Hatena::ブログ(Diary)

傑力珍怪

2009年09月05日

みなさま、ありがとうございました!!!

f:id:ketsurikichinkai:20090905121652j:image

昨日、8/4(金)を持ちまして『傑力珍怪 映画祭』渋谷UPLINK Xでの興行は終了いたしました。最終日は立ち見で満員。劇場に入れず、お帰りになったお客様もおられました。まことに申し訳ございませんでした。

今回の上映。お盆の前後、しかも深夜という条件にも関わらず、お越しいただいた皆様に『傑力珍怪』一同、深く御礼申し上げます。

めったに観られない貴重な作品を、スクリーンでご覧頂くという事も『傑力珍怪』の目的の一つでした。

割引回数券が功を奏してか、かなりのお客様がゲスト作品を複数ご覧になられたようです。ゲスト作家の方々にも何度も劇場に足をお運び頂き、感謝に堪えません。今回、隠れた名作をご紹介出来た事は、我々の大きな喜びです。

トークイベントに出演頂いた、役者の皆様、ゲスト作家の皆様。

特別ゲストの黒沢清監督、古澤健監督、 藤原章監督、サイケデリック市川さん、荻原聖子さん、切通理作さん、お忙しいところ本当にありがとうございました。

尚、ブログトップに告知しておりますとおり、9/9(水)19:00よりUPLINK FACTORY「デジタルムービーワークショップ」で、『傑力珍怪 映画祭』もう一度だけ再上映がございます。

『大拳銃』大畑創、『魔眼』伊藤淳、『人喰山』にいやなおゆき、『AURORA 』間野ハヤトの四人が、作品上映後「自主映画の制作と劇場公開の実際」という講演を行います。

ご大層なタイトルがついていますが、何も分からないまま映画を作り、何も知らないまま宣伝興行をするはめになった我々の、失敗談、体験談とお考え頂ければ結構です。

皆様、どうぞ『傑力珍怪』フィナーレ上映にお越し下さいませ。

最後に、我々のわがままをお許し下さり。一ヶ月に渡ってご支援頂いたUPLINKの皆様に御礼を申し上げて、『傑力珍怪』渋谷興行、締めくくりのご挨拶とさせて頂きます。

UPLINKの皆様、本当にありがとうございました。

傑力珍怪映画祭一同

P・S 『傑力珍怪 映画祭』、地方興行の予定はまだ立っておりません。しかし、某有名映画祭への参加を、ただいま画策中! 徐々に『傑力珍怪』再始動する予定です。お楽しみに!!!