Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2011-08-11

「唐沢俊一トンデモ本大賞」投票受付&小ネタ。

07:53

タコシェ冬コミの新刊「唐沢俊一検証本VOL.4」の通販を受け付けています。また、既刊『唐沢俊一検証本VOL.1』『唐沢俊一検証本VOL.2』『トンデモない「昭和ニッポン怪人伝」の世界』『唐沢俊一検証本VOL.3』『唐沢俊一検証本VOL.0』も通販受付中です。タコシェの店頭でも販売しています。

・初めての方は「唐沢俊一まとめwiki」「唐沢俊一P&G博覧会」をごらんになることをおすすめします。

・当ブログにコメントされる場合には誹謗中傷および個人を特定しうる情報の掲載はおやめください。守られない場合には厳正に対処する可能性があります。

・1970年代後半に札幌アニメ関係のサークルに入って活動されていた方、唐沢俊一に関する情報をご存知の方は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

・8月14日の夜に都内某所で唐沢俊一問題に関連したイベントを開催します。参加希望者は下のメールアドレスまでご連絡をお願いします。

karasawagasepakuri@yahoo.co.jp



 コミックマーケット80」3日目(8月14日)東2ホールP-15b「西理研」でサークル参加します。


 本日から3日間限定で「唐沢俊一トンデモ本大賞」の投票を受け付けます。候補作は以下の通り。


・『トンデモ一行知識の世界』(大和書房/ちくま文庫

・『奇人怪人偏愛記』(楽工社

・『唐沢俊一雑学王』(廣済堂出版

・『新・UFO入門』(幻冬舎新書

・『博覧強記の仕事術』(アスペクト

・『スコ怖スポット・東京日帰り旅行ガイド』(ごま書房新社VM


岡田斗司夫編『国際おたく大学』(光文社

・『トンデモ本の大世界』(アスペクト


 イベントでは上記の本について発表を行う予定です(変更の可能性アリ)。コメントまたはメールでの投票を0.5票、当日会場での投票を1票と計算することにします。なお、これ以外の本について投票されてもかまいません。「トンデモ本大賞前々月祭」における「メガメ」状態になるかも。

 イベントの参加もまだまだ受付中なので、参加希望者はメールでお申し込みください。



 と学会白書VOL.1』(イーハトーヴ出版)を読んでいたら、唐沢俊一『恐るべき美貌』というアメコミを紹介していた。実は唐沢は『恐るべき美貌』を『怪奇トリビア』(竹書房文庫)、『トンデモマンガの世界』(楽工社)でも取り上げていて、何度使いまわすんじゃと思ってしまった。唐沢の文章を追いかけていくと引き出しの少なさに気づかされるが、それよりも問題なのは唐沢本人が引き出しが多いつもりでいることだと思う。

 ちなみに、同書P.142の眠田直による唐沢俊一の似顔絵には「趣味・ホモ鑑賞」とあった。学会公認かあ。


 面白いのは巻末の「イーハトーヴ出版の近刊」で、岡田斗司夫唐沢俊一オタク学(仮題)』が予告されていることだ。結局この本は発売されなかったのだが、このような内容になるはずだったらしい。

ますます複雑化する情報化社会。今、知のレベルはどんどん大衆化し、旧態然(原文ママ)とした知のシステムやアカデミズムでは対応しきれない状況にきている。これを打開し、21世紀知的生活を快適に迎える新しいコンセプトが「オタク」である。

ベストセラーオタク学入門』などでおなじみの、オタクの地位向上に努める岡田斗司夫氏と、『カルトな本棚』など速射砲のように本を出し続け、オタクの質向上に努める唐沢俊一氏の2大オタクが、オタクの思想からオタクライフスタイルまでを縦横無尽に語り、初めて「オタク学」として体系化した記念碑的な書。

これはオタクの福音ではない。21世紀を生きるための知のムーブメントの提示である。

 大きく出たなあ。「面白い雑談」と学問は違うだろう、と思うけど。15年近く経ってみると、これがいかに実態からかけはなれた文句だったかわかって笑えるけど、でもこーゆーことをマジメに信じた、唐沢や岡田が新しい「知」のあり方を提示してくれると思った人は少なくなかったのだと思う。その辺の事情は今度の同人誌で少しだけ分析しておいたので読んでみるといいかも。

 …あと、この本の企画が前提となって『トンデモ創世記2000』が出来たのではないか?と思う。同じイーハトーヴ出版から出ているしね。岡田斗司夫の都合がつかなかったから志水一夫が相手に変更されたということか?


トンデモ一行知識の世界 (ちくま文庫)

トンデモ一行知識の世界 (ちくま文庫)

奇人怪人偏愛記

奇人怪人偏愛記

新・UFO入門―日本人は、なぜUFOを見なくなったのか (幻冬舎新書)

新・UFO入門―日本人は、なぜUFOを見なくなったのか (幻冬舎新書)

博覧強記の仕事術

博覧強記の仕事術

スコ怖スポット―東京日帰り旅行ガイド

スコ怖スポット―東京日帰り旅行ガイド

国際おたく大学―1998年 最前線からの研究報告

国際おたく大学―1998年 最前線からの研究報告

トンデモ本の大世界

トンデモ本の大世界

と学会白書〈VOL.1〉

と学会白書〈VOL.1〉

 

阿ーん阿ーん 2011/08/11 11:51  質問ですが、投票は一人につき一冊ですか?

 とりあえず「スコ怖」に一票です。

おしめいんこおしめいんこ 2011/08/11 12:19 「国際おたく大学」に一票
この本が出た当時は唐沢・岡田が「新しい「知」のあり方を提示してくれると思っていた」ひとりだったのですが
この本の冒頭にあの原稿を書いた(載せた)ことがその思いを見直すきっかけになりました

岸田裁月岸田裁月 2011/08/12 00:15 私は唐沢氏の著書は『トンデモ怪書録』しか読んでいないので、
投票資格があるかどうかは判りませんが、
『新・UFO入門』に1票を投じます。
すべてがここから始まったということで。
実は遥か以前から始まっていたようなのですが(笑)

altnkaltnk 2011/08/12 23:45 唐沢先生の"チョロ恐"、bk1で買いました、ファンです。え、"スコ怖"、俊一、何、誰?

モトラモトラ 2011/08/13 16:02 「伊藤バカくん問題」を引き起こした「国際おたく大学」に一票。

おんせん玉子おんせん玉子 2011/08/13 16:44 朝日新聞読書面の一連の「書評」に票を投じたい。
ひとの書評をけなしてみせての、この無惨な出来。
と学会メンバーによる書評委員登用。
校閲部の指摘の無視。
目を覆いたくなる精神の弛緩ぶりです。

yonocoyonoco 2011/08/13 17:36 やっぱりスコ怖に一票ですかね
実際みて古賀のあの評の意味がわかりました(´Д`)