けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2017年01月22日(日)

[] プライスレスと人間工学について。

タグ[bookmark]ばっかり書いていると、頭も性格も悪くなりそうなんだけど、チョット続けてみよう。

1.THE HUFFINGTON POST-全文:トランプ大統領就任演説「今日、この日から、アメリカ第一のみ」

アメリカ・ファーストの連呼。外野では、彼の外交姿勢について、イデオロギーの無い商売人という言われ方もされている。ただし私が一番気になっているのはこちら。

YOMIURI ONLINEーエルサレム市長、トランプ氏に謝意…大使館移転

これも得意のディールなのかしら?不安だなあ(´・ω・`)。

2.HARADESUGI-元イケハヤ書生の矢野大地さんが開催予定の参加料10万円のブログメディア道場について

この人やブックマーカーさんたちは参加料10万円に突っ込んでいるんだけど、私が凄いなあと思ったのは「わけわからん人たちと3週間一緒に生活する」ってところ。この疲弊(?)はプライスレスだと思うなあ。

3.ならずものになろうー本をたくさん読みたい?それともゆっくり読みたい?

これは大いに悩ましい問題ですね。ただ私の場合、本というフィールドを外れたネット記事については、すごい速さ(すなわち飛ばし読み)で対応しています。メディアの違いかな?あるいは情報に対する身体性の違いかな?

けろやん。メモー情報の身体性について。

4.YAHOO!ニュースーファミレス24時間営業廃止、携帯が深夜の客足を止めた

「携帯」っていうところ、正しくは「スマホ」だと思ったんだけど。さておき、私は脊髄反射で「24時間営業なんていらんじゃないか!」って思った。

それでも「24時間、食事を提供するという社会的責任から、廃止には踏み切らなかった。

これを文字通りに受け止めたい。世の中には夜勤の人たちもいるんだ。そういうことに気づかせてくれた記事。

5.bohemia日記 ー自宅をIoT化しすぎて不便になったこと

このデバイスのモーターが動いて、カーテンレールを押してくれるのですが、 モーターのトルクが強く、手動でのカーテンの開け閉めが一切出来なくなります。

ふむふむ、と読んでいたんだけど、人間工学的にはアリなのかなって思い直した。カーテンを開けるのにスマホを探すなどの手間が掛かることを逆に利用して、遠くにスマホを置いておく→朝日を浴びたいから布団から抜け出す→IoTでカーテンを開ける、というような「一手間」で目が覚めるみたいな。

2017年01月17日(火)

[] 手帳のミニマライズについて。

書いた。

けろやん。メモーはてなブックマークを卒業します(って別に大したこと書いてないけど)。

早く書いておかないと忘れてしまいそうなので突入しておこう。

※取り上げる記事(とりわけ個人ブログ)に関する私の感想なので、さまざまなとらえ方があると思いますので、ご承知くださいませ。

1.今日も得る物なしZー40の夜

つまらない。この人って罵倒芸(あるいはツッコミ)で名前を売っていると考えている人が多いと思うんだけど、今回は自虐(ボケ)だけ。つまらない。

お笑いだけじゃなくて、なんでもそうだと思うんだけど、私はボケとツッコミというすれ違い(ギャップ)があってこそ、面白くなると思っている。

そんな彼の大傑作エントリはこちら。

今日も得る物なしZー何がミニマリストだ

先に述べたように私の感想です。

2.きりんのシンプルライフー手帳を持つことをやめました

といっても、買ったはいいものの、一昨年あたりからスマホアプリでスケジュール管理し始めたため、使わなくなり放置していたのです。

これはけっこう悩ましい問題だと思いますね。私の場合はこちら。

f:id:kerodon:20170117092929j:image

右端のタバコスマートフォンだと思ってください。左端が所謂ところの手帳。このように二箇所でスケジュール管理を行っているのですが、実は真ん中のメモ帳でも定規で線を引いてスケジュールしています。

そして一番使っているのが真ん中のメモ帳。ということで手帳はいらないかもしれないなあ。これからチョクチョクと見直してみます。

3.市況かぶ全力2階建ー三重銀行「讀賣新聞より当行と第三銀行との経営統合に係る報道がされましたが、これは当行として発表したものではございません」(リークプレス 週明け報道)

このエントリのおもしろさ(というかみんなが騒いでいる)のは以下のくだり。

事前に報道機関リークして手柄を立てさせ、報道機関と密な関係を作り、その後に「オラそんなこと知らね」とIRを出して報道にビックリしたという風を装う。みんな分かってるけど暗黙の了解で動いている舞台裏を晒しちゃダメでしょうwww

たしかに発表当事者のモラルとして、こういうことはいけないと思うけど、私の胸を射抜いたのは、唐突に投じられた以下のくだり。

黙れ小僧!お前にあの地銀共の不幸が癒せるのか?地場産業が死に、規模維持するために都心部融資法人に騙され、その損失を埋めるために地元の田舎者をカモにしてきたのが地銀だ!規模では都銀にもなれず、信金程地域に密着しきれぬ、哀れで醜い、かわいいクソ銀行だ!お前に地銀を救えるか

(赤字太線化は引用者)

4.その他

はてな匿名ダイアリーー消費者が賢くなりすぎた

その割には、憲法改正やらといった大きな問題はどうでもよく如何に個人がうまくやるかばかりを考えるから酷い。

はてな匿名ダイアリー ー映画のDVDを通しで見れない。

私も同じ。家にいると誘惑が多すぎる。

ITmediaニュースー資金難逆手に……映画「この世界の片隅に」異例のヒット その秘密は (1/3)

メモ。こうの史代さんという人の他の絵も好きだし、(私が知る範囲における)内容も良さそう。クラウドファンディングCF)といういかがわしいものでもヨイこともやるんだな。

2017年01月14日(土)

[] 私の年賀状が元旦に届かない理由。

f:id:kerodon:20170114090119p:image

元旦に出すから。で終わってしまうのはなんなので、ちょっと理由を書いていこう。

※以下の「往信」と「返信」については適宜変更してあります。

ーーー

私は年賀状をいただいてから、その文面に応じて返すことにしている。たとえば、こんな感じ。

今年も神宮野球を見よう。

という往信については次のように返信する。

いいね!チケットが手に入り次第すぐに連絡するよ!

次。

ブザンソンのラストリサイタルをきいて書いています。やっぱり音楽はいいですね。

こんなのが来たら私は嬉しさで舞い上がってしまい、次のように返信する。

私はフルトヴェングラーバイロイト/バイエルン放送局版をしばらく前に聴いて驚愕しましたよ。(後略)。

舞い上がりすぎて、また入院の一時外泊で頭がボーとしていたこともあり、実際には次のように書いてしまったんじゃないかな?と思う。

フルヴェングラーのバイエルン放送局版に驚愕しましたよ。

そう、バイロイトが抜けちゃったかもしれない(´・ω・`)・・・でも一晩中フルトヴェングラーを語り合った仲なのでわかってくれるでしょう。

このブザンソンの彼とは20年以上顔を合わせていない。それでも年賀状で「彼はやっぱり音楽好きな昔の彼のままなんだなあ」ってわかって嬉しい。お互い事情があって(ケンカとかじゃないよ)20年以上会っていないけど、今年こそはかつての仲間を募って集まりを開催しようと思っています。

ーーー

わけわからん年賀状も届く。

まずは恐怖に襲われるもの。

往信:機会があったらまた会いましょう。

と手書きで書いてある。この人間(?)は20年間に渡り年賀状を送ってくる。でも反吐が出るくらいに嫌いな人間(?)なので一度も返信していない。そして会ってもいない。

繰り返すけど20年間会っていない私に対して、「また」会いましょうっておかしくない?私の感覚での「また会いましょう」の「また」って、だいたい2年から3年以内なんですけど。これって間違っているのかな?なんだか幽界からのメッセージみたいで怖ろしい。

意味不明なもの。

印刷されたものに手書きがまったく書かれていないもの。ちょっと分かりにくいんだけど、その作成過程(推測)を説明するとわかりやすいかもしれない。

プリンターに白紙の年賀状をセットする。パソコンでボコン!と絵柄を印刷する。チュッって住所録をクリックする。家の前にある郵便ポストに投函する。そんで私に到着したみたいなもの。「今年もよろしく」や「あけましておめでとう」すら手書きなし。この人っていったい何がしたいんだろう。

ちなみに私は、返信には結構な長文を書く(もちろん手書き)。そして相手の名前・住所、自分のそれも手書き。手で書いて心を込めたいんだよね(チョット大袈裟かな)。なのでこの意味不明なものが何を目的としているのか気になる。

ーーー

こんな感じが私の年賀状へ対峙する際の思いです。

(付記)

文中で触れたフルトヴェングラー/バイロイトのバイエルン放送局盤はこちら。

Bayreuther Festspiele, Furtwangler: Beethoven Symphonie No. 9

Bayreuther Festspiele, Furtwangler: Beethoven Symphonie No. 9

わかりやすい解説はこちら。

The Offending Instrumentsーフルトヴェングラー、もう一つのバイロイトの「第9」を聴く

2017年01月13日(金)

[] 病気についての10:退院しました。

2017年01月07日(土)

[] はてなブックマークを卒業します(って別に大したこと書いてないけど)。f:id:kerodon:20170107070738j:image

使っている。

kerodonのはてなブックマーク (3,274)

いわゆるソーシャルブックマークというもので、みんなが読んだ記事なりエントリに対して、コメントを短文で投稿できるものですね。それに対して、「なるへそ」「うーん、それはどうかな?」って考えることで(自分の中での)知見が広がることもあります。

ただ、最近では自分が投稿したコメントに対して☆を求める人が多い傾向にあるかな?そういう私も自分で書いたコメントに☆が点灯すると嬉しくなっちゃいますね。そのような自分への戒めとして、これからははてなブックマークの使用を控えようかなと思っています。

また、私のはてなブックマークの使い方というのは、(このブログ本体もそういう傾向があるけど)自分のメモ的なものなので、情報の共有っていうことには、あまり興味がありません。このようなメモ的に使うことを考えると(私が個人で使う上で)はてなブックマークが崩壊してしまっています。

崩壊というのはメモした事項を検索して発掘することができなくなっているということ。これでは、私の使い方においては本末転倒で大いに困りものです。

さらには、短文(100文字)でのメモになるので、だらだら書くことが好きな私には合わないのです。これはフェイスブックでも感じるストレスですが。

そんなわけで、これからははてなブックマークの使用を控えて、気になる記事やエントリについての感想は、このブログで書いていこうと思います。[bookmark]というタグをつけて。

それにしても、私が過去に浸かっていた形跡のあるタグ「????」ってなんだったのかしら?

2017年01月06日(金)

[] 情報のリンクについて考えていること_その2

書いた。

えろやん。メモー情報のリンクについて考えていること。

あ、財布に電話番号については、ここを読んだ各人が自己責任で判断してくださいね。私もヤルかドウか迷っているところでもありますし。

自己責任でね!って放り投げたんだけど、これについての訂正です。

財布に電話番号を入れておくということをよくよく考えたところ、よくないぞ!ということに思い至りました。クレジットカード及びキャッシュカードと電話番号のリンクは、ワルい人に拾われたら悪用されてしまう危険性があります。詳しくは書かないけど。ですので、財布に電話番号作戦はヤメた方がヨイです。

また、先のエントリで引用したらくからちゃさんが、事の顛末を詳しく書いてくれています。こちら。

ゆとりずむーお客さんの忘れ物を拾ったら、すぐ警察に届けるべきなのか問題

今回のケースでは、警察は即日連絡を入れてくれました。これだけ早かったのは、

1.免許証など名前が書かれたものが入っていた

2.紛失届を出した警察署と遺失物の届出をした警察署が同じ

3.警察への届に携帯電話の電話番号を入れていた

ということなので、警察さんは迅速に対応してくださるそうです。

新年早々、カネカネな話で失礼しましたが、らくからちゃさんが遭遇してしまった顛末を読んで以来、私は常に財布や携帯電話を失くさないように気をつけるようにしています。そんなわけで、やっぱり自己責任というか、モノを失くさないことが大切ですね。

(付記)

と思いながら、友人の店にZIPPOのライターを置き忘れたバカな私です(´・ω・`)・・・。

2016年12月31日(土)

[] 病気についての9:2016年大晦日

書いた。

病気についての8:汗が出るようになった!ラピッドサイクラーに入ったのかしら?

この続きです。

これから実家に帰って、正月はのんびりと外界で過ごすのですが、ただいま入院しております(´・ω・`)・・・。10月の末からなので二ヶ月経過で、1月の中旬には退院の予定です。

入院当初の目的は、短期間の入院で薬の調整を細かくやっていこう!と外来医院の医師及び私の意思でのことだったんだけれども、大幅に長引いてしまっています。

長引いた理由は躁うつ混合の頭の状態であることが判明したのです。以下のサイトの症状にぴったりと該当しています。

双極性障害(躁うつ病)の躁症状・うつ症状とは? 5.躁症状とうつ症状が入り混じった躁うつ混合状態

要約すると気分がうつ状態のときは思考及び行動もやる気が起きないのが通常のうつ状態で、その逆(気分が上昇、思考及び行動が活発化)が躁状態。これが通常の躁鬱病双極性障害)というものなのですが、私の場合は、きぶんがうつ状態(下降)のときにも思考及び行動が活発化してしまう症状なのです。

あらためて指摘されると、たしかにそういう局面が生活を送る上で多々あることに気が付きました。たとえば気分が上昇しているのに、なかなか行動に移れないとか。あるいはその逆とか。

結局は、薬の力を借りながら、自らで気分・思考・行動のバランスを取ることが大切とのこと。そんなの分かりきっているよう!と言いたくなるけどこれが難しい。でも入院中なんとか努力はしています。

気分が良い時には、(開放病棟なので)遠くまで歩いたり、小説を読んだり。逆のときは、私に顕著なる思考の巡りを抑えるために静かな音楽、たとえばベートーベンのシンフォニーではなく、クラシックギターで奏されるバッハの小品を聞きながら深呼吸をしたり。

思えば今年は入院に始まり入院に終わった一年でした。来年はそろそろ動き出そうと思っているのですが、とにかくそろりそろりを意識する必要もありそうです。

ーーー

そんなわけで大晦日。

書いた記事を読んでくれた方々みんなに感謝します。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

けろやん。拝