きーぼー堂 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年版ハルヒ舞台探訪記事 2006年放送1期全14話の分は神奈井総社舞台探訪アーカイブを参照
♯8笹の葉ラプソディ  新ED、CM  新OP、#12エンドレスエイト(1)  #13EE2  #14EE3  #15EE4  #16EE5  #17EE6  #18EE7  #19EE8  #20溜息1  #21溜息2  #22溜息3  #23溜息4  #24溜息5  鶴屋邸を発見 
.
涼宮ハルヒの消失の舞台 原作から推測  甲南病院で取材あり  予告編から  OST宣伝映像から  見た記憶頼り(前)  (後)  新出資料で再探訪1 その2光陽園学院 その3サイゼ その4甲南病院 その5着替え路地
その他の主なハルヒ舞台関連  光陽園駅前公園を発見  ツガノガク版ハルヒの舞台1   同2  舞台の変貌1甲陽園  同2通学路  同3新池 同5アクティ大阪  第4回ハルヒツアー 激奏クレーン   ドリームのねんどろいど ヒトメボレLOVER
北口駅前公園関連  消える  25年越し  見納め  最期の日?  解体工事開始  2日目  3日目  4日目  5日目(終)  工事の動画3本 仮通路開通  止マレ!ジャケ  ハルヒちゃん10話 皇紀2600年記念国旗掲揚台 工事から一年
.
他作品 けいおん!豊郷小 けいおん!京都ツアー クドわふたー@甲子園口 AIRの駅 月光仮面@大阪駅
森田季節作品
ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート@神戸市垂水区 ともだち同盟@関西本線大河原駅 同@山陽電鉄滝の茶屋駅 原点回帰ウォーカーズ@神戸学園都市
歴史 変わる阪急甲陽園駅 甲陽園駅前1983 甲陽線大正・昭和
2009 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 12 |

2010-07-19

開業86年にして変革を迎える阪急甲陽園駅

| 20:33 |

f:id:keyboar:20100719125650j:image:w520
2010年7月19日撮影
阪急甲陽線は甲陽支線として1924(大正13年)10月1日に夙川〜甲陽園間が開業しました。苦楽園口駅の開業は翌年。

甲陽地域は元々人の手の及ばない山林でしたが、大正時代に開発が始まりました。大池の浅地を埋めて広大な平地を作り甲陽遊園地、歌舞劇場、動物園、映画撮影所を新築し、温泉浴場、旅館、高級料理旅館「つる家」*1「はり半」、カフェもあり「東洋一の大公園」と呼ばれた一大歓楽地でした。

しかし昭和初期には4千人の大劇場を新築した宝塚や阪神パークなど私鉄の大施設に押されて衰退し、今は住宅街となっています。

f:id:keyboar:20080227145830j:image,left甲陽園駅は開業当時の木造駅舎が残っています。西宮市内最古の駅舎なのは確実ですが(次点は昭和10年築のJR甲子園口駅)、阪神地域と阪急全駅でも最古の駅舎と思われます。震災で屋根瓦が壊れスレート葺きに変わったそうです。

今日駅舎の黄色い日よけの裏でツバメの巣を見つけました。左の写真は甲陽園駅と私(2008年2月27日撮影、カルカッタ茅ヶ崎さん提供)

f:id:keyboar:20100719182754j:image:w570
2010年7月19日撮影

f:id:keyboar:20100719182753j:image:w570
「阪急電車駅めぐり 神戸線の巻」より、1980(昭和55)年5月23日の甲陽園駅前。バス停上屋が出来たりはしていますが、30年前でもさほど変わりませんね。外からホームまで一切段差の無いバリアフリーな駅としてJR横須賀駅と並んで有名。

f:id:keyboar:20100720174144j:image:w480
宮っ子1980年8月1日号「阪急甲陽線に乗る!!」より。先の写真と異なる点が多いので5月以前の撮影か?

f:id:keyboar:20100719183219j:image:w520
1936(昭和11)年刊の「大社村誌」より。昭和初期〜昭和10年の間かと。甲陽園駅から甲山に至るケーブルカーが計画されたが未だ実現せず、と同書に書かれています。

f:id:keyboar:20100719183218j:image:w360,left
「西宮ライブラリー 町名の由来」より、にぎわう甲陽園駅。大社村誌の写真と同時期?宮っ子甲陽版1981年5月号にも開業当時の同アングルの別写真が掲載されています。

開業当時の駅舎が改修、増築を重ねつつ現在も使われている事が良く分かります。駅舎の看板には右書きで「電車のりば」と書かれているように思えます。
ちなみに今この角度で撮ろうとすると木で駅舎が隠れてしまいます。

大正時代の俯瞰写真(北高通学路の階段で上る丘からでしょう)を見ると甲陽園駅は甲陽遊園地の真っ只中にあった事が分かります。


f:id:keyboar:20100719204420j:image:w620
2010年6月6日撮影 2006年4月、涼宮ハルヒの憂鬱1期放映2話「涼宮ハルヒの憂鬱機廚任海舛藺Δらのアングルで甲陽園駅がアニメに初登場しました。

f:id:keyboar:20090823013156j:image:w390

f:id:keyboar:20090822165319j:image:w390

f:id:keyboar:20090823013521j:image:w360,left

f:id:keyboar:20090823013520j:image:w340,left

2009年版第21話「涼宮ハルヒの溜息供より。作中では原作小説同様「光陽園駅」となっています。2009年8月22日撮影

f:id:keyboar:20100710154058j:image:w480
2003年には近畿の駅100選に選ばれています。国土交通省近畿運輸局が鉄道各社の利用者にアンケートを取って選出したものです。

f:id:keyboar:20100719185250j:image:w520
「西宮の今昔」より、大正末期の甲陽園駅南側。左の建物に温泉旅館と書かれています。甲陽園はカルバス温泉、苦楽園はラジウム温泉が当時有名でした。

f:id:keyboar:20100719185249j:image:w520
「戦後混乱期の鉄道 阪急電鉄神戸線―京阪神急行電鉄のころ」より。1982年3月28日

f:id:keyboar:20100719185248j:image:w520
2010年7月19日撮影
線路左側の建物はすっかり建て替えられました。

配線は開業以来変わっていませんが、先の記事近く阪急甲陽園駅大改造・キョンが座った白雪ベンチも撤去予定で書いた通り8月までの工事で右の2号線は廃止されます。左の1号線へのポイントは6月に既に撤去されています。

懐古趣味の鉄道写真帳 思い出の阪急旧型電車達 195:甲陽園駅の665番では同地点の1970年(昭和45)年の写真が見られます。


2008年9月20日にこのポイントで起きた脱線事故以来1号線は使用停止となり、2号線に電車が入り1号線島式ホームから乗降するようになりました。

f:id:keyboar:20060419124702j:image:w523
2006年4月19日柚耶さん撮影

f:id:keyboar:20100720141311j:image:w700
工事計画図、右端が駅舎。2号線を無くしてその上に1号線ホームを拡張するようです。

f:id:keyboar:20100719195025j:image:w520
2010年7月13日撮影 甲陽園駅では開業以来の石積みのホームを見る事が出来ます。写真は1号線西側の今は使われておらずトイレ部分だけ解放されているホーム。今津線門戸厄神駅、甲東園駅、箕面線桜井駅なども丸い石が積まれたホームが残っています。

f:id:keyboar:20100720113357j:image:w640
2010年7月10日撮影 近頃駅の上屋(うわや)に興味を持っているので、1号線ホーム駅舎側の上屋の造りが他駅で見かける阪急標準タイプと違い随分古めかしい事に気付きました。*2

f:id:keyboar:20100710154457j:image:w520

f:id:keyboar:20100719191308j:image:w520
鉄材をリベット接合していて、上に乗っている梁は木製。

f:id:keyboar:20100719191456j:image:w520
1932(昭和7)年の今津駅の写真(「阪急ワールド全集 阪急ステーション」に掲載)に写っている上屋も同じ構造なのが見て取れます。

*3

f:id:keyboar:20100719191755j:image:w340,left

f:id:keyboar:20100719191754j:image:w340,left
似ているでしょう?

f:id:keyboar:20100710160708j:image:w400
7月10日夕方帰りの電車に乗ろうとしている時に、西日を浴びる上屋の柱をふと見て何か文字が浮き出ている事に気付きました。

f:id:keyboar:20100719195606j:image:w500
「YAWATA ヤワタ」八幡製鉄所!?

f:id:keyboar:20100719195731j:image:w640
マルエス BS 6×5 SEITETSUSHO YAWATA ヤワタ*4

見やすいよう写真を加工しました(クリックで拡大)。刻印の全体が読めるのはこの1本だけでした。四方にトゲのついた丸の中にSのマルエスマークはレールでも見られる八幡製鉄所のロゴマークです。


八幡製鉄所の操業開始は1901(明治34)年。調べてみるとこれは初期の刻印(ロールマーク)のようで、昭和初期までの橋梁、送電鉄塔、鉄道車両の台車、架線柱などにも同様のロールマークが見られるようです。もしかしたら1924(大正13)年の甲陽園駅開業時から有る上屋なのかも知れません。BSと数字はBritish Standards、イギリス規格の寸法で造られている事を意味します。

駅ホームの上屋の柱が八幡製鉄所製という事例はネットでは他に見当たりません。

ネットで確認出来た同様の刻印の鉄骨がある建造物

八幡製鉄所ロール旋削工場 1909(明治42)年 非現存 参考(PDF)
旧陸上自衛隊十条駐屯地275号棟(現東京都北区中央図書館) 1919(大正8)年 参考(PDF)←鉄骨の価値が認められている
国鉄TR10形台車と派生形式 1914(大正3)年〜昭和初期 参考:スニ30形荷物車
荒川大橋旧橋 1925(大正14年) 参考
JR高崎線沓掛川橋梁 1928(昭和3年) 参考
台湾・台南県の嘉南大圳水道橋・龜重溪橋 日本統治時代の1930(昭和5)年  参考

誰も探していないだけで、八幡製鉄所の刻印のある鉄骨は無数に存在するはずです。国会議事堂や十三大橋にも八幡製鉄所の鉄骨が使われているのだとか。

f:id:keyboar:20100706181530j:image:w520
2010年7月6日撮影 1号線の上屋とホームはどうやら2度継ぎ足されたようで、3つそれぞれ構造が違います。この最初の上屋は現在の車両のドア2つ分と少しにかかる所(車両部分は11mぐらい?)までしかありません(石積みホームはもっと長い)。全長13mの1形や全長11mの37形などの小型車が1両だけで走っていた時代にはこれで十分だったのでしょう。

上の写真の景観は1980年当時と全く変わっていません。

宮っ子2006年9・10月号掲載の大池も見える昭和初期の甲陽園駅の写真でこれらしき短い上屋が写っています。

f:id:keyboar:20100710154621j:image:w520
2期目の上屋(奥)と3期目の上屋(手前)の境目。この両者が他駅でも良く見られるタイプ。最初期の上屋は2本脚ですが、これらは1本脚です。2期目は70年4月、3期目は82年3月の時点で完成していた事が先に紹介した写真から分かります。ちなみに左向きのベンチがキョンが座った物。

f:id:keyboar:20100726164121j:image:w530
「阪急電車駅めぐり」より昭和14年頃の甲陽線苦楽園口駅〜夙川駅間。

「阪急電車駅めぐり」などによれば、甲陽線は長い間1両で走っていたが、1953(昭和28)年頃から小型車2両運転を始め、1970(昭和45)年には小型車3両編成、1975年(昭和50)年には大型車2両編成、1979(昭和54)年4月から中型車3両編成、1982(昭和57)年には現在と同じ大型車3両編成になっている*5(混在時期もあり)との事です。編成が伸びるのに合わせてホームと上屋を足して行ったわけです。


1979(昭和54)年には甲陽学院高校が前年に移転して来た事による学生客増加に対応し、2号線東側に通学時間帯のみ使われるホーム=2号線ホームが設置されました。

阪急電鉄で古い上屋がある駅一覧

木造上屋:嵐山線松尾駅、神戸線神崎川駅 共に木製ベンチ付き
初期鉄造上屋:嵐山線嵐山駅、神戸線春日野道駅
古レール造上屋:宝塚線石橋駅、十三駅(少数)、神戸線芦屋川駅、王子公園駅、武庫之荘駅(少数)、箕面線桜井駅

参考:我が人生の垢 阪急電鉄の古いレールの上屋
古レール造上屋は建てられたのは昭和20〜30年代頃のはずですが、主に1910〜20年代、古い物では石橋駅で1891(明治24)年7月製のレールが再利用されています。この他、上屋と言うには大規模ですが三宮駅のドーム屋根は1936(昭和11)年開業当時の形態を保っています。


f:id:keyboar:20100712191933j:image:w560
f:id:keyboar:20100710145505j:image:w320,left7月12日(月)19時19分撮影。この日、1号線ホームは午前7時54分〜9時4分のラッシュ時間帯に降車専用ホームとなる以外は使用停止となり、2号線ホームのみが使われるようになりました。

f:id:keyboar:20100718151548j:image:w520
7月18日(日)15時15分撮影 上屋が無くなってすっきりしてしまいました。初期の上屋の柱と骨組みだけが残っています。18日まで1号線ホームは早朝に使われるような事が書いてありましたが、18日午前10時に魔太郎さんが着いた時にはこの状態だったようです。この日は日曜で工事をしている様子が無かったので、上屋の撤去は前日17日か?7月19日時点ではこのままです。


古レール柱と梁だけになった上屋の上に広がる青空を、5月にJR東淀川駅でも見た事を思い起こさせます。

f:id:keyboar:20100718153627j:image:w590
駅舎側では梁が剥き出しで切断面が見えていました。

f:id:keyboar:20100718153456j:image:w520
片隅に撤去されたベンチが置かれていました。既にサムデイインザレインと同じ写真を撮る事は不可能になっています。後ろに見えるのはエンドレスエイト(8)でSOS団が雨宿りしたパン屋「ビゴの店」(改装済み)。

f:id:keyboar:20100720194827j:image:w520
7月10日 上屋がある時

f:id:keyboar:20100720194825j:image:w520
7月18日 上屋撤去後

f:id:keyboar:20100720194822j:image:w520
大正時代のように駅舎が見えるようになりました。この写真の電車は1形13で、阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が開業時に用意した中の1両。


f:id:keyboar:20100718162410j:image:w640
長年甲陽園駅ホームの上屋を支えて来た柱も、間もなく姿を消す事になります。

参考文献

「阪急電車駅めぐり 空から見た街と駅 神戸線の巻」1980年、阪急電鉄
山下忠男監修「保存版 西宮の今昔」2009年4月、郷土出版社
浦原 利穂「戦後混乱期の鉄道 阪急電鉄神戸線―京阪神急行電鉄のころ」2002年12月、トンボ出版
「阪急ワールド全集4 阪急ステーション 写真で見る阪急全駅の今・昔」2001年4月、阪急電鉄
「大社村誌」1936(昭和11)年7月10日、大社村誌編纂委員会
「宮っ子」西宮コミュニティ協会 各号

関連記事
2010-7-6 近く阪急甲陽園駅大改造・キョンが座った白雪ベンチも撤去予定
2010-9-7 阪急甲陽園駅1号線2年ぶり使用再開、2号線は廃止
2010-8-5 1983年の阪急甲陽園駅前などを定点対比

定点対比記事
2010-05-05 クドわふたーの商店街と甲子園口駅今昔
昭和28年と現在の甲子園口駅の定点対比あり

*1:鶴屋さんの名前の元ネタと言われる。後天性無気力症候群2006-06-09 鶴屋邸のモデルか?〜甲陽園つる家

*2:ちなみに視点が低めなのは岸本章「古レールの駅 デザイン図鑑」(2009年6月、鹿島出版会)に影響を受けた撮り方。

*3:阪急今津駅は昭和改元の一週間前の1926(大正15)年12月18日開業。当初は今津港まで真っすぐ延長予定だったため阪神線からやや北に離れた位置で仮駅舎で営業し、1928(昭和3)年4月1日に急カーブで阪神線と平行になるように駅を移設して阪神線との連絡工事が完成しました。戦災で駅舎は焼失、1993年に阪急今津駅は高架化され開業時とほぼ同じ位置に戻っています。阪神今津駅も2001年に高架化が完成しました。

*4:「SEITETSUSYO」と、やわたせいてつしょの刻印の「SHO」を「SYO」として表記しているサイトがいくつか有るが、誤り

*5:70年代以降の甲陽線の使用車両:小型車(15m以下)=610系(〜75年)、中型車(17m級)=800系・920系(〜82年) 大型車(19m級)=810系(75〜79年)、1010・1200系→2000系→3000系→6000系。

甲山タイガース甲山タイガース 2010/07/19 22:09 駅のホーム土台の延伸は目に付いていたけど、案外屋根には目が行ってなかったなぁw
明治〜大正といえば製鉄は八幡が一番盛んだったから、鉄道用レールからホーム柱に至るまで、八幡製鉄所製の物が供給されたんでしょうね。
屋根を剥がされた支柱群が、ルミナリエのスパッリエーラに空目…
また一つ、ハルヒの景観が変わるんですね〜

イワッタイワッタ 2010/07/20 00:31 また一つ変貌してしまうんですね。西北からチャリじゃなくて、一度は甲陽線使えば良かったと後悔・・・
しかし、毎度きーぼさんの検証能力の高さには脱帽ものですw 
僕も色々、身近な路線とかの歴史的背景とか生い立ちとか色々しらべてみようかなあ。
最後の写真、いいですね!

John15532John15532 2010/07/20 20:21 初めて書き込ませていただきます。よろしくお願いします。
私も18日に久しぶりに甲陽園駅へ行ってきたんですがそんな大改修中とはつゆしらず。駅ではほとんど何も撮らずに帰ってきてしまいました。片方の乗り場が消える前に
また近いうちに撮りに行きたいと思います。

ふかみどりふかみどり 2010/07/21 02:05 さすが ししょー  素晴らしい レポート内容です
私は いつも車かバイクで行くので あまり電車は使わないのですが
いつも外側からしか見ていない 甲陽園駅ですが 歴史の有る駅舎だったのですね(近畿の駅100選とかスゴイ) タイヘン勉強になりました

ハルヒの舞台が又一つ変化してしまうのは残念ですけどねー。

きーぼーきーぼー 2010/07/26 01:50 >甲山タイガースさん
私でもホーム土台は分かってましたが甲陽園駅を何度も使っていながら上屋に目が行くようになったのは今月ですからねw
上屋を何度も継ぎ足して行ったためにそれぞれ造りが違う事がある、という事を知ったのもブログ「我が人生の垢」http://blog.goo.ne.jp/ttkkssmm/などのおかげです。
こんな小駅にまで八幡製鉄所製の鉄骨が使われているとは思いませんでした。甲陽園は変化とは無縁の土地と以前は思っていましたが、2007年初めの駅前駐車場建設に続いてまた変わってしまいますね。

>イワッタさん
ハルヒ目的で何度も西宮に来ていながら甲陽線に乗った事が無いという人は良くいますよ。今回は本気出して検証してみましたw(まあ使ったのは主に北口図書館とネットですが)
最後の写真は私も気に入ってます。ホームには誰も居ないので人目を気にせずにローアングルで撮れました。

きーぼーきーぼー 2010/07/26 01:57 かなり写真を増やしてみました。
>John15532さん
はじめまして。同じ日に居ましたか。7月6日の記事で予告はしていたんですが・・・。消える方の2号線ホームはハルヒとはさほど関係無いのですが、原形に近い姿を見ておくなら早い方が良いですね。
>ふかみどりさん
私も専ら自転車で甲陽線を使う事はあまり多くありません。駅舎はあまり古さを感じさせませんが、大正時代の写真を見るとその歴史の長さを実感出来ますね。近畿の駅100選のプレートは改札の窓口の横にありますよ。

きーぼーきーぼー 2010/07/26 02:10 名鉄岐阜駅の地層http://sea.ap.teacup.com/dorass/1649.html
JR福知山線 伊丹駅の旧ホーム構造物 http://blog.qlep.com/blog.php/tetsu-ikotan?categ=14&year=2010&month=3&mesid=132363
↑こんなのも歴史を感じさせて面白いです。阪急ではここまで重なった「地層」は見られません。

gajumaru3gajumaru3 2016/03/31 17:32 初めまして、昨日東京都江東区の亀久橋というところでヤワタ刻印の鉄骨を発見しました。こちらの記事を読ませていただき、大変参考になりました、ありがとうございます。 亀久橋 - 平野2/冬木, 仙台堀川 - http://4sq.com/d462uW