籠球日記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年04月13日(金)

[]どこまで姑息なのか。 10:14

◆混乱のバスケ、評議員増員(デイリースポーツ)

2006年度補正予算が承認されない異例の事態が続く日本バスケットボール協会が、補正予算案を再審議する22日の評議員会を前に、評議員数を56人から80人に大幅増員する決定をしたことが12日、分かった。

同協会は3月の評議員会で、昨夏の男子世界選手権で出た約13億円の赤字の半分を負担することを盛り込んだ補正予算案を審議したが、賛成22票、反対31票で否決された。執行部の退陣を求める反対派は「採決で勝つために増員したのではないか。暴挙だ」と反発している。

同協会は規約に当たる寄付行為で評議員は80人以内と定めており、11日の理事会で新評議員を選出した。石川武専務理事は、これまで学識経験者がいなかったことから「必要だった学識経験者を寄付行為に沿って増やした。そういう(採決で勝つ)ためではない」と反論している。

お探しのページはみつかりませんでした。/デイリースポーツ online

必要だった学識経験者を寄付行為に沿って増やした。そういう(採決で勝つ)ためではない」だそうですが。

仮に、本当に数で勝つための増員ではないとしてみようか。だとしても、このタイミングでそんなことやったら、痛くもない腹を探られるのは小学生でも分かると思うよ?

この人たちは、どこに向かってるのかなー。こんなことやってる間に五輪予選はどんどん近づいてるのになー。そんなにしがみつかなくちゃならないくらいの利権が存在するってことなのかなー。

外から見るしかない一ファンとしては、素朴な疑問が増えるばっかりです。

てゆーか、本気で消えてほしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kerorirorin/20070413/1176426881