Hatena::ブログ(Diary)

唐沢俊一検証blog

2012-05-04

『このコマをのぞけ!』全リスト

16:52

『このコマをのぞけ!』は『コミックビンゴ』1998年5月号から1999年5月号(休刊号)まで掲載された唐沢俊一によるマンガ紹介コーナーである。 

 第1回から第3回までは見開きのページの下部に掲載されていたが(言うなれば「一行マンガ紹介」)、第4回からは縦1/2ページに掲載されるスタイルに変更された。

 なお、このコラムに付随したエピソードがいくつかあるので、註釈をしておいた。



『コミックビンゴ』1998年5月号:中尊寺ゆつこ『うらわか姫』

               6月号:関川夏央谷口ジロー『「坊っちゃん」の時代』

               7月号:諸星大二郎栞と紙魚子と青い馬』 ※1 ※2

               8月号:水木しげる錬金術』 ※3

               9月号:山岸凉子汐の声

               10月号:沙村広明無限の住人』 ※4 ※5

               11月号:佐藤まさあき『堕靡泥の星』

               12月号:しりあがり寿弥次喜多inDEEP』

         1999年1月号:華倫変『カリクラ』

               2月号:吉本めろん『ぽよぽよ白書』

               3月号:田中圭一『りる☆ドラゴン』

               4月号:甲斐谷忍城アラキソムリエ

               5月号:おかべりかの諸作品 ※6



※1 この回の唐沢の文章と同じ頁には、竹熊健太郎さんの『怪奇版画男』評と夢枕獏先生の『ベルセルク』評が掲載されている豪華版。獏さんが『ベルセルク』好きというのはものすごく納得。


※2 『コミックビンゴ』で連載を持っていたねこぢるが急逝したため、この号ではねこぢる追悼特集が行われ、根本敬がコメントを寄せている。


※3 この回から掲載形式が変更。また、唐沢なをき二十一世紀科学小僧』が連載スタート(なぜか名前が「唐澤なをき」になっている)。


※4 この号から竹熊健太郎さんのコラム『僕はこんなマンガを読んできた』がスタートし、『このコマをのぞけ!』と一緒に掲載されるようになる。見開きの3/4を竹熊さん、残り1/4を唐沢俊一の文章がそれぞれ占めるかたちになっていた。


※5 この回の文章の中で、唐沢は沙村がメジャーになりきれないことを心配しているが、その後『週刊現代』のマンガ紹介コーナーでも10年越しで同じ心配をしている(3月12日の記事を参照)。


※6 唐沢はおかべりかの作品が特にお気に入りらしい。


うらわか姫 (アクションコミックス)

うらわか姫 (アクションコミックス)

『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)

『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)

ねずみ男の冒険 (ちくま文庫―妖怪ワンダーランド)

ねずみ男の冒険 (ちくま文庫―妖怪ワンダーランド)

汐の声 (山岸凉子スペシャルセレクション 2)

汐の声 (山岸凉子スペシャルセレクション 2)

無限の住人(1) (アフタヌーンKC)

無限の住人(1) (アフタヌーンKC)

堕靡泥の星完全版 1 (サニーコミック文庫)

堕靡泥の星完全版 1 (サニーコミック文庫)

弥次喜多in DEEP (1) (ビームコミックス)

弥次喜多in DEEP (1) (ビームコミックス)

ツーショットくらぶ 1 (SPコミックス)

ツーショットくらぶ 1 (SPコミックス)

カリクラ―華倫変倶楽部 (上) (Ohta comics)

カリクラ―華倫変倶楽部 (上) (Ohta comics)

神罰―田中圭一最低漫画全集 (Cue comics)

神罰―田中圭一最低漫画全集 (Cue comics)

ソムリエ (1) (集英社文庫―コミック版)

ソムリエ (1) (集英社文庫―コミック版)

これがおばけやさんのしごとです

これがおばけやさんのしごとです

二十一世紀科学小僧(モダンサイエンスバウイ)

二十一世紀科学小僧(モダンサイエンスバウイ)

デュードデュード 2012/05/04 17:55 週刊ポストの唐沢俊一の映画評は有名ですね。

うろ覚えですが『アイアンジャイアント』にアニメージュの絶賛掲載コメントに唐沢俊一もコメントしており,これもうろ覚えですが「日本で『アイアン・ジャイアント』の手伝い出来るならゴミ掃除でもやりたい」(大意)と残しております。

なときなとき 2012/05/04 20:54 >なぜか名前が「唐澤なをき」になっている
『二十一世紀科学小僧』は絵柄は戦前風、文体も旧仮名遣い風というだけでなく、活字が旧字体(それも本文のセリフだけではなく、奥付から、巻末に掲載されている他の著作品の広告まで全て)を使っているからです
話の面白さだけでなく、なをき氏の実験的手法は素晴らしいですね

ジクウジクウ 2012/05/04 23:44 >デュード様
うろ覚えのあやふやな情報は要りません。というか、なぜあれだけ袋叩きにされてもめげず書き込んでくるのか謎です。

デュードデュード 2012/05/05 00:26 >ジクウさん

いえ アニメージュの『アイアン・ジャイアント』特集に恐らく2000年3月号もしくは2000年4月号もしくは2000年5月号(多分この号だと思います)に確実に唐沢俊一が寄稿してます間違いないです。

通りすがり通りすがり 2012/05/05 15:27 >うろ覚えですが
>恐らく
>多分この号だと思います



>確実に
>間違いないです

どっちだよ?

普段、読み専の人普段、読み専の人 2012/05/05 23:19 デュード叩くな。スルーすべし。

kensyouhankensyouhan 2012/05/10 05:24 コメントありがとうございます。

>デュードさん
情報ありがとうございます。
その程度に絞れていれば後は自分で調べられますので。

>なときさん
唐沢俊一も初期の頃は「唐澤俊一」名義だったりして安定してなかったので、『二十一世紀科学小僧』もそーゆーことなのかなあ、と思っていましたが。しろこはかわいい。

>ジクウさん
>通りすがりさん
唐沢俊一に関する情報なら多少あやふやでも構わないのでどんどんお寄せいただきたいと考えています。確実じゃないから、と遠慮される必要はありません。