けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2017年12月11日(月)

[] もはや留まることができなくなったトランプ政権

エルサレムイスラエル首都とする米国トランピング発言が波紋の広がりを見せている。

パレスチナで衝突 エルサレム首都承認受け

イスラエルは抗議デモストライキを行うパレスチナ人に対抗するため、ヨルダン川西岸に何百人もの兵士を追加で派兵した。デモ参加者らがタイヤを燃やし投石する一方、イスラエル兵は催涙ガスを発射し、ゴム弾や実弾で対抗した。

このブログでもトランプ政策の決壊点としてエルサレム問題あげてきた。"エルサレム"で検索すると以下の文言が出てくる。

けろやん。メモーラストベルトとブロゴスフィア(死語)の幻想、あるいは幻滅。

再びトランプ。ここには入っていないようなんだけど、先日触れたイスラエルにおけるアメリカ大使館のエルサレムへの移転はどうなるんだろう?

けろやん。メモープライスレスと人間工学について。

この問題に関しても得意のディールなのかしら?不安だなあ(´・ω・`)。

北朝鮮問題が、米国にとって受動的な問題なのに対して、エルサレム問題は能動的。すなわち北朝鮮に関しては、相手側の意思如何によって対応せざるを得ないというネックがある。それに対してエルサレムに関しては、(いわば)こちらから仕掛けることができるのだ。

すなわち「次の一手」を模索しながら選択したものかもしれない。なにしろトランプ米国は、サメのように泳ぎ続けなければ成り立たない政権と化しているからだ。

2017年03月27日(月)

[] 森友学園騒動:ダブル・スクリプト(書き手)?

森友学園騒動について、チョット2ちゃんねるを覗いてみたところ、話題になっていないんだけどおもしろいレスを見かけた。

私は推理が好きなのでメモしておこう。

16 名無しさん@1周年 sage 2017/03/26(日) 10:37:31.96 ID:XlHL9jV+0

どうもあのFAXは一枚目は谷が書いているのだろうが二枚目は別人ぽい

一枚目の

>籠池 泰典 様

>前略 平素よりお世話になっております。

>資料を頂戴し

>財務省本省に問い合わせ、国有財産審理室長から回答を得ました。

二枚目の

>籠池様

>平素よりお世話になっております。

>先月頂戴しました資料をもとに、

>財務省国有財産審理室長の田村嘉啓氏に問い合わせを行い、以下の通り回答を得ました。

谷が二枚とも書いているのなら二枚の重複部分は助長なんだよな 二枚目は「以下が財務省国有財産審理室長からの回答でございます」で済むはず

あと公務員の慣習は知らないけど省は違っても国家公務員同士なのだから田村嘉啓氏の「氏」は不要じゃ無いの?

そもそも個人名の田村嘉啓を記載するのも不自然だし

安倍の事務所関係者が書いたのなら「田村嘉啓氏」で納得いくんだよな

(太赤字化は引用者)

疑惑のファックス書影についてはこちらから。

THE HUFFINGTON POST-籠池氏が安倍昭恵夫人から受け取ったFAX全文を公表 「財務省に多少の動きを」に自民議員は「疑念」

f:id:kerodon:20170327181600j:image

f:id:kerodon:20170323175045j:image

あらためて見てみると、ファックスの1枚目はテンプレで、2枚めは官邸が言うところの「丁寧な対応」みたい。で先に引用した2ちゃんねるのレス「書いたの別人ぽい」については、うむ・・・。1枚めが表書き(添え状)で2枚めが本文みたいにも見えるし。

ついでにメモ。2ちゃんねるをつらつらと眺めていると、ときおり次のようなレスが投じられている。

りそな銀行からの21億円融資の担保(あるいは口利き)を誰がやったのかが本丸だな。

私はぜんぜん知らなかったので、ということは新聞やテレビ等で大きく報道されていないことなんだけど(たぶん)。「りそな銀行 21億円」で検索してトップに出てきたのがこちら。

森友学園融資疑惑 安倍総理が元りそな銀行高槻支店次長の冬柴大氏と会食。その後、りそな銀行は森友学園に建築費21億円融資

もし政治家さんたちが絡んでいるなら、ここらへんなのかなあ・・・。

ふたたび「疑惑のファックス」についてのメモ。

JB PRESS-関係者を出せ!財務省の交渉記録廃棄は大問題だ

谷氏は、経済産業省のいわゆるノンキャリアの役人である。そのような人物が財務省の課長クラスに該当する室長と直接交渉するということは、通常はあり得ない。背後に、総理大臣夫人の威光があったからこそと考えるのが妥当であろう。

(太赤字化は引用者)

さておき、この騒動のオッカケは横において、他のことをやろう。

(追記)

田中秀臣という人が書いている。

根拠なき籠池証言と「忖度」に色めくメディアは早く消えてほしい

唐突なこじつけがおもしろい。チョット長いんだけど引用メモ。

例えば、昭和恐慌には、当時の朝日新聞毎日新聞など主要メディアは、デフレや不景気を極限まですすめれば、経済の「悪」が淘汰されてより高い成長が可能であると信じた(清算主義)。主要メディアの大半がそのような報道姿勢であり、政界含めた世論の大勢もこの清算主義の考え方であった。だが、この清算主義は経済学的には間違った経済思想である。実際にこの清算主義を採用した当時の日本経済は恐慌に陥り、失業倒産子女の身売りなどが激増した。社会情勢は不安定化し、解決の糸口はまったくなくなってしまった。

(太赤字化は引用者)

メディアのバイアスに対する批判としての文脈で書かれているんだけど、いきなり戦前の昭和恐慌期にまで遡っての一例が飛び出してきてびっくりした。他にも適切な例(戦争を礼賛していたメディア批判とか)はあるだろうになんなんだ?学者(一応)としての知識をひけらかしたいだけじゃないの。へんてこ。

調べてみたらなるへそ。

Wikipediaー田中秀臣

積極的な金融政策を中心にデフレから脱却することを重要課題とみなすリフレーション政策の支持者の一人

ここへ強引に持っていっていきたかったわけね。

2017年03月25日(土)

[] 愛国問答:森友学園問題についてのメモ。

この騒動はオッカケてなかったので、よくわからないんだけど、証人喚問の実況がおもしろかったのでメモしておこう。

まぐまぐニュース!ー籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

f:id:kerodon:20170325094501j:image

私の認識する騒動の流れは次のような感じ。

篭池理事長の森友学園が国有地を格安価格で払い下げられた。認可申請云々とか生活ゴミが出てきたりして開園できなくなった。篭池理事長が安倍首相にしつこく絡んだ。野党も安倍政権打倒に利用しようとした。

安倍首相が籠池理事長を切り捨てた。籠池理事長がキレて安倍首相からの100万円の寄付(?)を持ち出した。官邸サイドが首相を侮辱するものであるとして篭池理事長の証人喚問に至った。

籠池氏証人喚問は、自民党にとって「危険な賭け」

(籠池氏を)たださなければいけないという思いは非常に強く持っている。総理に対する侮辱だからしっかり受け止めなければならない。

さて2017年3月23日の衆参両院での証人喚問。

篭池理事長のロジックは、安倍首相の夫人に金を渡して、そこを起点として財務省、近畿財務局、大阪府に「神風」が吹いて、認可申請がおりた。また彼の主張は、安倍首相の夫人に金を渡したのは事実であるけど、神風の内容は知らないのでそっちに聴いてほしい。

議員先生たちの質問は、彼の主張の前者に集中。午前中の参議院の「本当ですか?」「偽証罪に問われますよ」から始まり、午後の衆議院では「あなたの人生が変わりますよ!」「失礼なのはあなたでしょう!」みたいな質問。篭池理事長に振り回されっぱなし。

私の印象に残ったのは3点。

午前中に松井大阪府知事に話が振られたのを受けて、午後の日本維新の党所属議員の火消し。もう熱くなっちゃって質問というより恫喝に転じちゃった。そこで先に書いた「あなたの人生が変わりますよ!」の捨て台詞。街のチンピラかよ。

次は午後の自民党所属議員の質問。午前中の篭池理事長の発言内容が事実であるかの再確認を嫌味ったらしくねちねち繰り返していた。偽証罪に追い込もうとしているみたいなんだけど、これって必要なことだったのかな?参議院で発言しているんだから、偽証罪が成立するならそこでしているわけだし、他の質問をして言質を取ればいいのに時間の無駄。

挙句の果てに、篭池理事長「あなたは畳み掛けるようでぼくに失礼じゃないですか?」。そこで先に書いた「失礼なのはあなたでしょう!」発言。売り言葉に買い言葉。子供のケンカかよ。

最後。午後の野党民進党所属の枝野議員。篭池理事長が午前中に提出しなかった(作戦だったのかな)ファックス用紙を手に文面を読み上げたところで天を仰いだ。

「議院証言法によって罰せられますしファックスが偽造だったとしても罰に問われますよ」。民進党も「もうこいつには関わらんほうがいい」みたいな空気だったんだけど、なんか藪から棒の気流に巻き込まれた感じ。

これからどうなるんだろう?

この証人喚問で与党自民党のイメージダウンは必至。内閣支持率の失墜は避けられないだろうね。そして問題の焦点である国有地の払い下げ。官邸は政治問題に発展することは絶対に避けなくちゃならないから、大阪府か財務省から人身御供を差し出して幕引きするんじゃないかな?

この「首相を侮辱したから証人喚問」は何を生んだのか。

炎上沈火を目論んだ官邸サイドが油注ぎの場を与えちゃったってこと。ここまで書いてきたことだけじゃなくて、外国特派員協会での会見で、英語の質問に通訳を介さずに持論を展開する篭池理事長の姿も好印象で受け止められていると思うし。

最後に私の思うこの騒動の構図。

第二次安倍政権発足当初は、篭池理事長のような保守と呼ばれるけど保守じゃない愛国的な有象無象を必要としていたが、現在の高支持率の状況下においては、このような支持層は厄介者になってきたので切り捨てたいっていうことじゃないかな?


2016年04月08日(金)

[] バイセル取引について(重要な追記あり)

(追記)

完全に読み違えていた。はてなキーワードに飛んだら、西田という人は社長になっていた。こういう人が利益偏向の企業風土を生み出したということらしい。

(本文)

朝日新聞に微妙な記事があったのでメモしておこう。東芝の西田厚聡という人が社長になっていたら、どうなっていたのって話。

この人は早稲田大学を卒業して東大大学院で西洋政治思想史を学んで、イランの合弁子会社を経て東芝に入社したのが、1975年で35歳だったっていう主語がえらくバカでかい人らしい。せておき引用してみよう。

液晶部品などの主要部品を供給する際、マスキングと呼ばれる上乗せ価格をつけて卸し、完成品を買い戻す「バイセル取引」だった。(略)上乗せ分だけ高く売れるため、一時的に利益を多く見せかけられる。ただし完成品を買い戻す際にその分高くなり、本当は利益を生まない。

冒頭に微妙なって書いたのは、この記事が西田という人を持ちあげている感じの書き方だからなんだ。記事の写真を掲載するのが、(私としての)スジだと思うんだけど、うまくできないから曖昧にするしかないんだけど、不思議な記事だなあ。

2016年02月16日(火)

[] パネルでドンッ!とかデフォルト・モード・ネットワークとか。

出先で久しぶりに日刊ゲンダイを読んだ。メモしておこう。

民主の「質問パネル」に不許可連発

民主党が国会質問に際して配布する資料に対して、自民党が不許可を連発しているとのこと。

配布資料がパネルになってテレビやネットで放映されるのが嫌なようなのだ。

先日、国会中継を観ていて、質問者がドンッ!とパネルを使っていたのに驚いていたところだった。ワイドショーみたいだったんだ。いや民主党とかを批判するわけではないんだけどね。

「More」で成長した秘密の帝国-アマゾン・ジャパン

まだ読んでいない。あとで読んでみよう。

マイナス金利導入でフィンテック普及が加速する

株式評論家の杉村富生という人が書いている。

マイナス金利、および預金金利の大幅な低下は決済システムを根本的に変えるだろう。だってそうじゃないか。利息が何円の世界なのに、送金手数料が何百円も取られてはたまらない。筆者がマイナス金利によって、フィンテック(ファイナンスとテクノロジーの融合)が加速する、と考えるのはここにある。

マイナス金利。お金を預けていたら目減りしちゃう。困ったもんだよね。さておきフィンテックという言葉が気になったので調べてみた。

日本経済新聞-フィンテック革命、金融が変わる

金融とIT(情報技術)を融合した技術革新を指す。スマートフォン(スマホ)関連やビッグデータ分析などに秀でたベンチャー企業の技術を生かし便利な金融サービスを創出する。

うむ・・・よくわからないなあ。あとで調べてみよう。

ボーッとする時間が天才を生む

(本郷赤門前クリニック院長の吉田たかし)

「脳がボーッとしているときに活発化する現象は『デフォルト・モード・ネットワーク』と呼ばれ、今、世界中の脳科学者が研究に乗り出しています。

これも調べてみよう。

アップルの迷走

日本国内での「iPone」のシェアは5割を超えているが(略)。最新機種の「6S」について、ネット上では「ポケットに入らない」「片手で操作できない」などの不満が飛び交っている。

iPoneのシェアが5割を超えているにはびっくりだ。さておき、私が使っているスマホ(iPoneじゃない)もデカくて、最初はうっとうしかったけど、けっこう慣れてしまったよ。でつらつら考えたら、たしかに片手で操作することはないなあ。

2016年02月13日(土)

[] 週刊誌が政治(?)を斬るというポピュリズムの軍靴的な深淵。

うむ・・・。

産経WESTー他の女性との関係も認める 週刊文春の質問に…金子議員との離婚も示唆

わからないのはこちら。

さらに他の女性と不倫関係があったことまで告白。

ということではなくてこちら。

女性タレントとの不倫が報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が12日、東京都内で会見し、不倫を認めた上で議員辞職を表明した。

このところ世間からヤヤ逸脱した生活を送っていたからなのかもしれないけれども、この人が辞職しよう表明をする理由というのは不倫したからなの?たしかに育児休暇が云々というのは知っているんだけど、その云々して不倫したからなの?

そういえば、このサムライさんはどうなったの?

毎日新聞ー甘利・経済再生担当相辞任 支持者「無念だろう」

海老名市の内野優市長(60)は「会見は気の毒で見ていられなかったが、秘書の責任まで負うという正しい判断をした甘利氏は侍だと感じた。私自身は甘利氏の説明を信用したい。地元(13区)の首長としては、大臣を続投してほしかった」と沈痛な表情で語った。

(赤太字化は引用者)

ふむ・・・。

2016年01月19日(火)

[] 思いながらSMAP。

※元エントリは昨日(18日)15:27にアップしたんだけど、22:00過ぎから始まった「謝罪放送」を視聴して、とても悲しくなって削除した。でもメモとして、足跡として、原文のままアップし直そう。

(本文)

解散騒動で揺れるSMAPさんたちの一人である中居正広が、1月16日付の朝日新聞の土曜版に登場していました。

f:id:kerodon:20160118141929j:image:w360

引用してみましょう。

(インタビュアー:普段はひとりでいるのが好きだそうですね)

休みには家から出ませんね。この前も2日休みがあったんですが、食料を買い込み、一歩も出なかった。1年間、誰にも合わなくても平気じゃないかな。寂しいとか思わないんですよ。

インタビューの引用は横において。記事の末尾はこう結ばれている。

取材は昨年12月23日

(太赤字化は引用者以下同)

さて。今回の騒動の時系列を観てみましょう。

Business Journal-SMAP解散を生んだ、「空白の一日」と「掟破り」…なぜジャニーズ寄りの報道垂れ流し?

13日付で日刊スポーツが「SMAP解散」、スポーツニッポンが「SMAP分裂危機」と一面で報じ、その後もスポーツ紙や週刊誌の報道合戦が続いている。かたちとしてはこのスポーツ紙2紙のスクープとなっているが、実はもともとは14日発売の「週刊新潮」(新潮社)が飛ばすはずだった。週刊誌記者が話す。

(略)

『新潮』の記事にも、最後の部分でジャニーズのコメントが掲載されています。印刷のスケジュール的におそらく『新潮』は遅くても12日までには当てている」 つまり、ジャニーズはこの段階で14日発売号に記事が掲載される事実を把握することになる。同記者が続ける。「そこでジャニーズは、校了日と発売日までのタイムラグを使うわけです。つまり、『空白の1日』を使って13日に日刊とスポニチに掲載されるように仕向けたのです。今回に限らず、芸能事務所によっては都合が悪いと思えば、懇意にしているスポーツ紙にネタをリークし、自分たちに都合の良い情報で記事化させるわけです。

整理すると、ジャニーズ(事務所)は1月12日に、14日発売の「週刊新潮」がSMAP解散(的内容)を報じることを当てていた。そこで同日(12日)に動き13日付のスポーツ紙2紙に「リーク記事」が掲載されるように仕向けた。私の言葉が片言なんだけどこんな感じ。

さて元ネタの週刊新潮1月21日号(1月14日発売)を観てみましょう。

事務所関係者が明かすのは、衝撃の事実だった。昨年12月半ば、事はほぼ決しました。飯島さんは解雇されることになった。肝心のSMAPも当初は飯島さんと行動をともにし、全員で独立すると見られました。しかし紆余曲折を経て、メンバーが4対1に分裂することが決定した。飯島さんのクビに伴い、4人が彼女についていく。事務所に唯一残るのは、木村拓哉です」

振り返るXデイは「12月半ば」のようですね。もう一つ引用してみましょう。

LITERA-中居正広が『すべらない話』でジャニーズのタブー“近藤真彦問題”に踏み込んだ! 凍りつく芸能マスコミ…

1月9日に放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で、SMAPの中居正広がその日一番面白かった「MVS」(Most Valuable すべらない話)に選出されたことが話題になっている。

時系列は横において番組内容。私もこの番組を観たんだけど、素人ながらにふっと違和感を抱いた。時系列は1月9日放送。

Swindle説も登場している。

Yomerumo NEWS-【朗報】SMAP解散騒動で衝撃情報 / フジテレビで復活番組「俺たちはSMAPスペシャル」を放送して復活の予定か

「SMAPの解散から復活まですべてシナリオ、つまり台本が用意されているといわれてますが、最終的にフジテレビで復活番組「俺たちはSMAPスペシャル」(仮題)を放送し、大々的に復活するという計画があるといわれています」

こういうの好きなんだけど、チョット無理筋かなって思う。Swindleを考慮しても『すべらない話』が大きすぎたと思うので。私は思う思う・・・。

(参考)

Wikipedia-ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画)