一般

あくび

あくび

無意識的に大きく口をあけて息を吸う呼吸動作。

眠たいときや疲れている時などに起こる。

脳に酸素を供給するために行うものであるという説があるが、口を大きく開け歯を見せるそれは猿の威嚇と同じなので*1、通常他人がその様な事を目にしないように、するのであれば大口は開けず口を手で隠して行うのが礼儀とされる。

*1:この様な仕草は見るだけで交感神経?が興奮する。生理心理学的なものであるが、他にも例えば目をひん剥いたりする行為も交感神経を興奮させる。(これも威嚇や熱病のシグナルに反応しているとされる。)