Hatena::ブログ(Diary)

日記

2009-12-29 晴れ

私のホーム

とでも言うべき場所に行ってきました。まあ夏と冬の例のあそこなんですが。(この表現で分からない人は以下スルーのこと。)


毎度毎度思うのですが。

物を作るということは、手間はかけた分だけ、手は抜いた分だけ、結果にきっちりつながるなあ。(つながってました。もちろん手抜きの方向に。よよよよ。)

ああああ。もう少しがんばれたんじゃないかっていっつも思うんですけどねー。後悔先に立たず。でもそれは次に活かすしかないので(だっていくら後悔したって作り上げたものがよくなるわけではないから)、次またがんばろうと思います。ポジティブシンキングで。

やー、それにしても、身に余るほどのお言葉をいくつかいただいたので舞い上がっております。よかったですとか次も楽しみにしてますとか今日はこのために来たんですとか、そういう言葉想像以上に効きますねー。なんか新しい種類の燃料を注ぎ込んだような気持ちになりましたようううう。ありがとうございますありがとうございます。

と、ここで書いても仕方がないのですが、直接伝わるところで書くのは照れくさいので、海に瓶詰めの手紙を流すが如くここに書き記すのであります。

ありがとうございます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091229

2009-12-27 晴れ

出不精

年賀状を書くだとか猫の相手をするだとか、言い訳は色々あるけど、結局家から一歩も出ず。年末の最後の土日は漫画祭りと相成りました。

しょぼん。

[]「赤髪の白雪姫(1)〜(3)」(あきづき空太

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 2 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 2 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)

いやー、ほんとに絵がかわいらしい。話もかわいらしい。

おばあちゃんが孫を見守る気持ちってきっとこんなだろう!と思うのでありました。

[]「絶対可憐チルドレン(19)」(椎名高志

絶対可憐チルドレン 19 (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン 19 (少年サンデーコミックス)

おおお!ラブコメ

かわいいなあかわいいなあ。こういう展開のときは皆本も男らしくてぐーですね。

しかし登場人物が増えすぎて、誰が何だかすっかり分からなくなってきたのが悲しい。(私の記憶力が。)

[]「ONE PIECE(56)」(尾田栄一郎

ONE PIECE 56 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 56 (ジャンプコミックス)

うっわー。もう私の記憶力を軽くオーバーしてます。全然分かんない。

しかし次巻は大緊迫て感じですね。エースとかもうがんばればいい!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091227

2009-12-25 晴れ

[]「フィッシュストーリー」(伊坂幸太郎

フィッシュストーリー (新潮文庫)

フィッシュストーリー (新潮文庫)

4つの中篇を集めた本は中編集って言うのかな?

不思議な話です。

私も、コンソメ味のと間違えて塩味のポテチ食べちゃってでもおいしいからいいやって言われたときに、一緒に泣きそうになりました。だって気持ちの想像がついたから。

村の話は、絶対やつらはデキているという展開にちまいない、と思ったのですが違った。ん?違った?違わない?違わなくてもいい気もする。

しかしまー、この本あれですね、読んだら今まで読んだやつも読み返したくなる仕組みの本ですね。くそう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091225

2009-12-24 晴れ.

クリスマス・イヴの過ごし方

今日仕事の区切りがよくって早めに帰れたので、久々にTV祭り。たまってた仮面ライダーWを観ました。ワンピース劇場版と迷ったのだけど(その二択かよ)、イヴに独りで映画館は悲しい気持ちになりそうだったのでTVにしときました。ケーキも食べたよ。

4話観てもまだ12時前って幸せだなー。やっぱり基本は定時に帰りたいなあああ。でも定時に帰ると「暇そうだね」とか言われて仕事増やされるので嫌です。みんなが定時で帰ればいいのに。強制的に電気が切れればいいのに。みんなそんなにお金が好きか。私は時間の方が好きです。でも社長はみんなお金が好きだって言ってるって言うんですよね。みんなって誰と誰だよ。

とまあ、ちょっぴりブルーになったりするイヴの夜でした。でもW面白かったからよし!

[]「仮面ライダーW」(第7話 Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない)

ラーメンズ片桐さんが出ると聞いてたのです。が、姿は見られず。やー、でも悪い声かっこいいわー。

今日はなんかコミカルな回なんですかね。刑事さんズとか。

でも探偵、意外に顔広いな。

猫!猫が!

[]「仮面ライダーW」(第8話 Cを探せ/ダンシングヒーロー

出たー!片桐仁!依頼はあくまでも遂行する、その律儀さが素晴らしいです。

富士山にはまったフィリップのその後が気になる。

[]「仮面ライダーW」(第9話 Sな戦慄/メイド探偵は見た!)

わー、おやっさんエピソード。

「いつか、本当のことを話さないといけない日が来る」とかそういうシチュエーションに弱いのであります!

[]「仮面ライダーW」(第10話 Sな戦慄/名探偵の娘)

霧彦さんかわいそう…。私の脳裏にはドナドナが流れてましたよ。

もしかして、お屋敷のセットは名探偵の掟のと同じ?

女の子吉川晃司の姿をダブらせる探偵がイカすなあと思いました。

あー、ビギンナイト早く観たいよー。でもいつも行く映画館タイムスケジュールが夕方までなんで、お休みの日じゃないと観に行けないのです。なんで夜にやってくんねーかな。大きなお友達としては大いに不満でありますことよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091224

2009-12-23 晴れ

[]「ただいまのうた(1)」(ふじもとゆうき

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)

うわん、また両親揃って事故死て。

とかそういうツッコミもどこかへ消えるような、かわいい話でした。桜兄ちゃんの持って帰ったエプロンがイカす。

兄ちゃん達が濃ゆすぎて弟ズが影薄いですが、2巻以降活躍するんでしょうねきっと。

もっと学校の話もたくさん描かれたら嬉しいな。

[]「青春攻略本(1)」(あきづき空太

青春攻略本 第1巻 (花とゆめCOMICS)

青春攻略本 第1巻 (花とゆめCOMICS)

絵が大変好みだ、という評判を聞いて見てみたら私も大変絵が好みだったので読んでみました。

うむ。話も大変好みでありました。

男子校青春物ですねー。女子の夢見る男子校的な。キラキラ眩しいよ。でもかわいいから許す。

こうやって、共学の人は男子もしくは女子校に、男子もしくは女子校の人は共学に夢を抱くものなんでしょうね、いつの世も。

私はずっと共学だったから、女子校ってなんか楽しそうな感じがしますもん。共学も楽しかったですけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091223

2009-12-22 晴れ

[]『HIGH BRIDGE LINER 025』@渋谷SONGLINES(うみとそら/堀越和子(GOMES THE HITMAN)/東川亜希子

間違えて、渋谷homeへ行ってしまった。ばかー!私のばか!と心の中で叫びながら、センター街をひた走るのでした。

なんとかギリギリ堀越さんの演奏には間に合ってよかったー。

M嬢が言うには、着いた瞬間すげー不安そうな顔してたらしい。はははは…。

でもほんと間に合ってよかったです。

1曲目は新曲。なんかすごく素敵な女性の姿が見えるような歌でした。

「the ground」のピアノが相変わらず素晴らしい。あと、今日は声がすごくきれいにまっすぐに届く感じがしました。(後から聴くところによると、マイクが違うらしいとのことですが、いや、それだけじゃないと思うなー。伸びやかでいい歌でしたもの。)

最近堀越さんの歌を聴くと、なぜだか素敵な女の人の姿が目に浮かぶのです。淡い紅のバラのような。

私の中には、いつの日かGOMESライブ山田さんと堀越さんのツインボーカルの歌が聴きたいのだ、という夢があります。何から手をつけたら実現する夢なのか分からないんですが、とりあえずこうやって口に出してみたら、それに同調してくれる音楽プロデューサーがGOMESさんにツインボーカルの歌も1曲ぐらいあったらいいんじゃない?とか助言してくれるという可能性が0ではない0では。

ま、白昼夢なんで。宝くじみたいな感じの夢ですが。



ラスト東川亜希子さんでした。

すげー素敵だ!

声がなんていうか、ゆらぎ具合が素晴らしいのです。心地よすぎるー。

やっぱり各駅停車の歌が大好きだと思いました。アルパカの歌もかわいいなあ。

駅のホームで彼女がへの字口になる歌もかわいいです。

あと私はラーメンズ好きな人は無条件に受け入れる感がありまする。加瀬亮から小林賢太郎に心変わりする気持ちもなんとなく分かります。私の中では彼らは同じカテゴリです。

終演後、10月に完成したというアルバムを買って帰りました。サインももらってしまった!嬉しい。

[]「耳にフワァー」(東川亜希子

耳にフワァー

耳にフワァー

心地よいメロディと歌声に、いつまでもいつまでも聴いていたい気持ちにさせられます。

私はこういうかわいらしい(でも実は男らしいと思う)女の子の歌が大好きです。

加瀬亮がそんなに好きか!と言いたくなる歌もあります。ほんとかわいいわー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091222

2009-12-20 曇り時々雨@福岡

[]「夜の科学 in 福岡SING A SONG : symphony no.9」@警固cafe teco山田稔明GOMES THE HITMAN))

恵比寿の2daysの直後の、兵庫福岡の2days。もちろん観られるものは全部制覇したい派なので、本当は両方行きたかったのだけれども、自分の体力と相談の結果福岡だけ行くことにしました。のんびりと。まったりと。(おかげで土曜日車検済ますことができて、結果オーライだったのですが。)

前の福岡ツアーのときに、天神フリーライブを観て、次ライブがあったら観たいなあと言っていたKちゃんにも声をかけてみたところ、行く!とのお返事がもらえたので、お茶してライブだー!と心待ちにしていた週末でした。直前になって、M嬢も行けるということになったので、もうなんかうきうきそわそわわくわくして福岡に向かいました。

でも行きの飛行機が結構揺れて、M嬢はホテルで休んでから行く、とのことで、Kちゃんと二人でお茶をすることになりました。ケーキ屋さんの上にこっそり隠れるように設けられた喫茶スペースで、本の話を延々して楽しかったです。本について下らないことを語らせたら長いわよ私は。

ケーキも美味しかったです。実はお腹も空いてたのですが、今日ライブはディナー付き!なので我慢。我慢です。

M嬢と合流し、三人でcafe tecoへ。

途中、警固公園イルミネーションを見ましたが、水に映るイルミはまた特別美しいですね。そして乱視の眼に映るイルミも。写真に撮るとなんかちょっと違うので、記憶にも焼き付けようとがんばりました。

cafe tecoに着いたら、外は寒かったのですが中はとても暖かく、落ち着いた雰囲気で入ると同時にくつろいでしまうのでした。そしてご飯登場!

メニューは

とまあ、素敵なご飯でしたよ。美味しかったなあー。特にほうれんそうの胡桃和えとむかごごはんが大好きだ!と思いました。むかごというのは、山芋の上のところにちょちょっとできるちっこい何かだそうです。(Kちゃん談。)味はじゃが芋みたいですねー。美味しいです。

暖かい部屋でアルコールを摂取して和んだせいでテンション上がっちゃって、普通に飲み会モードで大騒ぎしてたら、開演前からライブ映像を流していたらしく、私の声が聞こえたと後で友達からメールをもらって赤面しました。すいません。ほんとすいません。でも多分ライブ始まった後はおとなしくしてたはずなので許してください。(多分て。)



今日ライブは、完全アンプラグド、ということで、ギターにはコードがつながってないし、マイクもない、という不思議スタイルでした。

でも音楽が伝わるかどうかっていうのは、音量じゃないんだなと思いました。すごくよかったです。いいライブでした。山田さんの熱唱も素敵だった。

事前に届いていたライブお知らせメールで、各テーブルを演奏しながら回る!とか書かれていたのを、またまたーと思って本気にしてなかったのですが、山田さんは本気でした。見くびってました。すいませんすいません。(なんか今回は謝ってばっかりです。)

blue moon skyline」ち、近い!わー、こんな近くで歌われたらどきどきしますね!

「恋の見切り発車」はいい歌ですねー。♪あくまでも僕らには貫き通す意地がある、とかかっこいいったら。

SING A SONG」もみんなが熱い拍手をするので私もがんばってみました。楽しかった。

sweet december」お客さんも鈴で参加しての山田さんのクリスマス・ソング。いつかクリスマススタンダードになればいいと思います。M嬢とも後で言ってたのですが、タンバリン持ってたお兄さんがめちゃめちゃ上手にリズムを刻んでたのに感動しました。本当に雪が降ってるところが見えるようでした。

MCで「草食系男子コンピ」が、山田さんのお母さんの脳内でめぐりめぐって「男闘呼組コンピ」になっていたという話が爆笑でした。ふるふるしました。お腹痛い。

あと、MC山田さんが表現するということについて話す姿が、なんて言うか「風に立つライオン」て感じで(←雰囲気。)めちゃめちゃかっこよかったです。震えるぜハート。あと「兄貴ィィィ!」と立木ボイスで叫びたい感じでした。(分かりにくい上に古い表現。解説無しに分かる人とは友達になれる気がします。)(ということで解説は無い。)


あー、真面目に書こう。


やっぱり大好きなアーティストには、真っ直ぐに背中を伸ばす感じで立っていてほしいのです。外野の声なんかには揺れないでいてほしい。あ、まあ別に揺れてもいいんですけどそれを外野には見せないといてほしい、ということで。勝手な言い草ですけど、私はそんな風に思っています。輝ける星は、惑星のように光を反射して光っているように見えるのではなくて、自らの力で光を放つから特別なんだ、とかまあポエム風に言えばそんな感じで。

ええと、とにかく今日山田さんのMCからは、そんな真っ直ぐに自分の進みたい方向を見つめる力強さを感じられて、いやもうほんとにぐっときましたよ。ハーメルンの笛吹きよろしく、ぞろぞろとどこまでもついていっちゃうよなあと思いました。

というわけで、そんな状態で聴いた「歓びの歌」「humming bird」は感動でふるふるするしかないのでありました。

やー、ほんとよかったです。よかった。完敗です。(いつ勝負になったんだ。)

ネット生中継、というライブ会場に行けない人も楽しめるという素敵企画が同時進行でしたが、それでもやっぱり目の前で歌を聴けることにはもう全然敵わない気がするので、私は体力とお金時間が許す限り、ライブがあるところへと出かけていこうと誓うのでした。



次のアルバムは「家路」がテーマですけど、私の旅路はまだまだ終らないのだ!

どこへでも行くぜ!(というのが希望だということで。やっぱり体力がおっつかないので、多分次はもうちょっとしぼると思います。)(ほんとかよ、というツッコミがそこかしこから聞こえてくる気がします。ああああ。)

かずかず 2009/12/23 02:02 お〜!しっかり更新してる〜。
って、なかなかバタバタでようやく来れたw
しかもこんな時間やし(^−^;)

今回はteco初参加だったけど楽しかった〜♪
いや、あの後山田さん気分が盛り上がってもう一曲とかやらなかったかな?なんて思ったりしてたんだよ。

でもさ、山田さんって絶対草食系ではない、そう思った。
細いけどさ、見るのはそこじゃないなって。
なんかサムライっぽいというか(縦笛が?)。
また次回、山田さんとけうこちゃんに会えるのを楽しみにしてるよ〜。
どうもありがとうw
P.S.また白衣の話をしよう(笑)

keukokeuko 2009/12/23 10:09 楽しかった?よかったです。また行きましょう!お茶タイムも楽しかったです。
演奏はあれでラストでしたよ。後はサイン大会でした。
「サムライ」てのはなんか分かる気がします。でも「ギターを持った侍」て言うと「残念!」とか言う別のものになってしまうのが歯痒いですよねー。
白衣情報はまた収集しときます。ちなみに現在の私内ベスト白衣は、探偵ガリレオ(TV版)の湯川先生です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091220

2009-12-17 晴れ

[]「くるり ワンマンライブツアー2009〜とろみを感じる生き方〜」@大宮ソニックシティ

くるりは割と長い間聴いているのですが(でもコンプリートとかは全然できていない)、実はライブは初めてなのです。

新しいアルバム「魂のゆくえ」を聴いたところ、表題曲にノックアウトされまして、でももうチケットないだろなーと試しにe+検索したら、大宮チケットがぎりぎり取れたのですラッキー

いやあ、よかったです。チケット取れて本当によかった。いいライブでした。

ツアー最終日の直前だからか、岸田の声が枯れてて相当辛そうだったのですが、それがまたいい味だなあと思いました。

「Superstar」「ばらの花」「ワンダーフォーゲル」「ブレーメン」「さよならストレンジャー」「リバー」と、前の曲も結構やりましたね。

ジャズ京都弁って似合うなあ!と思った歌があったのですが、あれは何という歌なんでしょうか?206番のバスが来たから乗って後ろの座席に座ってバスパリまで飛んでくような歌でした。気になる。

あと、日曜日から土曜日までの歌もタイトル知りたいです。教えてくだされ詳しい人!

新しいアルバムからもたくさんやりましたが、「三日月」と「さよならリグレット」が聴けたのが嬉しい。

しかし何といっても特筆すべきは「魂のゆくえ」でしょう!もうちょっとなんなのこれ!と叫びたくなるくらい名曲。この一曲のために今日チケット代払ったとしても惜しくないぐらい幸せでした。やっぱり観に来てよかった。チケット取れてよかった。いやあ、本当によかったです。(おじいちゃんの話みたいになってる。同じことばっかり言ってる。)

黒いTシャツが欲しいなーと思ったけど、手持ちが心もとなかったので我慢。残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091217

2009-12-13 曇りときどき雨

[]「夜の科学vol.26〜SING A SONG:a winter journey DAY2」@恵比寿天窓switch山田稔明GOMES THE HITMAN))

  • 今日山田さん、ベストとパーカーで登場。私もベスト欲しいなあと思ってたのですが、やはり腕が超寒いとのこと。うーん、無理か。
  • 「街をゆく」「北風ロック」を聴いたら、GOMESライブがすげー観たくなりました。風切る速さで!
  • 自転車で追い越した季節」「シネマ」と、「コブルストーン」の中の2トップ連続して歌われて、くらくらしました。どきどきしました。うわー。もうー。
  • 松山千春の「大空と大地の中で」って、「新世界より」の「家路」のメロディモチーフにしてるのかなー思いました。山田さんが歌ったからそう感じただけかもしれないけれど。
  • 「夏の日の幻」を聴くとどうしてこんなにぐっときてしまうんだろう。別に夏に残してきた人なんていないのになー。
  • 浮気しないで待っててください」とか耳が痛いです。
  • 私的には「どうせ浮気したって、新しいアルバム聴いたらみんな戻ってくるからね」と自信満々に言い放つぐらいが好きです。(でも多分ニーズは少ない。)あでも「浮気するならしたらいいさ」と言い切った直後に「うわーやっぱり今の嘘嘘嘘嘘ー」とぐだぐだになるのもかわいいな。
  • 一生懸命山田さんのキャラ設定考えるんでしょうか私は。(頭おかしい。)(でも楽しい。)(多分出自は「夢で逢えたら」か「ごっつええ感じ」のコント松ちゃんが飼い犬のやつ。あー「夢逢え」DVD-BOX出ないかなー。)
  • sweet december」はいつかCDに入れてほしい。是非とも。名曲すぎる。
  • 恵比寿クリスマスイルミネーションを一人で見たらどんな気持ちになるんでしょうか?と言ってましたが、恵比寿イルミネーションは豆電球色(わ、分かりますよね?)で、なんか心の中がじわっと暖かくなる気がします。それに引き換え、新宿東口アルタ前のイルミときたら。電車の中から見ましたが、なんか悪い病気になりそうですよ。怖いわー。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091213

2009-12-12 晴れ

[]「夜の科学vol.26〜SING A SONG:a winter journey DAY1」@恵比寿天窓switch山田稔明GOMES THE HITMAN))

今年ももうこんな時期ですね。昨年のリクエストに「sweet december」と書いたのがつい2、3ヶ月前のようです。今年も「sweet december」が聴きたかったんだけど、連続で同じの書くと手抜きと思われないかしらんと色々余計なことを考えてたら締め切りすぎてました。そんな12月。めちゃめちゃ暖かい一日でした。

またしても記憶の限り、箇条書きにしてみます。

  • 帽子ネクタイ!上着!耳出し!いやー、かわいかったです。
  • ベートーヴェンの第九に山田さんが歌詞をつけた歌がいい!いいですなー。
  • 暖かい冬、という名目で演奏されたGOMESの冬ソング。「北風オーケストラ」、「レモンひときれ」、「夜に静かな独り言」。私の中では暖炉にあたってるイメージです。(ってそれだと寒い冬なんじゃ?)
  • 俺の流行語大賞。いいわー。「携帯、鍵、財布とカメラ」。「鍵、財布」は言うなあ。(省略形かよ。)
  • 悩みは人に話せる形に整理がついた時点で、ほぼ昇華されてるんじゃないかって思います。ていうか、長時間(月単位で)同じこと悩んでいたことが記憶にないのです。もちろん困ったこととか腹立つことはあるけど、それって悩みじゃないよねえ?私の中で”悩み”というのは割と重い意味を持つ単語です。だって悩んで解決することだったいくらでも悩むけどねー。解決しないんだもんよ。
  • 「ファンを信じるな」という忌野清志郎さんの言葉引用した山田さんのMCは、私には、山田さんはとてもファンのことを思っているんだという意思表示に聞こえましたよ。自分に都合のいいようにしか聞こえない耳はこの耳か!
  • ついでに言うと、その清志郎さんの言葉は、ファンは無条件にはついてこないからついてきてほしければついてくるものを生み出すしかないし、ファンの存在を拠り所にして創作するんじゃなくて自分の中にある何かを拠り所にしろよって、そういう感じの言葉じゃないかって私は思っています。MCを聞きながら、クリエイター孤独だなあとしみじみ思ってました。本当はそういうことじゃないのかもしれないけど、私はそう思っています。
  • ついに家路アルバムタイトルが!収録曲も出揃ってきました!ところで発売予定は?(未定です。)やきもきさせること火の如しよのう。(←雰囲気で流してください。)
  • サンタ帽がかわいかった。似合ってた。赤いリコーダークリスマスっぽかったです。
  • sweet december」が、なんか腹の底から声出てる感じですっげーかっこよかった。かっこよかった!(二度言う。)♪またひとつ年を重ねてゆくそ意味を僕らが見失わないようにと祈るハレルヤ、というところがとてもとても大好きです。
  • 「歓びの歌」の♪君のために僕は歌おう、の”君”はファンである私達のことだと勝手に思って勝手にぐっときまくってました。思った者勝ちですぞよ。
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091212

2009-12-11

エンジェル・イヤーズ・ストーリー」(演劇集団キャラメルボックス

天使の耳」と名付けられた特殊能力を、図らずも持ってしまった仕事人間のお父さんの物語でした。

ラーメンズの心の声がだだ漏れの人のコントを思い出すような、本体の後ろに心の声が立っている構成なので、人間の数が多くて賑やかなお芝居でした。

下手したらぎすぎすしそうなモチーフなのに、ぐっときてしまう話に転がるのはキャラメルボックスならではですよねえ!大好き!

ライブで400人の合唱が起こるシーンと、死ぬな!と全力で叫んでるシーンと、娘にこっそりアドバイスするシーンがすごく素敵だなあと思いました。あと、和菓子屋の息子に突き飛ばされて空を舞うシーンと、ばあちゃんがぶちかませ!とゲキを飛ばすシーンがよかった。

看護師さんの物語がきっと別にあるんじゃないかしら?と思う。

やっぱりクリスマスには心温まる話が似合いますね!よかった。

[]「An Angel Ears' Story」

お芝居で使われた曲を集めたアルバムです。

いい歌揃いだなあ。「Grow」(黒沢健一)が好きですねー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091211

2009-12-08 晴れ?

気が早いですが

今年聴いた音楽のBEST10に『pilgrim』ランクイン!

http://www.gomesthehitman.com/pilgrim/

て、↓そのまんまですが。

http://blog.livedoor.jp/monolog/archives/51653668.html

もう少しひねろうぜ私。



今年はほんっとに「pilgrim」ばっかり聴いてたので、聴いたのがほとんどそのままベスト10て感じです。

て、今年まだ終ってないし!9回裏はこれからですよ!まいいか。

というわけで、2009年音楽ベスト10!順不同!

わー、どんなにがんばっても10枚行かない。仕方ないこれはこれで。

絶対可憐チルドレンミニアルバムは、違う意味で大変よかった。あれ聴いたら絶対顔笑うって!


本。

うーんこっちも10いかないなー。ベスト9でいっか。まだ今年残ってるし。


漫画

漫画もあんまり新しいのは読んでないから、変わりばえしないなー。雁須磨子さんと勝田文さんの新刊がたくさん出て嬉しかったです。



映画

つうか、映画はそんなに観てないから普通に面白かったやつです。偏ってる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091208

2009-12-06 晴れ

[]「クリスマス・キャロル」(ディケンズ

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

驚いたのは、映画がものすごーく原作に忠実だった、てことです。

すごい。見くびってましたよディズニー。すいませんでした。

二番目と三番目の精霊は翌日とその翌日に来るってマーリーは言ってたのに、なんかすぐ来るじゃんとか思ってたのですが、原作読んで納得。

ラストスクルージの変わりっぷりも原作どおりだ。そっか。こんな話だったのか。したら、私がカンチガイしてた話は何の話なんだろう?うううう。

[]「SWEET VOICES gentle Boyfriends」

HARCO監修のコンピレーションアルバムです。GOMES THE HITMAN 山田さんが参加してるというので聴いてみました。

キャッチフレーズは「草食系男子?」ということでしたが、草食系か?私は違うと思いますけどね。

そんなことには関係なく、このCDは素敵でした。いいな。いいなこれ。

この曲が好き、と挙げてみようと思ったのですが、丸コピーみたいになったのでやめにします。

私がどっかのカフェオーナーだったら、このCDBGMに一日無限ループで流すのもいいな!と思うくらいいい感じです。

迷ってるなら聴いた方が吉!

[]「メンズ校(2)」(和泉かねよし

メンズ校 2 (フラワーコミックス)

メンズ校 2 (フラワーコミックス)

私は1年でふっきれなくてもいいと思うんだ。気の済むまでしんみりしてていいと思うな、牧。

男ばっか出てくるけど、私はこれ、間違いなく少女漫画だと思います。女の子もかっこよくていいですね。

[]「メンズ校(3)」(和泉かねよし

メンズ校 3 (フラワーコミックス)

メンズ校 3 (フラワーコミックス)

やっぱり女の子がかっこいいのだ。

しかし本物は、目の前で「つきあっちゃえばいいのに」なんて絶対言わないと思うよ。だってそんなこと言ったら意識しちゃって自然体の姿が見られないじゃん!(←本物。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091206

2009-12-03

[]「EVERY-sing♪」(堂島孝平×My Little Orchestra)@恵比寿LIQUIDROOM

久しぶりの堂島くん。と思ったけど、よく考えたらこないだ観たばっかりだった。時間の流れに翻弄されております。もう12月だもんな。



オープニングアクトにMitaTake(ミタタケ)という二人組。すんごくよかった。沁みた。ハーモニカがすごく上手い。歌も素敵だ。「帰り道」という歌のやさしい話が読みたくなるくだりでちょっと泣きそうになりました。



今日は、My Little Orchestraということで、八橋さんシュンちゃんと真城さん、あとドラムベースは初めて見た(←私が見たのが。)人達でした。

わーシュンちゃん猛烈に久しぶり!やっぱ黒髪の方がかわいいぜ!外ハネが凶悪にキュートだぜ!

あと八橋さんがかっこよかった。ヒゲなんか生やしちゃってさ!似合ってるっつーの!

とまあ、軽くテンション上がりまくりでした。安い女だぜ。

ステージの後ろに等間隔でぶら下がる銀色の線のようなのが、いろんな色の光を受けてキラキラ光ってとてもきれいでした。見とれました。

ボサノバ(多分。知らん。)アレンジの「夜間飛行」がすっっっっっごく、かっこよかったです。あれ新しいアルバムかなんかに絶対入れて欲しいですよ本気で。めちゃめちゃいい。サンバ風の「Have a Nice WAY!」も!

あとは「辞めてしまうの?」「それでいいの?」と繰り返される新曲と「メロディアス」が素敵でした。

なんか「メロディアス」は観ていたら、美しい音を捜し求めても見つからず音の洪水に埋もれる音楽家がいて焦燥感から天を仰いで叫んだ瞬間、背後から探していた美しいピアノの音が聴こえてきてそのピアノはずっと自分を支えてくれている大切な人が奏でた音だった、的な妄想タイム突入してしまいました。ピアノってなんか後ろで静かに支えてくれる趣がありますよねえ。(ねえ、て言われても。)

やーもう、だってねえ!シュンちゃんのピアノ、すげーいいんだもの。

ピアノと歌だけから始まる「ノーベンバー」もよかったなあ。美しかったなあ。

また堂島くんとシュンちゃんの二人ライブが観てみたいなあと思いました。それにしてもHi-Tension Please!は奇跡のようなバンドですなー。観たすぎる。



終演後は、HさんとPastelにてパスタプリンパフェお腹一杯で死ぬかと思いました。でもプリンおいしかった…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20091203