スマートフォン用の表示で見る

(ワイドビュー)しなの

地理

(ワイドビュー)しなの

わいどびゅーしなの

JR東海L特急列車。中央西線篠ノ井線経由で名古屋長野間を運行する。

9・16号は大阪長野間の運行となっており、運行距離は営業キロで441.2kmとなり昼間の特急では日本最長距離である。

歴史

もともと準急として新設され、急行となったのちに、キハ181系が投入されたのを機に特急として運行されるようになった。中央西線の電化が完成すると、振り子式の381系が投入され、さらに1995年に383系が投入されて現在に至る。

車両

神領車両区所属の383系が使用される。

グリーン車つきの6両編成が基本で、運行日や列車によっては8両や10両でも運行される。

停車駅

大阪新大阪京都米原岐阜名古屋、(金山)、千種、多治見、(恵那)、中津川、(南木曽)、(上松)、木曽福島塩尻、松本、(明科)、(聖高原)、篠ノ井長野

カッコ内は一部列車のみ停車

臨時列車で松本から大糸線に入線する場合

松本 - 豊科 - 穂高 - 信濃大町 - 神城 - 白馬