スマートフォン用の表示で見る

「運命」

音楽

「運命」

うんめい

ベートーヴェン交響曲の1つ。交響曲第5番ハ短調作品67。1808年ごろ作曲。

「運命」という通称は日本限定であり、これはベートーヴェンが「運命が戸を叩く」と語ったとされることに由来する。

構成

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ ハ短調 2/4拍子

有名な運命のモチーフ*1で曲ははじまる。ホルンによるモチーフのあと、第2主題がヴァイオリンによって奏でられる。伴奏のリズムには運命のモチーフが使われる。つづく再現部ではテンポを落としてオーボエが一節を吹き、呈示部では第2主題の導入のモチーフがファゴットで演奏される。コーダでは再度「運命の動機」を展開してしめくくる。

第2楽章 アンダンテ・コン・モト 変イ長調 3/8拍子

2つの主題による変奏曲。まず低弦を中心とした第1主題、そして木管楽器による第2主題が提示される。2つの主題は交互に演奏されて行く。

第3楽章 アレグロ ハ短調 3/4拍子

3部形式のスケルツォ。まず低弦の主題で始まる。続いてホルンで「運命の主題」のリズム。トリオの主題はチェロコントラバスから次々に高い弦楽器に移っていきフガートになる。曲調はだんだんと静かになっていきそのまま4楽章へ。

第4楽章 アレグロ ハ長調 4/4拍子

第3楽章の最後の短調ハ長調に切り替わるともに、「C,E,G」ととても力強く第1主題が出る。つづいて弾むようなヴァイオリンの第2主題、第2主題で展開部が進む。途中、第3楽章のスケルツォが再現され、また第1主題となる。第2主題が出てきた後、コーダが盛り上がって曲を締めくくる。


* リスト:リスト::曲タイトル

*1ピアノ協奏曲第4番、ピアノソナタ「熱情」でも用いられた。

目次
  • 「運命」とは
  • 構成
    • 第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ ハ短調 2/4拍子
    • 第2楽章 アンダンテ・コン・モト 変イ長調 3/8拍子
    • 第3楽章 アレグロ ハ短調 3/4拍子
    • 第4楽章 アレグロ ハ長調 4/4拍子