Hatena::ブログ(Diary)

Libraria 配列一壺天

2006-06-18

ちょっと厳しくなってきてるなあ。

Prairialの迷走具合が。



打鍵範囲を縮小しつつ生産性向上という、月配列を修正する狙いが、

現状では配列錬金術と呼ぶしかない範囲から(いまんとこ)脱出できていない。

「とりあえず」句読点を二打に「してみる」とか、そういう方法しかとれてない(・ω・`)


まあ月配列というものの感じが掴めるようになってきたから、それはそれでいいのだけれど。


錬金術とは卑金属から貴金属(特に金)を合成する「技」のことである。主に中世ヨーロッパ、中世アラビア、中国で行われた。現代の科学では金はおろか他の元素でさえ化学的に合成することは不可能とされていることから似非科学と同等に思われているが、化学(chemistry)の語源が錬金術(Alchemy)であることから分かるとおり、現代の化学の礎となった。

18世紀になると自然科学の発達に伴い金属の変成という意味の錬金術は完全に衰退してしまい、その思弁的、秘教的側面は魔術師に引き継がれる、または吸収されながら、表舞台から完全に姿を消す。

錬金術が再び脚光を浴びるようになったのはスイスの精神分析医、ユング(CarlGustavJung、1875-1961)の研究によるところが大きい。ユングは錬金術書を読みあさるうちに、その寓意的な記述の中に人が自己実現(individualization、一般的な意味での自己実現ではない、個性化とも訳される)に向かうときによく見られる夢の象徴と同じものを発見した。つまり、錬金術師達は実験を行いながら個性化の過程を歩んでいたのではないかという主張を行った。


個性化のため「だけ」の配列ならば、俺には必要ないわけで。

だからGAでいってみよう。

四段配列も視野に入れたい。

2006-06-13

Prairial-Faux

おもて

そすたょゃ つきいのりー
かし☆とて くん☆゛うれ
けにはなゅ っるをこ゜

☆の下

中指シフトキー「☆」の下では、「CD」「,K」という運指が高頻度に発生することが予想されるわけです(とYxの中の人も言っていた)。

Yxでは「,K」を抑えるべく、「,」に「ょ」を持ってきています。gj.

一方、Prairial-Serpoletでは「は」と「き」。

「は」は文節末要素性が高いので、CとDの間に切れ目が来るだろうと思って配置しています。これはまずまず。

一方「き」は、「きら(24)」「きせ(11)」「きめ(7)」「きそ」が問題になることが分かっています。



もし「つ」を「Y」に戻し、上段に「き」を入れると


つきいのりー

くん☆゛うれ

っるをこ゜


となり、

「きる(17)」「きつ(15)」「おき(12)」「えき(11)」「っき(9)」が発生しますが、

「んを(40)」「いを(24)」「くを(16)」が改善するのでいいかも。

ベタ連鎖データでも、「を」が「,」にあって問題ないようです。

しかもYxの、KC=「を」を真似してるみたいで素敵だし。

仮にPrairial-Faux-Preとしておこう。

2006-06-12

Yxデター

http://d.hatena.ne.jp/ytqwerty/20060609#p1

そかしてふ|つんいのり
はと☆たこ|くう★゛き゜
すけになゅ|ゃるょれち

ぁせほひぉ|ぬえみやろ
ぃあらねよ|むおもわゆっ
めさをへぅ|ぇま句読点

Prairialとほぼ同じ動機で作られていると見受けられ、おもてに出ている文字が似ています。

Yxには「そふち」があり、Prairialには「(っ)さを」がある。3つ入れ替わってるだけですね。

Yxの「っ」は左右の小指Shiftを用い、たとえば Shift+r=「って」 とするようです。

2006-06-08

Serpolet Prairial 検討中盤面

/せるぽれ/?

/せーぽれ/?

/さぽれ/?


いっそ学名でセルピルム?


そんなことはどうでもいい。



 おもて だけ。

さけたょゃ をついのりー
かし☆とて くん☆゛うれ
すにはなゅ っるきこ゜

2006-05-29

Prairial Martagon

そこたょゃ をついのり゜
かし☆とて くん゛☆うれ
すにはなゅ っるちきー

ぁひほふめ ぬえみやぇ
ほけらあよ まおもわゆ
ぅへぃさね むろ、。ぉ

上段や下段の連続って、 手が迷子になるし、意外と指が絡まる。

「ゃ」と「ー」を表に出す必要があったのかは微妙。特に「ゃ」は裏でもよかったんじゃ? …男は度胸!なんでもやってみるものさ。