Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-07-29

「唐沢俊一トンデモ本大賞」のお知らせ。

08:46

タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・当ブログにコメントされる場合には誹謗中傷および個人を特定しうる情報の掲載はおやめください。守られない場合には厳正に対処する可能性があります。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関する情報をご存知の方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

・8月14日の夜に都内某所で唐沢俊一問題に関連したイベントを開催します。参加希望者は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp


 現在同人誌の原稿に掛かりきりなので簡単に。


 前回の記事で8月14日の夜に「唐沢俊一トンデモ本大賞」を開催することを告知したところ、多数の方から参加の申し込みをいただきました。どうもありがとうございます。

 「きっと誰も来ないだろうから、当日は古賀さんと二人で『第2期カラサワマンシリーズ』のタイトルを全部考えようかな…」

などと思い詰めていたのでうれしい限りです(古賀さんが今回のイベントの主催者)。まだまだ余裕があるので、参加を希望される方はメールアドレスからどしどしお申込みください。待ってまーす。


karasawagasepakuri@yahoo.co.jp


 メールを送って下さった方には後日会場の場所と時間を連絡いたしますので、しばらくお待ちください。


 それから唐沢俊一トンデモ本大賞」の候補作もまだまだ募集中です。「この本がきっかけで冷めた」「この本だけはフォローできない」というシンプルなものや、個人的な理由に基づくものでも構わないので、コメントかメールを送っていただければうれしいです。待ってまーす(2度目)。



 …しかし、今回も資料調べの過程で新しいネタをどんどん見つけてしまっているから、一体いつ検証を終わらせられるのか、いよいよ不安になってきました。

? 2011/07/30 03:57 これはスゴい企画ですねぇ。唐沢商会(本物)のマンガ数冊を除いて、何れが大賞を獲得してもおかしくないと言うか、こちらこそがと学会の選んだとんでも本を超えてしまいそうな…。

これだけはいいたいこれだけはいいたい 2011/07/30 15:46 個人的にイチオシなのは機動戦士ガンダムジオリジン画集の巻末についている(寄生している)唐沢の解説ですかね 内容はともかく編集者は一体何を考えて唐沢なんかを起用したのか せっかくの画集の価値をことごとく台無しにした編集と唐沢は絶対に許しません

古賀古賀 2011/07/30 16:42 どうも「唐沢俊一トンデモ本大賞」主催者の古賀でございます。よろしくお願いします。

「候補作について全て山本弘口調で語る」とかそこまでの芸は見せられないと思いますが頑張ります。

栃尾ジョー栃尾ジョー 2011/07/31 11:52 >古賀さん
>「候補作について全て山本弘口調で語る」

・何故か上から目線
・50歳過ぎなのに一人称が僕
・一人称複数系の「僕ら」を使って他のオタクや創作者を自分と同じレベルに引き摺り落とす

この条件さえ満たせば50%はイケます

kogonilkogonil 2011/07/31 14:30 ひさしぶりにコメントいたします。

やはり小松左京さんの追討記事をアップしましたね、唐沢さん。
これは誹謗中傷になるのかな? きっと唐沢さんは『果てしなき流れの果てに』を読んでいないか、読んでも理解できなかったのではないかと思いますよ。冷静に書いていますが、よくもあんなことが書けたものだな、と思っています。

「唐沢俊一トンデモ本大賞」の候補作ですが、最初期の唐沢商会名義で出していたもので、今手元にないので確認できないのですが、『ガラダマ天国』だったか『怪体新書』のどちらかだったと思うのですが、巻末でその一年の事件を回顧するコラムがあったもの。
このなかで、俊一氏が神戸須磨区の酒鬼薔薇事件を評して、“先にあの「挑戦状」を公開していれば、犯人がガキだなって誰にだってわからあ”みたいなことを書いておりました。もともと「かわった友人のコレクションが趣味」みたいなことをプロフィールに書いていて、嫌な人だなあとの印象があったのですが、このコラムによって、決定的なものになったのでした。
すみません。手元にないので、確実ではないものを候補にしてしまって・・・。

ゆきこゆきこ 2011/08/02 10:48 初めて書き込みさせていただきます。
「唐沢俊一トンデモ本大賞」ですが、私は「カルト王」を推薦いたします。
数年前、時間つぶしにこの本を買って、あまりの内容の薄さ、間違いの多さに驚いて
ネットで唐沢について検索をはじめ、今に至っているという個人的な理由からですが。
それまでは唐沢って、荒又宏とか澁澤龍彦的な人なんだと勝手に思ってました。

たかおたかお 2011/08/03 06:20 >それまでは唐沢って、荒又宏とか澁澤龍彦的な人なんだと勝手に思ってました。

なんか無茶苦茶わかります、その気持ち。メッキってうまく貼れるもんですねえ。メッキだからこそすぐ剥がれましたが。

クウガ555クウガ555 2011/08/03 23:00 今さらですが、
唐沢氏のトンデモ本での偉業(?)は凄いですね・・・。
こんなイベントを開けるなんて・・・・。

kensyouhankensyouhan 2011/08/04 11:01 コメントありがとうございます。

>?さん
「イベントをやる」と言った手前、一度はやらなきゃいけないと思ってましたので。

>これだけはいいたいさん
弟さんが『ガンダム』関連の仕事をしてますから、そこからお兄さんに依頼があったのかも。富野監督は『まんが極道』を絶賛してました。

>古賀さん
山本会長と言えば、「トンデモ本大賞」でパネリストが面白いことを言おうとしているのにスルーする率が高いのも気になります。本当にあっさり流しちゃう。

>kogonilさん
小松左京の「追討」については藤岡さんが既に指摘されてますね。
問題のコラムは『ガラダマ天国』に収録されています。

>ゆきこさん
幻冬舎文庫版のジャケットは間違いなくワースト。

>クウガ555さん
「と学会」の会員の本を論評するイベントというのもあっていいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20110729/1311896760