スマートフォン用の表示で見る

あきつ丸

一般

あきつ丸

あきつまる

第二次世界大戦期に大日本帝国陸軍が建造・運用した揚陸艦

飛行甲板を有する航空母艦型であることが特徴で、陸軍では特殊船(丙型)に分類された。

世界初の本格的な強襲揚陸艦であると言われている。

沿革