けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2016年12月03日(土)

[] 続きを書くよ!と書きながら、冬。

事情があってカクことがデキず2ヶ月間経過。寒い生活を送っていることは事実なんだけど、寒いのだから「まあ、いいや」って思うほどに放置すべき続きではないのは自覚しているんだけど。

[] 八ヶ岳に行ってきました(2016年の第三回目)。

〜〜〜Facebook(文化に飽きてきたんだけど)Facebookから転載〜〜〜

2016年10月12日(水)北八ヶ岳に向かう友人と途中で別れて、単独。

f:id:kerodon:20161013093000j:image:w360

先日、八ヶ岳に行ってきた。今シーズン3回目。我ながら気色悪いほどに粘着質であるなあ・・・。

トラブル発生。テントのポールが金属疲労で折れてしまったんだ(´・ω・`)。ガムテープで補強したひしゃげたテントでホームレスさんたち未満の夜を過ごした。でもわりと快適だったぞ。負け惜しみじゃないぞ。

さておきメモ。夜のテント場の気温は0℃。赤岳山頂は-5℃。積もるほどではなかったけど粉雪が舞っていた。3000メートル級の山は、私の経験・体力では9月いっぱいが限界だということがわかった。

ーーー

ザックからテントを取り出して凍える手で設営していたら、どうにもうまく立ち上がらない。手に息を吹きかけたり、冷たくなった耳に手を当てて、悪戦苦闘して原因を究明したんだけど、結果は金属疲労で二本のポールの一本が金属疲労で折れてしまっていた。

あちゃっー!

と思いながらも無事な方をテントに通して、骨折くんをテントに通して、必殺ガムテープで固定した。うん、固定したというよりもお飾りしたという方が適切かな。さておきメビウスの輪のようにひしゃげたテント内で荷物整理。天井高は低くて頭にぺたぺたして鬱陶しかったけど眠るのには問題なし。

そてにしても今年の山行は行くたびにトラブル続きだな。1.登山靴がぶっ壊れた、2.ヘッドランプが点灯しなくなった、3,テントが正常に設営できなくなった。今度行くときはしっかりと確認してからいかなくちゃいけないぞ!と思う。

さて、今回の山行。10月も半ばということで寒かった。行者小屋テント場で気温0℃を指し示していて焦ったんだけど、昔買ったウールの厚手シャツの効果が抜群だったのと、飯を食ったり、コーヒーを飲んだりしたのでさほどくにならなかった。

問題は登攀行動を終了しての赤岳登頂後。気温マイナス5℃を指していて、粉雪も吹き付けてくる。身につけたボロい軍手に恨みがましさを覚え寒さに震えていると、不審なおじさんがやってきてナニか言ってきたので「さては記念写真のお願いだな」と思い距離をおいた。この状況下で人に記念写真なんか撮らせるなよ。

f:id:kerodon:20161013073100j:image

私は岩陰で風を避けて温かいコーヒーを沸かして飲みホッと一息。下山する気力が湧いてきた。岩場を慎重に下り、高山植物が慎ましく咲いているところまで下ってくると陽光が明るく登り始めて、頂上とは別世界になって。

テント場に戻り、遠目からもひしゃげ立つ哀れなる壊れてしまったテントを撤収して下山開始。

いつものように、美濃戸山荘近くになると、残力を振り絞って走り始めて山荘という「人工物」で山行の充足感を味わうのが私の楽しみ(安全確保の手段でもある)なんだけど、今回は、振り絞る力が精根尽き果てていたのか、ちらほらしゃべりながらの女性二人組に追い抜かれてしまったよ。

がっしりした腰つきの、あれは学生時代にワンゲルか山岳部をやっていた二人組に違いないな。という妄想系負け惜しみで幕を閉じました。

2016年09月29日(木)

[] プロブロガーから「遠きに目ありて」へ。

書いた。

けろやん。メモー安きが流れに・・・

(この関連の話、つづく)

ナニがつづく(つもり)だったのかというと、昨今流行りのプロブロガーというブログを書いてカネを稼ぐ(儲ける)というありかたへのアンチ・テーゼが「つづく」だった。けれども、自ら精神的消耗戦に突貫していくこともなかろうという結論に至った(要するに面倒くさくなった)ので、ヤメにした。

というかヤメとかカメとかの前に、拾遺をしておかなくちゃいけないな!ということ。

書いた。

けろやん。メモーコンタクト with 男性機能

本年は、読んだ本についてチョコっとでもいいからブログに書いておこうと思っている。で最初の一冊が、一言で書けばポルノ小説であるよなあ、なこの本。

「読んだ本の感想文を書いておこう」という年頭の所信表明が、「ポルノ小説」へのそれで終わってしまったことが、あからさまに恥ずかしくて情けない。

書いた。

けろやん。メモー箱根路二泊三日

天藤真「遠きに目ありて」について)遠きに目ありて、じゃなくて近いうちに感想文を書くつもりだけど、これミステリとかの範疇じゃないね。そして、そのようなジャンル分けを(知らず知らずのうちに)する自分自身に忸怩たる思いを抱いた。

ということで、書こうと思い立ったのだけど、いつものように長くなりそうなので、今回はここでおしまい。

(この本の話、つづく)

2016年09月28日(水)

[] もしかしたら初めてかしら?

facebookからの転載〜

久しぶりにラーメンを作って食べた。私は、外で食べるラーメンが苦手なので、自分で作るラーメンが一番おいしいや(σ≧▽≦)σ

f:id:kerodon:20160928054902j:image:w360

ーーー

ブログでラーメンの写真をアップするのって初めてかしら?

昔はわりとよく作っていたものなんだけど。今回作るきっかけになったのは、(わりと)お気に入りのラーメン屋の前にあるラーメン屋に入ったところ、クソ不味かったことに端を発する。沼の水みたいに褐色をしていて、箸でかき混ぜるのも困難なほど重たく、味がべったりと濃く吐きそうになった。なんだこらぁ!

私のラーメンの作り方はかんたんです。

1.鍋1で煮干しで出汁を取る。

2.鍋2でほうれん草を茹でる。

3.鍋2の残り湯でゆで卵をつくる。

4.その隙にネギを刻む。

5.鍋1の煮干しを取り出す。

6.鍋1に鳥のひき肉を投入する。

7.鍋2からゆで卵を取り出す。

8.鍋2をしっかりと洗い水を湯立てる。

9.鍋2に生麺を入れる。

10.生麺についているスープを器に入れる。

11.鍋2で茹で上がった麺をざるにあけて湯を切る。

12.器に鍋1のスープを少し入れてかき混ぜる。

13.茹で上がった麺を器に入れる。

14.鍋1を器に盛る(汁から具の順番に)。

15.ゆで卵、ほうれん草、ネギを器に盛る。

慣れると20分くらいでできますよ。

2016年09月25日(日)

[] 八ヶ岳縦走考。

(オリジナル版)「君の名は」の如きすれ違いを繰り返していた知人とようやく会えた。「来年一緒に剱岳に行こう」の人だ。

f:id:kerodon:20160925095327j:image:w360

彼はヨーロッパアルプスへの新婚旅行帰りで、熱々のアルバムを魅せてもらいながら、モンブランのすばらしさについて語った。私の胸がドキドキしたのは、熱々の方ではなく、むしろヨーロッパ山塊の写真の方。

さて、彼と会いたかったのは八ヶ岳を縦走した話を聞きたかったから。

以下、メモ風に。

8月の初旬に南の編笠山から北の蓼科山に向けて縦走したとのこと。3泊。当初の予定では、北から南に下るつもりだったらしいけど、台風の接近にともない八ヶ岳に向かう電車中で急遽予定を変更して、南からの縦走に切り替えたそうな。すばらしき臨機応変だなあ。

彼からの情報で参考になったのは、キレット小屋の水は汚い。キレット小屋から赤岳登攀は思いの外に厳しい。硫黄岳山荘にはウォッシュレットトイレがある。

硫黄岳山荘。

私が南八ヶ岳に行くときに必ず通るルートにあるんだけど、その外観は見すぼらしく、営業しているのかすら疑問符だった。それがなんとウォッシュレットとのこと。いや、ウォッシュレットって地上下界の生活でも使ったことがないので、どうでもいいんだけど、営業していることに驚き、私の行動に幅が出てきた。

硫黄岳周辺は高山植物の宝庫だ。硫黄岳山荘には高山植物園があるほど。

硫黄岳山荘のご案内

書いた。

けろやん。メモー八ヶ岳に行ってきました(2016年の第二回目_その4)。

ガスの名所である硫黄岳からの下山が最後に控えていた(略)

そう。硫黄岳山荘の前は、このガス(霧のこと)を恐れて走るようにして素通りしちゃうんだ。だから高山植物園には行きたいと思いながらも、いまだに行ったことがない。いや園じゃなくてもいい。高山植物をゆっくりと観たいんだ。それが硫黄岳山荘に泊まることで叶うかもしれない。この山荘情報はうれしかった。

硫黄岳から更に足を伸ばした彼から北八ヶ岳の双子池についての話も聞いた。

f:id:kerodon:20160925095229j:image:w360

湖畔のようにひろがった砂浜にテントを張って、なんと池の水がそのまま飲めるっていうんだ。「トム・ソーヤー」の世界じゃない?あるいは、ちょっと小さいけど「森の生活」の世界じゃない?ちなみに、彼はここでキレット小屋の水場からポリタンクに汲んできた水にミミズが入っていたことを発見したそうな。

熱々の写真やミミズ情報を取得するだけではいけないと思い、私は硫黄岳から夏沢峠越えの本沢温泉ルートの情報を提供した。要約すると日本一高所の野天風呂である本沢温泉はすばらしいよ!ということ。こちらが参考になる。

yamatabi lodge-2014年8月21日

私は最初の八ヶ岳行きで湯に浸かった。そのときは3-4人用のテント(実家に転がっていた)とかの大荷物を背負っての赤岳越えであり、いま考えると若さであるなあと思っているんだけど。

書いた。

けろやん。メモー八ヶ岳に行ってきた(2016年の第一回目)〜山らしい天気に恵まれました。

テントを含めた荷物一式を担いで赤岳に登ることにした。行者小屋を7:00に出発して、赤岳山頂に8:35に到着。空身で登った前日よりも速く登れたぞ。

おっと、まだまだ若いじゃないか(ってほどでもないか(´・ω・`)・・・)!

若さ云々は横において、こんど八ヶ岳に行くときは、荷物一式を担いで赤岳から硫黄岳への縦走を経て、夏沢峠越えの本沢温泉テント場泊を考えています。

2016年09月22日(木)

[] 読むものがないから・・・

facebookから転載〜

先日、朝っぱらの忙しいときに(忙しくないけど)友人から電話がかかってきて「なにごとだろ?」って思って焦ったら(焦ってないけど)言うに及んで「読むものがないからfacebookを更新しろ!」とのこと。

そんなわけで、わけわからんけど更新する。

3月ころにアップしたゴムの木とデッフェンバキア。ゴムくんは順調にデッカクなっているけど、デッフェンくんの方は大きな葉がドンドンだめになってしまった(´・ω・`)・・・。

f:id:kerodon:20160922064257j:image:w360

でも土から新芽が出てきて緑々しくなってきたぞ(σ≧▽≦)σ

f:id:kerodon:20160922064306j:image:w360

2016年09月19日(月)

[] 安きが流れに・・・

先日、誕生日を迎えた。知人からプレゼントをもらった。

f:id:kerodon:20160919134813j:image:w360

うなぎである。

もらったのはモット大きいよ。ホントだよ。半分にして食った。

私は元来が安上がりな人間だ。

うなぎタカい!となると食べなくなる。大好きだけど食べなくなる。我慢とかじゃない。嗜好に合わなくなる。夏場のうなぎは、スーパーの国産モノ(だいたい二人前)が2,000円超くらいに高騰していたので食べなかった。

嗜好とか(やせ我慢なのかなあ(´・ω・`)とか)・・・さておき。

私は安上がりな人間だから、マグロは好きだけど高いトロなんかよりも、断然に赤身が大好き。で、その赤身も高くなったら食わなくなるし、嗜好に合わなくなる。強がりじゃない(たぶん)。

だから、うなぎが高くなったので、食べなくなったという(経済学的な視座においての価格差別における)弱肉強食が私の内部に発生していたわけなんだけど、初うなぎは美味しかったよ!

(この関連の話、つづく)

2016年09月16日(金)

[] 八ヶ岳に行ってきました(2016年の第二回目_その4)。

f:id:kerodon:20160916061715j:image:w360

今回の山行についてメモしておこう。

持って行った荷物はこんな感じ。

f:id:kerodon:20160916052308j:image:w360

食料なんかについては異同があるけど、基本的にはこれで過不足なかった。ただしトラブル発生。

書いた。

けろやん。メモー八ヶ岳に行ってきました(2016年の第二回目_その3)。

ヘッドランプが点灯しなくなっちゃったんだ・・・。

友人から電池を借りて試してみたんだけどダメ。愛用していたものが不調で、最近、購入したものなんだけど初期不良だと思う。ふざけんな!スマホの懐中電灯アプリで対処できたんだけど、バッテリが心配で夜のテントでの読書ができなかった。ふざけんな!

電灯といえば、友人が持ってきていたものがすばらしかっった。こちら。

ソーラーで充電するから電池いらずで、照度は強くて、軽くて小さくたためてな便利なやつ。山登りに行かない人でも、災害時の非常用に持っておくとヨイと思うよ。お勧めだよ。こんな感じ。

f:id:kerodon:20160916095446j:image:w360

服装について。

f:id:kerodon:20160916081424j:image:w360

行動時は、Tシャツ2枚重ね(ユニクロのメッシュのやつと山用のやつ)に長袖シャツで活動。朝晩は写真のような厚手のウールの長袖と雨具で過ごした。非常用に持っていった長袖のTシャツは使用せずに仕舞ったままだった。夜も寒くなくて、寝袋から半身を乗り出して眠ったけど暑いくらい。夜間の気温は10℃前後。この時期にしては高めだったと思う。

書いた。

2日目。計画を立てたのが私であったこともあり、私の初日の運動量をみんなが認めてくれたこともあり、私がリードする形でスタート。赤岳までグッと登る。名物の階段もノンストップ。

友人たちの運動量が心配だった。とくに2日目は、ガスの名所である硫黄岳からの下山が最後に控えていたこともあったので。

けろやん。メモー八ヶ岳に行ってきた(2016年の第一回目)〜山らしい天気に恵まれました。

3日とも行動する午前中は快晴、テントに戻ると霧がかかって、夜になるとわりと激しい雨に見舞われた。典型的な山の天気だね。

でも、今回は赤岳鉱泉に到着したのが15:00近くだったんだけど、天気がもってくれて嬉しかった。

f:id:kerodon:20160916061545j:image:w360

天気。9月10日に山入りしたんだけど、とにかく直前まで予報をチェックしながら、気をもんでいた。台風(というかそれにともなう前線の張り出し)の影響で日ごとに予報が変わっていたんだ。山の天気の情報サイト。

てんきとくらすー八ヶ岳

友人との山行。

f:id:kerodon:20160916060846j:image:w360

私は一人で山に行くことが多くて、それはそれでとても楽しいんだけど、友人たちと一緒の山行も楽しかった。たしかにペース配分の面では一人のほうが気楽なんだけど、テント場での食事や山頂での語らいは一人じゃ味わえない。

あと(えらそうな言い方だけど)友人たちのペースに合わせることで、のんびりと山の景色を味わえることもできた。

一人で行くと、天候の変化が怖いということもあって、走るようにしてテント場にかけ降りるようにしているんだ(これは20年前に兄に連れられて南アルプスに行った時に厳しく教わった)。

この登り方は体力的な充実度という面では満足度が高いんだけど、先にも書いたけど山の景色を楽しむという面では物足りない。やっぱり友人との山行もいいなあ。