けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2017年10月23日(月)

[] 2017年衆議院選挙:劇場の舞台は場外にあったのではないか?

2017年衆議院選挙についてのメモ。

台風直撃予報があったので、私は期日前投票で一票を投じてきた。

台風21号:列島大雨に「特別警報」の可能性

ネットを見渡すと「積極的白紙投票」という言葉も見られたが、そのような言説及び行動はいつの選挙にも付きもので、一票を投じない有権者無為であろう。たとえそれが美人投票であろうと一票は一票である。

けろやん。メモー道義的責任という曖昧なる怖さについて。

今回の選挙結果を考えるとアナウンスメント効果が、有権者の投票行動に大きく影響したと考えられる。

立憲民主党の街頭演説が「SNS映え」する理由

新党、すなわち立憲民主党希望の党

前者の枝野氏が、その新党立ち上げに際して述べた言葉。「枝野が立て。というたくさんの国民の声があった」。一方、小池氏が新党立ち上げ後に述べた言葉。「(民進党をまるごと引き受けることは)さらさらない」「(政策に同意しない者は)排除する」。

これは判官びいき浪花節を通り越して、おおげさではあるが任侠道的世界観に通じるものであった。いずれにせよ劇場型とも言われていた今回の選挙であるが、劇場は民進党の分裂に伴う希望の党と立憲民主党のみが、その舞台に上がった。自由民主党は巧みに劇場を避けたといえよう。

自由民主党の躍進。

先述のアナウンスメント効果はここに現れた。選挙戦の序盤から大勝を報じられながら、そのままの勢いが衰えることなく大勝となった結果だ。事前に大勝が予想される政党に対して、それを忌避するという投票行動がある。このまま独走を許していいのかというものだ。一方で、勝ち馬(尻馬)に乗るという投票行動もある。今回の選挙においては、後者が前者を上回ったとも考えられる。

さらにいえば、内閣支持率が低迷する中での自由民主党躍進の原因は、月並みではあるが、二つあると思う。野党の分裂と北朝鮮の脅威。前者を風と表するならば、後者は「地」である。

北朝鮮との関係を対話ではなく圧力解決に向けようと言い放った安倍総理大臣。これは、アナウンスメント効果で考えると、危機を煽り、論点をそれに集中させる手法であろう。地が風を吹き消したとも言える。

国難突破解散に踏み切った安倍政権

その趣旨には消費税および(明確には示していないが)憲法改正も含まれていたはずだが、前者については野党との論戦の争点にならず、憲法改正に至ってははおくびにも出さず選挙戦を戦った。いわば北朝鮮を敵として位置づけた勝利である。敵を掲げて自己を正当化することは、戦いに勝利するための常道手段だ。

希望の党の惨敗について。

反安倍、反自民を旗印に掲げたが、その内実といえば、先述の排除の論理からうかがえるのように憲法改正である。こうした視線から考えると「同党がいずれその政治理念に同調する」ということが、有権者にも垣間見えての惨敗だったのかもしれない。すなわち、その表裏を有権者たちが見抜いた結果ではなかろうか。

最後に今後の政局について考えてみる。

民進 前原代表「希望中心の方針は見直し」

・・・よくわからない。

(追記_201710234_07:51)

この人、おもしろかった。

こじるり無双!現場も驚く小島瑠璃子選挙リポート力

「ひとくち、お水を飲んで、表情が全然変わらず落ち着いているんですよね。お父さんが食卓に座って朝ごはんを待っているような、リラックスした表情なんですよ」

2017年10月16日(月)

[] 早川書房の勇躍とインターネットの閉塞感について。

読んだ。

早川書房、ノーベル賞「三冠」達成。目の付けどころがスゴいと話題に

引用してみよう。

文学賞のカズオ・イシグロ氏のほか、物理学経済学の各賞で、受賞者が書いた本や登場する本を出版していたことで、先見性を称賛する声が続々と上がっている。

(太赤字化は引用者)

早川書房といえばSFミステリというイメージだったと思うんだけど、昨今は(ノーベル賞云々に関係なく)幅広く出版していますね。トレードマークであるペーパーバック型の書籍をいくつか紹介してみましょう。

f:id:kerodon:20171016065507j:image

メモしてありました。

けろやん。焼き芋ー翻訳について◆船屮薀奪疋戰蠅聾驚に勝りきや?

エントリは、2005年のタイムスタンプなので、10年以上も前に書いたものです。心が沈んでいるときに、むかしのエントリを発掘するのってなんだか辛いものがあります・・・。

さておき、つぎ行ってみよう。

f:id:kerodon:20171016065453j:image

メモしてありました。

けろやん。メモーS・ウォルヴン「北東の大地、逃亡の西」

もともとは、単発でアンソロジー等に収められたスコット・ウォルヴンの短編を採録した1冊です。彼は、いまでも書き続けていると思うんだけど、邦訳されていないようですね。残念です。

そして、そのアンソロジー「ベスト・アメリカン・ミステリ」シリーズの邦訳も滞っているみたい。

以前は、年末に購入してちらほらと読んでは寛いでいたものなので、こちらも残念です。いずれもがんばれ。

さておき早川書房。その躍進には目をみはるものがあります。その一部を紹介してみましょう。

こちらは、前のエントリで紹介した行動経済学の書籍ですね。爆発的にヒットして、行動経済学という分野が一般に認知されたきっかけの書籍だと思います。

梅田望夫らが楽観的にインターネットの叡智を唱えていたのが2006年頃*1。しかし、そのオプティミズムに対して、数々のほころびが出てきたことを厳しく論じています。上記書籍でも触れられていますが、SNSなんかは、文字通り内に篭もる「インター」なのかもしれませんね。

(付記)

本文で書影を載せたスコット・ウォルヴンの書籍。

いま眺めてみたら、カスタマーレビューのそれぞれがすばらしいことになっていますね。

*1:インターネットのオプティミズムを大々的に論じた梅田望夫ウェブ進化論」の刊行年が2006年なので、それを起点とした。

2017年10月10日(火)

[] 2017年ノーベル賞に思うこと。

ニュースが飛び込んできました。

ノーベル経済学賞、米経済学者のリチャード・セイラー氏に

昨晩、一報を聞いたときは「あれ?まだ取っていなかったんだ」と思うほどの行動経済学における泰斗な御方です。さておき、自慢しておきますね。

f:id:kerodon:20171010070309j:image

私は、結構むかしに購入して、しっかりと読んで勉強していました!行動経済学って昨今の流行りなんだけど、かんたんに説明すると、既存の主流派経済学に人間の心理を加味した経済学のことです。

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、経済活動っていうのは、さまざまな人間の営みの一つの断面なんだから、主流派経済学者のように画一的な人間像を設定しちゃったらおかしいよね*1

行動経済学の発展を一望できる書籍。

続いてノーベル文学賞

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 英国の小説家

自慢しておきますね。

f:id:kerodon:20171010071414j:image

私は、結構むかしに購入して、しっかりと積読本になっていました・・・。すてきな冒険物に見えたから古本屋で購入したものなんだ。昨日、本棚の奥の奥から発掘したので、近いうちに読んでみることにするよ。

ついでに毎年騒がれている村上春樹。

夕刊紙(日刊ゲンダイだったかな?)によると「彼の作品は、その文体でカルト的な人気を誇るが、深遠なる悩み(テーマだったかな?)が無いがゆえに受賞できないのである」みたいに書かれていた。私も大いに賛同するけど「ねじまき鳥クロニクル」は、何回読んでも傑作だと思うな。

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

この間も読み返したけど、ラストシーンにすこし胸がいっぱいになったよ。

*1:画一的人間像(ホモ・エコノミクス)を経済学者が好むのは、そのことによって経済活動を定量分析化できるから。そしてその根底にあるのは、数学や物理学への憧憬、あるいはコンプレックス。

2016年07月18日(月)

[] 抜身の刃を御自らの喉元に突きつけた男。

NHKオンラインー天皇陛下 「生前退位」の意向示される

天皇陛下は、数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。

引用で示したように確報ではない。確報ではないがゆえに、直球が安倍政権とその裏で蠢く日本会議の内角をえぐり迫っているのだ。言葉は適当ではないが、これは天皇陛下による「クーデター」である。

安倍政権(そして日本会議)とはなんなのか?

日本国憲法を破壊することを目的とした連中である。その邪な野望を実現するためには手段を選ばない。いま日本国憲法を破壊すると書いたが、穏当に表現するならば改憲である。

私は自分の主張を押し付けることは好まないので(争いが嫌いだからだ)、改憲についてもその是非については、読者自身で考え抜いて、自らの意思を持ってほしいと思う。

ただし、安倍政権が手段を選ばずに改憲に邁進していることは知ってほしい。

手段。体外政治的には中国との揉めごとで、国民のナショナリズム、あるいは憲法第九条改憲を煽る。もちろん中国にも責任はあると思う。だから中国さんは、お願いだから大人しくしていてほしい。頼む。

次に経済政策。ここを読んでくださっている皆さんには、耳にタコができていると思うが、円をばらまいた結果のアベノミクスだ。ポイントは「結果」だということ。私はアベノミクスが経済政策だとは考えていない。

2020年には東京開催のオリンピックが控えている。(主として外部要因によって)金融政策に窮した安倍政権は、なりふり構わぬ財政出動に打って出るであろう。町の書店で田中角栄の関連本がずらりと平棚に並んでいるのは、その下準備である。

このように国民感情を自在に操り改憲に突き進む安倍政権。ナチス・ドイツのヨーゼフ・ゲッベルスが如き人物が近くに潜んでいるのだろう*1。だいたい検討はつくが。

先の選挙の結果、参議院において改憲勢力が2/3を獲得して衆参両院で改憲発議が可能となった。

改憲に向けて順風満帆のようであるが、英国のEU離脱問題(Brexit)が一石を投じた。Brexitとはなんだったのか?

その本質は国家、そして国民の分断が表出してしまったということだ。僅差での離脱決定。そして明らかになった地域・世代間の指向性の絶対的な断絶。

日本国民(有権者)は改憲国民投票に危機感、あるいは当事者意識を抱いたと思う。

さて冒頭の記事について。他の記事を引用する。

今上天皇の切り札か?“朝敵”安倍政権を追い詰める生前退位騒動

歴史的には事例は多いとしても、この200年においては例がなく、皇室典範にも規定がありません。そうなると、何よりもまず皇室典範の改定、あるいはその是非について慎重に議論を進めることになります。これは憲法改正に優先します。有識者の意見を広く集め、粗相なく進めようとすれば、相当な時間をかける必要があり、結果として安倍政権中には憲法改正にたどり着けなくなる可能性があります。

(赤太字化は引用者)

安倍政権が朝敵であるか否かには興味が無い。しかし彼らが手段を選ばず改憲に向かっている以上、そして天皇陛下の御真意はいかにあれども、私は諸手を上げて快哉を叫びたいと思う。

(付記)

みんなにぜひとも読んで、そして考えてほしい。

自民党 憲法改正推進本部ー日本国憲法改正草案

*1:この部分は他のブログの表現を借りた。

2016年06月25日(土)

[] 英国のEU離脱決定の日本市場への影響。

2016年6月24日(金)。国民投票にて英国がEU離脱を決定。

NHKが開票開始からテロップで残留票と離脱票の推移を放映していたが、私はそれを無音で見ながら、スマホとパソコンで株価・為替動向を注視していた。

f:id:kerodon:20160625140434j:image:w360

一日明けて、東京新聞6月25日付朝刊「英国民投票ドキュメント」という記事を参考に、株式・為替市場の動きをメモしておきたい。時間は日本時間。

06:00 投票締め切り。開票作業始まる。

07:46 静かに伏線が投じられる。独立党党首の敗北宣言だ。

イギリスの国民投票、残留派が勝利?英独立党党首「EU残留が勝ったようだ」

08:30 382ヶ所の開票所のうち5ヶ所集計終了、離脱と残留が接戦。

09:00 東京株式市場開場。

当初は売り買い錯綜。独立党党首の敗北宣言とリアルタイムの開票結果の乖離に市場参加者の心理が揺れる。

11:30 172ヶ所の開票所の集計終了、離脱支持が51.2%でリード。

11:45 円相場が2年7ヶ月ぶりに1ドル100円を突破し99円近辺に。

この時刻は株式市場は昼休みで立会取引は行われていない。

12:30 (後場立会開始)東京株式市場の日経平均株価が一時1000円下落。

12:40 英BBCなどの複数のメディアが離脱支持が勝利と報道。

15:00 東京株式市場の平均株価終値は14,952円(前日比1、286円安)と今年最安値に。下げ幅は2000年4月以来の大きさ。

私は離脱が決定した場合の株価は、瞬間的に1,500円安(下落率10%程度)をつけると予想していた。その根拠は、残留を訴える女性議員が殺害された悲劇から、趨勢は残留に傾き、市場もそれを織り込んでいたと考えていたから。

そこまでの下落に至らなかったのは、離脱ショックを前場開始から3時間40分にわたって緩和したからだと思う。その中には、ドル円が100円を割った時に立会が行われていなかったことも含まれる。

世界各国の株価を整理しておこう。

日経225は先に記したように14,952.02円で1286.33円の下落。下落率7.92%。その後に始まった欧州市場。それぞれ下落率だ。ドイツDAX:ー6.82%、フランスCAC:ー8.04%、イギリスFTSE100:-3.14%、アメリカNYダウ:-3.38%。中国は知らない。

株価の下落率は時間の経過とともに低くなっているようだ。しかし世界の混乱はまだまだ続いている。

f:id:kerodon:20160625140500j:image:w360

(参考)

世界各国市場の株価グラフあり。

市況かぶ全力2階建-ブリカスEU離脱ショックを一身に浴びた日本市場、歴代8位の下落幅を記録

2016年06月09日(木)

[] Facebook調子〜将棋の名人戦だよ(σ≧▽≦)σ

〜Facebookに書いたものの転載〜

将棋の名人戦。挑戦者の佐藤天彦八段が羽生善治名人を破って新名人の座を射止めましたね(σ≧▽≦)σその第5局で佐藤八段が放った封じ手は、超攻撃的な7四同飛(#`皿´)何を興奮しているの?な向きもあるかと思いますので、写真の棋譜をご覧ください。

f:id:kerodon:20160609174844j:image:w360

佐藤八段は、飛車角両者の交換を羽生名人に迫ったのです。受けに強みを持つと言われている佐藤八段。一皮剥いて襲いかかったこの一手には、正直、体に震えが走りました。おみごと(σ≧▽≦)σ

ーーー

ぜんぜん反応がなかった(´・ω・`)・・・

ーーー

さておきインターネットってすごいね!ぺらぺらと棋譜が見れるんだよ(σ≧▽≦)σ

2016年5月30日 名人戦 羽生善治 vs. 佐藤天彦

個人的には、先日の箱根行きの時にスマホで見た第2局が両者大振りフックの殴り合いでぞくぞくした。こちら。

2016年4月22日 名人戦 佐藤天彦 vs. 羽生善治

羽生善治が詰みを逃すというのも話題になっていたよ。

2015年09月18日(金)

[] 日本国保守本流は何処へ?

はてな匿名ダイアリー-なぜ平日の日中にはてブやってる人が多いのか?

じゃないけど、平日の日中(昨日)に国会中継を観ていた。山本太郎というのが出てきたけど、思ったよりヘンテコではなかった。気のせいかしら?

さておき。民主党や共産党が訴える「日本の保守の気概はどこにいったんだ・・・」という言葉が印象的。なにを他人のふんどしをという面もあるけど、観ていた私には、すっと心に入ってきた。本当に日本の保守勢力はどこにいったんだろ?

読売新聞-安保攻防決着せず…参院本会議、午前10時再開

ロイター-米金利据え置き、年内利上げの可能性は残す

政治の季節が終わり経済の季節に早々と向かうのだろうか?