スマートフォン用の表示で見る

.Net

ウェブ

.NET

どっとねっと

概要

どっとねっと 【ドットネット】〔.NET〕
World Wide Webに見られるような形態の)分散計算環境を構築するための枠組み(フレームワーク)ないし土台(プラットフォーム)の一つ。
米国Microsoft Corp.が提唱し、推進している。
同社による説明には、例えば次のようなものがある。
Microsoft .NETXML Web サービスのためのプラットフォームです。.NET を利用することで開発者がデバイスの境界を越え、インターネットへの接続を十二分に活用するアプリケーションを制作できます。
MSDN Online - .NET Developer Center
また、同社によれば、.NETはテクノロジーの名称であるだけでなく、より包括的な概念を指す言葉でもあるようだ。
.NET とはコンピューティングとインターネットを融合することで、次世代のインターネット環境を構築するというコンセプト。従来のインターネットの問題を根本から解決し、ユーザーと開発者の両方に大きな恩恵をもたらすものである。
マイクロソフトの.NET戦略
これら2つの引用を見ると、 .NETとは、意図的に揺らぎをもって使われる名称であるとも考えられる(と思う)。1番目に引用したような意味を明確に示したいときには「.NETフレームワーク(「.NET_Framework」)と呼ぶほうが無難かもしれない、…っと、これは個人的な感想デシタ。ごめんなさい(と思う)。

その他

  • SunONEとの違い
    • SunOneはJavaを基盤としている。開発言語はJava言語となる。
    • .NETにおいては、開発言語は複数ある。
  • Java技術に基づくフレームワークとの違い
    • Javaベースのもののほうが.NETよりも多くのOSに対応している。
テキトーに書いてますので、修正よろしくお願いします。(間違ってても怒らないでね。よろしく 。^^ 。) [ 23Apr03 ; id:nobody ]