一) 現代落語論

笑伝 林家三平 (新潮文庫)

笑伝 林家三平 (新潮文庫)

九代正蔵襲名

九代正蔵襲名

トンデモブラウトンデモブラウ 2011/06/29 08:50 学級とかでスベった時には、握りこぶしをおでこに付けるのがトレンドでした。
で、二度スベると。

ハヤタ退院ハヤタ退院 2011/06/29 14:19 林家三平が月の家圓鏡に改名しなかったのは、七代目橘家圓蔵と仲がよくなかったということがあるみたいですね。

小さんが小三治の名前をやるという話も、本来は師匠である圓蔵に話をすべきなんでしょうけど、圓蔵は本来の師匠じゃないし、仲が悪いことを知ってて、まさか圓鏡を勧められることは無いと思ってたから、三平に直接話をしたんでしょうね。

三平は改名の意思がなかったんじゃなくて、父親の名前である小三治(又は正蔵)になれないのなら三平のままでいいやということだったんじゃないかと思います。

kensyouhankensyouhan 2011/06/30 00:59 コメントありがとうございます。

>トンデモブラウさん
三平を知らない人に向けてコラムを書くとしたら、最近では当たり前のようになっている「スベリ芸」と関連付けるとよかったのでは?と思いました。ただ、三平と最近の「スベリ芸人」とは違うとも思いますが。談志師匠の話を見ていても「こわい」部分があるような。

>ハヤタ退院さん
そもそも「三平」がお父さんとゆかりのある名前なわけですし。

おはなみおはなみ 2011/07/04 02:12 はじめまして。急にスミマセン。三平が正蔵を継ぐはずだった件は彦六も晩年の突如の改名について「正蔵て名前は本来三平さんが継ぐはずだったんですヨ」と語ってました。(たしか小朝も出たNHKのテレビ番組)