けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2016年06月25日(土)

[] 英国EU離脱決定の日本市場への影響。

2016年6月24日(金)。国民投票にて英国がEU離脱を決定。

NHK開票開始からテロップで残留票と離脱票の推移を放映していたが、私はそれを無音で見ながら、スマホとパソコンで株価為替動向を注視していた。

f:id:kerodon:20160625140434j:image:w360

一日明けて、東京新聞6月25日付朝刊「英国民投票ドキュメント」という記事を参考に、株式・為替市場の動きをメモしておきたい。時間は日本時間。

06:00 投票締め切り。開票作業始まる。

07:46 静かに伏線が投じられる。独立党党首の敗北宣言だ。

イギリスの国民投票、残留派が勝利?英独立党党首「EU残留が勝ったようだ」

08:30 382ヶ所の開票所のうち5ヶ所集計終了、離脱と残留が接戦。

09:00 東京株式市場開場。

当初は売り買い錯綜。独立党党首の敗北宣言とリアルタイムの開票結果の乖離に市場参加者の心理が揺れる。

11:30 172ヶ所の開票所の集計終了、離脱支持が51.2%でリード。

11:45 円相場が2年7ヶ月ぶりに1ドル100円を突破し99円近辺に。

この時刻は株式市場は昼休みで立会取引は行われていない。

12:30 (後場立会開始)東京株式市場の日経平均株価が一時1000円下落。

12:40 英BBCなどの複数のメディアが離脱支持が勝利と報道

15:00 東京株式市場の平均株価終値は14,952円(前日比1、286円安)と今年最安値に。下げ幅は2000年4月以来の大きさ。

私は離脱が決定した場合の株価は、瞬間的に1,500円安(下落率10%程度)をつけると予想していた。その根拠は、残留を訴える女性議員が殺害された悲劇から、趨勢は残留に傾き、市場もそれを織り込んでいたと考えていたから。

そこまでの下落に至らなかったのは、離脱ショックを前場開始から3時間40分にわたって緩和したからだと思う。その中には、ドル円が100円を割った時に立会が行われていなかったことも含まれる。

世界各国の株価を整理しておこう。

日経225は先に記したように14,952.02円で1286.33円の下落。下落率7.92%。その後に始まった欧州市場。それぞれ下落率だ。ドイツDAX:ー6.82%、フランスCAC:ー8.04%、イギリスFTSE100:-3.14%、アメリカNYダウ:-3.38%。中国は知らない。

株価の下落率は時間の経過とともに低くなっているようだ。しかし世界の混乱はまだまだ続いている。

f:id:kerodon:20160625140500j:image:w360

(参考)

世界各国市場の株価グラフあり。

市況かぶ全力2階建-ブリカスEU離脱ショックを一身に浴びた日本市場、歴代8位の下落幅を記録

2016年06月24日(金)

[] 規範のうちでぶっ壊すことについて。

Facebookに書いたものを転載〜

f:id:kerodon:20160624091807j:image:w360

滝口悠生の新作とインタビューなんかが気になって購入した「文學界2016年3月号)」。おっと小林秀雄についての論考が掲載されていたのを発見したぞ!若松英輔「美しい花 小林秀雄」の連載第十四回。メモしておこう。

革命が世界観の変転を意味するのであれば、心の意味において自己の精神に革命を起こすことなく、世に革命をもたらすことはできない。それは「様々なる意匠」以来、小林が抱き続けた信条だったといってよい。

マルクス主義あるいは左翼文学と小林秀雄の関係を論じてみても、豊かなものがもたらされるかは疑わしい。小林の文学は「主義」という実態のないものから世界を眺めまいと決したところにはじまったからである。

左翼の党派性が苦手な(いや大嫌いな)私にストンと腑に落ちた。小林秀雄は「常識を壊して壊して、最後に残った原石を磨け」って繰り返し述べているんだけど、一方でその手法として規範の大切さを説いている。

規範ってなにかって考えると、外部性(たとえば他人に迷惑をかけてはいけないよとか)の意識だと思う。意識って書くとえらそうかな?うん・・・生活するに際しての自覚って書くほうがわかりやすいな。

武力革命を企図した(新旧)左翼の人たちであったり、あるいは校舎のガラスを叩き壊した尾崎豊であったりに、私は生活の姿を感じ取ることができない。人々に迷惑をかけていることに自覚が足りないから。少なくとも私には感じられないから。

私は、(実現できているかは定かではないけど)規範というものを自覚して生活を送っているよ!ということです。

ーーー

こちらに貼っつけて、改めて読みなおすと、私って本当に詰まらぬ人間であるなあ(´・ω・`)と思わないでもないなあ。

2016年06月18日(土)

[] 道義的責任という曖昧なる怖さについて。

舛添東京都知事が辞任しましたね。ちょっと気になることがあるのでメモしておこう。

ーーー

行きつけの飲み屋(私は酒を飲まないけど)なんかで人と話すと、必ずといっていいほど辞めて当然という話になる。元来が天邪鬼な私なので「本当にそうなのか?」というクエスチョンが湧き上がる。

そこで考えるのは、名キャッチとなった感のある「法律的には問題ないが道義的な責任がある」という言葉。そう今回の騒動は、利益関係者から違法に金をもらったという贈収賄疑獄じゃない。法律的には問題ないわけなんだよね。

では、一方の道義的責任ってなんなのか?まず彼がやっていたのは、公用車でどっかの別荘に行ったり、なんかの金で家族の旅行に行ったり、なんかの金で絵画を購入したりしていたってこと。他にもあるかも知れないけど騒動をオッカケしてるわけじゃないから知らない。

問題となると思われるのは「なんかの金」のこと。これが政治資金であったり税金であったりする。したがって人々の思いは「税金で家族旅行を楽しみやがって!」「公用車なんてなもんで別荘なんてなとこに行きやがって!」に向かう。これが道義的責任というものだ。

いや、ちょっと待て。

この構図は、人々の思いが道義的責任に昇華されたものだぞ。道義的責任という小難しい思考的用語で思いを飾りあげたものだぞ。これすなわちポピュリズムの萌芽だぞ。

市井の人々の思いを汲むものが政治であることは言を待たない。しかしそれは政治の一面に過ぎないと私は思う。そしてこれが氾濫するとポピュリズムを経て、思考の同一性を帯びて大政翼賛に陷阱する。そのときに何が起こるかを歴史に求めたい。

さて円急騰、株価暴落アベノミクスが壊れかけている。しかしこんなの壊れて当然だと思う。金をばらまきゃ株価も上がるだろ。円をばらまきゃ円も下がるだろ。それで出来上がったのがアベノミクスとやらだ。

ここに端的にポピュリズムが示されている。

そりゃ懐が潤えばみんな気持ちが良いじゃないか。その出どころが将来へのツケだったとしても、いま楽しければそれでいい。私はそんな刹那的快楽主義が嫌いだ。そしてそれに迎合する政治って恐ろしいと思う。

さておき今回の舛添騒動。参議院選挙も近いことだし政治というものをみんなで考え直す良いきっかけになったんじゃないかな?

(本稿以上)

(参考)

ポピュリズムの一形態、というかその手段として美人投票の当為がある。それについて書いたのがこちら。

けろやん。メモー第47回衆議院選挙:投票行動が死に筋を外す戦いになってきているようなこと。(追記の追記の追記あり)

先月の今頃はこんなことを考えていたらしい。

けろやん。メモーヤフオク考察〜箪笥を購入した。

2016年06月11日(土)

[] 酒をやめたことについて:Raymond Chandlerの試訳から思いを寄せて。

f:id:kerodon:20160611074848j:image:w360

酒を飲むのをやめて1年が経過したので、心境やとりわけ精神状態も含めた体調についてメモしておこうと思って、その前段として使おうと考えた過去エントリを自己ブックマークしておいたら、なんだかたくさんの人にブックマークされた(14ブックマークというのは私にとっては大いにたくさんなんだ)。

嬉しいんだけど、ちょっと怖いなというか不思議な感じがするよ。こちら。

けろやん。メモー酒をやめてコンビニに行かなくなったこと。

ご覧のとおり2015年12月29日に書いたものが、半年たってたくさんの人の目に触れたっていうことみたいだ。そして、寄せられたコメントによると、

はてなブックマークトップページのガールズにのってるけど、そっか、ガールだったのか?

???。いや、私がガールであるか否かはどうでもイイんだけど(おっさんだよ)「はてなブックマークトップページのガールズ」っていったいなんなんだ?

そんなわけで、予定通り「断酒一年を経過したので云々」を先のエントリを書いた時からの半年間の変化を中心に書こうと思っていたんだけど、パソコンを立ち上げる前にチラシの裏に書いたメモ(Raymond Chandler「The Long Goodbye」の比較訳と私の試訳)を公開しようと思い立っていたのでそれを書いていくよ。

チラシしたのは2014年11月9日ということで、今回の一年間の断酒を始める半年前に書いたもの。書いた理由は、なによりもRaymond Chandlerの文章がすてきだったので、それを抜き書きするというのが第一義的なものだっただろうけど、書いた当時から酒をやめようと思っていたのだろうなあ。

よしっ!いくぞ!

まず原文。

"Maybe I can quit drinking one of these days.They all say that,don't they?"

"It takes about three years."

"Three years?"He looked shocked.

"Usually it does.It different world.You have to get used to a paler set of colors,a quiter lot of sounds.You have to allow for relapeses.All the people you used to know well will get to be just a little strange.You won't even like most of them,and they won't like you too well."

清水俊二

「ぼくもいまに酒がやめられるかもしれない。だれでもそういうがね」「およそ三年かかる」「三年?」彼は驚いたようだった。「ふつうはそうだ。世界がちがってくる。うすい色や静かな音になれなければならない。いままでよく知っていた人間が見なれない人間に見えてくる。会うのがいやにさえなって、向こうからも嫌われる。」

村上春樹

「近いうちに酒を断つつもりでいる。でもこれはきっと酔っぱらいの口にする決まり文句だね」「酒を断つには三年ばかりかかる」「三年か」彼はショックを受けたようだった。

「通常はね。君はぜんぜん別の世界に行くんだ。そこではあらゆる色が少しずつ淡くなり、ある種の音が少しずつ静かになる。それに慣れなくちゃならない。ちょっとしたきっかけで、元の状態に逆戻りしてしまうこともある。これまでよく知っていた人たちがみんな少しずつ妙な感じに見え始める。君には彼らのおおかたが気に入らなくなるだろうし、向こうだって君のことをあまりこころよくは思わないだろう」

私の試訳

「しばらくすると酒をやめられるかもしれない。みんなが言うことだろうけどね」「それには三年くらいかかる」「三年?」彼は驚いたようだった。「ふつうはね。違う世界だ。薄い色や静かな音に慣れなくてはならない。元に戻ってしまうことも覚悟しなければならない。いままでよく知っていた人間が別人にみえるだろう。きみは彼らのほとんどを好きじゃなくなり、彼らもきみを好きじゃなくなるだろう」

清水訳と村上訳の賛否については、前者が原文を削って訳しているということに否があるということが巷間指摘される。そして村上は原文に忠実に(省略することなくという意味で)訳しているのだが、そのことがすなわち村上訳の賛であるというわけではない。というような話は横において。

問題は、酒をやめた私(三年ではなく一年だけど)が、この文章からなにを教訓とすべきかということ。試訳から引用。

薄い色や静かな音に慣れなくてはならない。

この前提として、飲酒していると感覚がビビッドになり、酒をやめることによりその鮮明さが薄らいでしまうということがあると示唆している。そして、そのような刺激の小ささに慣れねばならないということだろう。これについては大丈夫。つまらない人間だと思われるかもしれないけど、刺激の小ささ(平穏)には満足していると思う。

元に戻ってしまうことも覚悟しなければならない。

怖い。とりわけ独り立ち飲み屋で、独り部屋で、自分の意識を麻痺させようと飲んでいた情景。自己破壊の所業だった。あんな生活には、決して戻りたくない。

いままでよく知っていた人間が別人にみえるだろう。

あたっている。正確には、別人に見えるというのではなく、現実感覚が欠落して人がふわふわと感じられる。離人症を患っている人の感覚ってこういう感じなのかなあ。

ーーー

なんか中途半端なんだけど、今回はこの辺で。

2016年06月10日(金)

[] 夏の日の朝。

久しぶりに聴いている。

D

うん。すばらしい夏の日だ。

たっぷり日光を浴びて育ってね。

f:id:kerodon:20160610074439j:image:w360

ゴーヤくんと胡瓜(きゅうり)さんだ!

2016年06月09日(木)

[] Facebook調子〜将棋名人戦だよ(σ≧▽≦)σ

〜Facebookに書いたものの転載〜

将棋の名人戦。挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人を破って新名人の座を射止めましたね(σ≧▽≦)σその第5局で佐藤八段が放った封じ手は、超攻撃的な7四同飛(#`皿´)何を興奮しているの?な向きもあるかと思いますので、写真の棋譜をご覧ください。

f:id:kerodon:20160609174844j:image:w360

佐藤八段は、飛車角両者の交換を羽生名人に迫ったのです。受けに強みを持つと言われている佐藤八段。一皮剥いて襲いかかったこの一手には、正直、体に震えが走りました。おみごと(σ≧▽≦)σ

ーーー

ぜんぜん反応がなかった(´・ω・`)・・・

ーーー

さておきインターネットってすごいね!ぺらぺらと棋譜が見れるんだよ(σ≧▽≦)σ

2016年5月30日 名人戦 羽生善治 vs. 佐藤天彦

個人的には、先日の箱根行きの時にスマホで見た第2局が両者大振りフックの殴り合いでぞくぞくした。こちら。

2016年4月22日 名人戦 佐藤天彦 vs. 羽生善治

羽生善治が詰みを逃すというのも話題になっていたよ。

2016年06月02日(木)

[] 努力の方向性がいやだ。

経済学とかマーケティングに興味が湧いてきたので、そんなんに関する本を読んでは、そんなんを咀嚼して考えながら、友人や知人と噺をしたりすることもあるんだけど、頭が痛くなってきた(´・ω・`)。

たとえば価格差別。こいつは、商品やサービスを高くても買う人には高く売り、安くなくては買わない人には安く売るっていうやつね。その究極の事例がAmazonDVD販売で勃発したそうな。

個人の過去における購買履歴を利用して、同一商品について「この人ならばこの値段でも買うだろう2000円ナリ」「この人は財布の紐が堅いから1500円ナリ」みたいな感じで販売したんだってさ。バレて批判を浴びたので現在やっていないそうな。

次。Tカード。TSUTAYA韓国ドラマをレンタルした人に、ファミマ韓国フェア(弁当とか)の物品のクーポン券を渡して、購入への誘導を行っているとのこと。

いずれもビッグデータってやつを利用しての所業だね。

私としては、貧乏だから財布の紐を堅くせざるを得ないし、TSUTAYAは嫌いだしTカードも胡散臭いから嫌いだし、コンビニは(貧乏だから)プライベートブランドの安っちいものを購入するのにしか使わないから、どうでもいい。

どうでもいいんだけど、買わせよう!買わせよう!っていう風潮(雰囲気・空気)がいやだ。企業努力っていう伝家の宝刀を抜かれたら反論できないけどさ。

上記のネタ元はこちら。

学校では教えてくれない経済学の授業

学校では教えてくれない経済学の授業

チョットくせのある著者みたいで、Amazonの評価は悪いけどおもしろく読めるよ。伝統的な経済学を最近の事例で紹介している。

データドリブンマーケティング、プログラマティックダイレクト、カスタマーディライト、クロスチャネルキャンペーンマネジメント、ダイナミックリターゲティングコウコウコクとかについてとか。冗談(冗談じゃないけど)は横に置いて、IoTの事例とかおもしろい(かもしれない)よ。読み過ぎると頭が弱くなりそうだから、少しづつ読んでいる。