Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-07-18

回向院(PART1)

20:39

タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・当ブログにコメントされる場合には誹謗中傷および個人を特定しうる情報の掲載はおやめください。守られない場合には厳正に対処する可能性があります。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関する情報をご存知の方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

・8月14日の夜に都内某所で唐沢俊一問題に関連したイベントを開催します。参加希望者は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp


 今回は唐沢俊一『スコ怖スポット・東京日帰り旅行ガイド』(ごま書房新社VM「スコ怖スポット14 南千住(回向院 その1)」を取り上げる。


 この章で「スコ怖スポット」として紹介されている南千住回向院では、小塚原刑場の刑死者の供養が行われてきたわけだが、それについて以下のように書かれている。P.106〜P.107より。

すばる 幽霊なんかもいっぱい出るんじゃないですか


カラサワ探偵長 場所がら当然だな。怪談ばなしもいろいろあって、この辺を通っただけで霊障を受けて寝込んでしまう人もいるという。


すばる うひゃあ、スコ怖どころじゃない。スゴ怖スポットじゃないですか!


カラサワ探偵長 そのスゴ怖スポットを分断するという凄いことをしたのが明治28年の常磐線の施設工事だ。これにより刑場跡地は回向院から別れ、延命院として独立した。首切地蔵なんかもそっちの方にある。掘れば人骨がごろごろ出てくるという土地を横切って電車を通したんだから、何か悪いことが起きないと思う方がおかしいだろ


 鉄道なら「敷設工事」だろうな、と思ったり、東日本大震災で延命院の首切り地蔵の一部が崩落した件(「ゴム銃と趣味のブログ Paconta Factory」より)はスルーなのか?と思ったが(締切に間に合わなかったのだろうか)、一番問題なのはカラサワ探偵長が回向院の分断と国鉄三河島事故ウィキペディア)を関連づけていることである。P.109より。

カラサワ探偵長 国鉄には他にも犠牲者の数がたくさん出た大きな事故があったが、怪談の語られる数ではこの三河島事故がダントツで多い。やはり、小塚原という土地の持つ歴史が発するオーラのようなものが、怪談を誘発するのだろうな

 …いや、「小塚原」のオーラが事故の原因だというのなら、南千住駅で事故が起きないとおかしいだろう。回向院は南千住駅のすぐそばにあるんだし(Googleマップ)。どうしてわざわざ隣の三河島駅で事故を起こさなきゃいけないのかわからない。唐沢俊一もさすがに気が咎めたのか、1895年の回向院の分断と1962年三河島事故まで間が空きすぎていることを自分で突っ込んでいるが、その時点で無理がありすぎる話だと気がついてほしい。

 余談だが、このエピソードを読んで「さすがにこれはない」と思ったので、山本弘会長とメールのやりとりをした際に「『スコ怖』のようなトンデモ本が「トンデモ本大賞」で販売されていたのは残念です」と書いておいたのだが、会長からのお返事ではそのことに触れられていなかった。「回向院の分断と三河島事故に関係があると思いますか?」とハッキリと質問すべきだったかもしれないが、会長を困らせても良くないからやめておいてよかったのだろう。


 この後、春日三球の元相方(クリトモ一休)が三河島事故で亡くなったことに触れて、次のようなことを書いている。P.109より。

カラサワ探偵長 彼ら(引用者註 三球・照代)はやがて“地下鉄はどこから地下に入れるんでしょうねえ、それ考えると(原文ママ)夜も眠れない”というネタでブレイクして、大人気となった

カラサワ探偵長 人気者になったのも、もとはと言えば元の相方が三河島事故で亡くなったからだ


すばる まあ、そう言えないこともないですけど……


カラサワ探偵長 しかし、ここが因縁というものだ。恐ろしいことに……


すばる 恐ろしいことに?


カラサワ探偵長 南千住では地下鉄日比谷線は地下じゃなく地上を走っているのだ! つまり三球はあれだけこのネタで売れていながら、出身地の荒川区ではこのネタが使えない。ああ何というオソロシイ因縁であろうか!


すばる なんですか、そのオチは! 怖がってソンした。まったくお笑い好きの探偵長持つと(原文ママ)ロクなことがないな!


 …唐沢俊一のジョークにはいつも困ってしまう。面白い面白くないという以前に意味が分からない。だいたい、地下鉄の地上駅」なんか大して珍しくもないしねえ。丸ノ内線後楽園駅とか銀座線渋谷駅とか。丸ノ内線つながりで言えば、『輪るピングドラム』では後楽園も出てくるのだろうか。唐沢さんの生存戦略も気になるけど。

 



D


おせっかい

おせっかい

スコ怖スポット―東京日帰り旅行ガイド

スコ怖スポット―東京日帰り旅行ガイド

輪るピングドラム―試運転マニュアル公式スターティングガイド

輪るピングドラム―試運転マニュアル公式スターティングガイド

阿ーん阿ーん 2011/07/18 21:24 >カラサワ探偵長 人気者になったのも、もとはと言えば元の相方が三河島事故で亡くなったからだ

 開いた口が塞がりません……。この言葉は故人も、その後ご苦労の末人気者になった相方にも両方とも馬鹿にしている言葉です。鬼畜だと嘯いている唐沢氏ですが、これは人間としてどうなのか。

SY1698SY1698 2011/07/18 22:08 うーむ、今のうちに調達して、ツッコミどころを(「鉄」絡みで)探すべきなのか?真剣に悩む。
怪談の語られる数で三河島事故?鶴見事故はどうなんですかね(曹洞宗大本山總持寺が目の前)

>阿ーんさん
「鬼畜」と嘯く常識人が村崎百郎、「常識人」と嘯く鬼畜が唐沢俊一。
人間としてのアレっぷりは、過去の日記(ご尊父逝去前後)を見るとよくわかります。

阿ーん阿ーん 2011/07/20 03:22 >SY1698さん

 どうやら私は唐沢氏の「人間としてのアレっぷり」を過小評価していたみたいで、今回でやっとその凄さを理解したというか、なんというかです。

SawaharaSawahara 2011/07/20 16:29 「ひたすらキモイ二次元女子高生フェチに媚を売りまくってる 」などといって勝った気になったり、「検証はニート、アンチは無職」って妄想書き連ねるのも定期的にやるよなあ、2ch唐沢スレの豚(失われた五年間が戻ってこないのは唐沢だろうが)。
妄想に逃げ込まないと勝てないのか。底抜けのさもしさだな。

唐沢は唐沢で相変わらず無根拠の口から出任せほざいてるし。

>人気者になったのも、もとはと言えば元の相方が三河島事故で亡くなったからだ
まともな神経してたらこんなこと絶対に口にできねえや。
で、また近く、ろくに知りもしない原田芳雄の追討すんのかと思ったら気が滅入る。