けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2016年02月04日(木)

[] 天正10年の浅間山噴火

観た。

歴史秘話ヒストリア-偉大なる父・信玄よ!〜若きプリンス 武田勝頼の愛と苦悩〜

浅間山噴火と武田勝頼逃避行について。およッ!きのう書いたエントリにタイムリーヒットだ。

番組では真田昌幸の進言も小山田信茂の裏切りも触れられてはいなかった。浅間山の噴火については、新府城にて「戦うぞ織田信長!」で気勢を上げたところで噴火。すわっ!武田家滅亡じゃあ!ということで家臣が離れていったとのこと。

時系列は、戦うぞ!→噴火→逃避行。きのうのエントリの時系列は、岩櫃城へ行こう(逃避行)→噴火→岩殿城へ行く(逃避行)なので食い違いがあるなあ。

頼り切るのは良くないことではあると思うんだけどWikipediaを見てみよう。

Wikipediaー武田勝頼

そして勝頼にとって間の悪いことに、織田軍の侵攻の始まった2月14日に浅間山が噴火した[13]。 当時、浅間山の噴火は東国で異変が起こる前兆だと考えられており[14]、さらに噴火のタイミングが朝敵指名および織田軍侵攻と重なってしまったために、武田軍は大いに動揺してしまったと考えられる[15]。

この後に逃避行が始まる。そして先に述べたように、ミクロに逃避行を分けると、岩櫃城へ行こう(逃避行1)から岩殿城へ行こう(逃避行2)という流れみたいだな。