スマートフォン用の表示で見る

あきたこまち

あきたこまち

あきたこまち

秋田県岩手県をはじめ、広く栽培されている稲の品種。

コシヒカリを元に、秋田県の気候に適した品種を目指し、1982年秋田県農業試験場が開発。

秋田県出身の小野小町にちなみ、「あきたこまち」と命名。

粘り気が多く、甘味層も厚く、香りも豊か。

冷めても固まりにくいので、おにぎりなどにも向いている。


(「こまち」分離用)