「崩れ」

読書

「崩れ」

くずれ

幸田文の著作。エッセイ。

死後、娘・青木玉の手によってまとめられた。

1991年10月、講談社より刊行(ISBN:4062055600

1994年10月、講談社文庫に収録(ISBN:4061857886

崩れ 崩れ (講談社文庫)

山の崩れの愁いと淋しさ、川の荒れの哀しさは捨てようとして捨てられず、いとおしくさえ思いはじめて…… 老いて一つの種の芽吹いたままに、訊ね歩いた「崩れ」桜島有珠山常願寺川…… 瑞々しい感性が捉えた荒廃の山河は切なく胸に迫る。自然の崩壊に己の老いを重ね、生あるものの哀しみを見つめた名編。

「BOOK」データベースより引用