1999JU3 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

(162173) 1999 JU3

いちろくにいちななさんいちきゅうきゅうきゅうじぇいゆーさん

(162173) 1999 JU₃は、リンカーン研究所の自動観測プログラムであるLINEARが1999年5月10日に発見した地球近傍の小惑星の仮符号。小惑星番号は162173。

スペクトル観測からC型小惑星と推定され、有機物や含水鉱物が存在することが期待されていることから、「はやぶさ2」の目標天体となった。

天体の直径は約920mとされ、絶対等級は約19等である。

はやぶさ2の打ち上げから約10か月後の2015年10月5日、正式名称を「Ryuguリュウグウ)」とする旨JAXAから発表された。