Hatena::ブログ(Diary)

傑力珍怪

2009年08月31日

8月31日(月)。『AURORA』上映後、荻原聖子さん一人芝居と『とりと少女』あり!

どうも間野です。本日『AURORA』上映後に、台風に負けないイベントを2つ用意しました。

どちらにも『AURORA』の制作部役、『地獄に堕ちたシェイクスピア』ではレトロな格好をした不良娘役で出演していただいた荻原聖子さんが登場してくれます。

まずは間野ハヤトの超新作、短編『とりと少女』(約3分)

D

『とりと少女』とは・・・荻原聖子さんというフォトジェニックな女優を被写体に、赤いとりとの出会いと別れを描いた「お子さんも楽しめる」写真アニメなのだ!

f:id:ketsurikichinkai:20090831002849j:image

こちらが出演してくれた赤いとりと荻原聖子さん。素晴らしい音楽は相良実和子さん。

そして、荻原聖子さんの一人芝居『おぎちゃん』!!!

インタビュアー泣かせで有名な荻原聖子さんに今回のお芝居についてうかがってみた。

Qどんなお話ですか?

「登場するのはまめ。わたしも出ます」

Q意気込みを聞かせてもらえますか?

「いつも篭められているまめの氣持ちを存分に発揮したいと思います」

・・・・どんなお芝居になるのでしょう。まったく予想がつきません。楽しみですね。爆笑芸術映画『AURORA』と盛りだくさんのメニューで送る本日の傑力珍怪。お見逃し無く!

f:id:ketsurikichinkai:20090831003755j:image

2009年08月30日

藤原章監督&宮川ひろみさん&大畑トークショーの模様。飛び入りゲスト、花くまゆうさくさん!

f:id:ketsurikichinkai:20090830111440j:image

8月28日、藤原章監督と女優の宮川ひろみさんをお招きしてのトークイベントが開催されました。(写真左から、花くまゆうさくさん、大畑創、宮川ひろみさん、藤原章監督)

藤原章監督の『ダンプねえちゃんとホルモン大王』に出演されている漫画家花くまゆうさくさんも飛び入りで壇上に上がっていただき、制作中のエピソードをお話しいただきました。

格闘演技を指導するために、花くまさんは宮川さんを柔術道場に連れて行き、みっちり御指導なされたんだとか。だからこそ宮川さんはあの木人拳を習得されたのか!と一人納得してしまったのでした。

藤原章監督からは「大畑くんには、ロボ映画を作って欲しい!」とのお言葉をいただきました。いつか必ずロボコップに負けない映画を作るつもりです!

ところで、ことあるごとに言ってますが、僕は藤原章監督の『ヒミコさん』を見て宮川ひろみさんに『大拳銃』出演をお願いしたのでした。なぜなら、『ヒミコさん』に出演されていた宮川さんの顔が、あまりにも美しかった!からであります。さて、その美しさは『大拳銃』ではどのように映っているのか。宮川さんが『ヒミコさん』と『大拳銃』とで、どう演じ分けたのか、どちらの作品も御覧になって是非確認してみてください。

藤原章監督&宮川ひろみさんの最新作『ダンプねえちゃんとホルモン大王』は、傑力珍怪と同じ渋谷アップリンクXにて今年12月に堂々公開決定!!です。お楽しみに!!

詳細は↓公式HPを御覧ください。

http://danp.iinaa.net/


『大拳銃』大畑創

8月30日(日)。『二度と目覚めぬ子守唄』、今日を入れて後二回です!!!

『傑力珍怪』ゲスト作品の中でも、最重量級の目玉作品『二度と目覚めぬ子守唄』も、今日を入れて後二回。お見逃しなく!!!

「歌ってやろう〜〜子守唄〜〜二度と目覚めぬ〜〜子守〜〜唄〜〜」

ダウナーな歌声が、あなたを二度と目覚めぬトワイライトゾーンに引っ張り込みます。気をつけて!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090813110429j:image

さてさて、『傑力珍怪』も残すところ6日間。

カウントダウンが始まってます!!!

「チケット買ったけど、まだ行ってない」という貴方、そう、そこの貴方ですよ!!!

『傑力珍怪』は、これからどんどん混み始めます!!!

冗談抜きで、最終週は立ち見になるかもしれません!!!

UPLINK Xは、キャパ43三人のミニシアターです。下手したら入れなくなるかも?!

とにかく、早めにおいで下さい!!!

「ゲスト作品にはこだわらない」という方は、今日でも、明日でも、今すぐにでも!!!

では、ご一緒に。

「歌ってやろう〜〜子守唄〜〜二度と目覚めぬ〜〜子守〜〜唄〜〜……」

あの日、サイケデリック市川との熱い夏。

どうも間野です。23日に行われたサイケデリック市川のライブの模様をお伝えします。

まず劇場前でたたずむサイケデリック市川氏とカミジョーザスラッパー氏。カミジョー氏はライブではいつもこのような帽子をかぶっています。観客のひとりの言葉「あの人、マイケルJフォックスに似てない?」。そんな美男子です。この時点で「今日はどんな感じ?」と聞く間野に対して、サイケデリック市川は「今日はストレートに歌をやる」とのこと。

f:id:ketsurikichinkai:20090830020328j:image

そして歌が始まる。固唾を飲む聴衆の前で、まずはアコースティックの代表曲『金閣寺』を披露。「金閣寺とは、とどのつまりは税金の無駄遣いだと民は嘆いた〜」というサイケデリック市川一流の歴史解釈を踏まえた歌である。

f:id:ketsurikichinkai:20090830020327j:image

マイクを向けられているのはドラムのサイケデリック中里氏。アコースティックライブの為、彼はある曲のある歌詞のみ参加。観客の言葉「左端の動かない人がなにをするのかずっと気になっていた」。「あ、喋った!」。サイケデリック市川氏の愛犬について歌った『柴の犬』という曲の中の「わんわん!」という言葉のみの出番でした。

f:id:ketsurikichinkai:20090830020326j:image

そして歌うサイケデリック市川氏。彼の仁義を見よ。「ミシシッピリバー ただ流れるだけ 定めに逆らわぬ心 計れはしない Yes,we can do it!」

f:id:ketsurikichinkai:20090830020325j:image

というわけで、今回は前回と違ってストレートに歌を聴かせてくれたサイケデリック市川。笑いをとらなくても、歌でも魅せる。「それがサイケデリック市川だ」と言わんばかりのステージ。大好評のうちに短いライブは終ってしまった。非常にかっこよかった。そしてサイケデリック市川との短い夏が終った・・・。ありがとう、サイケデリック市川。。。しかし夏はまたやってくる。それにサイケデリック市川は秋も冬も活動している!

彼らについて詳しくはここをご覧あれ。

http://psychedelic-ichikawa.net/

この日、来てくれた『地獄に堕ちたシェイクスピア』に出演のサイケデリック藤森、おっと違った、藤森和夫氏。「22世紀に残したいソウルフルな人NO1」(間野談)

f:id:ketsurikichinkai:20090830020324j:image

「いやあ、間野くん酔っ払っちゃったよ!」と言ってそうである。

熱い夏ももう終るのか・・・いや、傑力珍怪は9月4日までやってるぜ!こんなに面白い映画を見れる夏が今まであっただろうか?みんな劇場で待ってるぜ!

間野ハヤト

2009年08月29日

8月29日(土)。本日のゲスト作品は『穴』。上映後、高橋洋監督のトークがございます。

f:id:ketsurikichinkai:20090828171152j:image

さあさあ、「傑力珍怪 映画祭」最大の珍品、高橋洋監督の『穴』!!!

今日が最終上映です!!!

自主映画会のハレー彗星とも言われている『穴』!!!

8ミリ映画界の皆既日食とも言われている『穴』!!!

この機会を逃したら、もう二度と観る事は出来ないかもしれません!!!

今回のトークのお相手は『人喰山』監督、にいやなおゆき。

高橋洋監督の新作ホラー映画の事も、根掘り葉掘り聞き出す予定です。

皆様、どうぞ「傑力珍怪 映画祭」へお越し下さい!!!

*なお、本作は大変古い作品のため、上映中画像が乱れたり音声が途切れたりする部分がございます。オリジナルを尊重しそのまま上映致しますが、お見苦しい点がございます事、ご容赦下さい。

*本編冒頭に、新作撮影中の高橋監督からのメッセージ映像もございます。お楽しみに。

『とりと少女』予告と荻原聖子さん

どうも間野です。8月31日(月)は『AURORA』上映後に、とっておきのイベントが二つあります。

まずは間野ハヤトの超新作(今日出来ました)、超短編(約3分)、写真アニメ『とりと少女』の上映!

予告でほんの少しだけお見せします。

出演者は『AURORA』『地獄に堕ちたシェイクスピア』出演の荻原聖子さんと、とりの人形のみ!

D

そしてもう一つは「荻原聖子さんの一人芝居!」

f:id:ketsurikichinkai:20090830025125j:image

考え込む荻原さん。「・・・タイトルは『おぎちゃん』でいきます」。

『とりと少女』!!!

『おぎちゃん』!!!

詳細はまたのちほど〜。

乞うご期待!!!

2009年08月28日

『大拳銃』インタビュー記事が映画情報サイト「Enter Jam」に掲載されました!!

f:id:ketsurikichinkai:20090809113623j:image

『大拳銃』監督の大畑と、出演者の宮川ひろみさんが韓国プチョン映画祭の会期中に受けたインタビューが、掲載されております。

プチョン映画祭の印象から、『大拳銃』制作の裏話まで、色々なことを話させていただきました。

『大拳銃』を見た方も、まだ見ていない方も、ぜひ御一読くださいませ。

EnterJamのURLは、こちら↓

http://www.enterjam.com/tokusyu_daikenjyu.html

本日8月28日(金)は更に、藤原章監督&宮川ひろみさんトークイベントあり!!!

全作品上映後には、藤原章監督(『ダンプねえちゃんとホルモン大王』)と、女優の宮川ひろみさん(同じく『ダンプねえちゃん』)がトークイベントで来ていただけます。お相手するのは『大拳銃』の大畑です。

宮川さんに『大拳銃』出演をお願いしたのは、藤原章監督の『ヒミコさん』に出演されていた宮川さんを目撃し、「この人しかいない!」と思ったからでした。

ともに、宮川さんを映画に出したがる監督として、藤原章さんとお話ししたいと思います。

宮川ひろみファン、藤原章ファン、花くまゆうさくファン、傑力珍怪ファン、とにかくどなた様も渋谷UPLINK Xまでお越しくださいませ。

※『ダンプねえちゃんとホルモン大王』公式HP

http://danp.iinaa.net/

本日、8月28日(金)は、花くまゆうさく氏の『人間爆発』上映!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090809114007j:image

本日のゲスト作品は、漫画家花くまゆうさく氏が監督した『人間爆発』が上映です。

自作の漫画作品『TAKOあり』を自らで映画化した作品です。

原作ももちろん素晴らしい漫画作品ですが、音と動きを与えられた映画『人間爆発』も素晴らしい!!

私、大畑は初めて『人間爆発』を見た時、目頭を熱くしてしまったのでした。

まだご覧になっていないかたは、早いうちに是非渋谷UPLINK X

までお越しください!!

2009年08月27日

8/27(木)。本日のゲスト作品は『傑力珍怪短編集』です。

さて、皆さん。

『傑力珍怪 映画祭』も、残すところ後九日。

本日のゲスト作品は『傑力珍怪短編集』です。

小説でも短編集の方が好き、という人もいますよね。

重厚な長編も良いけど、色とりどりの短編を楽しむというのも乙なもの。

『傑力短編集』は、インスタレーション実験映像・青春ドラマ・PV風コメディと、様々な作品を取り揃えております。

メインの三作品と合わせて、なんと6本だて!

どうぞ本日も『傑力珍怪 映画祭』にお越し下さいませ!!!


f:id:ketsurikichinkai:20090812120045j:image


「短編集」の中の『八部道場』を撮った比木です。

この作品は今から8年くらい前、私が大学生の頃に作りました。

タイトルは「はちぶどうじょう」と読みます。

登場人物は3人。男2人と女1人。

主役は恥ずかしいですが自分でやってます。

後の2人も友人で演技経験など全くない、いわばシロウトです。

ずいぶん前のことなので記憶がおぼろげなのですが、

制作日は1万円もしなかったんじゃないかと思います。

日数も3日くらいでした。

スタッフも、1〜2人ほど。

お分かりのように少人数・低予算・短期間というB級映画的な3拍子が揃った作品なのですが、

そのぶん、16分の上映中にいろいろなアイデアが詰まってますので、

スクリーン上でそこを楽しんでもらえればうれしいです。

ちなみに劇中で、出演・カメラ・メイクといったもろもろをすべて私一人でやってる瞬間があります。

けなげに頑張ってるなー、というショットなので是非是非見つけてみてください。

本日は短編集の枠で他にも『孤独の円盤』『新西遊記』があります。

この2本もそれぞれ個性的な作品で、楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

今夜はアップリンクXの『傑力珍怪・短編集』に駆けつけてみてはいかがでしょうか!!

比木 暁

原田浩監督トークショーの模様。

昨日も、多数の御来場ありがとうございました。

写真は原田監督の新作のワンカット。なんだか詩的な作品……に見えますね。

原田監督のトークショーでは、製作中の二作品の予告編が上映されています。次回は9月3日にご覧になれます、興味ある方は是非起こし下さい。

また、原田監督手作りの『二度と目覚めぬ子守唄』DVDも、絶賛発売中。

ご購入はUPLINK X受付まで!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090827130520j:image

2009年08月26日

黒沢監督トークショー

f:id:ketsurikichinkai:20090827002838j:image:left

お客さんがいっぱいの会場に姿をあらわした黒沢監督。

世界映画の最前衛を歩む映画作家としてのオーラはただものではありません。


完全に緊張しきった伊藤、大畑、間野ですが、黒沢監督曰く「真面目な映画青年」たちのそれらしい姿でした。

作品に対する、黒沢監督の率直な意見や疑問など3人の監督たちと突っ込んだ議論が交わされました。

話は映画作家としての心構えや苦労に及び、黒沢監督であってもすんなりと制作が進むわけではないと、若い監督たちは身が引き締まる思いでした。

本当に短い時間でしたがお客さんの反応もよく楽しいトークイベントとなりました。

黒沢監督、ありがとうございました。

f:id:ketsurikichinkai:20090826220316j:image:right

傑力珍怪映画祭もいよいよラストスパート。

なかなか観られない作品が盛り沢山です。

お見逃しなきよう!

是非、映画館へお越しください。

8/26(水)。本日は『二度と目覚め子守唄』上映&原田浩監督トークショーです。

f:id:ketsurikichinkai:20090826105539j:image

みなっさ〜〜ん!!!

またまたやってまいりました、『二度と目覚めぬ子守唄』!!!

この作品を観てから不眠症になったとか。

犬が鳴きやまないとか。

背中に何かおぶさってる気がするとか。

各方面から大変なご好評をいただいております、プチチョビレ。

しかも、今日は原田監督のトークショー、ハタハッタ!!!

こりゃまあ、えらい事になりますよ!!! ブハブホブハハ!!!

ちょっと、ドンガバチョさんの物まねをしてみました。

2009年08月25日

8月25日(火)黒沢清監督がトークゲストに来られます!

本日は『地獄に堕ちたシェイクスピア』上映後に『ドレミファ娘の血は騒ぐ』『CURE』『叫』トウキョウソナタ』の、黒沢清監督が「傑力珍怪」トークショーに来てくださいます。

『大拳銃』の大畑創、『魔眼』の伊藤淳、『地獄に堕ちたシェイクスピア』の間野ハヤトがお相手させていただきます。

あらゆる面で他の追随を許さない映画を作り続ける黒沢清監督に、3人の映画はどのように映るのか。

この貴重な機会をお見逃し無く!!!

『地獄に堕ちたシェイクスピア』について

f:id:ketsurikichinkai:20090810135113j:image

<あらすじ>

自らをシェイクスピアと名乗るオッサンが、町のパン助集団に

袋だたきにされ、迷い込んだのは虚構でも現実でもない世界だった! 

現代と第二次大戦が交錯し、もんぺガールズ達が歌い踊る!

あなたの煩悩を直撃する、人情悲喜劇オペレッタ!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『地獄に堕ちたシェイクスピア』プロダクションノート 制作部 近藤結(ちぇん)

【大誤算から始まった企画】

 始まりは、間野ハヤトの長編シナリオ『エロマクベス』だった。「最近の映画にエネルギーを感じない。何か爆発的な事を!」という勢いで書かれた荒唐無稽な話だ。

 役者を重視する間野は芝居を見まくり、多くの役者と会い出演を依頼する日々を重ねた。そして、同世代で唯一「熱い」と感じた役者、松浦祐也がエロマクベス役に決定。他30人以上の役者、スタッフが集まり『エロマクベス』は始動する。

 しかしキャストの多さに予定がたたず、あえなく撮影中止に。その後間野は規模を縮小しながら、模索し続ける。

間野を救ったのはアルバイト先での藤森和夫との出会いだった。藤森の人間性に惚れ、当初リア王役だった彼を主演に構想を練り始める。そこから生まれたのが『地獄に堕ちたシェイクスピア』の前身『オペレッタ』だった。

f:id:ketsurikichinkai:20090609085939g:image

万華鏡の住人達との現場づくり】

 この作品には驚くほど個性的な役者が揃っている。昭和少女的おかっぱ、足りない前歯の微笑み、レトロなファッション、美しい上向きの鼻、スカートと足、燃えたぎる目など、役者の中の監督の愛してやまない部分に注目。

間野が「人柄で選んだ」と言う役者陣。それはほぼ「即興」という過酷な条件下で、緊張感を維持し、演じる姿を目の当たりにした時に理解できた。現場での思いつきやアクシデントに役者の個性がぶつかり、数々の突拍子もないシーンが生まれた。セックスシーンでの軍歌、タップする道化、自転車泥棒など書ききれない。

f:id:ketsurikichinkai:20090609085938g:image

サーカス集団(スタッフ)】

「全員で創る」、間野の言葉通り、現場ではスタッフの思いつきと遊び心が混じり、この作品の幅を広げた。

ジュリエットの印象的な赤いリボン、もんぺ服は衣装の横田。あどけない顔を魔性の女に変えた、メイク成田。「好きに撮っていい」という間野の言葉を受け、自由にカメラを回した『魔眼』伊藤。作品の完成度は音響の梅津の確かな力により格段に上がった。

f:id:ketsurikichinkai:20090609085951g:image

 

誰がこの作品の出来上がりを予想できただろう?これを解説できる者はいるだろうか?何度見ても納得する答えは出てこない。それはきっと見つからないのだ。ただ、この世界に一度触れていただきたい。難しいことは考えないで頭をカラにして浸かってみてほしい。きっと何かが音を立てて崩れるだろう。




f:id:ketsurikichinkai:20090609085937g:image



そして詳しい情報は↓こちらまで

傑力珍怪HPhttp://ketsuriki.com

UPLINK→http://www.uplink.co.jp/top.php

高橋洋監督トークショーの模様

f:id:ketsurikichinkai:20090825004746j:image

『穴』終了後、高橋さんと「傑力」メンバーのトークショーがありました。お相手は、間野・大畑・伊藤の三監督。司会は彼らと映画美学校同期の玉川君です。

「当時は、シナリオも作らず撮りたい画を撮るというやりかたで作ってました」「学校祭に出品するという事で、クラス全員から千円出させて……」「夏休みに、近くの山に登って撮影してて、日焼けで皮が三回剥けました」……との事。

f:id:ketsurikichinkai:20090825004745j:image

新作の撮影も終わり、オールラッシュがつながったばかりの高橋監督。

「三十年ぶりにクラス会で『穴』を観る事になって、厭だな〜〜と思ってたんですけど。一番盛り上がったのは自分だった」

「『穴』は、ほぼサイレント映画(音楽のみ)なんですけど。シナリオも無く、撮りたい画だけで構成するという形式です」「新作の撮影前にそういう作り方に戻りたいなあ、と思ってた矢先だったので、よけいこの作品に反応したのかもしれません」

次回の高橋さんトークショーは、『人喰山』のにいやがお相手します。

今度は、もっと新作の事をお聞きする予定です。お楽しみに〜〜。

2009年08月24日

本日、8月24日(月)は『穴』上映&高橋洋監督トークショー!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090814110008j:image

本日の日替わりゲスト作品は高橋洋監督の高校時代の作品『穴』です。

高校生が撮ったとは思えない、そのカット割り、カメラワークを是非お楽しみください。

さらに、上映後には、高橋氏のトークイベントもございます。美学校時代の教え子である、『大拳銃』大畑創、『魔眼』伊藤淳、『地獄に堕ちたシェイクスピア』間野ハヤトの三人がお相手いたします。お楽しみに!!

※『穴』は、大変古い8mm作品のため、画像や音声が著しく乱れたりしますが、オリジナルを尊重し、そのまま上映させていただいております。その点、どうか御了承くださいませ。

2009年08月23日

8月23日(日)『AURORA』上映後にまたしてもサイケデリック市川がやってくる!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090823005934j:image

左からサイケデリック中里(ドラム)、サイケデリック市川(ギター、ボーカル)、カミジョーザスラッパー(ベース)

どうも間野です。傑力珍怪映画祭もあっという間に3週目を迎えて、リピーターさんもけっこうおられるようだ。ありがとうございます。

ここからは「プロジェクト傑力珍怪」調で。

映画祭という「祭」を実行するに当たって、プロモーター間野は考えた。「お祭にふさわしいことをしたい」と。

まず映画祭なのだから映画関係の豪華なゲストを呼ぶことにした。黒沢清さん、古澤健さん、そして出品者でもある高橋洋さん、花くまゆうさくさん、原田浩さん。そして『大拳銃』『魔眼』の出演者の方々。・・・みなさんに快く引き受けていただいて、間野はひとまず安心した。

ふーっ

しかし、その時である「夏祭り」と考えたときに「何か」が足りないんじゃないか。うた、歌。音楽が足りない。・・・間野はそう思った。

「あいつらしかいない」そう間野は決断した。

サイケデリックなギター演奏、類まれなるリリック、そして愉快なおしゃべり。・・・そんなステージを盛り上げるために生まれてきたかのような男たち。その名も「サイケデリック市川」だ。泣く子も笑わせることの出来る、唯一無二の3人組ハードロックバンドである。早速、間野は打診した。

そして、まだ梅雨の始まったばかりの蒸し暑い午後。ギターとボーカル担当のサイケデリック市川氏からこんなメールが間野に届いた。

「求められれば何処にでも行く。いつも通り、ただやるだけ。」

8月19日(水)彼らはやってきた。そしていつも通りの愉快な構成と伸びやかな楽曲で、我々を楽しませてくれた。間野は感無量だった。

おしまい。

19日の熱いライブの模様。

f:id:ketsurikichinkai:20090823005933j:image誰なんだ?この人たち?

これがあの「サイケデリック市川」か!

f:id:ketsurikichinkai:20090823005932j:imageなぜ赤いセーターを?

3人の息がぴったりに。

そんなサイケデリック市川がまたやってくる!

8月23日(日)『AURORA』という爆笑映画とともに、サイケデリック市川の滅多に見れない劇場でのアコースティックライブが見れる!

ぜひみなさん、友人知人、恋人愛人、などを連れてアップリンクXに夏の夜を楽しみに来てください。

サイケデリック市川と私があつーくもてなします。

間野ハヤト

2009年08月22日 本日の日替わりゲスト作品は『二度と目覚めぬ子守唄』です。

ついに『傑力珍怪映画祭』も、三週目。

本日の日替わりゲスト作品は『二度目覚めぬ子守唄』です!

f:id:ketsurikichinkai:20090821111212j:image

「呪われた運命の少年「出っ歯」。父は戦死、母は病死。

同級生からは、毎日「制裁」と称したリンチが行われていた。

資本主義の歪みが頂点に達し、少年の怒りが爆発する時、

天は堕ち、地は割れ、民は泣き叫び、世界は崩壊する!

伝説の暗黒 8 ミリアニメ、デジタルリマスター版で復活!!」

さあさあ、これを観逃したら孫子の代まで後悔しまっせ!!

一度観た人も、もう一度観に来よう、二度観た人は三度目に挑戦しよう!!!

これこそ『AKIRA』に先駆ける、都市大破壊アニメの傑作だ!!!!!

古澤健監督トークイベント報告

f:id:ketsurikichinkai:20090822023148j:image

大畑、伊藤、間野の美学校時代の講師、古澤健監督に来ていただきました。

こういう改まった場での初トーク。緊張気味の傑力メンバーでしたが普段通りの明るい雰囲気でお話いただき、楽しく進めることが出来ました。

理路整然と作品に対する鋭い批評を頂き「なるほど」と納得。さらに激励の言葉もあり、すこし感動してしまいました。

間野監督の「カンヌ行く」宣言にも、堅実な制作活動の道を示され、教育者としての一面も…

お客さんからのうるさめの声援もあって、あっという間の楽しい時間はお開きとなりました。

古澤監督、どうもありがとうございました!


半分終わった傑力珍怪ですが、まだまだイベント盛り沢山です!!

是非、劇場においでください

2009年08月21日

8月21日(金)。古澤健監督がトークに登場!!!

本日は『AURORA』上映後に『ドッペルゲンガー』脚本、『ロストマイウェイ』『オトシモノ』『デッ ドクルーズ』の、古澤健監督が「傑力珍怪」トークショーに来てください ます。

お相手しますのは、『大拳銃』の大畑創、『魔眼』の伊藤淳、『地獄に堕 ちたシェイクスピア』の間野ハヤト。

古澤監督と三人は、かつて映画美学校での講師と生徒という間柄でした。果たして、古澤さんの目には三人の教え子の成長ぶりはどう映っているの か?はたまた、全く成長が見えないのか?五年目の付き合いだからこその、赤裸々な発言が飛び出すかもしれない トークショー、是非是非お越しください!

8月21日(金)。本日の日替わり作品は間野ハヤト『AURORA』!

『AURORA』を監督しました間野です。

どうも『地獄に堕ちたシェイクスピア』の感想を聞いていると、「ぶっ飛んでいる」とか「わけがわかんない」とか「エネルギーを感じる」といった好意的?なご意見が多いようです。

そんな『地獄・・・』をご覧になったみなさんにも、まだ僕の映画をご覧になってない方にも見ていただきたいのが『AURORA』です。

『AURORA』は『地獄・・・』のようなイメージの連鎖タイプの作品ではなく、ちゃーんと筋があって、人間関係を描こうとした作品です。「笑える」作品を目指したので、みなさんが見て笑ってくれたら非常にうれしいです。そして間野にはこういう一面もあると知っていただけたらと思います。

『AURORA』についてさらに詳しくは

http://d.hatena.ne.jp/ketsurikichinkai/20090811/p3

をご覧ください。

上映後には古澤健監督とのトークもあります。古澤さんがどんな感想を持たれるのか、とても楽しみです。

連日上映の『大拳銃』『魔眼』『人喰山』と『AURORA』に古澤健監督とのトーク。

本日も濃密なプログラムでお待ちしております。

お見逃しなく!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090821005332j:image

2009年08月20日

8/20(木)。本日の日替わりゲスト作品は、高橋洋監督の『穴』です。

f:id:ketsurikichinkai:20090820130741j:image

本日の日替わりゲスト作品は、高橋洋監督の『穴』です。

「とある村に奇怪な穴が出現する。それを覗き込む、一人の青年…そして、強盗殺人事件が勃発する! 怪奇現象、犯罪実話、刑事アクション、これが高橋洋の原点だ!」

『女優霊』『リング』『おろち』で、Jホラーを切り開いて来たホラー脚本家高橋洋が高校時代に撮った伝説の8ミリ映画。33年ぶりのお蔵出しです。これもまず観る事の出来ない作品です。皆様、どうぞご来場下さいませ。

なお、本作は大変古い作品のため、上映中画像が乱れたり音声が途切れたりする部分がございます。オリジナルを尊重しそのまま上映致しますが、お見苦しい点がございます事、ご容赦下さい。

本編冒頭に、新作撮影中の高橋監督からのメッセージ映像もございます。お楽しみに。

2009年08月19日

8月19日(水)。本日はサイケデリック市川の弾き語りライブがあります!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090819005204j:image

どうも〜。間野です。本日は『地獄に堕ちたシェイクスピア』上映後に、間野ハヤトpresents『サイケデリック市川の弾き語りライブ』を行います。

サイケデリック市川って誰かって!?ギターとボーカル・サイケデリック市川、ベース・カミジョー ザ スラッパー、ドラム・サイケデリック中里からなる下北沢のライブハウス界隈では話題の「熱い男たち」だぜ。

彼らの持ち味は

・・・・・・奇抜なリリック

「いつからか俺の好きな川たちが 急に冷え切ってしまった 濁らずに土佐を仕切ってた四万十も 暑さばかりか仁義忘れた」(river)

川について歌うなんて・・・しかも『神田川』や『イムジン河』のような固有の川ではなく世界中をつなぐ川たちへの熱い思いを詞にしている。他にも金閣寺ビジネスマンについて唄った曲がある。どの曲にもサイケデリック市川が何よりも大事にする「仁義」が芯となっている。

・・・・・・サイケデリックなギター

これはもうぜひライブハウスで聴いて見て確かめてほしい。サイケデリック市川がギターをぶんぶんと振り回す時、日頃のつまらないことはぶっとんで、誰もが朗らかな気持ちになるだろう。

f:id:ketsurikichinkai:20090819005203j:imageいつもはこんな感じ。

今回は映画館でのライブの為、アコースティックな弾き語りを披露してもらう。以前、サイケデリック市川の弾き語りを見たが、「笑えたし、・・・・・・・かっこよかった」とだけ明記しておこう。サイケデリック市川曰く「MCで曲間に2回以上の爆笑をとること」は『俺の宿命。出来ることをやるだけ。』とのこと。

確かにサイケデリック市川のライブは満足度が高い。それは彼らが全力でお客さんたちに「かっこよく、面白く、そして何よりも俺たちを見ろ!」という熱意で対峙しているからであろう。傑力珍怪の映画にも通じるエンターテイメント性がそこにある。(ぼくらの映画は一見アングラに見えるかもしれませんが)。こんなにお祭にふさわしい男たちは近年稀である。

最後にサイケデリック市川からのメッセージが届いた。

「俺たちはハードロックバンドだからアンプラグドだとカッコ良くは出来ないかもしれない、しかしリスナーを盛り上げる事は出来る。それが俺たち『サイケデリック市川』だ。」

強烈な映画たちとセットで見るサイケデリック市川のパフォーマンス。充分に楽しめること間違いなし!!!

渋谷アップリンクXにて、傑力珍怪映画祭をお見逃し無く!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090819005159j:image

サイケデリック市川 詳細は

HPhttp://psychedelic-ichikawa.net/

MySpacehttp://www.myspace.com/psychedelicichikawa


サイケデリック市川についての過去記事はこちら

http://d.hatena.ne.jp/ketsurikichinkai/20090626/p1

「CONERUとサイケデリック市川」

http://d.hatena.ne.jp/ketsurikichinkai/20090709/p1

サイケデリック市川とは何者か!?」

http://d.hatena.ne.jp/ketsurikichinkai/20090722/p2

サイケデリック市川とは何者か!?・・・2」

http://d.hatena.ne.jp/ketsurikichinkai/20090731/p1

サイケデリック市川さん(ライブレポート)」

2009年08月18日

8/18(火)、今日は『二度と目覚めぬ子守唄』の原田監督のトークイベントです!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090817171637j:image

はい皆さん、おまちかね。本日は原田監督のトークイベントです。

お盆も過ぎて、小学生がそろそろ夏休みの宿題に怯え始めるこの時期。

「傑力珍怪映画祭」はますます絶好調。絵日記のネタには事欠きません!

本日の画像は『二度と』の宣伝用画像。不気味ですねえ。

でも、あおり文句にあるように。

「観たら一生忘れられない! もう二度と観たくない! しかし、一度は観ておかねばならない! それが『二度と目覚めぬ子守唄』だ!」

……とまあ、トラウマ必至の怪作がこの作品なのです。

「最近の子供はトラウマが無くていかん」

「絵日記に今イチ迫力が足りない」

「どうも子供が幸せそうで困ってる」

そんな風にお悩みの親御さんがおられましたら、どうぞUPLINK Xまでご家族連れでお越し下さい。

今日は原田監督のトークもございます。

『大拳銃』『魔眼』『人喰山』そして『二度と目覚めぬ子守唄』、さらにトークイベントまでご覧になれば、絵日記のネタは120%!!!

作者の原田監督共々、傑力メンバーがトラウマ抱えてお待ちしております。

原田監督トークイベント報告

f:id:ketsurikichinkai:20090819110945j:image

昨日御来場のお客様、ありがとうございました。

『二度と目覚めぬ子守唄』の上映後の、原田&にいやのトークを少々ご報告。

原田 「僕は田舎って駄目なんですよ、大蛇とかいるでしょ」

にいや「いや、大蛇は居ないと思いますけど(笑)」

原田 「都会にしか住めないんですよ、街には大蛇が居ないから」

にいや「僕は田舎町で育ちましたけど、子供の頃はうちの父親の布団に蛇が入ってて、よく窓から投げ捨ててましたよ。本家のお爺ちゃんは蛇の皮をむいて天日に干して食ってましたし」


さらに、マンガの話になって。

原田 「少年チャンピオンは『ブラックジャック』読みたさに買ってました、『がきデカ』とかギャグマンガは駄目で」

にいや「あ、僕はギャグがないと駄目なんですよ、『人喰山』もギャグですから」

原田 「え、あれシリアスだと思って観てたけど」

にいや「いや、ギャグをカマすためだけにストーリー進めてるんですよ。少年サンデー楳図かずお物なんかどうでした」

原田 「あ、僕は恐いの駄目なんですよ」

にいや「『二度と』の監督が……」

原田 「『魔眼』も最初の方が恐いじゃないですか。一番奥の椅子に座ってたんですけど、さらに奥の扉の前まで下がって観てました」

……とまあ、あちこちに話が飛んでEND。

原田監督のトークは、8/26(水)と、9/3(木)にもございます。

お楽しみに〜〜。

2009年08月17日

8月17日。本日の傑力短編集『新西遊記』について!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090817004243j:image

「短編集」の中の『新西遊記』を撮った間野ハヤトです。

この映画は上の画像を見て分かるとおり、あの「西遊記」をサイレント映画にした上にHIP-HOPをのせました。

動機は極めて簡単。

1 サイレント映画を作ってみたかった。

2 だからといって白黒にしたり、懐かしい音楽にはしたくなかった。

そして

3 HIP-HOPが好きだから一度HIP-HOP映画を作ってみたかった。(ぼくが好きなのはスチャダラとBEATNUTSとNAS・・・など)

ということです。

今までセリフがある映画しか撮っていなかったので、サイレントで撮るのは新鮮でした。『AURORA』に続いて性懲りもなくぼくが出演していますが、動きだけで演じるのは楽しかったです。それは運動すること自体が楽しかったのと、・・・セリフを覚えなくてよかったからかもしれません。

音楽を担当したのはぼくの兄貴MANODONA。これがファンキーでいい曲なんです。この作品の見所ならぬ、聴き所です!

撮影はまたしても『魔眼』の伊藤淳。美術にまたしても『大拳銃』の大畑創。寒い日に頑張って演じてくれた春山怜那さん。この日は雪がちらちら降りましたね。お疲れ様でした。

ちなみに正式タイトルは『新西遊記 序章 fun-key 如意棒スティック』なんですが、長いので表記していません。ご覧の通り、序章なので続きがあるのですが、撮影する予定はありません。

誰か続きを撮りたい方がいたら撮って下さっても結構です。その時は劇場で声をかけてくれ!

本日は短編集で他にも『孤独の円盤』『八分道場(はちぶどうじょうと読みます)』があります。アップリンクXで『傑力珍怪短編集』ぜひお見逃しなく!!!

間野ハヤト

2009年08月16日

8月16日(日)、本日の日替わりゲスト作品は『二度と目覚めぬ子守唄』です。

f:id:ketsurikichinkai:20090816110123j:image

さて、本日の日替わりゲスト作品は『二度と目覚めぬ子守唄』です。

今回の「傑力珍怪」日替わりゲスト作品の中でも、最重量級の問題作

これを見逃したら孫子の代まで損でっせ!!!

「傑力珍怪映画祭」は、チラシ下の割引回数券をご利用になれば、来れば来る程お安くなる(なんと、6回目は無料!)という画期的システムを導入しております。

日替わりゲスト作品だけでも、お安くご覧になれますので、どうぞ「傑力珍怪」、何度でもおいで下さい。

窓口での割引回数券への捺印をお忘れなく!!!

2009年08月15日

花くまゆうさくさんトークイベント

f:id:ketsurikichinkai:20090816022048j:image

8/15、『人間爆発』監督の花くまゆうさくさんがトークイベントに来てくださいました。お相手したのは、『大拳銃』の大畑創です。

大畑は、去年開催されたガンダーラ映画祭で上映された『人間爆発』に大感動し、今回の「傑力珍怪映画祭」にてゲスト作品として上映をお願いしたのです。

トークでは、『人間爆発』の制作裏話や、花くまさんの『大拳銃』をはじめとする「傑力珍怪」作品群の感想などをお話しいただきました。

『人間爆発』に出演されている、フラワーカンパニーズのグレート・マエカワさんをキャスティングしたのは、「映画を作るならこの人に出てもらいたい」と思っていたからだというお話を聞いて、至極納得した次第です。

『人間爆発』の上映は、8/28(金)と9/2(水)の、あと2回のみです。まだ御覧になっていない方は、是非、グレート・マエカワさんの希有な存在感を目撃しに渋谷アップリンクまでお越し下さい。

『大拳銃』大畑創

8/15(土)。本日はトークゲストに花くまゆうさくさんが来られます。

はい皆さん、今日は八月十五日。お盆のど真ん中です。

恐らく日本中の人たちがお墓参りに、盆踊りに、スイカ割りに熱中するであろうこの日。なんと、「傑力珍怪映画祭」はビッグなゲストをお迎えします!!!

そうです、本日の日替わりゲスト作品『人間爆発』監督の、花!くま!ゆう!さく!さんです!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090815110854j:image

(注)写真の人は花くまさんではありません

「傑力珍怪」も、上映開始から一週間。日替わりゲスト作品も一巡しました。今まで観た日替わりゲスト作品、どれも傑作、力作、珍作、怪作なんですが。花くまさんの『人間爆発』は、その中で最も爽やかな作品です。

そう!『人間爆発』は、素晴らしい青春映画なのです。

「人間、爆発する心を持ってれば、いつでも青春」という心にしみるメッセージを、この映画は我々に訴えかけて来るんですね。

皆さん、『色即なんたら』なんか観てる場合じゃないですよ!

青春映画なら、なんたって『人間爆発』です。どうぞ渋谷UPLINK Xに足をお運び下さいませ!

あ、『色即なんたら』、シネセゾン渋谷で上映中です。最終回終了が21:00ですね。そこからダッシュでUPLINKU Xに行っても、「傑力珍怪」はまだやってます! 皆さん、お盆に青春映画のハシゴってのもオツなもんですよ〜〜〜。

2009年08月14日

8/14(金)。本日の日替わりゲスト作品は、高橋洋監督の『穴』です。

f:id:ketsurikichinkai:20090814110008j:image

さて皆様、いかがお過ごしでしょうか。

生ビール飲み過ぎてお腹壊しておられませんでしょうか。

アイスクリーム食べ過ぎて体重増加になっておられませんでしょうか。

傑力メンバーは、毎晩UPLNKU近くのコーヒー屋さんでアイスコーヒーばっかり飲んで、お腹が痛くなって来ております。

さてさて、そんな事はどうでも良いのです。問題は今日の日替わりゲスト作品ですよ。

そうです、ついに登場です。高橋洋監督の問題作『穴』!!!

なんと、この作品『リング』『女優霊』の脚本で有名な、Jホラーの生みの親、高橋洋さんが高校時代に撮った8ミリ映画なんですね。

「とある村に奇怪な穴が出現する。それを覗き込む、一人の青年…そして、強盗殺人事件が勃発する! 怪奇現象、犯罪実話、刑事アクション、これが高橋洋の原点だ!」てな事なのです。

今年の春、高橋洋さんの高校の同窓会がありまして。その席上で『穴』が30数年ぶりに上映されました。最初は上映を渋ってた高橋さん、少年時代の作品を見直して「こここ、これは、俺の最高傑作だ!!!」と自画自賛。それを聞きつけた傑力メンバーが「じゃあ上映しましょう」ともちかけて、今回の日替わりゲスト作品と相成ったわけです。

さあさあ、ここでしか観られませんよ!!!

他ではかかりっこ無いプログラムです!!!

御用とお急ぎでない方は、どうぞ渋谷においで下さいませ!!!

2009年08月13日

本日の日替わりゲスト作品は『二度と目覚めぬ子守唄』です!!!

さて、お盆休みに入って皆さんどう過ごされてるでしょうか。

帰省された方、旅行に出かけられた方、お家でゴロゴロされてる方。

色々な方がおられると思いますが。

そうです、東京では「傑力珍怪映画祭」が公開中なのです!

しかも、今日はまたもや原田浩監督の『二度と目覚めぬ子守唄』の上映日! これを見逃したら損しまっせ!

東京でゴロゴロされてる方だけでなく、東京に帰省される方、東京に旅行される方にも超お薦め!

f:id:ketsurikichinkai:20090813110429j:image

「WEBアニメスタイル」にもこんな記事がでてました。

http://www.style.fm/as/02_topics/program/top_090803a.shtml

さあ、お盆だからこそ、渋谷にGO!!!

昨日のトークショー

f:id:ketsurikichinkai:20090813130614j:image

昨日のトークショーは、『大拳銃』の小野さん、岡部さん、三宅さんの登場。大畑監督が司会進行でした。

朴訥で控えめな小野さん、しっかり者で芯の強い岡部さん、三枚目なのにどこか飄々としている三宅さん。それぞれのキャラがはっきりしていて、トーク自体が『大拳銃』の舞台版を観ているようでした。

シナリオ初稿の印象から、完成した映画の感想。銃撃戦撮影時のエピソードなど、様々な話が飛び出して、あっという間に時間切れ。

印象に残ったのは岡部さんの「主役は拳銃なんだ」の一言でした。

深夜におよんだトークは、三宅さんのお芝居の告知で終了。

実はトークの写真が撮れてませんので(すみません!)、三宅さんの舞台のポスターと、カッコ良い三宅さんスチルをどうぞ。

f:id:ketsurikichinkai:20090813130634j:image

小野さんと岡部さんのスチルは多いけど、三宅さんのアップってあまり無いですからね。

f:id:ketsurikichinkai:20090813130619j:image

三宅さんの舞台『弟×』に関しては、三宅さんのHPをどうぞ。

http://pasta.sakura.ne.jp/

さらに、宮川ひろみさんの「キリミヤシネマラジオ」にも、三宅さんのインタビューがアップされています。

http://www.voiceblog.jp/miyagawa/

どうぞお聞き逃し無く!!!

2009年08月12日

本日は『大拳銃』小野孝弘さん、岡部尚さん、三宅和樹さんのトークがございます。

さて、皆様。

お楽しみのトークイベント、本日は『大拳銃』の小野孝弘さん、岡部尚さん、三宅和樹さんの登場です。

昨日の谷さん、小田さんもそうなんですが。役者さんと、劇中のキャラクターの性格は、似てる所もあり、違う所もあり……。生で役者さんに会うと、そのギャップが楽しめます。

さてさて、日本のフィルムのワールを目指した『大拳銃』。

燃える兄弟を演じた小野さん、岡部さん。なぜか憎めない死の商人を演じた三宅さん。このお三方からどんな話が飛び出しますか。どうぞお楽しみに!

f:id:ketsurikichinkai:20090812114519j:image

本日の日替わりゲスト作品は『傑力短編集』です!!!

ラインナップは『孤独の円盤』『八分道場』『新西遊記』の三本。

一見地味に見えるこのプログラム、実は小粒でもピリリと辛い傑作揃いなのです。

自主映画にとって、5〜15分くらいの短編というのは、やりたい事だけをやり通すのにドンピシャリな長さ、決して退屈させません。

f:id:ketsurikichinkai:20090812120045j:image


『孤独の円盤』

監督・にいやなおゆき・井手豊・上野つぐみコラボレーション作品

UFOとは、未確認の生物」との設定で、岡山県北の津山市から、瀬戸内海の渋川海岸を縦断して撮影。

孵化するUFOは食パンを丸めたもの。空飛ぶUFOボール紙に綿を貼付けたものを、アユ釣り竿で操演。

本作は、岡山県奈義町現代美術館で映像展示された。


『八分道場』

監督・比木暁

ある夜、親友から突然の訪問を受けた主人公。

そこで切り出された驚愕の告白とは…。

比木暁が大学在学中に作り上げた、マドンナみっちゃんをめぐるはかなく苦い「実験的」メロドラマ


『新西遊記

監督・間野ハヤト

あの『西遊記』をサイレント+HIP HOP で解釈し直した画期的ムービー。

言うことを聞かぬ如意棒を持った快男児孫悟空クリスチャンの美女・三蔵の出会い。

二人はいかにして西へと旅立ったのか…。


どうぞ、お楽しみに〜〜〜!!!

2009年08月11日

『魔眼』舞台挨拶

f:id:ketsurikichinkai:20090812023626j:image

主演の谷更紗さんと謎の男役、小田篤さんに来て頂きました!!!

お客さんの温かい拍手と声援を受けて

撮影の裏話から、主演の谷さん(10人兄弟長女)のスプラッタームービーで家族団欒エピソードまで…

リラックスした雰囲気で話せました。

キュートな谷さんとダンディーな小田さんの軽快なトークでお客さんにも楽しんでいただいたようで、あっという間に終了の時間となりました。

とにかくひと月やってる傑力珍怪。きのう見逃した人も大丈夫です。

9月1日にもまたトークイベントやります。

まだまだ話し足りない感じなので、次も面白いハナシがばんばん出ると思います。

ぜひ観に来てください!

本日は『魔眼』出演の谷更紗さん、小田篤氏の舞台挨拶がございます

f:id:ketsurikichinkai:20090811101733j:image

本日は『魔眼』出演の谷更紗さん、小田篤氏の舞台挨拶がございます

谷さんファンの皆様、どうぞおいで下さいませ。

『魔眼』のもう一人の主役、黒尽くめの男を演じた小田篤もご一緒です。

劇中とは全く違う小田さんの姿が見られますよ。乞うご期待!

写真は『魔眼』チラシ撮影現場です。

『AURORA』について

f:id:ketsurikichinkai:20090811064729j:image

<あらすじ>

有害なオーロラが降り注ぐ近未来の日本。

女たらしの映画監督・昌平

オーロラの撮影を

強行しようとしていた。

セクハラ不倫、痴話喧嘩!

修羅場と化した撮影現場に

オーロラが迫り来る。

エコとエゴ、そしてエロを真正面から捉えた問題作!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜『AURORA』を撮った間野ハヤトです。

今日から『AURORA』が始まります。「傑力珍怪映画祭」唯一の笑って楽しめるエンターテイメントです。『地獄に堕ちたシェイクスピア』をご覧になった方々、『AURORA』にはまた違った混沌(カオス)があります。

見所は・・・

1 独特な演技と多彩な役者陣

僭越ながらこの映画の主演は私、間野ハヤトです。素人の私が器用な役者さんたちに囲まれて、のびのびとかつ苦し紛れに演技の「実験」しています。身振り、姿勢、配置、表情などでなにか表現できないかと思っていたのでたくさんの俳優たちのそれぞれの在り方をご覧ください。昨今の自然体な演技とは違う演技を目指しました。

2 読めない展開

オーロラの話がなぜこうなるのか。・・・主人公が女たらしだからか。

基本設定としてオーロラの出る近未来の日本です。しかしSFではありません。大掛かりな特撮、CGなど一切なし。

・・・これ以上はいえません。

3 音楽

見たらわかると思いますが、尊敬するお方に敬意を表しています。『地獄・・・』に続いて音楽も楽しんでいただけたらと思います。


撮影は『魔眼』伊藤淳。美術その他手伝いは『大拳銃』大畑創。なにかと手伝ってくれた「短編集」の『八分道場』比木暁。今、思うと傑力珍怪映画祭のメンバーがたくさん手伝ってくれました。ありがとよ!

バカバカしくも壮大な『AURORA』をみなさん見に来てください。ご覧になったらお気軽に声をおかけください。感想やご意見聞きたいです。

それでは劇場でお会いしましょう。

間野ハヤト

f:id:ketsurikichinkai:20090811064728j:image

優雅な演技をされる春山怜那さんとアラーキーのような私。

f:id:ketsurikichinkai:20090811064725j:image

演技に徹する私と大久保美奈さん。カメラは伊藤淳『魔眼』、帽子は大畑創『A BIG GUN』

昨日の「傑力珍怪」原田浩監督トークショー

f:id:ketsurikichinkai:20090811093238j:image

昨日御来場の皆様、台風の迫る中ありがとうございました。

しかも日替わりゲスト作品が、原田浩さんの『二度と目覚めぬ子守唄』という超ヘビー級。重い重い四本立てで、体調悪くされなかったでしょうか。

さて、原田さんのトークショー。現在製作中の予告篇二本立てを上映しながら、いろいろお話を聞きました。

一本は十数年前から製作中の『座敷牢』。

もう一本は、近藤ようこさん原作の恋愛もの。

どちらも2時間の超大作になる予定で、完成は9年後(?!)との事。

その後、原田さんの『少女椿』がなぜ上映禁止になったのか、その経緯と様々なエピソードを伺いました。

そのあたりのお話、とても面白いんだけどネットではちょっと書けません。

原田監督、後三回トークに来て下さいますから、またそういう話が出るかもしれませんよ。

どうぞ皆さん、「傑力珍怪映画祭」、何度でもおいで下さいませ〜〜。

2009年08月10日

「傑力珍怪 映画祭」三日目!!!

昨日は多数の御来場、ありがとうございました。

すでにリピーター割引でいらして下さった方もおられます。

皆様、チラシ下の割引回数券をドンドコ使って、厭って言う程UPLINKU X

に通ってちょうだいませ!!!

写真は昨日の上映中。ロビーで作戦会議をする(左から)大畑、間野、伊藤の三監督です。

f:id:ketsurikichinkai:20090810114731j:image

さてさて、「傑力珍怪 映画祭」三日目!!!

本日の日替わりゲスト作品は、原田浩監督の『二度と目覚めぬ子守唄』です!!!!

これはもう、皆さん大変ですよ!!!!

かつて「ぴあフィルムフェスティバル」をケンケンガクガクの大論争に巻き込み、海外のアンダーグラウンド映画祭では大喝采をもって迎えられた、あああ、あの、あのあのあの、伝説の暗黒8ミリアニメーションの登場です!!!! 

しししし、しかも!!! 監督の原田浩さんがトークゲストで御来場と来れば、これはもうあなた、台風が来ようがUFOが襲来しようが、行かねばなるまいUPLINKU Xへ!!!!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090810115720g:image

さあ、「傑力珍怪 映画祭」の日替わりゲスト作品の中でも、最重量級の大傑作&超怪作の呼び声高い『二度と目覚めぬ子守唄』、これを見ずして、日本の8ミリアニメの歴史は語れませんよ〜〜っ!!!!

2009年08月09日

「傑力珍怪 映画祭」二日目!!!

昨日はさっそくの御来場、ありがとうございました。

さて、ここでお知らせです。

ゆうばりファンタスティック国際映画祭のHPに、先日のプチョン映画祭の記事が掲載されてます。

http://yubarifanta.com/index_pc.php?ct=report.php&langue=21010

今まで大畑監督や宮川さんの報告で、プチョンの食べ物の写真は山ほど見て来ましたが。映画祭の写真って……初めて見たかも。

さてさて、本日の「傑・力・珍・怪 映画祭」。

ゲスト作品は、花くまゆうさく監督の『人間爆発』です。お楽しみに!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090809114007j:image

2009年08月08日 「傑力珍怪映画祭」初日報告

初日のご感想!!!!!!

ついに「傑力珍怪映画祭」が始まりました。初日はイベントがないにもかかわらず沢山のご来場ありがとうございました。

ご来場いただいた観客の皆様よりコメントをいただいているのでご紹介させていただきます。

「初めて自主制作をみましたが、どれも凄過ぎでした。」20代女性。

「最近の映画にドキドキする事はなかったけど久しぶりに夢に出て来そうなほどおそろしかった。特に「魔眼」のオープニングは衝撃的!」22歳男性

「濃すぎて疲れてしまった。「魔眼」は見てられなかった。」20代女性

「「地獄に堕ちたシェイクスピア」は最高でした。」20代男性

「「地獄に堕ちたシェイクスピア」は遊びまくってるのに、なんだこのバランス感はと思えた。」20代男性

「「大拳銃」は長編を見たくなった。「魔眼」は青ざめて途中でトイレに顔を洗いにいきました。「人喰山」は子供と一緒に見れました。「地獄に堕ちたシェイクスピア」はラストまで目が離せなかったです。」30代女性。

劇場前で

f:id:ketsurikichinkai:20090810094310j:image

観客の皆様

f:id:ketsurikichinkai:20090810094309j:image

打ち上げで

f:id:ketsurikichinkai:20090810094308j:image

f:id:ketsurikichinkai:20090810094307j:image

f:id:ketsurikichinkai:20090810094304j:image

『傑力珍怪映画祭』ついに開幕!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090808113254j:image

『傑力珍怪映画祭』ついに開幕!!!

さて皆様。とうとうこの日がやってまいりました。『傑力珍怪映画祭』ついに開幕でございます!!!

分けの分からない天気が続く毎日。ゲリラ豪雨と蒸し蒸し猛暑をはねのけて、やって参りました「傑力珍怪」!!!

今日20:40より、渋谷UPLINK Xにてレイトショー公開でございます!!!

興行初日の本日は、『大拳銃』『魔眼』『人喰山』のメイン作品三本に、日替わりゲスト作品『地獄に堕ちたシェイクスピア』を加えた四本立て!!! 五月の試写会と同じ布陣でございます。

もちろん四作の監督も揃ってご挨拶致します。

どうぞ皆様、ご家族お友だちお誘い合わせの上、渋谷UPLINKU Xにお越し下さいませ!!!

2009年08月06日

先着特典情報★

f:id:ketsurikichinkai:20090806214619j:image

ついに「傑力珍怪映画祭」まで残すところあと2日となりました。そこで、重大発表です。

なんと初日、8月8日から2日間、先着100名様に「傑力珍怪映画祭」オリジナルステッカーをプレゼントいたします★★★

皆様のご来場、心よりお待ち申しあげます。

2009年08月04日

映画芸術DIARYで『人喰山』の批評が掲載されました。

ついに「傑力珍怪映画祭」まで、後四日!

公開直前に、映画芸術DIARYで『人喰山』の批評が掲載されました。

「試写室だより『灰土警部の事件簿 人喰山』映画の闇、映画館の闇」

http://eigageijutsu.com/article/124929684.html

書いて下さったのは、映画監督の深田晃司さん。

本当にありがとうございます。

さて、傑力珍怪メンバーも最後の準備に追われています。

貼り出し用のポスターや、お客さん案内用のポップ製作。

ギリギリまでのチケット売り、チラシ撒き。

みんなでバタバタ走り回っています。

どうぞ皆様、8/8(土)から一ヶ月、「傑力珍怪映画祭」をよろしくお願い致します!

2009年08月03日

宣伝報告

7月26日

自主映画上映会”えん。〜袖振り合うも多生の縁”

イメージフォーラムジャーナリスト専門学校映画美学校卒業の方々の「縁」で企画された、ダンスあり、アニメショーンありの小粋な上映会でした。休憩時間に「傑力珍怪映画祭」の予告を流していただき、チラシを折り込みでいれて頂きました。お誘いいただいた石毛監督と。

f:id:ketsurikichinkai:20090803142713j:image

8月1日

ゲスト上映「地獄に堕ちたシェイクスピア」に出演していただいた平岡 千英さんの公演「努力と神様」にて。今回が解散公演になってしまうのが惜しいほどたくさんの刺激をいただきました。そして愛しい平岡さんを前に私の興奮はとどまる事が出来ませんでした。

f:id:ketsurikichinkai:20090803142715j:image

人柄を重視する「地獄に堕ちたシェイクスピア」監督の間野さんも絶賛する宝石のような平岡さんに会いに劇場に足を運んでいただきたいです。

f:id:ketsurikichinkai:20090803142714j:image

間野さんは、演出の長野さんの発想力に驚いていました。詳細は「時感募集中」を検索してみてください。

そして詳しい「傑力珍怪映画祭」情報は↓こちらまで

傑力珍怪HPhttp://ketsuriki.com

UPLINK→http://www.uplink.co.jp/top.php

2009年08月02日

『大拳銃』in PFF

光栄なことに『大拳銃』が、ぴあフィルムフェスティバルにて、審査員特別賞をいただきました。

さらに光栄なことに、松田龍平さんからトロフィーをいただきました。ありがとうございました。

パーティ後の二次会には審査員の方々も付き合ってくださって、皆で楽しく飲むことができました。

ぴあで知り合えたかたがた、今後ともよろしくお願いします。


『大拳銃』大畑創

2009年08月01日

『大拳銃』が「PFFアワード2009」で、審査員特別賞受賞!!!!

速報!!!

やった!!! 我らが『大拳銃』が「PFFアワード2009」で、審査員特別賞を受賞しました!!! これも応援して頂いた皆様、出演者の方々、スタッフのみなさんのおかげです。ありがとうございます。

大畑監督の授賞報告詳細は、追って掲載いたします。

とにかくめでたい!!! さあ、この勢いで『傑力珍怪映画祭』、エルニーニョを吹っ飛ばすぞ〜〜〜〜!!!! 


f:id:ketsurikichinkai:20090801115736j:image

チラシ第四弾発進!!!

なな、なんと!!!

『傑力珍怪映画祭』チラシ、第四弾が出来上がりました!!!

先日までの三種チラシ、大好評であっという間になくなりまして。

ついに三種統合&ゲスト作品画像も混ぜ込んだ、チラシ第四弾が完成したのです!!! 凄い!!!

ううん、なんだか映画祭らしくなって来た。

チラシ第四弾、8/1(土)の夕方から渋谷近辺、中央線沿線のミニシアターに出回る筈です。チラシマニアのあなた、さっそくゲットだぜ!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090731154950j:image

それと、最近気づいたんですが……。

メイン作品の『大拳銃』『魔眼』『人喰山』の頭文字を並べると『大魔人』になるんですね。これまた凄い!!! しかも、上映開始が8/8つまり「ハチ公の日」!!! 

皆さん、「ハチ公の日には大魔人!」これを合い言葉に、8/8(土)UPLINK Xに集合ですよ!!!

Connection: close