けろやん。メモ このページをアンテナに追加

2014年07月14日(月)

[] ドイツvs.アルゼンチン:埋められなかった溝・・・。

よし!ドイツ優勝!

f:id:kerodon:20140714071521j:image

−−−

息詰まるような熱戦を制してドイツ優勝。

MVPはGKノイヤー。彼がいたからこそアルゼンチンのドリブル突破を喰いとめられた。お見事。

−−−

熱戦。うむ、アルゼンチンvs.オランダの方が熱戦だったな。アルゼンチンはメッシと他のメンバーとの溝を埋められなかった感じ。観客がいうのは失礼だと思うけど。

メッシは決定機を何度も外していた。最後には、彼がゴール前中央にいるにもかかわらず、他の選手がサイドからシュートを放ったシーン。そして最後のフリーキックも駄目だった。

なによりも試合終了後のピッチで彼の単発映像が流れなかったこと。もちろん他の選手たちが泣き崩れたり、悔しさで顔を歪めていたりしたからかもしれない。しかし、メッシのいない試合後のこのシーンが、試合中の映像よりも一番印象的だ。

でも彼も重圧からか、原因不明の嘔吐症状に苦しめられていたらしい。ワールドカップ前の話みたいだが、やっぱりそこがエースなんだろうな。

−−−

さて。冷静になってみるとトトカルチョ7.8倍だ!

2014年07月13日(日)

[] ドイツvs.アルゼンチン:死兵、屍を乗り越えて迫リ来るか?

f:id:kerodon:20140713155313j:image:w360

ワールド・カップ。

いよいよ最終戦が明日に迫りましたね!私はトトカルチョに参加しているのですがドイツ1本で勝負しています。

で、ドイツに4本入っているのですが1本勝負は私だけかもしれません。みんなブラジルとかを抑えに置いているのです。話題になっていないのでドイツ&アルゼンチンはいないみたいですね*1

配当は7.8倍。「獲ったら料亭でごちそうしますよ!千円のね・・・」って言いまくっているのでドイツがんばれ!

−−−

さて。大方の予想はドイツ勝利である。多彩な攻撃陣。GKも含めた堅固なディフェンス陣。

対するアルゼンチンは、単発メッシのみである。そして、そのメッシもチーム内で浮いているという評がある。

すなわち周囲の選手が汗を流し走り回る中でメッシだけが動かない。そして監督もそれを容認している。そして、重要なことはメッシのゴールが途絶えていることである。

しかし、勝負はふたを開けてみないと分からない。そしてふたを開ける前にアルゼンチンは怖ろしいカードを切ったのである。

日刊スポーツ:アルゼンチンのサベラ監督大会後に退任へ

メッシを放任した監督が最終戦の勝敗にかかわらず退任する。すなわちメッシと心中するのである。このカードは絶妙のタイミングで切られた。

アルゼンチンの選手全員が死兵になるかもしれない。

死兵とはなにか?死んだ兵隊ではない。敗北必至なる状況下において、将たる者の首が斬られた時、死を賭して突出する兵である。彼らは狂気に満ち溢れている。

とふざけて書いているように見えるかもしれないけれども、ここで切られた札は戦況を大きく変えてしまうかもしれないと本気で考えている。

−−−

7.8倍はいいから、両チームともがんばれ!

*1:凄いのは半数近くの人間が準決勝4チームに投じている。