もう、そうするしかない Twitter

2016-05-16 2743日目(2016年137日目)

「高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual”」(富山公演)

f:id:kero_p:20160517060240j:image

行ってきた。

以下、イベントの様子をレポート…というか、ただの感想です。

■イベント概要

イベント概要は以下の通り。

■公演名

高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual”


■日時・場所

2016年04月16日(土)開場:17:00/開演:18:00@相模女子大グリーンホール

2016年04月30日(土)開場:16:30/開演:17:30@Zepp Namba

2016年05月01日(日)開場:17:00/開演:18:00@日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

2016年05月08日(日)開場:17:00/開演:18:00@中野サンプラザ

2016年05月15日(日)開場:16:30/開演:17:30@砺波市文化会館


■出演

高垣彩陽

昨年11月に発売した2ndアルバム「individual」を引っさげ

約3年振りとなる3rdコンサートツアーが開催!

ツアーファイナルは…高垣さんの「第2の故郷」と言っても過言じゃない富山!


主に、これまでの公演から変化した部分について言及。

共通部分については、神奈川公演のレポートをご覧ください。

「高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual”」(神奈川公演) - もう、そうするしかない

■セットリスト

開演:17:32/終演:20:03


M1. Walking On Sunshine

M2. 君がいる場所

M3. 3 leaf clover

M4. Secret of my love

M5. Inner Galaxy

M6. 光のフィルメント

M7. アヴェ・マリア

M8. You Raise Me Up

M9. 風になる

M10. 記憶の湖

M11. 愛の陽

M12. Rebirth-day

M13. Next Destination

M14. Brand New Smile

M15. 夢のとなり

M16. Will


EN1. 縁(ピアノ弾き語り)

EN2. リフレクティア(カバー・原曲:eufonius、TVアニメ「true tears」OP)

EN3. 私の時計


WEN. Walking On Sunshine


※ピンクが東京公演と異なる箇所

■コンサート序盤

< 序盤の流れ >

M1. Walking On Sunshine

M2. 君がいる場所

M3. 3 leaf clover


MC1


M4. Secret of my love

M5. Inner Galaxy

M6. 光のフィルメント


MC2

開演前、開演を告げるブザーがなる。

普段だと、ここでファンから「オー!!」とか「フー!!」とか声が上がるけど

この日は一切声が上がらず、ファンは拍手だけで応えた。

もうこの時点で今日が異常な空気であることが分かる…。


ツアーファイナルがスタート。

この日は、6列目のど真ん中だったけど

丁度、6列目から席が階段状になっていたため、座った時の見やすさが抜群だった。

立った時も丁度高垣さんと同じくらいの目線の高さになって、変に緊張してしまった…。

今回のツアーは、自分がピンク担当ということで

毎回、良い席を回してもらって…ありがとうございます。


3曲歌い終えて、MC1。


高「皆さん…こんにちはーー!!!」


明らかにいつもよりテンションが高い!


高「『高垣彩陽 3rdコンサートツアー2016 “individual”』、はー…、富山県!砺波市文化会館へようこそ!」


「富山」を口にする前に、ついにここまで来た、という想いを噛み締めるようなタメがあった。


高「皆さん、あえて言わせてください…、ただいまー!!!」

客「おかえりー!!!」


2週連続で「ただいま」「おかえり」の件をするアーティストも中々いないだろう。


「夢だったんです、富山でツアーをすることが」と話す高垣さん。

北陸新幹線にも初めて乗ったそう。

ずっと乗りたいと思っていたが、気づいたら一周年経ってしまっていたらしい。

高垣さんにとって富山は「心のふるさとのような場所だと勝手に思っておりまして…」と話し

2009年から南砺市観光大使に任命されるなど、思い出がたくさん・好きな人がたくさんな場所であるとのこと。


高「お花見ました?『true tears』の乃絵ちゃんが駆けつけてくれまして!」


f:id:kero_p:20160517060239j:image

富山県を舞台にしたアニメ「true tears」(2008年放送)で、高垣さんが演じたキャラクター・石動乃絵。

その作品のプロデューサー・永谷敬之さんからのフラワースタンドと一緒に

乃絵の等身大?ポップが贈られていた。

粋な計らいだ…。


会場限定曲の6曲目は「光のフィルメント」

振り付けというわけではなさそうだけど

「運命の糸解き」で小指を立てたり、「闇を切り裂くほどの力」で手を引っ掻くような形(これは前回ツアー「relation of colors」でも同様)にしたりと

曲を全身で表現しながら歌っていた。


MC2。会場限定曲の「光のフィルメント」について。

この曲はeufoniusのriyaさん・菊地創さんによる作詞・作曲。

そのeufoniusと出会ったのが「true tears」ということで…


高「是非、富山で歌いたいと思っていたので、また一つ夢が叶いました。ありがとうございます。」


その後、今回のツアー恒例「高垣さんに会うのが初めての人」「ソロツアー参加が初めての人」「それ以外の人」アンケート。

自分は「富山となると、もしかして常連さんしかいないんじゃ…」とほんの少し心配だったけど

会うのが初めての人も少なくなく、ツアー参加が初めての人も結構な人数いた。

今回は加えて「北陸の人」というアンケートも実施、これも多かった。

さらには「城端の人」も一人?居た模様。

「観光した人」「恋旅見た人」と、アンケートしまくり。


今回、念願の富山公演が実現したわけだけども

実はスフィアのツアーの時も、富山に行きたい、というのは高垣さんの要望として出していたらしい。

残念ながらスフィアのツアーでは実現しなかったため

今回のツアーは、とにかく「富山に行かせてください!!」とアピールしたそうな。

■コンサート中盤

< 中盤の流れ >

バンド演奏


M7. アヴェ・マリア

M8. You Raise Me Up

M9. 風になる


MC3


M10. 記憶の湖

M11. 愛の陽

M12. Rebirth-day

M13. Next Destination

会場限定曲・カバー枠は「You Raise Me Up」

「relation of colors」でも、ツアーファイナルの限定曲はこの曲だった。


MC3。

「You Raise Me Up」について

「このツアーを回ってきた感謝を是非ここで届けられたらと思って歌わせて頂きました。」


M10〜M13。

「Rebirth-day」の振りコピ、このツアーで大分増えたなぁ。

サビの「繰り返し生まれて〜」のところで、皆がくるくる。

「Next Destination」はそんな目立たないような気がするけど…

振りコピしてても目立たないだけかもしれない。

パスワードとか。

今日は、この「パスワード」の振りのところで

腕を肩に上げる時に衣装が引っかかる、というプチハプニングがあった。

それも1番サビ、大サビの両方で。

今まで一度も無かったのに…こういうこともあるんだな…。

■コンサート終盤

< 終盤の流れ >

M14. Brand New Smile

M15. 夢のとなり


MC4


M16. Will


MC5


EN1. 縁(ピアノ弾き語り)


MC6


EN2. リフレクティア(カバー・原曲:eufonius、TVアニメ「true tears」OP)

EN3. 私の時計


WEN. Walking On Sunshine

最後の「Brand New Smile」。

動き方は、神奈川公演と全く同じルートだった。

「Next Destination」の終わり際、下手側に退場。

下手側の花道から登場し、7列目と8列目の間を通り、上手側の花道からステージに戻っていった。


その後の「夢のとなり」では、2番で各バンドメンバーの近くに行く際、

山田さんのところでは「押忍!」のポーズ、

地行さんのところでは東京公演で話題になったボックスステップをしていた。


MC6。

「Brand New Smile」で客席へ降りた事について話した後、最後の曲へ。

今日は全体的にMCが短めのような。


「Will」は東京公演のような紙吹雪はなかった。

歌い終えて、アンコール。

今回は拍手からすぐにテンポが早めの手拍子に移行し、「アンコール」等の声は上がらなかった。


高垣さんが登場。

「縁」を歌うため、籠島さんの呼び込み…


高「いつもなら籠島さんを呼んでいるんですけど…」


!?

予想外の展開に、会場がざわつく。

籠島さんの代わりに登場したのは…グランドピアノ!!

ということは…。


高「作詞作曲をした時から『いつか弾き語りをするぞ』と決めていたんです」


ここで弾き語りとは…とんでもないサプライズが待っていた。

高垣さんは、音大出身ではあるがピアノは得意というわけではなく

密かに籠島さんとピアノの練習をしていたそうだ。

高垣さんがピアノの前に座る。

ファン側も、これまで「縁」は立ちながら聞く人がほとんどだったが

さすがに今日ばかりは着席。


高「……ふぅ…(笑)」

客「(笑)」


かなり緊張している様子…。

弾き語りは、歌詞にある「恐る恐る紡いだ」という表現がぴったり当てはまる。

籠島さんの演奏に比べて、ゆっくりで音も少なめ。

それでも一つ一つのフレーズを丁寧に、声と音を紡いでいた。


曲が終わると、ファンは一斉にスタンディングオベーション。

恐縮する高垣さん。

グランドピアノは早々と退場。


高「砺波市文化会館のグランドピアノに拍手!(笑)」


高「夢が叶いまくりました…演奏してるって凄いね!(笑)」


その後はいつも通りバンドメンバー紹介へ。

最後はもちろんツアーを終えての感想。


●ドラム:今村舞さん

今村さんの中では、今回のツアーは2月くらいから始まっていたそうで。

絶対難しいから練習しなきゃと、過去の譜面を引っ張り出して練習していた、と。

「これやるだろうな」と思う曲を練習したところ、

大体当たっていたが、当たらなかった曲が2曲あるとのこと。

1曲目は「鉄板曲だろう」ということで「Meteor Light」。

2曲目は「キグルミ惑星」。


今「明日やれって言われたらやります」

高「今度やろ!(笑)」


●ギター:山本陽介さん

登場してまず一言「素敵でした」とピアノの感想。

「チャレンジすることって大人になるとあまりやることないでしょ。」と高垣さんと挑戦を称えて

「勇気をもらった…明日から頑張れそうです(笑)」と。


●ベース:山田章典さん

「山田!」の大歓声に迎えられて登場。

山田さんも開口一番「ピアノ素敵でした」

公演が終わって練習する姿を見ていたそうで

どんどんどんどん上手くなって、涙が出そうになったそうな。

ツアーのついては、それぞれが個性のある公演だった、と話し


山田「ボックス踏んでたの、わかります?それも今回の個性ということで(笑)」


●ヴァイオリン:地行美穂さん

「ボックスといえばこの人」と呼びこまれた地行さん。

地行さんも高垣さんの弾き語りについて話し…


地「私、この曲凄い好きなんですけど…籠島さんが号泣してるんですよ!もらい泣きしちゃって…」


1stコンサートツアーの頃、地行さんは大学院生で

ちゃんとしたお仕事はその時が初めて。

そこで「こういうの好きだな」と気づかせてもらったそうな。

そんな地行さんは来月、高垣さんより一足先に31歳になるとのことで

「『ねぇちょっとあんた』っていう年になってもお付き合いさせて頂いて良いですか?」

などと話すと、歓声が上がった。


●キーボード&バンマス:籠島裕昌さん

当然ながら話題は弾き語りの件に。

高垣さんから「ホントにホントにお世話になって…ありがとうございました!」と感謝を述べると…


籠「弾き語りがホント、イヤ、○×△□…凄かった!!」


終わった後、ファンのスタンディングオベーションを見て「想いは伝わるんだな、と」

「彩陽ちゃんにもう1回拍手を!」と挨拶を終えていた。


お知らせ。

東京公演の映像化、グッズの事後通販、チャリティーグッズについて話した後

ツアーの感想と感謝を述べる。


そしてコンサート再開。

今日は順番的には「わたしだけの空」だが…。


高「ファイナルだし、富山だし、自分の曲ではない曲を歌います。」


!?


高「聞いてください…『リフレクティア』」


ファン歓喜。

1stコンサートツアーの大阪公演でも歌っているが

自分は行けなかったので、高垣さんのリフレクティアを聞くのは初めて。

感慨深い…。


そのまま「私の時計」へいき、コンサート終了。

バンドメンバーと一緒にマイクなしで挨拶をして、バンドメンバー退場。

高垣さんが下手・上手と手を振りながら歩き、中央に戻って退場…かと思いきや。


高「帰りたくなーい!!」


え!?


高「こういう時って、何かありません?」


するとファンから湧き上がる「もう一回!」の声。

まさか演者を前にして「もう一回」コールをすることになるとは…。

高垣さんが舞台袖を確認し、OKを表す○のジェスチャー。

ダブルアンコール(と言っていいのかな…?)へ。


バンドメンバーも戻ってきてスタンバイ。

曲は高垣さんから「Walking On Sunshine」を提案。

バンドメンバーが準備を進める間…


客「『アブラムシの唄』歌ってー!」

高「すーぐそこーにアブラムシ〜♪」


本当に歌うとは…。


準備が整い、本日2回目の「Walking On Sunshine」。

イントロが流れ始めると、高垣さんは「どうしたらいいか分からない」といった感じで照れ笑い。

それはこちら側も同じで、イントロの間、そんな高垣さんを微笑ましく見ていた。

歌い始めると、高垣さんは終始笑顔。

1回目の時とは違い、上手・下手と手を振って笑顔を交わしながら、自然体で歌っていた。


しかし。

大サビ(「いつのまにか〜」)を歌い始めた瞬間、高垣さんの想いが溢れた。

涙で声を詰まらせながら歌う高垣さんに

ファンから「頑張れー!」の声。

しかし、その声はすぐに「Walking On Sunshine」の歌詞へと変わった。

全員で「Walking On Sunshine」の大合唱。

これはさすがに涙不可避だった…。


歌い終えると、再びバンドメンバーと一緒に一礼。

「一緒に帰ろう」と全員で舞台袖へ向かう。

高垣さんだけ残り…最後に一言。


3rdコンサートツアーが出来て嬉しかったです。

また皆さんに会えるよう…私、頑張るから!

見守って頂けたら嬉しいです。ありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kero_p/20160516/1463433137