けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2017年03月30日(木)

[] 眠る前にやさしく奏でることについて。

書いた。

けろやん。メモーSAVAREZのフロロカーボン素材について。

オフにクラシックギター練習を再開しようと思う。

さっそく教則本の最初から始めた。

むかし先生から習った曲なので楽譜書き込みがしてある。それを思い出しながら楽譜を見てみると「ここに書いたのはなんでだろう?」とか「ここに書いていないのはなんでだろう?」とかの疑問が出てきてチョット小首をかしげるところがある。もちろん練習を再開するにあたっての大きな示唆にも富んでいるぞ!

さて懐かしく先生に教えてもらっていた頃。教えてもらう一番に大きな意義は、先生が同じフレーズを弾くのを身近で見れて聞けたことだと思う。これはCDなどの音源(存在しないけど)では体感できない。そういうわけで、習ったことの復習が一段落して、また時間の余裕ができだら先生に習いに行こうと思う。

という次第で、むかし通っていた教室ホームページを見てみると、なんと習っていた先生がいなくなっちゃっていた・・・。私はその人の重たく脂ぎった弾き方が大好きだったんだ。慌ててその人の名前とクラシックギターで検索したら独立して教室を開いていることが分かった。よかった、よかった。このくだりって前にも書いたことがあるかもしれない。

さて再開した練習の時間は入床する前の一時間。クラシックギターの優しい音を自分で奏でて眠りに向かうと精神状態がとても良い。その際には自分なりでも良いから、満足して弾けたところで打ち止めにするようにしている。

また夜にフレーズを暗譜するなどの練習をすると、英単語の暗記など一般的に言われているのと同様で記憶に定着する。翌朝に弾いてみるとてきめんに分かるね。

エレキギターでギンギンとロックンロール!じゃないから隣近所からの苦情もない。この時間の練習はとても良いね。これからもがんばろう。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kerodon/20170330/1490826564
Connection: close