Hatena::ブログ(Diary)

日記

2009-03-31 晴れ

[]「魔法使いの娘(7)」(那州雪絵

魔法使いの娘 (7) (WINGS COMICS)

魔法使いの娘 (7) (WINGS COMICS)

初音がJrさんにキュンとくる気持ちはなんか分かるなー。きっと私がW部長にほわーとなるのと同じ気持ちだな。他の人が悪口言ってるのを耳にすると、棒切れで殴りつけたくなりますよ。(ひどい。)

去った

三月は風のように去っていきました。早いなー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090331

2009-03-30 晴れ?

[]「ふたごの妖精 りるるとるりり(1)」(桑田乃梨子

ふたごの妖精りるるとるりり(1) (ワイドKC)

ふたごの妖精りるるとるりり(1) (ワイドKC)

お母さんがかわいいなー。私も雷は電気消して鑑賞したい派です。美しいですよね、稲光って。



夕焼けとか稲妻とか虹とか空とかを美しいと思うのはどうしてなんだろうなーと思ったりします。例えば、ハチの色(黄色と黒)を危険だと思うのは、生き抜くための知恵としてDNAに刻まれてるかららしいですよね。そうすると、自然現象を美しいと思う気持ちは、何のために私達のDNAに刻まれてるんだろうなあと。不思議です。何かメリットでもないと、こんなにみんなに共通しないと思うんですけどね。

哲学宗教か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090330

2009-03-29 晴れ

[]「孤島パズル(2)、(3)」(漫画 鈴木有布子原作 有栖川有栖

孤島パズル 2 (BLADE COMICS)

孤島パズル 2 (BLADE COMICS)

孤島パズル 3 (BLADE COMICS)

孤島パズル 3 (BLADE COMICS)

マリアがかわいいです。「ドジ」とにらむ江神先輩が怖いなー。喜ぶ人がたくさんいそうだなー。

モチさんと信長さんの掛け合いがもっと見たいので、双頭の悪魔コミック化するといいなあと思います。

[]「天地人」(第13話 潜入!武田の陣)

兼続の叱責に本気を見ましたよ。ずいぶん大人っぽくなったもんですねー。相変わらず目はうるうるしてますが。いいのだ。きっとみんなその涙に本気を見るのだ。

武田の陣中へ向かう三人の姿を見ていたら、WBC決勝戦ダイジェストを観て思わず目頭が熱くなったときと似たような気持ちになりました。イチローテンションが異常に上がってて、はっちゃけまくってて、そこがまたたいそうかわいかった。そんな気持ち。(どんな。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090329

2009-03-28 晴れ

歯医者

久しぶりに(2年半くらい?)歯医者に行きました。こないだライブ後に「最近冷たいものがしみるんだよねー」と言ったら満場一致で「早く歯医者へ行け」と怒られてしまったので。いやー、持つべきものは友達です。

小さな虫歯が一つだけだったので、早くに行ってよかったのですが、やっぱり私は歯医者大嫌いなのだなあと再認識。別に削ってるときも痛くなかったのに、治療終了後は背中が嫌な汗でびっしょりになってました。あのきゅいーーーーーーんという音がだめなのです。注射歯医者は大人になったら平気になると思ってたけど全然変わらないものの双璧です。璧じゃないか。2トップです。

でも、キシリトールだとかフッ素だとかが浸透したおかげだと私は思ってるのですが、前なら一年も経つと大きな虫歯になっていたのに、最近は15年近く大きな虫歯になっていません。医学進歩もすごいですねー。早く虫歯を削らなくていい治療法も浸透させてください。ニュースで見ましたよ。

[]「無意識過剰」(阿川佐和子

無意識過剰 (文春文庫)

無意識過剰 (文春文庫)

どうもタイプが似ている気がする。

人の名前が覚えられないとか、トイレの蓋閉めたまま上に座っちゃったりとか、目的を忘れて階段を上がったり降りたりとか。

でもこの人すごく楽しそうだから、私もこんな風に楽しく生きていけるといいなーと思ったのでした。



多分、ここまで開示してよし、という線引きがきっちりされてるんでしょうね自分内で。そういうところをガードが固いというのかもしれない。

[]「京大芸人」(菅広文

京大芸人

京大芸人

やー、宇治原超受けるー!(意味が違う!)(こら。)

おもしろかったです。勉強法もためになりました。あと、人間本気だしたら何かが変わるということも分かりました。あー私も本気で色々がんばらないとなあ。

ロザン」って聖闘士星矢の技の名前から取ってたんだ。スピードワゴンといい、ジャンプ世代なんだなー。つってジャンプ世代ってどっからどこまで?(私も含まれていいの?)

[]「曲がり角のボクら」(中村明日美子

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

曲がり角のボクら (花とゆめCOMICSスペシャル)

この人の描く若者は本当にかわいらしい。ぎゅーっとしたくなる。泣き虫の先生よりも、アツく叫んでくれる女の子の方が私は好きだな。「阿部くんと黒羽さん」と「曲がり角のボクら」が好きです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090328

2009-03-25

pilgrim

[]「pilgrim」(山田稔明

本当は今日が発売日なのでもう一度。

「pilgrim」発売おめでとうございます!



もう色んなところで書けることは書き尽くした気がするのでちょっとだけ。

聴いてると、ほんとあっという間に時間が流れてます。私の通勤時間はちょうど一時間ぐらいなので、毎日行きと帰りに一回ずつ聴いてます。朝も聴いて夜も聴いてで、ここのところずっと私の生活は「pilgrim」一色です。ふふふ。朝だって起きてこれ聴くんだーと思うとすんなり起きられるから不思議です。

しばらくはこの素敵な生活が続くことでしょう。意外に健康的でいいかもしれない。

強い気持ち

あ、mixiのGOMESコミュでも今日はすごく盛り上がってて、なんつーかほとんど山田祭です。

みんながそれぞれの言葉でいかに山田さん(とその歌)のことを大好きかを語ってるのを見ると、とてもとても嬉しいです&楽しいです。

大好きな物や人について書かれた文章は、読んでて幸せな気持ちになれますねー。強い愛ー。心をギュッとつなぐー。




ちなみにこのCD、市販はされていないので、興味がある人はこちらをのぞいてみてください。

http://www.gomesthehitman.com/pilgrim/







ちょっとだけとかどの口が言うか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090325

2009-03-23 晴れ

場所は選ぼうぜ

名古屋ビジネスホテルにて、浮かれて朝早くから目が覚めてしまったので、予定より早い新幹線で帰ることにしました。

指定の座席に座るやいなやヘッドフォンで「pilgrim」を聴き始め、「夏の日の幻」でまたうるっときたところに検札が。涙目車掌さんに切符を見せる完全に怪しい人と化してました。助けて。

トリップは場所を選ばないと危険だなーと、一つ賢くなりました。

[]猫の骨

午後から会社だったのですが、いったん家に帰り、さらに時間ができたので実家に寄りました。実家にいる白黒さんという猫が変な咳をするので病院に連れて行ったら胸の骨が折れてたよーというメールを母からもらってたので、様子見とお土産渡しを兼ねて。

まあ元気だとも聞いてたのでそんなに心配はしてなかったのですが、全然普段と変わりなくて安心しました。

猫って骨折れやすいんだそうです。お尻を支えるように抱っこしてください、でも腰の骨も折れることがあるから気をつけてください、とかお医者さんに言われたそうです。そんなの聞いたら怖くてもう抱っこできないよー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090323

2009-03-22 曇りのち雨のち曇り@加古川→神戸→名古屋

朝ご飯

チャッツワースで朝食を

ずっと憧れだったチャッツワースでのご飯がやっと実現できました。卵もベーコントースト紅茶もおいしかったー。

お店の方が「pilgrim」を流してくれて、すごいうっとりしながら美味しい朝ご飯を食べる、というものすごく贅沢な朝を迎えることができました。本当にいいお店だー。ケーキも食べたかったー。

チャッツワースの店長さんも本当にいい人で、ちょっとおしゃべりをしてくれました。飼っている猫(≒茶男←違う)の話とか。

あ、そうだ!山田さんが加古川地元FM局の番組で「三日月のフープ」の曲紹介をするらしいですよ!地元の人で聴いた人がいたら、どんなだったかぜひ教えてくださいー。

ああー、耳だけ加古川派遣したい。

港の町でおしゃべり

MちゃんFちゃんと別れ、Tちゃんと元町へ向かいました。Tちゃんのお友達に案内してもらって神戸スイーツを!という作戦です。(それでチャッツワースでのケーキは諦めたのです。次回リベンジね。)

Tちゃんのお友達はとても面白い人でした。色白の美人さんでした。いいなー。あんな感じに生まれたかったよ私は。と思うような人でした。

連れて行ってもらったカフェで食べたチーズケーキは初めての味でうっとりしてしまいました。白くてガーゼで包まれてるのです。本当においしかった。

お土産にいいよと教えてもらったお店のパイも美味しかったです。(←後日談。)

ここまで傘要らずだったのですが、ちょっと降られました。でも全体的にお天気に恵まれた旅で、日頃の行いだなと思いました。(そのうち天罰が下るよね、本当にね。)

輪!

モノコト前で並んでいるときに「昨日もいましたよね?」と隣の人に声をかけられました。はっ、ぎゃー。お前は行きすぎなんじゃー!と神様に怒られた気が一瞬しましたが、よく考えたら昨日もいたと知っているその人も昨日いたってことですよね?と気付き、事なきを得ました。にしても私周り全然見てないんだなー。視力の問題ではないなとは薄々気付いています。(薄々か。)

でもこうやってどんどん知ってる人が増えていくのはなんだか嬉しいですね。愛すべき生まれて育ってくサークルってこういうのでしょうかね。

ものすごく久しぶりの人とか、来るとは思ってなかった人とかとも会えて嬉しかったです。名古屋は行かないとか言ってたM君もなぜかいるし。

山田さんを中心にしたサークルが育っていってるところを今私は見ているのかもしれません。(科学番組ナレーション風に。)

[]夜の科学〜hit the road!@名古屋モノコ

モノコトは3日間で一番アコースティック感が強かったです。

「夏の日の幻」前の曲紹介で「34歳」とか言うから本気で泣きスイッチ入りました。(多分世界中で私だけのスイッチ。)アリス先生が「34歳のあの夏から、火村の時間は止まったままだ」とかモノローグ語り始めてもう大変でした。手がつけられません。

「ぼくらが旅に出る理由」の山田さんアコースティックバージョンは、いいですね!いい!沁みる!沁みまくります。♪あふれる幸せを祈るよーというところが特に。

「この広い世界で」(超新曲)も泣きそうです。ありがとうおやすみ。サビのメロディが2回しか聴いてないのに頭の中でぐるぐるぐるぐる回り続けて本気で泣きそうです。すごい攻撃力。

「クレメンタイン」→「雨に負け風に負け」も何気に攻撃力強いことに気がつきました。はー。もう。泣くね。もう抵抗するのは諦めました。

やーもう。本当に素敵な3日間でした。色んな思い出とサインしてもらったCDが私の宝物です。(真似っこ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090322

2009-03-21 晴れ@京都

加茂川?鴨川?

京都ぷらぷら観光(2日目)

朝8時半に宿を出発。何このやる気。すごい冷え込みでした。

出町柳自転車をゲット!(レンタサイクルで借りただけです。)

昨日A嬢に教えてもらったふたばの豆餅を食べてみようと行ってみたら、噂どおりの行列が。すごいなあ。並んで、豆餅ときなこのおはぎを買い、加茂川べりで日向ぼっこしながら食べました。

おいしい。

あんこの控えめな甘さと豆の塩味と柔らかなお餅ハーモニーが!美味しんぼか。ん?味っ子か?

いやでもほんとにおいしかったです。並んでも食べたいっていうの分かるなあ。

自転車で走るには少し寒かったですが、やっぱり気分爽快です。with鼻歌pilgrim。

銀閣寺に行きました。またしても修復中…。下調べとかしようよ私、と思いつつも、いや、むしろ修復中の姿はレアだと言い張りました私Bが。確かにレアです。修復中だからか空いててよかったです。

お庭はやっぱりきれいでした。すごく手入れに手間がかかってそうです。苔が美しい。

哲学の道の桜のつぼみは爆発寸前でした。触ったらはじけそうです。少し身が出てるのもありましたよ。身て。

それから今日こそは本は買わない、という強い決意を胸に恵文社へ。

その前にむしやしない(http://www.648471.com)に寄り道。キャラメルケーキが超美味でした。あとついに憧れのモッフルを食べることができました。さっくりしてるのですが、そこはお餅。偽物の歯にくっつきまくりでした。でもチーズとちりめん山椒とすごく合ってておいしかったです。

そして恵文社では、皆様の予想通りまた本を買う。猫の本と猫の本と怖い本と京都の本を買いました。4冊も買ってやがりますよ。学習能力

その後、店の名前を聞いてから一度行きたいと思っていた猫町というご飯屋さんに行きました。豆カレーおいしかったです。お店も渋くていい感じでした。でも結構混んでたので、時間のあるときにしか行けない感じですねー。

明らかに食べすぎの状態で京都から加古川へ向かう新快速に乗り、さっき買った怖い本を読んでいたら、思いっきり乗り物酔いしてしまいました。動物か私は。

気持ち悪くて泣きそうになりながら、加古川の宿にチェックインして昼寝で体力回復。

ライブ前に、まだ時間あるからとお茶をしに行って帰ってきたら長い列ができてました。わー。なめてました。すごい。みんな本気だ。でも今日も後ろで観ようと決めてたので無問題。いい感じにポジショニングできました。

ランチボックスも頼んで、準備万端です。

[]夜の科学〜hit the road!@加古川チャッツワース

「雨に負け風に負け」→「夏の日の幻」の連続技は強烈でした。体温がぎゃーっと上がって泣きそうになるのが自分でも分かりました。というかちょっと泣いた。目のふちに土手を作ればいいんじゃないかとか思いながら。(どういうこと?)

「GOLDEN8」も泣けました。荒川の土手が視えました。

今日カバーコーナーはエコーズでした。つってエコーズって外人だと思いましたよ。知らなかった。青くて若くていい歌でした。

さらに新しい新曲が。(頭痛が痛いみたい。)繰り返される「ありがとう」に胸を打たれました。やだもうー。泣かされすぎです。

スミス」はやっぱりかわいい歌です。英詞の大約中に出てきた「テンション上がるよねー」という明らかにテンション上がってない言い方に一人で大爆笑。腹筋痛くて死ぬかと思った

blue moon skyline」はトリップソングです。青い地平線の中に一人で立ってました。(ええと。イメージ的には「pilgrim」のジャケット裏の青い地平線が360°だと思ってくださればいい感じです。)

♪群青、残像、というところがめちゃめちゃ好きです。

「SING A SONG」は椅子を蹴倒して踊りだしたい!と思いました。(大迷惑。)

窓の外には桜の木が見えていて、お店の中ではアコースティック音楽にみんなが揺れていて、なんかいいなあーとしみじみ思うライブでした。

夜のおしゃべり

3人寄ると姦しいですけど、女の子4人だと何になるんでしょうね?(子?とかいうツッコミをする人は…。)

会場近くのおでん屋さんに行きました。楽しかった。ライブ後のおしゃべりも追っかけツアー醍醐味ですよねー。また行きたい。

翌朝の朝ご飯はチャッツワースで食べようよー!と盛り上がり、開店時刻にチャッツワース前ね!と約束して別れたのでした。(みんな宿は別々に取ってるから。)

やっぱり不思議な旅だ。

[]「ずっとお城で暮らしてる」(シャーリイ・ジャクスン)

ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫)

ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫)

いやもう、これ何目的の話ですか?

幸せは人それぞれだって知ってるつもりだけど、だけどでも、それを幸せって呼びたくないなー。嫌な話だなあ。

がっくり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090321

2009-03-20 曇りのち晴れ@京都

千本鳥居

旅に出るよ

別名追っかけツアー。というかそれ以外呼びようがないですね。

京都でぷらぷらしたかったので、朝6時前に家を出る作戦に。さすがにそれは無理だったのですが、6時半ぐらいには出かけました。最近全然朝起きられないよーとか思ってたのですが、単にやる気の問題だったようです。だめな大人。

新幹線京都へ。道中はずっと「pilgrim」を聴いていました。東京京都の3時間があっという間でした。(でも多分半分ぐらいは寝てた。)

うとうとしながら「pilgrim」を聴いてるうちに気がついたのですが、「pilgrim」を聴いてると私の中にオーストラリアが登場する理由が分かりました。多分。曲中に「逆さまの地図」という言葉が出てくるのですが、そのせいですよきっと。確かオーストラリア地図って南北逆なんですよね。気がついたときは「謎は全て解けた!」と大興奮だったのですが、冷静に考えると、気がつかない方がよかった気が…。ひねりとかないんだな私、と悲しくなったのでした。

京都ぷらぷら観光(1日目)

まず伏見稲荷へ千本鳥居を見に行きました。一度ちゃんと見たかったのです。しかし、これ見てプロゴルファー猿しか思い出さない自分に悲しくなりました。

もっと真っ赤なイメージだったのですが、思ったよりオレンジ色でした。

それから東福寺へ。桜はまだ全然でしたが、木の枝が薄紅に染まってましたよ。満開になったら見事な景色なんだろうなあ!と思ったのですが、満開になったときにはこんなにのんびり見られないんだろうなあ。すごい人で。

お昼は鯖寿司を食べました。ものすごく脂が乗っていておいしすぎます。

それから八ツ橋のお店で、お米のシフォンケーキを食べました。おいしいですが、何かの味だなあとしばらく考えて、かるかんだと気がつきました。猫まっしぐらない方の。あれも確かお米ですよね。

あと、先斗町へぷらりと行ってみました。ここを謎の電車がゆらりとやってくるのかー!と、ちょっと感動しました。雰囲気いい道ですねー。道て。町?ここで夜お酒飲んでみたいなあ。

いい感じの時刻になったのでSOLE CAFEへ移動。できれば京都ではバスに乗りたくないので、基本は電車移動です。京都電車の発車チャイムも雅ですねー。お琴っぽいの。

[]夜の科学〜hit the road!@京都 SOLE CAFE

関西名古屋ツアーでは、ちょっと後ろの方で観てみようという隠しテーマをかかげてたのですが、この会場は横長なので後ろも何も。

夕方になって急に冷え込んで、春コートで来たことをちょっぴり後悔しました。でもきっとダウンは暑いよな。春の服選びは難しいですね。

帽子をかぶって登場した山田さん。帽子を取ったら髪が短くなってる!ぎゃーかわいいー!

と思ったのも束の間、ギターがなんだかすごく男らしい響き方をしてて、ぎゃーかっこいいー!に変わりました。

男らしいと言えば、途中3曲ほど「ははの気まぐれ」の川本さんという方がカホンサポートしたのですが、その演奏がすごく男らしかったです。なんかロックでした。「クレメンタイン」を聴きながら、いつものように目を閉じて揺れてたら、山田さんがなるほどくんみたいな髪型をしてエレキギターをかき鳴らし、演奏後には「サンキュー!」とか言ってましたよ。(※脳内イメージ。そんなことは言ってません。)「クレメンタイン」は、アレンジイメージががらりと変わる歌ですね。

「手と手、影と影」も熱かったです。熱い歌ですよねー芯が。いつまでも冷めない熱をこっそりと隠し持ってる感じ。

過去の曲ということで演奏された「ビューティフル・サンデー」は、こっそり「新曲です」つって演奏しても違和感ないなと思いました。今回の新曲はかわいいねえ!とか言ってすんなり受け入れそうです。またぜひ聴きたいです。お蔵入りはもったいない田中星児を思い出してたことは秘密です。(全世界に向けて発信しておいて何が秘密か。)

MCで「男の子が多いと嬉しい」みたいなことを言ってました。確かに男子率高いですよねえ最近

意外な発見は、この会場はトイレ前がすごく音がよいということでした。ほんとに意外。でもなんか立たされ坊主みたいだったので、次からはライブ前は飲み物控えようと心に誓うのでした。今日は寒かったしなー。がっくり。

終演後は、また明日ねーと手を振って友達と別れました。不思議な旅です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090320

2009-03-18 晴れ

[]「相棒 SEASON 7」(特命)

祝!ミッチー登場!

やー、神戸さんいい味出してますね。絶対あれ体のいい左遷ですよー。めっちゃ楯突いてるって。

右京さんの「君は亀山くんの代わりにはなれません」という台詞がよかったです。

久しぶりに右京さんが怖かったです。つくづく、薫ちゃんの存在緩衝材になってたんだなあと思いました。

右京さんと神戸さんはといえば、白鳥が水面下でキックまくりあってる感じでよかった。超仲悪くて笑った。最初は薫ちゃんも怒ってばっかりでしたもんね。

事件はものすごくやるせない話でした。誰も悪くないよー、と言いたかった。運は悪いけど。

本当に、誰も全く悪くなくはないんだろうけど、あんな重い結末を背負わされるほど悪いかなあ!ねえ!?と雨の中、空に向かって叫びたくなるくらい(←雰囲気。)やるせなかったです。火村先生だったら「モニターの前で神は居眠りをしていた。」とか言うところですよ。

でも、今回は神戸さんのいいところも悪いところもたくさん見られてよかったです。(運転が荒いところとか死体に弱いところとかは、もちろんいいところですよ。)

SEASON 8が楽しみです。嵐の予感。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090318

2009-03-17 晴れ

[]「黒と茶の幻想(上)、(下)」(恩田陸

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

黒と茶の幻想 (上) (講談社文庫)

黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)

黒と茶の幻想 (下) (講談社文庫)

屋久島に行ってみたくなりました。

平気な顔をして嘘をつける人を私は大嫌いなはずなんだけど、蒔生ちゃんのことは嫌いになれなかった。不思議だ。節子さんのおかげかもしれない。節子さんを心の師匠と呼びたい。

大人な話ですね。みんな軸がぶれてなくて、しっかりと地面に立ってるところが素敵です。私も同世代のはずなのに、この違いは何だ。

蒔生ちゃんが『俺は人でなしだ。この程度の嘘がつけないようでどうする。』というところに正直シビれました。でも友達になるなら彰彦がいいな。

蒔生ちゃんは、自分を理解しようとしないでほしいと言っていましたが、それとはちょっと違いますが、私にも誰にも私の中身を見せたくない、という気持ちが確かにあります。ずっとずっと一人で生きるのかと、時々思ったりする所以はこのへんにあるのでしょう。それは強がりとかプライドとかではなくて、怖がり、と呼ぶのが一番近い気がします。だって、本当の気持ちをそのままなんて怖くて話せないよ?あ、でももう自分の中で決まってしまったことや終ってしまったことなら話せるな。

とか、そんなことをぼんやり思って、ちょっと怖くなったりもしました。話しても話さなくても怖いとは難儀なことだなあと思いましたよ。

そんな感じの物語でした。(どんなだよ。)

藍色藍色 2009/04/17 03:57 こんばんは。
トラックバックさせていただきました。表示されないようなので、URLを置かせていただきますね。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-814.html

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

keukokeuko 2009/04/17 12:09 初めましてー。
すみません。特になにもしてないんですけど、どうしてできないのでしょうねトラックバック。
とか言って、どういう機能だかいまだによく分かってなくて、送り方が分かりません。も、申し訳ないです…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090317

2009-03-15 晴れ

蒸気機関車は素敵だ!

接待博物館

今日は弟夫婦が揃って用事があるそうなので、甥と姪と私と両親で、大宮にある鉄道博物館に行ってきました。




結論から先に言いましょう。

あんまり小さい子ども向けではありません。(うちの甥と姪は両方幼稚園ぐらいの年齢です。)

博物館小学生以上になってから行った方が楽しめると思うんですよー、子どもが。

でももし行かれるのでしたら、ミニ運転列車が超オススメです。死ぬほど並びますが、がんばってチケット取ってください。一両編成のミニ列車が、敷地内の線路を走っている姿には、驚くほどテンションが上がりました。(←私の。)

かわいすぎです。

もちろんチビッコ達も大喜びでした。

でも私は蒸気機関車とか皇室客車の車体とかジオラマとかをもっとゆっくり見てみたかったな。ちっと残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090315

2009-03-14 雨のち曇り

[]“夜の科学vol.21〜hit the road!”@恵比寿天窓switch山田稔明

指折り数えたライブの日がとうとうやってきたのです。

ああ!本当に素晴らしい夜でした!

ちょっと行きすぎかなあと弱気になったりもしていた来週末のツアーも、だめ、やっぱり観たいもの!と胸を張って言い切れるくらいにはテンションが上がっています。簡単。




感想は、ツアー中とのことなので隠してみます。

続きを読む

[]「pilgrim」(山田稔明

そんな訳で、夜の科学先行販売で一足お先に入手しました。

独断と偏見による全曲紹介コーナーです。


相当色々なものが全開ですが、ああこの人頭おかしいんだな、と生暖かい目で放置してくださると幸いです。間違ってもリアル私の前で「あの感想文のあの箇所が…」とか言わないようにお願いいたします。貴婦人のように気絶します。



1.harvest moon theme

う、わー。歌詞入りの「harvest moon」もすごく素敵な歌なので、ぜひいつかどこかに収録してほしいものです。

クランベリー・ソーダ。香るラベンダー


2.blue moon skyline

旅立ちの歌。

遠く遠く、人の心は地平線のその先までも一瞬で越えるから、本当は光よりも速く遠くまで行けるのかもしれません。でも誰かにその内容を伝えようと思ったら、やっぱり身がないとだめだとどこかで知っているから、人は旅に出るのでしょう。

とかちょっとトリップ気味に思ったりする歌。(←病気。私が。)


3.clementine

宇宙男のロマン!みたいな感じの歌です。

意外に山田さんは山男みたいな雰囲気を持ってる気がしますよ。あ、ひょっとして「雪山賛歌」に引き摺られてるだけか?(単純なミステイク。)


4.夏の日の幻

山田さんがMCで言ってたのですが、ほんとに音が近い!まるでアコースティックギターがすぐそこ、手が届くところで鳴ってるようです。

過ぎ去ってもう二度と戻らない夏の光を、失ってしまったのだと認めてしまうにはまだ早すぎて、時折訪れるフラッシュバックに翻弄されながら過ごす日々の話。(話て。)

いやー、でもこの歌、異常にドラマチックじゃないですか?

扇風機とかヒグラシとか花火とかスプリンクラーとか、夏の小物が脳内映像リアル化に一役買っています。


5.三日月のフープ

ドラマチック・ストーリーシリーズ第二弾。私の中で勝手シリーズ化。

この歌は、テトラポッドと安物のリング星座を指で結ぶところが脳内映像の(以下略)略すなよ。

夜の海です。月明かりです。大人の恋愛て感じでどきどきします。一生に一度でいいからそんなシチュエーションの中に立ってみたいものです。


6.pilgrim

海へと吹き抜ける風とか、雲ひとつない空とか、眩しい光が反射する青い海だとか、そんなイメージが私の中では浮かぶのです。そしてオーストラリアに行きたくなるのです。(普通旅行に行きたいだけではないかとか言うのは禁止。)

グレートバリアリーフを目の前にしたら泣いてしまいそうな気がします。なんでだ。


7.雨に負け風に負け

ラブストーリーは突然に」を思い出した曲はこれでした。間奏がそんな雰囲気じゃないですか?(誰に聞いてるのか。)

山田さんの歌には「一つだけ」という言葉が時々登場するのですが、そういう『大切なたった一つのもの(とか人)を強く強く想う気持ち』を持ち続けられる漢らしさが、私の心の琴線に触れまくるのです。


8.SING A SONG

「歌うなら愛の歌を!」という何とも素敵なスローガンの下に掲げられた歌です。

握りしめたこの手は二度とは離さないよ。

きっと本当に男らしい人というのはこういう人のことを呼ぶんだと私は思っています。


9.ONE

正面を向いて見つめる目の強さにどきっとする感じの歌です。(主観で説明するのいい加減にやめようぜ私よ。←今更それを言うか。)

ラブラブソングです。(うわあ。この単語なんかすごい攻撃力です。)

パイプオルガンみたいなサビの伴奏がすごく好きです。


10.ユートピア

この歌を聴くといつも「青い鳥」を思い出します。メーテルリンクの。私だって普通想像もしてますよということで。

エンディングテーマのような歌な気がします。長い長い長い旅路の果てに、見つけたものは「我が家」でした。そんな歌。

and then goes on.




以上、妄想コーナーでした!

やーでも「pilgrim」が素晴らしいアルバムであることは間違いない事実!なので、機会がありましたらみなさんぜひぜひ実際に聴いてみてください。

ほんとにほんとに。

あ、特設サイトも出来てるみたいです。

http://www.gomesthehitman.com/pilgrim/




(追記:2009/3/16)

普段使ってるMP3プレイヤーで聴いてみたら、本当に明らかに音が違いました。山田さんがMCで言っていた「音がいい」というのはこういうことか!クリアな音は、目から鱗が落ちる感じです。(←使い方違う。)

ttmttm 2009/03/16 13:07 いやー、やっぱり「pilgrim」は名盤のようですね!
21日の加古川に行きます。
すごい楽しみです◎

keukokeuko 2009/03/16 23:13 初めまして。
「pilgrim」名盤です!すごいです!
私も加古川行く予定です。週末が待ち遠しいですねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090314

2009-03-12 晴れ

[]「記憶の中の殺人」(内田康夫

記憶の中の殺人 (光文社文庫)

記憶の中の殺人 (光文社文庫)

そろそろ浅見光彦に手を出してみようかと思い立ち(どういう理由だ)、図書館で借りてきました。

読んでる間、光彦のビジュアルHARCOさんでした。

ええと。ジャンルは何だろうこれ。妄想探偵でしょうか。だって推理じゃないもの。妄想だもの。意外と当たって砕ける感じでちょっとイメージ違いました。

あと、これひょっとして特殊な立ち位置の本ですか?

仕方ない。もう一冊普通ぽいのを読んでみることにします。



以下はネタばれ

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090312

2009-03-11 晴れ

徒然

東の空に浮かぶ月が真っ白でパルックボールみたいでした。(情緒のないたとえ。)



「この歌がいいね」と君が言ったから三月全部が山田記念日、みたいな。「記念日」っていうと無条件にそういうのが頭に浮かびます。



いよいよ今週末から旅立ちの始まりなのでだいぶ浮き足立ってます。はー、楽しみ。

着々と準備進行中ですよ。京都とか桜の時期にどんぴしゃりだといいな。そしたら前にタクシーの運転手さんに教えてもらった穴場に行ってみるんだー。自転車借りるんだー。

[]「相棒 SEASON 7」(悪意の行方)

うはー。ミッチーが次回予告に登場!とのことなので観ました!出ました!

いやーすこぶるいい感じですねー。

角田さんと「上司に楯突くタイプだろ」「盾突きはしませんが、意見はきっちり言わせていただきます」みたいなことを言ってましたよ。何して左遷されたんだろうなあ。(想像に難くない。)

来週は可能ならリアルタイムで観たいなー。観たいなー。

今日ネットと思い込みは怖いねという話でした。(一言でまとめんな。)陣川さんの後ろ姿が切なかった

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090311

2009-03-08 曇り

[]「天地人」(第10話 二人の養子)

きっと直接二人して話してれば、こんなややこしいことにはならなかったんだろうにね。

なんとなくそれが分かるので、より切ない。

昨日の友は今日も友であって欲しいなあ。

NEWS!

新しい相棒はミッチーなのですね!

うわー。

本当は出演映画は欠かさず観たいぐらい好きなので(ウテナだって観に行ったよ!)、相当楽しみです。

でも欠かしまくってるので、欠かさず観てると言えなくて悔しい。

[]「3×3EYES」(TAKADA BAND)

3×3 EYES: TAKADA BAND

3×3 EYES: TAKADA BAND

こないだ「TAKADA BAND」の名前を久しぶりに出したら、すごく聴きたくなってしまったので、実家CD棚から引っ張り出してきました。

やっぱかっちょええわー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090308

2009-03-07 曇り

[]「砂時計」泡坂妻夫

砂時計 (光文社文庫)

砂時計 (光文社文庫)

推理小説」って表紙には書いてありましたが、恋愛小説な気がします。

職人さんの長いスパン恋愛話がよかったです。私は出会ってすぐに意気投合して出来上がっちゃう話よりも、10年20年とひたすら気持ちを秘め続ける話の方が好きです。

切ない。

[]「四畳半神話大系」(森見登美彦

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

太陽の塔」と同じだ、という感想をどこかで見ましたけど、これは友情の物語ですよねえ?だいぶ違うよねえ?

不思議な感じの話でした。

好きな感じの話でした。

藍色藍色 2009/08/26 15:02 こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
表示されないようなので、URLを置かせていただきますね。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-1182.html
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090307

2009-03-06

多分、運勢とか

今週は散々だったのです。

会社に着いたらカバン眼鏡が入ってなくって、でも眼鏡無しで一日我慢できるほど暇じゃなくて(前に忘れたときは割と暇だったので我慢した)、午前半休を取って家まで取りに帰ったり、駅の階段で派手にすっころんだり、家に帰ったら玄関の鍵がおもいっきり開いてたり。

なんていうか、自分にがっかりするイベント目白押し!て感じでした。(あ、この「イベント」はRPGで言うところのそれな感じで。)

きっと運勢が悪いとかそういう時期なんだろうなーと思いました。気をつけないとなー。






か、加齢による注意力の低下とか、そういうんじゃないからね!



と、思いたい…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090306

2009-03-04 雨のち曇り

[]@阿佐ヶ谷NextSunday

GOMES堀越さんソロを観に。

行ったら堀越さんの前の人が最後の曲を歌い終わるところでした。うーん、もう少し早く来ればよかったなー。エモーショナルで好きそうな感じだったので。


堀越さんwithグランドピアノ。すごい。ピアノアレンジがゴージャスです。

タイムラグ」の曲紹介のときに、今思ってることが別のときに誰かがもう感じてたことだったらいいな、みたいなことを言ってた気がするのですが、すんごくSF好きの血が燃えました。そういう話を読みたい!

カバーも1曲あって、ゴメスの「春のスケッチ」でした。(多分。)穏やかな雰囲気がにじみ出ててすごくよかったー。聴きながら、ゴメスツインボーカル(二人で同時に歌うやつってツインボーカルでいいんですよね?)したら素敵だろうなあーと思ったりしました。穏やかなTAKADA BANDみたいな感じで。(←分かりにくすぎるたとえ。)

そしてやっぱり「月の光」が大好きです。大好きすぎです。夜に射す月明かりの中に立つ人を見ましたよ。私の目が。(目か?)

新曲もありました。電車トンネルを抜けて外に出る瞬間に光が射す光景が目に浮かぶ歌です。さよならを言う歌なのに、なんだか元気が出てくる気がしました。不思議

次のライブ4月高円寺ShowBoatだそうです。メンツが豪華ですよ!


トリの人は大口沙世さんという人でした。最初、大トラの歌かいなー、ちょっと好みと合わないなあとか思ったのですが、聴いてるうちにどんどん引き込まれるタイプ歌い手さんでした。最後まで聴いてよかった。

よいどれ母さんの恋の遍歴、がテーマ短編集を読んだ気分になりました。なんだか、祖母が20年近く前に亡くなった祖父のことを「あの人は男前じゃった」と言ったときのことを思い出しました。うちの祖母は割といいとこのお嬢さんだったらしくって、祖父に一目惚れして周囲から大反対されたので家を飛び出て祖父と一緒になった、というドラマのような過去の持ち主です。あー、その情熱は受け継がれなかったー!

途中でベースが加わった瞬間に、よいどれ母さんはバーの歌姫に変身してました。

なんでかな。お酒イメージがどうしても頭から離れなかったのです。不思議だ。でも本当に素敵でしたよ。私の文章だと誉めてるように聞こえないかもしれませんが、本当に不思議な魅力のある人でした。

いい夜でした。

ケーキの引力

帰り道にふらふらとケーキ屋さんに引き寄せられ、T嬢とお茶して帰りました。あと、お土産にシフォンケーキ3個で500円も買いました。楽しみ。

[]「蚊取湖殺人事件」(泡坂妻夫

蚊取湖殺人事件 (光文社文庫)

蚊取湖殺人事件 (光文社文庫)

「えへんの守」がよかった。職人さんの仕事の話はやたら丁寧に仕事っぷりが描かれていて、着物着てみたくなったりします。うちの家紋とかあんのかな。ないか。

この人の話は、事件以外のところが面白くて好きです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090304

2009-03-01 曇りのち晴れ

猫寝っ放し

猫当番

昨日今日実家で猫当番だったのですが、猫sは寝っ放しでした。仕方ないので、トマトソースカレーを作り置き。手のニンニク臭が取れません。

[]「天地人」(第9話 謙信死す)

冒頭のナレーションで「負け知らずの謙信が唯一勝てなかったのが、病!」とか意気揚々と語ってましたが、それに勝てたら本物のロボだから。

ついに謙信が死亡。アベちゃん頭の形きれーなねー。

謙信の下、一つにまとまっていた上杉家がバラバラになっていくのを見るのは切ないですね。身内の争いはできれば見たくなかった。来週もやるせない話ぽくて、ちょっとブルー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20090301