Hatena::ブログ(Diary)

日記

2015-09-24 曇り一時雨

[]「堂島孝平×SOLO TOUR」@渋谷PLEASURE PLEASURE堂島孝平

堂島くんのソロツアーファイナル

途中でどなたかがおっしゃってましたが、ソロじゃなかったですね。

サポートにsugarbeansさん、ノーナ奥田さん、mitatakeの人、ゲスト黒猫チェルシーの人、土岐さんでした。豪華。

ハーモニカの上手い人は超上手いんですよねえ。なんか、私の知っているハーモニカと全く違う楽器みたい。めちゃめちゃかっこいいです。

今日堂島くんライブは、今までライブあんまり聴いたことのない歌が多かったです。

かっこよかったなー。熱かったなー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150924

2015-09-19 晴れ

[]「アントマン

すごい面白かったっす!マジで!私これ大好きなやつでした!

ピム博士がすごいマッド感出てて、あと助手の人も娘の人もなんかマッド感に満ちてる気がして怖かったです。

その分、主人公の人と3バカさん達がめっちゃ健全で、ものすご和みました。

あと、蟻かわいい。アントニー!

今回の敵はピム博士に心酔していた助手の人が、つれなくされて憎むに至る、的な感じでした。でも、助手の人が涙目になってるの見てしまったから、憎む気持ちにはなれなかったんですよねー。

今後のマーベル映画の展開にがっつり絡んできそうなので、マーベル映画観てる方は必見だと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150919

2015-09-18 雨のち曇り

[]「ピクセル

昔にNASA宇宙に向けて発信したゲーム映像を真に受けた宇宙人がそれを再現して挑戦してくる話です。

ゲーム大好きだったことがある人は多分好きだと思います。熱い。

割と全方向に無礼オタク人達が、パックマンの生みの親の人には最上級の敬意を払ってるのがすごいおもろかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150918

2015-09-12 晴れ

[]「United States of GOMES THE HITMAN - new sensation」@恵比寿天窓SwitchGOMES THE HITMAN

春ぶりのGOMESライブ

「way back home」がものすごかっこよかった。シビれた。

堀越さんの「星に願う」が胸熱でした。

SONG LIMBOからの歌が多かったですね。あれどれも名盤なので、ぜひともCDで復刻してほしいなあと思いますDLは嫌じゃんよー。

それにしても私は「ホウセンカ」が大好きすぎるのだなあと、なぜだか止まらない涙に思いました。胸熱めっちゃ胸熱。GOMESさんの歌って、ときどきそうなります。何でだろう。

本当はめちゃめちゃしんどくて、今日ライブは諦めてお家で寝てようかとも思ってたんですけど、やっぱり行ってよかった。本当によかった。

暗く淀んだヘドロの海のような気持ちに、眩しい光が射し込んで来たような気持ちになりました。

音楽ってすごいな。

ラストエリクサーみたい。もしくは魔法みたい。



次は12月。がんばらなくてはねー。

でも作戦は変える。「とにかくがんばれ」はもう無理だって分かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150912

2015-09-11 曇りのち晴れ一時雨

[]「キングスマン

スパイ物です。今年はスパイ映画多いなー。

すっごいかっこよかったです。シビれる。

犬かわいい。犬。

キングスマンの皆さんがすっごいかっこよかった!とキラキラ目を光らせる私と同じくらいの割合で、花火どん引きしている私がいます。でも教会は平気だったので、私の線引き分からんわーと思いました。

ヴァレンタインが「殺された仲間」とかそんな感じのこと言ってたのがやけに心に残ってしまっています。あれじゃあ嫌いになれないもん私。ずるいよなー。

苦手なシーンが結構たくさんあるんですが、多分あれ、一ミリも変えられないと思うところがすごい映画だなあと思います。全部がそれぞれのシーンであることに説得力がある感じ。

でもやっぱり花火は無理…。

それはさておき(置くな)、ヴァレンタインさんの作戦、あの後お外は誰が片付けるつもりだったのかが気になって気になって。(間違いなくポイントはそこじゃない。)(でも多分住めない。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150911

2015-09-04 曇り

[]「みんな!エスパーだよ!

すっげえ!すっげえ下らなかった!

何か深みとかあるのかもと一瞬思わせたり思わせなかったりしたけど、結局どこまでも果てしなく下らなかった。

だがそこがいい。(真顔。)

日々のしんどいあれこれが、なんだかどうでもよくなりました。

すごいな。

あとは、もしかしたらこれってストレイヤーズ・クロニクルの学(車椅子の人)の望んだ世界だったんじゃないかとか考えたら少し泣きそうになりました。(考えすぎ。)

でも表裏一体ぽいんですよねー。(遠い目で。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keuko/20150904